メニューを開く
提供:有限会社アトミックハート

【赤ニキビが気になる方へ】対策とお手入れのポイント

赤ニキビ
触ると痛いし、隠そうと思っても目立ってしまう赤ニキビ、どうしても気になってしまうのではないでしょうか?

ニキビには一般的に「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」の4種類があるとされています。
今回メインでお話しする「赤ニキビ」は、その名の通り赤く腫れたような見た目が特徴で、痛みも生じやすいニキビです。

今回は、赤ニキビができたら気をつけなければいけないことや、対策方法などをご紹介します。

>>>シンプルなお手入れでニキビを防ぐ!ピュアメイジングの『薬用Wオールインワンジェル』はこちら




1.赤ニキビができたときに控えたい4つの行動

赤ニキビができてしまったら、以下のような行動は控えることをおすすめします。

①ついつい赤ニキビを触る・潰す
②1日に何度も洗顔をする
③ファンデーション・コンシーラーを厚く塗る
④油分の多すぎる化粧品を使う

1-1.ついつい赤ニキビを触る・潰す

ニキビ 女性
赤ニキビができたとき、意識せずに触ってしまうことがあるかもしれませんが、できるだけ赤ニキビには触らないようにしましょう。

手には多くの雑菌が付いていると言われており、この雑菌が赤ニキビに影響を与えてしまうことがあるからです。
赤ニキビのある肌は、通常よりも繊細な状態にあるとされているので、外部からの負担を受けやすくなっています。

また、赤ニキビが気になっても、絶対に自分では潰さないように注意しましょう。

自分で無理やり赤ニキビを潰してしまうと、ニキビ跡ができやすくなってしまう可能性もあると言われています。

1-2.1日に何度も洗顔をする

まつげエクステ もち
赤ニキビができたとき、皮脂を洗い落とそうと思うあまり、1日に何度も洗顔するのは控えましょう。

過剰な皮脂がニキビの原因の1つであるというのは間違いではありませんが、皮脂をなくせば赤ニキビが落ち着くということではありません。

皮脂は、肌表面に膜を作ることで、乾燥を防いで外部の負担から肌を保護するクリームのような役割をするとも言われています。
乾燥が原因でニキビができることもあるので、ある程度の皮脂は、肌にとって必要なものなのです。

また、洗顔によって皮脂を洗い流し過ぎてしまうことで、乾燥による他の肌悩みを引き起こすこともあります。くれぐれも洗顔のしすぎには注意しましょう。

☆ニキビ対策に肌らぶ編集部がおすすめする洗顔料についてはこちらを読んでみてください!

1-3.ファンデーション・コンシーラーを厚く塗る

ファンデーション 割れた
赤ニキビができたとき、ファンデーションやコンシーラーで隠してしまっていませんか?

つい隠したくなってしまう赤ニキビですが、特別な日以外はファンデーションやコンシーラーを厚く塗りすぎるのは控えましょう。

ファンデーションやコンシーラーを厚く塗る行為自体が、ニキビに負担をかけてしまうこともあると言われています。

もしどうしてもメイクをしなければいけない場合は、比較的油分が少なめなコンシーラーや、パウダータイプのファンデーションを使ってみてはいかがでしょうか。

☆ニキビができたときのファンデーションについてはこちらをご確認ください。

1-4.油分の多すぎる化粧品を使う

エッセンシャルオイル 使い方

ニキビができる原因のひとつに「雑菌」があげられますが、その雑菌は油分をエサに繁殖していると言われています。

赤ニキビができてしまったら、その部分のお手入れはなるべく油分が少なめの、みずみずしい使用感の化粧品を使うことをおすすめします。

2.ニキビ対策|2つのポイント

ニキビ かさぶた

対策として何よりも大切なのは、すこやかな肌を保つことだとされています。

気になる赤ニキビの対策は、①丁寧なお手入れ②生活習慣の見直しがポイントです。

ニキビ対策①丁寧なお手入れ

まずは、お手入れの基本である「洗顔」と「保湿」を見直し、丁寧にお手入れをすることでニキビの対策をしましょう。

1日2回までの洗顔と、その後の保湿のお手入れは重要とも言えます。

ニキビができると「保湿してはいけない」「油分を与えてはいけない」と思いがちな方もいらっしゃるようですが、ニキビ対策に保湿はとても大切です。

肌がうるおわず乾燥していると、毛穴の周りの皮膚が硬くなってしまい、余計に皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなって、ニキビを誘発することもあると言われています。

洗顔・保湿ともに、「丁寧に行う」ことを意識してお手入れしましょう!

【肌らぶ編集部おすすめ保湿化粧品】

肌にうるおいを与え、ニキビを防ぐ保湿化粧品を選びました。

ピュアメイジング 薬用Wオールインワンジェル(医薬部外品)
ピュアメイジング

【肌らぶ編集部コメント】
「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などの保湿成分を配合。肌にうるおいを与えて、『ニキビを防ぐ』『日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ』という、ダブルの魅力的なポイントをもち、肌をすこやかに保つ薬用オールインワンジェルです。

化粧水・乳液や化粧下地など、計12種類の役割を持っているので、忙しい朝や疲れて帰ってきた夜にも簡単に肌のお手入れができるのは嬉しいポイントですね。

着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・エタノール無添加。

公式HPはこちら(オレンジ)

ノブ ACアクティブ(医薬部外品)
ノブACアクティブ

【肌らぶ編集部コメント】
保湿と美白*のお手入れを合わせて行うことができる、薬用スキンケアシリーズです。

保湿成分「ヒアルロン酸」「ヒト型セラミド」などを配合。肌の角層の隅々にまでうるおいを満たし、ニキビを防いで肌をすこやかに保ちます。
みずみずしくべたつきにくいので、過剰な皮脂や顔のテカリが気になる方にも使い心地の良いアイテムでしょう。

クレンジングから保湿クリームまで揃うシリーズなので、ライン使いもおすすめです。

*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと
公式HPはこちら(オレンジ)

ニキビ対策②生活習慣の見直し

食事
ニキビ対策をしたい方だけでなく、あらゆる肌悩みの対策として、生活習慣を見直すことも、とても大切なポイントです。

寝不足が続いたときや外食が続いたときなどに、肌が荒れたりニキビができたという経験はありませんか?

個人差はあれど、人間の肌は繊細なもので、ちょっとした生活習慣の乱れの影響も受けてしまうものだと言われているです。
たとえスキンケアなどを気を付けていたとしても、生活習慣が乱れていては本末転倒です。

自分の生活習慣を振り返り、できることから改善していきましょう。

3.赤ニキビがどうしても気になるときは|医療機関に相談しよう

左頬 ニキビ

赤ニキビが気になるときや、ニキビが長引く場合などは、早めに医療機関を受診し、医師の診断を受けて適切な治療を受けましょう。

基本的に、セルフスキンケアでのニキビ対策では、できてしまったニキビを治すことは難しいとされています。
また、悪化すると「ニキビ跡」として肌に残ってしまう可能性もゼロではありません。

自己判断せずに、早めに医師に相談するようにしましょう。

※薬について
ニキビを何とかしたい!という方は、薬を使うという方法もあります。
市販のものから病院で処方してもらうものまで、種類はさまざまです。

どんな薬も、使用上の注意を必ず守って使用するようにしましょう。

4.ニキビの種類と原因

冒頭でお伝えしたように、ニキビには「赤ニキビ」の他に、「白ニキビ」「黒ニキビ」「黄ニキビ」があり、大きく分けて4つの種類があります。

それぞれどのような状態なのか、特徴をご紹介します。

4-1.赤ニキビとは?原因と特徴


赤ニキビとは、毛穴に皮脂や古い角質、汚れが詰まってできたニキビが、赤く腫れてしまった状態のことを指します。

毛穴の中で雑菌が増えすぎることで赤ニキビになってしまい、痛みを伴うことも多いようです。

また、赤ニキビはその後のニキビ跡につながる可能性も高い状態といえるので、この期間のお手入れにはじゅうぶん注意が必要です。

4-2.赤ニキビ以外のニキビ|種類と原因

洗顔 フォーム ニキビ
ここでは、赤ニキビ以外の「白ニキビ」「黒ニキビ」「黄ニキビ」について、主な原因や特徴などをお伝えします。

①白ニキビの原因

白ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まることで毛穴がふさがってしまい、毛穴の内側に皮脂が多く溜まってしまうことが原因と言われています。

白っぽく、少しぽつんと腫れている状態です。

②黒ニキビの原因

黒ニキビは、毛穴の中に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まり、表面の皮脂が外気に触れて酸化することが原因と言われています。

酸化した部分が黒く見え、”黒ずみ”と呼ばれることもあります。

③黄ニキビの原因

黄ニキビは、皮脂がたまった毛穴の中で雑菌が繁殖し、膿(うみ)を持ってしまうことが原因と言われています。

黄色く腫れあがり、触らなくても痛みを感じてしまうこともあるようです。

5.まとめ

髪 太く
いかがでしたか?

赤ニキビは、文字通り赤く腫れている状態のニキビのことを指し、跡が残りやすいとも言われています。

ニキビ跡が残ってしまうと、それを目立ちにくくするのは難しく、多くの労力や時間がかかるでしょう。

そのため、ニキビはできる前に対策をしっかりと行うことがとても大切なのです!

毎日の生活やお手入れに気を付けて、すこやかな肌を保ちましょう。

この記事は2017年3月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

>>>シンプルなお手入れでニキビを防ぐ!ピュアメイジングの『薬用Wオールインワンジェル』はこちら

~肌らぶ編集部おすすめ 関連商品~
Reproskin(リプロスキン)(医薬部外品)

リプロスキン

さらっとした使用感で、スーッとみずみずしく肌になじみ、気になるニキビや肌荒れを防ぐ薬用化粧水です。

美白*成分「プラセンタエキス」保湿成分「スクワラン」「ヒアルロン酸」などを配合。日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、うるおいが角質層まで浸透し、肌を整えます。

お得な定期コースも用意されており、いまなら60日間の返品保証付き!
この機会に毎日のお手入れにプラスして、なめらかな肌を実感してみませんか?

2017年3月時点の情報です。
*日焼けによるシミそばかすを防ぐこと

公式HPはこちら(オレンジ)

Pocket
LINEで送る