メニューを開く
アスタリフト;

赤ら顔の自宅でできる対策法って?原因別のお手入れ方法

赤ら顔 治し方
「自宅でできる赤ら顔の対策法が知りたいけど、一体どうしたら良いんだろう・・・」とお困りではありませんか?

顔が赤く見えてしまう「赤ら顔」にはいくつか種類があり、それぞれ対策方法も異なります。

そこで今回は、赤ら顔の自宅でできる対策方法と、日常で意識すべき3つのポイントについてご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.赤ら顔|種類と対策

顔がほてったように赤く見えてしまう「赤ら顔」には、主に4つの種類があります。

種類によって対策方法は異なるため、まずは自身の「赤ら顔」がどのタイプなのかを確認していきましょう。

「赤ら顔」は肌状態に合わせたお手入れを行うことが大切です。
自分の「赤ら顔」タイプに合わせて正しいお手入れを行い、対策していきましょう。

1-1.過剰な皮脂による赤ら顔タイプ

鼻 ブツブツ
皮脂が過剰に出ると、毛穴の一つひとつが赤みを帯びることがあります。

このタイプの赤ら顔は、主に皮脂が過剰に出やすい脂性肌(オイリー肌)の方に多く見られ、多くの場合鼻の周り(Tゾーン)から順に赤くなり全体へ広がってかゆみやべたつきが生じるといわれています。

●過剰な皮脂による赤ら顔の対策法

過剰な皮脂による赤ら顔は、保湿化粧品で肌を引き締めるお手入れを行っていきましょう。

自分の肌に合ったものを使用することがいちばんですが、例えば整肌成分として「ビタミンC誘導体」が配合されているものなどもよいでしょう。

整肌成分「ビタミンC誘導体」配合の化粧品は、肌を引き締めてすこやかに保つことができます。
成分表示やパッケージなどを確認して、ぜひ取り入れてみてください。

※痛みを伴ったり、赤みが広範囲に渡っていたりする場合は、一般皮膚科の医師に相談してみることをおすすめします。

【ビタミンC誘導体配合おすすめ化粧品】

ブルークレール
ブルークレール
オーガニック原料と白神山地の湧水を使用して作られた、国産の無添加*化粧品です。(*合成保存料・合成界面活性剤・合成ポリマー・合成紫外線吸収剤・シリコンオイル・鉱物油・合成着色料・合成香料フリー)

整肌成分「ビタミンC誘導体APPS」、保湿成分「セラミド」「プラセンタエキス」「コラーゲン」などが配合されており、肌を引き締めてきめを整え、うるおいに満ちた肌へと導きます。

>>>ブルークレール公式HPはこちら

1-2.肌荒れによる赤ら顔タイプ

BBクリーム CCクリーム 違い
肌がつっぱる、かぶれるなどして肌が敏感になることで起きるのが、肌荒れによる赤ら顔です。

主に肌が乾燥し、敏感な状態になっている方に起きやすく、化粧品を使用した際にひりひりしたり全体的にカサつきやかゆみが生じるといわれています。

●肌荒れによる赤ら顔の対策法

肌荒れによる赤ら顔は、肌に必要な水分と油分をたっぷり与える保湿メインの化粧品での対策がおすすめです。

肌荒れによる赤ら顔が起きているときは肌が敏感な状態なので、保湿化粧品でうるおいを補給しましょう。

保湿成分の中では、たとえば「セラミド」がおすすめです。
「セラミド」は、大きく分けると「ヒト型セラミド・非ヒト型セラミド・疑似物質」の3種類に分けられる、代表的な保湿成分です。

セラミド以外にも「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」等の保湿成分があります。
これらが配合された化粧品を選ぶことで、効率良く保湿対策ができるでしょう。

【セラミド配合おすすめ化粧品】

ヒフミド
ヒフミド
肌のうるおいを保ち、ふっくらとハリのある肌へ導くセラミド配合化粧品です。

保湿成分として3種類のヒト型セラミド*を配合し、肌の乾燥をやわらげます。(*セラミド1,セラミド2,セラミド3)

無香料、無着色、エタノール、パラベン不使用。

>>>ヒフミド公式HPはこちら

1-3.ニキビ・ニキビ跡による赤ら顔タイプ

ニキビ しこり
ニキビやニキビ跡による色素沈着によって赤ら顔に見えてしまうのが、このタイプです。

主にニキビのできやすい状態が長く続いてしまうことで、顔に赤みを生じやすくなります。

ニキビ・ニキビ跡による赤ら顔も、状態に合わせた化粧品を使ってお手入れしていきましょう。

●ニキビ・ニキビ跡による赤ら顔の対策法

ニキビはできる前の対策が何よりも大切です。
ニキビ・ニキビ跡による赤ら顔を対策するためには、ニキビができないよう普段から肌を清潔に保ち、うるおいを与えるお手入れをしていきましょう。

※痛みを伴ったり、赤みが広範囲に渡ったりしている場合は、一般皮膚科の医師に相談してみることをおすすめします。

【おすすめ保湿化粧品】

NOV ACアクティブ(医薬部外品)
NO
臨床皮膚医学に基づいて開発された、ニキビを防ぐスキンケアシリーズです。

大人ニキビに着目し、うるおい成分「セラミド」「ヒアルロン酸」「リピジュア」などを配合しています。

美白*成分「ビタミンC誘導体」も配合されているので、保湿と美白*を同時に行いたい方にもおすすめです。(*メラニンの生成を抑制し、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)

>>>NOV公式HPはこちら

decencia サエル(医薬部外品)
saeru
肌が敏感になりがちな方向けのスキンケアブランド『ディセンシア』の、薬用美白*ラインです。

美白*成分「ビタミンC誘導体」や、保湿成分「セラミド」が配合されています。
肌のうるおいを保ち、きめを整えてツヤを与えます。
(*メラニンの生成を抑制し、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと)

>>>サエル公式HPはこちら

1-4.遺伝による赤ら顔タイプ

おでこ ニキビ 原因
特に痛みやかゆみもなく、元々熟した桃のようにほんのりと赤みを帯びている赤ら顔は、生まれつきの遺伝が原因として考えられます。

主に生まれつき色白の方に多いのが特徴で、悪化させないように予防することが何よりも大切です。

●遺伝による赤ら顔の対策法

遺伝による赤ら顔の場合は、日常では保湿を中心とした化粧品でお手入れを行い、対策していきましょう。

肌荒れやニキビなどが起きにくいうるおった肌状態へ整えたうえで、日常のメイクでカバーすることをおすすめします。

【保湿成分配合おすすめ化粧品】

decencia つつむ
つつむ
肌にうるおいを与える保湿成分を配合した、敏感な肌向けのスキンケアラインです。

「ヒト型ナノセラミド」「アミノ酸」などの各保湿成分が、水分と油分の少ない敏感な肌をうるおいで包み込みます。

>>>つつむ公式HPはこちら

2.赤ら顔対策に!日常で意識すべき3つのポイント

赤ら顔対策をお考えであれば、スキンケアアイテムを変えるだけでなく、日常生活でも意識していただきたいポイントがいくつかあります。

ご自身の日常生活を振り返るとともに、できそうなことから始めてみてください。

①正しい洗顔を行う

洗顔 泡3
クレンジング・洗顔を行う際は、適量を意識して皮膚が引っ張られないよう優しい力で丁寧に行いましょう。

何故なら、クレンジングや洗顔の際に過度な力を入れてしまうと肌に負担がかかりやすく、赤ら顔を誘発させる原因となる恐れがあるからです。

また、熱いお湯も肌に必要なうるおいを取り除いてしまうことがあります。
クレンジング・洗顔の際は、必ずぬるま湯(30~35度)で洗い流すようにしましょう。

②紫外線対策を行う

紫外線対策
肌の負担となりうる「紫外線」から肌を守るために、紫外線対策は必ず行いましょう。

紫外線は「美肌の大敵」といわれており、日焼けやシミだけでなく赤ら顔を誘発させる要因のひとつにもなるといわれています。

年間を通して、日中は紫外線から肌を守る「日焼け止め」もしくは「日焼け止め効果のある」化粧品を使用していきましょう。

③生活習慣を整える

生活習慣を整えることも赤ら顔の予防に繋がります。できるところから生活習慣を見直して対策をしていきましょう。

■十分な睡眠をとる

睡眠不足は肌の免疫力を低下させるといわれています。

肌の状態を整えるためにも睡眠は1日6時間以上8時間以内を意識して摂るようにしましょう。

■食生活

黒ニキビ 芯③
不規則な食事や偏食は、代謝や血行に影響を与えます。
例えば「脂っこいもの」や「甘いもの」などは食べ過ぎに注意し、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

特に普段の生活で不足しやすいビタミンが豊富な食材は、積極的に摂取することをおすすめします。

【ビタミンA】
にんじん、パプリカ、ほうれんそう、モロヘイヤ、卵、うなぎ等
【ビタミンB2】
納豆、卵、牛乳、のり、まいたけ、レバー、ブリ等
【ビタミンB6】
豚肉、牛肉、鶏肉、イカ、タコ、サツマイモ、大豆、まぐろ等
【ビタミンC】
赤ピーマン、アセロラジュース、レモン、ピーマン、ブロッコリー等

3.赤ら顔を綺麗に隠すメイクカバー術

赤ら顔は、メイクで上手にカバーしていきましょう。

特にコントロールカラーは光の性質を利用して肌色を補正する赤ら顔のカバーにおすすめなアイテムなので、自然かつ綺麗にカバーしたい方にはおすすめのアイテムです!

ここで、全ての赤ら顔タイプに共通するカバー方法をご紹介します。

顔 赤み コントロールカラー
■赤みが薄い場合⇒イエロー系のコントロールカラー
■赤みが強い場合⇒グリーン系のコントロールカラー

【使用方法】
コントロールカラー 順番
①スキンケアを行った後、下地(日焼け止め)を使用します。
②コントロールカラーを赤みの気になる部分にのせます。
③ファンデーションを使用します。※コントロールカラーをつけた部分は決して擦らず、やさしくのせるようにしましょう。

コントロールカラーの詳細に関してはこちらの記事をご参照ください。

4.まとめ

顔が赤く見えてしまう「赤ら顔」は、特徴によってお手入れ対策も異なります。

自分の「赤ら顔」のタイプを確認したうえで正しくお手入れを行い、赤みのない肌を目指して対策していきましょう!

この記事は2016年9月26日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る