2017年7月20日 更新

赤ら顔はなぜなるの?赤くなりがちな顔の対策方法

赤ら顔 原因1
「赤ら顔って何が原因で赤くなってしまうんだろう・・。対策はできないのかな?」とお困りではありませんか」?
顔が赤く見えてしまう「赤ら顔」は、特徴によって、原因も異なるといわれています。

そこで今回は、赤ら顔の種類と主な原因、対策方法についてご紹介いたします。



1.まずは自分の「赤ら顔」タイプを確認しよう

顔が赤く見えてしまう「赤ら顔」にはいくつかのタイプがあるとされています。

①肌荒れタイプ

生理前 肌荒れ肌がつっぱる、肌の皮がむける、かぶれるなど、肌荒れによって肌がデリケートになり、赤みを帯びてしまうタイプです。

肌が乾燥し、敏感な状態になっている方が発生しやすく、多くは化粧品を使用した際にひりひりしたり、全体的にカサつきやかゆみが生じるのが特徴といわれています。

②過剰な皮脂タイプ

顔 皮脂過剰な皮脂によって、肌が赤みを帯びているタイプの赤ら顔です。

主に皮脂が過剰にでやすい方が発生しやすく、多くは鼻の周りから順に赤くなり、全体へ広がってかゆみやべたつきが生じやすいという特徴があるといわれています。

③ニキビ・ニキビ跡タイプ

黒ニキビ 芯⑥ニキビやニキビ跡の色素沈着によって肌が赤く見えてしまうのがニキビ・ニキビ跡タイプの赤ら顔です。

慢性的にニキビができやすい方に多く見られ、ニキビの状態が長期的に続くことで肌が色素沈着し赤ら顔が生じてしまうといわれています。

※上記は、あくまでも目安です。

2.「タイプ別」赤ら顔の主な原因

①肌荒れによる赤ら顔の主な原因

肌荒れ 洗顔肌荒れによる赤ら顔の主な原因は、「過度な乾燥によるもの」といわれています。

保湿不足や季節の影響によって、肌は過度に乾燥すると、いつもの化粧品でさえも肌が敏感に反応しやすくなり、ヒリつきや赤み、皮むけやかぶれを感じるようになってしまいます。

肌が荒れることによって起こる赤ら顔は、肌が必要としている水分と油分を、潤沢に与えるお手入れを行うことが大切です。

②過剰な皮脂による赤ら顔の主な原因

混合肌 洗顔このタイプの赤ら顔は、肌に必要以上の皮脂がでることにより、その皮脂が肌の負担となって反応を起こしてしまうことで発生するとされています。

もとの肌質(皮脂がでやすい肌)が大きな要因とされていますが、脂っこい物や甘い物の摂り過ぎによる過剰な皮脂を誘発させるといわれています。

過剰な皮脂による赤ら顔は、肌質が大きく関わっているため、気になる場合は専門医を受診しましょう。

③ニキビ・ニキビ跡による赤ら顔の主な原因

ニキビ しこりニキビ・ニキビ跡による赤ら顔の主な原因は、慢性的に起こるニキビの赤みとニキビ跡の色素沈着が原因といわれています。

ニキビ・ニキビ跡による赤ら顔も、状態に合わせたスキンケアを行うことが大切です。

3.赤ら顔の対策方法

美白美容液 プチプラ おすすめ3-1.洗顔方法を見直す

洗顔石鹸 ランキング 40代クレンジング料・洗顔料は、メーカー推奨の量を意識しましょう。皮膚を引っ張らないよう力を入れずに、丁寧に行うことが大切です。

必要以上に力を入れてしまうと、肌への負担が増えてしまい、赤ら顔の原因のひとつとなる可能性があるとされています。

また、熱いお湯も肌に必要なうるおいを取り除いてしまう可能性がありますので、ぬるいお湯ですすぐようにしましょう。

3-2.保湿化粧品でお手入れを行う

化粧水 ランキング おすすめ赤ら顔になりやすい方は、必要なうるおいを補給する保湿化粧品を使用しましょう。

保湿成分には「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「アミノ酸」などさまざまなものがあります。化粧水を選ぶ際は、成分表示を確認し、保湿成分が配合されているものを選ぶようにしてみましょう。

~肌らぶ編集部おすすめの化粧品の参考商品~

DECENCIA つつむ

つつむ

乾燥が気になりやすい肌に、おすすめしたいスキンケアシリーズです。
ヒト型ナノセラミド(保湿成分)が肌にうるおいを与え、思わず触りたくなる肌を実感できます。

公式HP

ヒフミド

ヒフミド

肌のうるおいを保ち、ふっくらとハリのある肌へ導くセラミド配合化粧品です。
ややとろみのあるテクスチャーで、肌にしっとりとなじみます。

公式HP

DECENCIA サエル

saeru

サエルは、肌がデリケートになりやすい方に向けたスキンケアブランド「decencia(ディセンシア)」のシリーズの一つです。
美白※成分「ビタミンC誘導体」や保湿成分「セラミド」を配合しています。(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

公式HP

3-3.紫外線対策を行う

膝の黒ずみをとる方法紫外線対策をしっかり行い、肌の刺激となりうる「紫外線」から肌を守りましょう。

紫外線対策を行うことは、美肌を保つうえでとても重要です。実は、日焼けによる影響はシミ・そばかすだけでなく赤ら顔を招く要因になる可能性もあるといわれているからです。

年間を通して、日中は紫外線から肌を守る「日焼け止め」もしくは「日焼け止め効果のある」化粧品を使用していきましょう。

3-4.生活習慣を整える

サメ肌_生活習慣生活習慣を整えることも赤ら顔のお手入れにつながることがあります。できるところから生活習慣を見直して対策をしていきましょう。

①十分な睡眠をとる

首がかゆい 睡眠睡眠不足は肌荒れの原因となることもあります。

肌の状態を整えるためにも、できるだけ睡眠時間をしっかりと取るように意識してみましょう。

②食生活の改善

ダイエット サプリメント ランキング不規則な食事や偏食は肌の代謝に影響を与えるといわれています。できるだけバランスのとれた食生活を心がけましょう。

4.赤ら顔を隠したい方へ!メイク術

スモーキーメイク 2赤ら顔はメイクで上手にカバーしていきましょう。

特にコントロールカラーは、光の性質を利用して肌色を補正するアイテムなので、自然かつ綺麗に赤ら顔をカバーしたい方は取り入れましょう。

【赤みが薄めの箇所】イエロー系のコントロールカラー
【赤みが強めの箇所】グリーン系のコントロールカラー
顔 赤み コントロールカラー

~使用方法~
①スキンケアを行い、化粧下地として日焼け止めを塗ります。
②コントロールカラーを赤みの気になる部分にのせます。
③普段通り、ファンデーションを使用します。

★ファンデーションを塗る際、コントロールカラーをつけた箇所は擦らず、軽くタッチするように塗ることを心掛けましょう。

5.まとめ

顔がほてって赤く見えてしまう「赤ら顔」は、さまざまな原因があるとされていますが、基本のお手入れは保湿だといわれています。

自分の肌状態を理解したうえで、適したお手入れを行っていきましょう。

※この記事は2017年5月19日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。