メニューを開く
アスタリフト;

女性特有の口臭はこの対策で乗り切ろう!

口臭 女性
 口臭は体の臭いに比べ、相手の顔に向けて発されるので、その人の印象を悪くしてしまう傾向が強いと言われています。

 女性なら特に、「口が臭い」、「あの人は口臭がある」という印象を与えてしまうのは、避けたいですよね。でも、実は女性ならではの口臭の原因もあります。
 ここでは、女性特有の口臭の原因と、その対策をご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.女性特有の口臭があるって本当?

 女性はタバコを吸わない人も多いし、ランチの後にきちんと歯を磨く習慣のある人も多いので、あまり口臭とは縁がないように思われていますが、実は女性特有の口臭の原因があるのです。

 それは女性ホルモンの分泌によるものだと言われています。

1-1.口臭が強くなるのは排卵日前後

 女性は生理周期によって、女性ホルモンの分泌バランスが変化し、それにともなって体調も変化します。そのひとつが口臭の強さです。

 女性は排卵日の前後、口臭が強くなると言われています。これには次の2つ原因があります。
①唾液の分泌量の低下
②口臭の原因物質の増加

 唾液には口の中を常に洗い流し、清浄に保つ役割があります。そのため、唾液の分泌量が減ると、口の中に汚れが残り、そこに雑菌が繁殖して口臭の原因になることがあるのです。

 女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経も乱れるため、唾液の分泌量が低下すると言われています。唾液の分泌は自律神経の影響を受けているからです。

 この傾向が強く現れるのが、排卵日前後です。PMSの症状が現れる時期と重なるため、「イライラしているせいで口が渇く」、「ストレスがたまっているから、口がねばつく」と感じたことがある人もいるのではないでしょうか?

 また排卵日前後になると、女性ホルモンの分泌が変化することによって、口の中のVSC(揮発性硫黄化合物)という口臭の原因物質が増加することもあると言われています。ふつうであれば、口臭の原因物質は唾液によって洗い流されるのですが、この時期は唾液の分泌も低下しているため、いっそう口臭が強くなってしまうことがあるのです。

1-2.更年期の女性の口臭

 女性の更年期は平均して45歳から55歳まで続くと言われています。この時期、女性は女性ホルモンの分泌が低下することで、様々な体調の変化を経験します。

 女性ホルモンの変化は、自律神経にも影響するため、自律神経失調による不調も、更年期にはよく起こります。

 更年期の女性は唾液の分泌が減る傾向があるのも、自律神経の乱れが原因とされています。つまり更年期の女性は、口が渇くことで、口内がねばつく、ドライマウスになりやすく、口臭が強くなりやすいのです。

2.女性特有の口臭対策

 口臭の原因が女性特有のものであっても、口臭対策は男女、年齢関係なく共通しています。口の中を健康で、清潔な状態に保つことが、何よりの口臭対策です。

2-1.口臭の原因物質対策

 排卵日前後、口臭の原因物質が口の中で増えやすいときには、いつも以上に口の中を清潔にするように心がけましょう。
 
 手軽に口の中を清浄に保つには、デンタルリンスがおすすめです。

■【医薬部外品】プロポデンタルリンスR&C(プロポリス健康促進会)
歯周病専用の薬用ハミガキです。フラボノイド、アミノ酸、各種ミネラル、ビタミンを豊富に含むプロポリスが配合されています。リンスタイプなので、ブラッシングの時間がないときでも、手軽に歯を洗浄できます。
プロポデンタルリンス

初回限定特別セット 1,800円(税別)
商品内容:プロポデンタルリンスR&C(300ml)、歯科医院専用歯ブラシ 1本
公式サイトはこちら

2-2.ドライマウス対策

 女性特有の口臭は、唾液の分泌が低下することによるドライマウスが大きな原因になっているのは確かです。

ドライマウスのケア対策として、次のことを試してみてはいかがでしょう。

①水分補給
ドライマウスには、なんといってもこまめな水分補給が大切です。喉が渇いていなくても、口に渇きやねばつきを感じたら、すぐに水を含みましょう。

この時に飲むのは、水や無糖の炭酸水などがおすすめです。コーヒーや緑茶、紅茶
などカフェインの含まれた飲み物は利尿作用があり、かえって体の水分が失われて
しまうことがあるので、控えましょう。

②よく噛んで食べる
顎を動かすことで唾液の分泌を促します。ガムを噛むのもおすすめです。シュガーレスのガムやキシリトールのガムがおすすめです。

③パタカラ体操
口の筋肉をきたえ、唾液の分泌を促す口の体操です。
「パパパパパパパパ」
「タタタタタタタタ」
「カカカカカカカカ」
「ララララララララ」
と、一文字ずつ声を出して言ってください。
きっちり発音することを意識して行います。

3.口臭の原因はほかにもあります

 ここでは、女性特有の女性ホルモンの分泌の変化によって起こる口臭について、ご説明してきましたが、もちろん口臭の原因はそれだけではありません。

男女や年齢にかかわりなく、口臭にはいろいろな原因があります。
 主な原因は次の6つです。

①病気
虫歯、歯周病をはじめ、いろいろな病気が口臭の原因になることがあります。急に口臭が強くなったと感じたら、まず歯科医で受診するのがおすすめです。

②ストレス
ストレスや緊張は、自律神経の失調をもたらし唾液分泌を低下させる場合があります。

③タバコ
タバコのヤニが歯にこびりつき、口臭の原因になることがあります。

④アルコール
お酒を飲んだ後、喉が渇くことがありますよね。これは、アルコールを分解するために体の水分が使われるからです。それによって唾液の分泌が低下し、口臭を強くすることがあります。

⑤臭いの強い食べ物
ニンニク、ニラなど、「アリシン」という成分を含んだ食べ物は、消化された後でも呼気にまじって、臭いを発することがあります。だいたい食べてから16時間は臭いが続くと言われているので、注意しましょう。

⑥体内環境の乱れ
外食が続いて、肉類や脂質の多い食生活になると、体内環境が乱れ、口臭の原因になることがあります。外食でもサラダや海藻などの食物繊維や、豆腐などの大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。

 女性であっても、男性であっても、口臭が強くなるのには、何か原因があるはずです。セルフケアや生活習慣を見直すのはもちろん、年1回の歯科医検診するのもおすすめです。

4.まとめ

 女性は生理周期によって、女性ホルモンの分泌が変化し、それにともない体調にも変化が起きます。

 排卵日の前後に口臭が強くなるのも、そのひとつです。ただ、原因は女性ホルモンの分泌バランスであっても、ケアすべきことはふつうの口臭ケアと変わりません。

・口の中を清潔に保つ
・唾液の分泌を促す

この2点を意識して、口の中をお手入れし、こまめな水分補給で、口臭ケアをしましょう。
この記事は2016年2月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る