メニューを開く
アスタリフト;

思春期ニキビの予防におすすめの化粧水とつけ方&洗顔方法

思春期ニキビ 化粧水
「思春期ニキビを予防したい!」…でも、どんな化粧水を使えばいいんだろう?とお悩みではありませんか?

ニキビができやすい年齢だから仕方ない、なんて言われても、なんとか予防したいですよね。

今回は肌らぶ編集部がおすすめしたい使用感の良い化粧水と、正しい化粧水のつけ方、そして洗顔方法を紹介します!


astalift
astalift

1.思春期ニキビの予防におすすめしたい化粧水!

では、肌らぶ編集部が選んだ思春期ニキビの予防におすすめの化粧水をさっそく紹介していきます!
使用感が良く、保湿成分がたっぷり含まれた化粧水を選んでいます。

1-1. オルビス 薬用 クリアローション【医薬部外品】

薬用クリア

【肌らぶ編集部コメント】

オルビス薬用クリアシリーズの化粧水です。

シリーズ全てのアイテムでオイルカットされており、ニキビ予防だけでなく、顔の油分が気になる方にもおすすめです。
お肌の水分と油分を補い健やかに保ってくれます。

コラーゲンやヨクイニンエキスといった保湿成分が含まれています。
朝晩のお手入れに使うことで、ニキビや肌荒れを防いでくれます。

化粧水単品だと税別1500円ですが、薬用洗顔料、薬用化粧水、薬用保湿液がセットになったトライアルセットが全国送料無料、税別1200円でありますので、まずはこちらで試してみてはいかがでしょうか。

バナー2

 

1-2. ne’kur (ネクア)薬用トーニングローション【医薬部外品】

ネクア化粧水

【肌らぶ編集部コメント】

毎日使うことで肌にうるおいを補給しながら、肌を引きしめてニキビを防いでくれる化粧水です。

さっぱりタイプとしっとりタイプがあるので、自分の肌質に合わせて選ぶことができます。

化粧水単品だと税別2340円ですが、肌質に合わせてチョイスできる洗顔料、化粧水、保湿液の3点セットのお得な定期購入があります。
しっかりニキビ予防のお手入れをしていきたい方は、定期購入がおすすめです。

バナー2

1-3. プロアクティブ ポアターゲティングトリートメント【医薬部外品】

プロアクティブ

【肌らぶ編集部コメント】

おなじみプロアクティブシリーズの化粧水です。毎日使用することで、ニキビや肌荒れを予防してくれます。
また、アロエ液汁やスイカズラエキスといった保湿成分も含まれているので、しっかりうるおいを与えてくれます。

60日間の返金保証がある30日分のトライアルセットがあり、洗顔料と化粧水、乳液のセットを自分に合うかしっかり試すことができます。

バナー2

2.化粧水のつけ方

化粧水は毎日肌につけるものなので、より肌に良い化粧水のつけ方で思春期ニキビを予防していきたいですよね。
どう化粧水をつければいいのか、正しい化粧水のつけ方を見ていきましょう。

なお、化粧水を顔につけるとき、手でつけたほうがいいのか、コットンでつけたほうがいいのか、気になっている方もいると思います。

結論としては、優しくつければ手でもコットンでもどちらでも問題ありません。

ただ、思春期の肌の場合は、自分の手で感触を確かめながら、優しくつけることをおすすめします。

■正しい手での化粧水のつけ方

①製品に書かれた適量を目安に化粧水をとり、手のひら全体に広げる
化粧水 つけ方1

②手のひらで顔を覆うように、顔全体にムラなくなじませる
化粧水 つけ方2

③肌に化粧水がなじんだら、もう一度化粧水を手に取る

④目もとや小鼻などを、指の腹を使って重点的に化粧水をなじませる
化粧水 つけ方3

⑤手で肌に触れてみて、モチっと肌がくっついてくる感じがあるか確かめる
化粧水 つけ方4

⑥顔に化粧水の水気が残っていないか確かめ、残っていれば肌になじませる

■正しいコットンでの化粧水のつけ方

①化粧水をコットンの裏側が濡れるまでつける
化粧水 つけ方5

②コットンを人差し指と薬指、または人差し指と小指ではさむ
化粧水 つけ方6

③頬や額など広い部分に優しく拭くようにして化粧水をつけていく
化粧水 つけ方7

④鼻やアゴなどにも丁寧に化粧水をつけていく
化粧水 つけ方8

⑤手で触れてモッチリ感がなければ、同じコットンに少量の化粧水をつけて繰り返す

3.化粧水をつける際の3つのポイント

せっかく毎日化粧水をつけるのですから、化粧水のつけ方とともに、化粧水をつける際のポイントも押さえておきましょう。

化粧水をつける際の3つのポイントを紹介します。

3-1 化粧水をつけるタイミングは洗顔のすぐあと

洗顔したあとは顔が一番乾燥しています。洗顔後、顔を拭いたらすぐに化粧水をつけるようにしましょう。
肌の油分と水分のバランスが崩れると、ニキビや肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

3-2 化粧水は2~3回に分けてつける

化粧水はその商品ごとに適量が違います。ボトルの裏面などに、100円玉サイズとか、何プッシュといった目安が書いてあります。
その適量を1回で一気につけるのではなく、2~3回に分けてつけると、より肌がうるおいます。

3-3 化粧水を顔につけるときは優しくゆっくりと

顔の肌は身体のように服に覆われておらず、いつも外の空気に触れていて刺激を受けやすいです。
ですから、化粧水をつけるときは、優しくゆっくり触れることを心がけてください。

トントンと指で過度に肌をパッティングしたり、ゴワゴワした使い心地の悪いコットンは避けるようにしてください。

4.思春期ニキビの予防に!正しい洗顔方法

顔の余分な皮脂やホコリなどの汚れを落とす洗顔は、化粧水同様にスキンケアの基本です。
思春期ニキビの予防も洗顔が基本となるので、正しい洗顔方法を身につけていきましょう。

正しい洗顔方法の手順を紹介します。

①まずは手をキレイに洗浄する
手洗い
手や爪の中に付着している雑菌や夜お風呂にはいって洗顔するときはあまり関係ないかもしれませんが、朝や学校から帰宅後に洗面台などで洗顔をするときは、手や爪に付着した雑菌や汚れを落とすため、まずは手をしっかり洗浄しましょう。

②32~35度のぬるま湯で顔を洗う
洗顔2
手洗いをしたら、顔の表面温度と近い、32~35度程度のぬるま湯で顔を洗いましょう。
ぬるま湯で洗うと毛穴が開きやすくなり、汚れも落ちやすくなるのです。

しかし、熱すぎる温度で顔を洗うと皮脂が落ちすぎたり、乾燥を招く可能性があります。
夜お風呂に入って洗顔する場合も、少し面倒ですがシャワーなどの設定温度を変えてぬるま湯で洗いましょう。

③洗顔料を泡立てタマゴサイズの泡を作る
泡立て
手に出した洗顔料に少し水を足して泡立てます。泡が肌と手の間にクッションを作り、ゴシゴシとこすらずに洗うことができます。
手や洗顔ネットなどを使って卵1個分の大きさくらいになるまで泡立てましょう。

④皮脂の多いパーツから洗っていく
泡ができあがったら、皮脂の多いTゾーン(おでこ・鼻)から洗っていきます。
クレンジング Tゾーン

額に泡を付け、こめかみ部分まで少しずつ広げていきます。
黒ずみになりやすい鼻は泡をクルクルと指でマッサージするように洗いましょう。

Tゾーンの次は頬を洗っていきます。
洗顔5
Tゾーンの次は頬を洗っていきます。
頬は乾燥しやすいので、肌の水分を奪わないように泡を転がすように優しく洗ってください。

最後に目や口などのデリケートゾーンを洗いましょう。

洗顔6

目や口は他のパーツと比べて皮膚が薄いので、さらに優しく触れるように洗ってください。

なお、洗顔料を顔につけたら1分前後で手早く洗って流しましょう。
長時間洗顔料が肌についていると、乾燥しやすくなることがあるためです。

⑤ぬるま湯で洗顔料を落とす
洗顔2
洗面器にぬるま湯をため、手のひらでぬるま湯を”顔につける”という感覚で30回以上すすぎましょう。
また、シャワーの場合は勢いを弱めて、肌に強い水圧がかかるのを防ぎながら流しましょう。
アゴ、こめかみ、髪の生え際あたりは泡が残りやすい部分なので、最後に落とし残しがないか、鏡を見て確認してくださいね。

⑥清清潔なタオルを顔にあて水分を取る
洗顔7
せっかく顔を清潔にしてもタオルが汚れていては意味がありません。清潔なタオルを顔にあて、顔についた水分を吸収させましょう。
タオルを動かしてゴシゴシ拭くと、肌をこすって刺激を与えてしまうので、タオルを顔に軽く押し付けるイメージで拭くと良いでしょう。

5.日々の生活の中で思春期ニキビを予防する3つのポイント

化粧水や洗顔といったスキンケアだけでなく、日々の生活の中からも思春期ニキビの予防をしていきましょう。

5-1 日焼け対策をする

過度な日焼けは、肌の保水力を弱める場合があります。
こまめに日焼け止めを塗り直すなど、肌を保護する日焼け対策をしっかりと取りましょう。

5-2 脂質や糖分が多いものを食べ過ぎない

脂質や糖分が多いお菓子などをたくさん食べてしまうと、思春期ニキビの原因になる皮脂が多くなってしまいます。
ですから、脂質や糖分が多いものを食べ過ぎないよう気をつけましょう。

また、ビタミンや食物繊維など、バランスのとれた食生活は肌の調子を整えてくれますので、食べ物の好き嫌いも克服していきましょう。

5-3 睡眠を十分にとる

試験中や受験シーズンなどは難しいかもしれませんが、睡眠がしっかり取れていないと、肌や身体の調子を整えにくくなってしまいます。
基本的には夜更かしをしないで、十分に睡眠をとるようにしましょう。

また、スマートフォンやパソコン画面のブルーライトはスムーズな睡眠を妨げてしまう場合があるので、寝る前の1~2時間はスマートフォンなどの画面を見るのはできるだけ控えましょう。

6.まとめ

「思春期ニキビを予防したい!」という方におすすめの使用感の良い化粧水と、正しい化粧水の使い方、洗顔方法、そして日常の中でできるニキビの予防法についてみてきましたが、いかがでしたか?

自分に合う化粧水を選んで適切に使っていくこと、そして、健康的な生活を送ることが思春期ニキビの予防では大事です!

この記事は2016年7月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る