メニューを開く
提供:株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー

赤ニキビが気になる方必見!2つの対策とやってはいけない4項目


Pocket
LINEで送る

赤ニキビ 女性
触ると痛いし、隠そうと思っても目立ってしまう赤ニキビ、どうしても繰り返しできてしまうとお悩みではありませんか?

ニキビには「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」と4種類があり、この赤ニキビは字の通り、赤く腫れたようなニキビで、痛みも生じやすいと言われています。

今回は、赤ニキビができたら、気をつけなければいけないことを始め、繰り返す赤ニキビを防ぐための対策をご紹介します。

◆肌らぶ セレクション◆

富士フイルム ルナメアAC【医薬部外品】(※洗顔料を除く)
ルナメアAC 1週間お手入れキット2

普段のお手入れとしておすすめなのが「ルナメアAC
「ルナメアAC」は、繰り返す大人ニキビが気になる方にもお使いいただけるスキンケアシリーズです。
大人ニキビ対策に重要な「保湿」をしっかりと行ってくれます。
さらっとした使い心地で、べたつかないので、男女問わずおすすめできる化粧品です。
皮脂が出やすい方や、夏のお手入れとしてもおすすめです。

通販限定で、たっぷり使える14回分の「ルナメアAC 1週間お手入れキット」がなんと初回限定1,000円(+税)で購入できます!
(※2016年7月時点での情報です)

お手入れキットには「洗顔料・ジェルクリーム・化粧水(ノーマルタイプ&しっとりタイプ)」がセットで入っています。

ルナメアAC 1週間お手入れキット


1.赤ニキビができたときにやってはいけない4項目

赤ニキビができてしまったら、以下の行動は避けましょう。

①ついついニキビを触る・潰す
②1日に何度も洗顔をする
③ファンデーション・コンシーラーを厚く塗る
④油分の多い化粧品を使う

1-1.ついついニキビを触る・潰す

ニキビ 女性
ニキビができたとき、意識せずに触ってしまうことがあるかもしれませんが、極力ニキビには触らないようにしましょう。

手には多くの雑菌が付いており、この雑菌がニキビをより悪化させてしまうことがあるからです。

赤ニキビがある肌は、通常の状態よりも繊細になっているので、外部からの刺激を受けやすくなっています。

また、赤ニキビが気になっても、絶対に自分では潰さないように意識しましょう。

自分で無理やりニキビを潰してしまうと、ニキビ跡ができやすくなってしまう可能性があります。

1-2.1日に何度も洗顔をする

洗顔 頬
赤ニキビができたとき、皮脂を落とし切ろうと1日に何度も洗顔するのは控えましょう。

皮脂が、ニキビの原因の1つであるというのは間違いではありませんが、皮脂をなくせば赤ニキビが消えるということはありません。

皮脂は、肌表面に膜を作ることで、乾燥を防いで外部の刺激から肌を保護するクリームのような役割があると言われているため、肌にとってある程度は必要なものになります。

そのため、過度の洗顔によって肌の皮脂が少なくなると乾燥を招いてしまい、肌は潤いを保とうとして余計に皮脂を出すようになるのです。

皮脂が過剰に出やすくなった肌は、さらにニキビができやすくなってしまう可能性があります。

また、洗顔によって皮脂を洗い流し過ぎてしまうことで、他の肌悩みを引き起こすこともあります。

20代以降は、皮脂だけが原因でニキビができることが減っていくため、洗顔のしすぎには注意しましょう。

ニキビ対策としておすすめの洗顔料についてはこちらを読んでみてください!

1-3.ファンデーション・コンシーラーを厚く塗る

ファンデーション 厚塗り ×
赤ニキビができたとき、ファンデーションやコンシーラーで隠してしまっていませんか?

隠したい気持ちもわかりますが、特別な日以外は、赤ニキビの上からファンデーションやコンシーラーを厚く塗るのは控えましょう。

ファンデーションやコンシーラーを塗る行為自体がニキビに刺激を与えてしまうことがあります。

もし、どうしてもメイクをしなければいけない場合は、油分が少ないパウダータイプのファンデーションやコンシーラーがおすすめです。

ニキビができたときのファンデーションについてはこちらをご確認ください。

1-4.油分の多い化粧品を使う

オイル 化粧品 ×
化粧品の多くには「油分(オイル)」が入っています。

ニキビができる原因のひとつに「アクネ菌」があり、そのアクネ菌は油分をエサにしていると言われています。

赤ニキビができてしまったら、できれば、その部分のお手入れは油分が少なく、みずみずしい使用感の化粧品を使うことがおすすめです。

2.赤ニキビ対策2つのポイント

赤ニキビは、できる前にしっかり対策をして、ニキビができにくいすこやかな肌に整えることが大切です。

赤ニキビができると気になりますし、メイクに制限が出ることもありますよね。

繰り返しやすい赤ニキビ対策は、①正しいお手入れ②生活習慣の見直しがポイントです。

2-1.正しいお手入れ

まずは、お手入れの基本である「洗顔」と「保湿」を見直し、正しいお手入れを行うことでニキビ対策をしましょう。

1日2回までの洗顔と、その後の保湿のお手入れを必ず行ってください。

ニキビができると「保湿してはいけない」「化粧品を使ってはいけない」と思っていた方もいるかもしれませんが、ニキビ対策に保湿はとても重要です。

肌がしっかりとうるおっていないと、毛穴の周りの皮膚が硬くなってしまい、余計に皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなってニキビを誘発すると言われています。

洗顔・保湿ともに、「やさしく」「過度な刺激を与えない」ことを意識してお手入れしましょう!

エファクト スキンセラム アクネ【医薬部外品】
エファクト スキンセラム アクネ
お悩みから選ぶ美容液『efACT<エファクト>』

気になるニキビや肌あれを防ぐ、医薬部外品の薬用美容液です。

なじみやすくみずみずしい使用感で、肌をなめらかにします。

いつもの化粧水・乳液・クリームなどを変える必要はありません。

朝晩の洗顔・化粧水のあとのプラスワンアイテムとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。

~6種類のタイプが展開~
→頬、フェイスラインが気になる方
→毛穴、キメが気になる方
→目の周りの色ムラが気になる方
→目じりが気になる方
→シミ、そばかすが気になる方
→ニキビ、肌あれが気になる方

ノブACアクティブ【医薬部外品】
ノブACアクティブ
ノブACアクティブは、大人ニキビ用化粧品です。

保湿成分として「ヒアルロン酸」「セラミド」を配合。

ニキビを防ぎ、うるおいを与えて、肌をすこやかに保ちます。

みずみずしくべたつきのない、ライトな使用感です。

また、公式オンラインショップ限定で、お得なトライアルセット(1,500円+税)が注文できます。

トライアルセット内容:メイク落とし(20ml)、洗顔料(15g)、化粧水(20mlモイストタイプ)、乳液(6ml)、化粧水(2ml×2ノーマルタイプ) (※2016年7月時点での情報です)

>>「ノブACアクティブ」公式HPはこちら

2-2.生活習慣の見直し

ニキビに限らず、生活習慣を見直すことは、すこやかな肌を保つためにとても大切です!

寝不足が続いたときや外食が続いたとき、喫煙した後などに、肌が荒れた経験はありませんか?

人間の体は繊細で、個人差はありますが、ちょっとした生活習慣の乱れでも反応してしまうのです。

たとえ、他で気を付けていたとしても、生活習慣が乱れていては本末転倒です。

自分の生活習慣を振り返ったら、まずは、いつもより多く睡眠をとったり、栄養バランスの良い食事を意識したり、お酒・タバコを控えたりするところから始めましょう。

3.赤ニキビを治す方法|医療機関に相談しよう

赤ニキビができてしまった場合や、ニキビがなかなか良くならない場合は、早めに医療機関を受診し、医師の診断を受けて適切な治療を受けることをおすすめします。

基本的に、ニキビの対策は、ニキビができないように「予防」するためのものであり、できてしまったものを自分で治すことは難しいです。

ニキビは、悪化するとニキビ跡として残りやすくなる可能性もあります。

自己判断せずに、早めに医師に相談するようにしましょう。

※薬について
赤ニキビを今すぐに何とかしたい!という方は、薬を使うという方法もあります。

市販のものから病院で処方してもらうものまで、種類はさまざまです。

どんな薬も、使用上の注意は必ず守って使用するようにしてください。

4.ニキビの種類と原因

冒頭でお伝えしたように、ニキビには「赤ニキビ」の他に、「白ニキビ」「黒ニキビ」「黄ニキビ」があり、大きく分けて4つの種類があります。

それぞれどのような状態なのか、特徴をご紹介します。

4-1.赤ニキビとは|原因と特徴

赤ニキビとは、毛穴に皮脂や古い角質、汚れが詰まってできたニキビが、赤く腫れてしまった状態です。

場合によっては、痛みを伴う場合もあります。

毛穴が詰まり、ふさがった状態が続くと、毛穴の中では次第にアクネ菌が繁殖していきます。

アクネ菌は、人間の肌に存在し、本来は肌のバランスを保つ役割を持っています。

しかし、アクネ菌が必要以上に増えてしまうことで、ニキビが赤く腫れる原因となってしまうのです。

アクネ菌は皮脂を好んでエサとして繁殖するため、皮脂の詰まった毛穴はアクネ菌が増えやすく、赤ニキビができやすいと言われています。

また、赤ニキビはニキビ跡が残りやすいと言われているため、治らない場合は医療機関での診察を受けることをおすすめします。

4-2.その他のニキビ|種類と原因

ここでは、赤ニキビ以外の「白ニキビ」「黒ニキビ」「黄ニキビ」について、特徴をお伝えします。

①白ニキビの原因

白ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まることで、毛穴がふさがってしまい、白いできもののように見える状態です。

ニキビの初期段階とも言われています。

②黒ニキビの原因

黒ニキビは、毛穴の中に皮脂や古い角質、汚れなどが詰まり、表面の皮脂が外気に触れることで酸化して、黒くなってしまった状態です。

黒く見えるため、目立ちやすいニキビです。

③黄ニキビの原因

黄ニキビは、ニキビの状態が悪化して最近が繁殖し、黄色い膿(うみ)を持ってしまった状態です。

黄ニキビも赤ニキビと同様、痛みを伴う場合があります。

また、ニキビ跡も残りやすく、自分で治すことは困難なので、医療機関を受診して治療を受けることをおすすめします。

5.まとめ

いかがでしたか?

赤ニキビは、字の通り赤く腫れている状態のニキビで、跡が残りやすいと言われています。

ニキビ跡が残ってしまうと、それを消すのは難しく、多くの労力や時間がかかります。

そのため、ニキビはできる前に対策をしっかり行い、ニキビができるのを「防ぐ」ことがとても大切なのです!

毎日の生活やお手入れに気を付けて、ニキビが繰り返しできないような、すこやかな肌を保ってくださいね!

この記事は2016年7月21日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

~関連商品~
Reproskin(リプロスキン)※医薬部外品

リプロスキン
Reproskin(リプロスキン)は、「ニキビ後の肌」に着目してつくられた薬用化粧水です。
さらっとした使用感でスーッと肌になじみ、気になるニキビをできる前に防ぎます。

肌をすこやかに保つグリチルリチン酸ジカリウム、美白*成分プラセンタエキス、保湿成分スクワラン、ヒアルロン酸などがしっかりと角質層に浸透して、肌を整えます。

毎日のお手入れにプラスして、なめらかな肌を実感してみませんか?

*日焼けによるシミそばかすを防ぐ

⇒リプロスキン公式HPはこちら



Pocket
LINEで送る