メニューを開く

今日から始める!白髪の予防のポイントを3つに分けて紹介

白髪 予防
「白髪が生えないように予防したい!」、「増えてきた白髪を減らしたい!」と思いますよね。

白髪の予防は、どれも日常にすぐ取り入れられるものばかりなので、白髪が気になっている方は、できることから始めることをおすすめします。

今回は、白髪を予防したいと考えている方のために、白髪の予防方法や、増えてきた白髪の対策グッズなどをご紹介します。



1.白髪の予防方法

白髪は、体の内側と外側から、頭皮の環境を整えることが大切だと言われています。

そのため、白髪の毛先が急に黒くなったり、すぐに量を減らしたりなど、劇的に変化を出すことは難しいです。

しかし、これからご紹介する予防方法は、どれも今日から始められることばかりですので、少しずつ生活に取り入れていってください。

生活習慣を変える、頭皮に栄養を行き渡らせる、頭皮・髪への刺激を防ぐの3つに分類して、それぞれご紹介します。

1-1.生活習慣を変える

・バランスの良い食事を心がける

髪も食事からの栄養でできているので、髪の栄養が偏らないよう、バランスの良い食事を摂るのが大切だと言われています。

油っこいものやファストフードを控え、和食中心の食事に切り替えると良いでしょう。

特に、たんぱく質(髪の主成分となる栄養素)やミネラル(髪を黒くするメラニン色素の生成を助ける栄養素)が不足しないように心がけることをおすすめします。

※海藻の食べ方に注意
海藻が白髪に良いと言われますが、健康な髪を作るには、さまざまな栄養をバランス良く摂ることが大切です。

ミネラルなどの髪の毛の元となる栄養が不足しないようにすることは重要です。しかし、毎食海藻メニューばかり食べて栄養が偏るようなことがないようにしましょう。

・質の高い睡眠を取る

睡眠

夜寝ている間はメラニン色素の生成が盛んに行われると言われているため、質の高い睡眠を取るようにしてください。

メラニン色素の生成は、深く眠っている(質の高い睡眠)間に活発に行われます。睡眠時間を多く取れば良いのではなく、ぐっすりと眠ることが大切です。

睡眠の質を高める詳しい方法はこちらをご覧ください。

・ストレスをためない

ストレスは白髪の原因となることがあるため、ためないように上手く解消するようにしましょう。継続的、あるいは大きなストレスを受けた時、白髪が生えることがあります。

それは、血行が悪くなり、髪にまで栄養が行き渡りにくくなるためだと言われています。

日頃ストレスを感じてしまうのは仕方のないことなので、自分なりのリフレッシュ方法を見つけ、ストレスを解消する時間を作るよう心がけてください。

1-2.頭皮に栄養を行き渡らせる

・頭皮マッサージをする

頭にあるツボを押したり、もみほぐしたりすることで、頭の血行が良くなり、健康な髪に必要な栄養が行き渡りやすくなると言われています。

お風呂あがりや、入浴中など、血行が良くなっている時に行うのがおすすめです。

マッサージは、長くやれば良いというものではありませんので、10分以内を目安に行いましょう。力加減は、強すぎず弱すぎず、痛気持ちいいと感じる程度にとどめると良いです。

・体を動かす

体を動かすことで、髪にも栄養が行き渡りやすくなります。

はじめは、無理にランニングを行ったりする必要はないので、早歩きをしたり、階段を積極的に使ったり、意識して体を動かすようにしてみましょう。

・タバコを控える

乾燥肌 食べ物 タバコ

タバコには、血管を収縮させると言われるニコチンが含まれています。そのため、ニコチンを取ることで、髪に栄養が行き渡りにくくなることがあると言われています。

タバコを吸われる方は吸う量を控えめにした方が良いです。

1-3.頭皮・髪への刺激を防ぐ

健康な黒い髪は、頭皮と髪への刺激を防ぐことが大切だと言われています。

・紫外線を防ぐ

紫外線を頭皮に浴びると、ヘアサイクル(髪の成長にかかわる仕組み)を乱すことがあると言われています。

直接頭皮に紫外線が当たらないよう、帽子をかぶったり、日傘をさしたりなどしましょう。

・頭皮に優しいシャンプーを使う

お使いのシャンプーによっては、使うことで頭皮の刺激となっていることがあります。

白髪の予防をお考えの方には、頭皮に優しい洗浄成分と言われる、「アミノ酸系」の洗浄成分を使ったシャンプーがおすすめです。

商品名:100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

薄毛予防haru

販売元:株式会社nijito
髪に優しいシャンプーで、白髪だけでなく薄毛を防ぎたい方にもおすすめです。

優しい洗浄力で洗い上げ、毛髪・頭皮をすこやかに保ってくれます。

白髪の生える仕組みに注目し、開発されました。

保湿を目的とした、「ハイビスカス」「オリーブ」「オレンジ」「ビワ葉」「米ぬか」「コラーゲンタンパク質」の6種は、天然由来の成分です。

>>「100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】」の公式HPはこちら

2.目立ってきた白髪の対策グッズ

白髪の予防をしても、生えていた白髪がすぐに減るわけではないので、すぐになんとかしたい方は、ヘアカラートリートメントを利用されるのもおすすめです。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮をいたわりながら、優しく白髪の表面に色をつけていきます。

頭皮に優しい使い心地なので、月に何度も繰り返し使うことができます。

・ルプルプ ヘアカラートリートメント
ルプルプ

販売元:株式会社Jコンテンツ

使う度に潤う白髪染めです。染めあがりの満足度は87%()、頭皮への優しさ満足度()は96%()のヘアカラートリートメントです。
※同社調べ

無香料、無鉱物油、タール系色素・ジアミン系酸化染毛剤・動物性原料不使用です。

ルプルプ ヘアカラートリートメントの詳細はこちら

・利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

販売元:自然派clubサスティ

短期間で色が馴染むだけでなく、髪にハリやコシを与えてくれます。

利尻ヘアカラートリートメントの詳細はこちら

部分用白髪隠し

白髪隠しカラーリングブラシ
ポイント白髪

本数がまだ少ない方や、生え際・こめかみなど、気になる部分にちょっと使いたい時におすすめの商品です。

底にあるボタンを押すと、染料がブラシに染み出してくる仕組みで、手を汚さずに、気軽に使えます。使う度に色がなじんできて、ツンとした嫌なにおいもしません。

>>「白髪隠しカラーリングブラシ」の公式HPはこちら

3.白髪の原因

白髪は、髪が生える段階に、何らかの問題が起こって色がつかずに生えてしまったものだと言われています。その原因には、以下のような5つのことが考えられます。

原因だと言われること別に、その白髪の特徴をご紹介していますので、あなたの白髪の原因を確認し、対策に役立ててください。

3-1.遺伝

多くの白髪の原因と言われており、白髪になりやすい体質を引き継いでしまうことが大きく関係しています。生活習慣の見直し次第では、防げる可能性もあるようです。

〈特徴〉
人目見ただけで白髪が目立ちます。また、両親もしくは親のどちらかに白髪が多い場合は、遺伝による白髪の可能性が高いです。

3-2.ストレス

ストレスを受けると髪に必要な栄養が行き渡りにくくなり、健康な髪が生えにくくなることがあります。

〈特徴〉
ある日突然白髪が気になりだした方は、多大なストレスが原因した白髪の可能性があると言われています。白髪になるほどのストレスに心当たりがないか思い返してみてください。

3-3.栄養不足

無理なダイエットや、偏った食生活をしていては、髪の栄養も不足してしまいます。

また女性の場合、初潮や出産などの時期も、栄養が髪に行き渡りにくくなり、白髪を引き起こすことがあると言われています。

〈特徴〉
髪が白いだけでなく、髪自体が細く、元気がなく見える場合が多いです。

3-4.加齢

加齢とともに、体のさまざまな機能が低下し、髪に色がつかないまま生えてきたり、髪自体が生えなかったりすることがあります。

〈特徴〉
一気に増えるというよりは、年々増えていくのが特徴です。ちなみに、35歳前後が日本人の白髪が生え始める平均と言われています。

3-5.病気や疾患

病気の症状の1つとして、白髪が生えることがあります。

白髪以外にも病気の症状が出ることがあるので、体の不調とともに急に白髪が増え始めるといった症状が見られたら、医療機関に相談してください。

〈特徴〉
体の不調を自覚しており、急に白髪が増えるのが特徴だと言われています。

4.まとめ

白髪の予防方法や、原因などについてお話ししました。白髪の予防は、毎日の健康な習慣の積み重ねが大切です。

今日、明日で白髪が減るわけではないので、焦らずできることから続けてみてください。

この記事は2016年1月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る