メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社アイム

赤ニキビが気になる方必見!2つの対策とやってはいけない4項目

赤ニキビ 女性
触ると痛いし、隠そうと思っても目立ってしまう赤ニキビ、どうしても繰り返しできてしまうとお悩みではありませんか?

ニキビには主に「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」の4種類があるとされています。
今回メインでお話しする「赤ニキビ」は、その名の通り赤く腫れたような見た目が特徴で、痛みも生じやすいニキビです。

今回は、赤ニキビができたら気をつけなければいけないことや、繰り返す赤ニキビを防ぐための対策などをご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

アクポレス(医薬部外品)
アクポレス

通販限定のスキンケアブランド・ライスフォースの薬用ニキビ対策シリーズ『アクポレス』は、保湿もニキビ対策もしたい!という欲張りなオトナ女子のあなたにぴったり♡

日本人になじみの深いお米由来の保湿成分「ライスパワーNo.11エキス」などを配合し、肌をうるおしながら、ニキビのできにくいすこやかな肌を保ちます。

みずみずしい使い心地で肌を整えてくれるので、べたつきが苦手な方にもおすすめです。

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.赤ニキビができたときに控えたい4つの行動

赤ニキビができてしまったら、以下のような行動は控えることをおすすめします。

①ついつい赤ニキビを触る・潰す
②1日に何度も洗顔をする
③ファンデーション・コンシーラーを厚く塗る
④油分の多すぎる化粧品を使う

1-1.ついつい赤ニキビを触る・潰す

ニキビ 女性
赤ニキビができたとき、意識せずに触ってしまうことがあるかもしれませんが、極力赤ニキビには触らないようにしましょう。

手には多くの雑菌が付いており、この雑菌が赤ニキビをより悪化させてしまうことがあるからです。
赤ニキビのある肌は、通常よりも繊細な状態になっているので、外部からの刺激を受けやすくなっています。

また、赤ニキビが気になっても、絶対に自分では潰さないように意識しましょう。

自分で無理やり赤ニキビを潰してしまうと、ニキビ跡ができやすくなってしまう可能性もあるといわれています。

1-2.1日に何度も洗顔をする

まつげエクステ もち
赤ニキビができたとき、皮脂を落とそうと思うあまり、1日に何度も洗顔するのは控えましょう。

過剰な皮脂がニキビの原因の1つであるというのは間違いではありませんが、皮脂をなくせば赤ニキビが消えるということはありません。

皮脂は、肌表面に膜を作ることで、乾燥を防いで外部の刺激から肌を保護するクリームのような役割をするとも言われています。
乾燥が原因でニキビができることもあるので、ある程度の皮脂は、肌にとって必要なものなのです。

また、洗顔によって皮脂を洗い流し過ぎてしまうことで、他の肌悩みを引き起こすこともあります。くれぐれも洗顔のしすぎには注意しましょう。

☆ニキビ対策におすすめの洗顔料についてはこちらを読んでみてください!

1-3.ファンデーション・コンシーラーを厚く塗る

ファンデーション 割れた
赤ニキビができたとき、ファンデーションやコンシーラーで隠してしまっていませんか?

つい隠したくなってしまう赤ニキビですが、特別な日以外はファンデーションやコンシーラーを厚く塗るのは控えましょう。

ファンデーションやコンシーラーを塗る行為自体が、ニキビを悪化させる原因になることもあります。

もしどうしてもメイクをしなければいけない場合は、比較的油分が少なめな、パウダータイプのファンデーションやコンシーラーを使ってみてはいかがでしょうか。

☆ニキビができたときのファンデーションについてはこちらをご確認ください。

1-4.油分の多すぎる化粧品を使う

エッセンシャルオイル 使い方

ニキビができる原因のひとつに「雑菌」があげられますが、その雑菌は油分をエサにしていると言われています。

赤ニキビができてしまったら、その部分のお手入れはなるべく油分が少なめの、みずみずしい使用感の化粧品を使うことをおすすめします。

2.赤ニキビの予防対策|2つのポイント

ニキビ かさぶた

赤ニキビの予防として何よりも大切なのは、普段からしっかり対策をして、ニキビができにくいすこやかな肌を保つことです。

繰り返しやすい赤ニキビの対策は、①正しいお手入れ②生活習慣の見直しがポイントです。

赤ニキビ対策①基本のお手入れ

まずは、お手入れの基本である「洗顔」と「保湿」を見直し、丁寧にお手入れをすることでニキビの対策をしましょう。

1日2回までの洗顔と、その後の保湿のお手入れは必須とも言えます。

ニキビができると「保湿してはいけない」「化粧品を使ってはいけない」と思いがちな方もいらっしゃいますが、ニキビ対策に保湿はとても重要です。

肌がしっかりとうるおっていないと、毛穴の周りの皮膚が硬くなってしまい、余計に皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなってニキビを誘発することもあると言われています。

洗顔・保湿ともに、「丁寧に行う」ことを意識してお手入れしましょう!

ノブ ACアクティブ(医薬部外品)
ノブACアクティブ

大人ニキビに着目して開発された薬用スキンケアシリーズです。

保湿成分「ヒアルロン酸」「セラミド」を配合。
うるおいを与えてニキビを防ぎ、肌をすこやかに保ちます。

みずみずしくべたつきにくい、ライトな使用感も魅力的。

公式HP

資生堂 dプログラム アクネケアプログラム(医薬部外品)
dプログラム アクネケアプログラム

肌が敏感に傾きやすい方に向けてつくられたスキンケアブランド「dプログラム」のアクネケアプログラムは、繰り返しできやすいニキビにもおすすめの薬用スキンケアシリーズです。

みずみずしい使い心地で肌になじみ、肌の水分・油分を補ってすこやかに保ちます。

公式HP

赤ニキビ対策②生活習慣の見直し

食事
ニキビを防ぎたい方だけでなく、あらゆる肌悩みの対策として、生活習慣を見直すことはとても大切です。

寝不足が続いたときや外食が続いたときなどに、肌が荒れたりニキビができたという経験はありませんか?

個人差はあれど、人間の肌は繊細なもので、ちょっとした生活習慣の乱れの影響も受けてしまうものなのです。
たとえスキンケアなどを気を付けていたとしても、生活習慣が乱れていては本末転倒です。

自分の生活習慣を振り返り、できることから改善していきましょう。

3.赤ニキビを治す方法|医療機関に相談しよう

首がかゆい 病院②

赤ニキビができてしまった場合や、ニキビが長引く場合などは、早めに医療機関を受診し、医師の診断を受けて適切な治療を受けましょう。

基本的に、セルフスキンケアでのニキビ対策は、ニキビができないように「予防」するためのものであり、できてしまったニキビを自分で治すことは難しいとされています。
また、悪化すると「ニキビ跡」として肌に残ってしまう可能性もゼロではありません。

自己判断せずに、早めに医師に相談するようにしましょう。

※薬について
赤ニキビを今すぐに何とかしたい!という方は、薬を使うという方法もあります。
市販のものから病院で処方してもらうものまで、種類はさまざまです。

どんな薬も、使用上の注意を必ず守って使用するようにしましょう。

4.ニキビの種類と原因

冒頭でお伝えしたように、ニキビには「赤ニキビ」の他に、「白ニキビ」「黒ニキビ」「黄ニキビ」があり、大きく分けて4つの種類があります。

それぞれどのような状態なのか、特徴をご紹介します。

4-1.赤ニキビとは?原因と特徴


赤ニキビとは、毛穴に皮脂や古い角質、汚れが詰まってできたニキビが、赤く腫れてしまった状態のことを指します。

毛穴の中で雑菌が増えてふさがった状態になっており、場合によっては痛みを伴うこともあります。

また、赤ニキビはその後のニキビ跡につながる可能性も高い状態といえるので、この期間のお手入れにはじゅうぶん注意が必要です。
医療機関で専門医による診察を受けるのも一つの選択肢でしょう。

4-2.赤ニキビ以外のニキビ|種類と原因

洗顔 フォーム ニキビ
ここでは、赤ニキビ以外の「白ニキビ」「黒ニキビ」「黄ニキビ」について、主な原因や特徴などをお伝えします。

①白ニキビの原因

白ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まることで、毛穴がふさがってしまい、白いできもののように見える状態です。
ニキビの初期段階とも言われています。

②黒ニキビの原因

黒ニキビは、毛穴の中に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まり、表面の皮脂が外気に触れることで酸化して、黒くなってしまった状態です。

黒く見えるため、目立ちやすいニキビです。

③黄ニキビの原因

黄ニキビは、ニキビの状態が悪化して細菌が繁殖し、黄色い膿(うみ)を持ってしまった状態です。

黄ニキビも赤ニキビと同様、痛みを伴う場合があります。

また、ニキビ跡も残りやすく、自分で治すことは困難なので、医療機関を受診して治療を受けることをおすすめします。

5.まとめ

髪 太く
いかがでしたか?

赤ニキビは、文字通り赤く腫れている状態のニキビのことを指し、跡が残りやすいとも言われています。

ニキビ跡が残ってしまうと、それを消すのは難しく、多くの労力や時間がかかります。

そのため、ニキビはできる前に対策をしっかり行い、ニキビができるのを「防ぐ」ことがとても大切なのです!

毎日の生活やお手入れに気を付けて、ニキビが繰り返しできないような、すこやかな肌を保ちましょう。

この記事は2016年12月19日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

~関連商品~
Reproskin(リプロスキン)(医薬部外品)

リプロスキン

「ニキビ後の肌」に着目してつくられた薬用化粧水
さらっとした使用感でスーッと肌になじみ、気になるニキビをできる前に防ぎます。

肌をすこやかに保つグリチルリチン酸ジカリウム、美白*成分プラセンタエキス、保湿成分スクワラン、ヒアルロン酸などが角質層に浸透して、肌を整えます。
毎日のお手入れにプラスして、なめらかな肌を実感してみませんか?
*日焼けによるシミそばかすを防ぐ

公式HP


Pocket
LINEで送る