メニューを開く
2017年4月19日 更新

肌が汚い原因とは?意識するべきスキンケアのポイント

肌が汚い「肌が汚いかも」とお悩みではありませんか?

肌が汚い状態は、化粧のりも良くないため、憂鬱になりますよね。

肌が汚い状態になりやすいのは、どんな原因があるのでしょうか…もしかすると、普段行っているスキンケアの方法などが関係しているかもしれません。

そこで今回は肌が汚い原因や、意識したいスキンケアのポイントについてご紹介します。



1.肌が汚い方に意識してほしいスキンケアのポイント

ここでは、肌が汚いと悩む方に意識してほしい、スキンケアのポイントについてご紹介します。

①クレンジングをする際のポイント

肌が汚い まずは、クレンジングをする際のポイントについてご紹介します。

・メイクの濃さに応じてクレンジング剤を選ぶ
・メーカー指定の量を使用する
・力を入れすぎず、優しい力加減で洗う
・時間をかけすぎず、素早く行う

②洗顔をする際のポイント

肌が汚い クレンジングが終わったら、洗顔を行いましょう。

・ぬるま湯ですすぐ
・シャワーをそのまま顔に当てない
・しっかりと洗顔料を泡立てる
・泡をクッションにし、指の腹を使って優しい力加減で洗う
・肌に残らないよう、よくすすぐ
・洗顔は1日2回

③化粧水を使う際のポイント

肌が汚い 続いて、化粧水を使う際のポイントについてご紹介します。

・清潔な手で行う
・洗顔後、できるだけすぐに化粧水をつける
・パチパチとたたきこまず、じっくりとハンドプレスをする
・少量ずつつける

④美容液を使う際のポイント

肌が汚い

美容液も日々のスキンケアに取り入れてみましょう。

美容液を使う際に意識するポイントをご紹介します。

・自分の肌の悩みに合った美容液を使う
・適量を使用する
・スペシャルケアとしてではなく、毎日継続して使用する

⑤ 乳液を使う際のポイント

肌が汚い 最後に、乳液を使う際のポイントについてご紹介します。

・手のひらを合わせて、温めてからつける
・しっかりハンドプレスをする

2.肌が汚い7つの原因

肌が汚い次に、肌が汚い原因についてご紹介します。

肌が汚く見える原因は、その悩みによってさまざまではありますが、ここでは一般的に考えられることについてお伝えします。

肌が汚い原因①メイク・スキンケア方法

肌が汚い

・ブラシやパフなどのメイクアイテムが不衛生
・化粧品が古い
・肌をこするようにメイクしている

・クレンジングを長時間行う
・熱いお湯で洗顔する
・洗顔やタオルで拭く際にゴシゴシと力を入れる
・ニキビをつぶす

肌が汚い原因②ストレス

肌が汚い 肌が汚い原因のひとつとして、ストレスも考えられます。

ストレスを感じると皮脂量が増えたり、睡眠不足になったりしやすいとされているため、肌荒れの原因になりやすいと言われています。

肌が汚い原因③紫外線

紫外線 対策

肌が汚い原因のひとつとして紫外線も考えられます。
紫外線は、肌の乾燥を招きやすいと言われています。紫外線対策を行わず炎天下に長時間いたりすることは、肌荒れへ繋がりやすいでしょう。

肌が汚い原因④睡眠不足

肌が汚い

肌が汚い原因のひとつとして、睡眠不足も考えられます。
睡眠不足の状態は肌リズムが乱れやすいため、肌荒れにつながりやすいと言われています。

肌が汚い原因⑤食生活

白髪

肌が汚い原因のひとつに、食生活の乱れも考えられます。

脂っぽい食事ばかりとっていたり、就寝前に食事をとっていたり、ダイエットとして極端な食事制限をしていたりすると、肌荒れに繋がりやすいとされています。

肌が汚い原因⑥便秘

肌が汚い 肌が汚い原因の一つに、便秘も考えられます。

便秘になると、老廃物が体内に溜まるため、肌悩みが起こりやすくなると言われています。

肌が汚い原因⑦生理

更年期 生理周期

肌が汚くなる原因のひとつとして、生理も考えられます。

生理前や生理中はホルモンバランスが変化しやすいためだとされています。

3.肌がキレイであること・3つのメリット

ここでは、肌がキレイであることのメリットを3つご紹介します。

①清潔感が出る

肌が汚い 肌がキレイなことは、清潔感があるとされています。肌がキレイだというだけで、自己管理が行き届いているように見えることもあるでしょう。

②化粧ノリが良くなる

ブラウンメイク

肌がキレイになることで、ベースメイクも美しく仕上がり、アイメイクやリップメイクがさらに魅力的にうつるでしょう。

③自分に自信がつく

肌が汚い 肌がキレイになると、鏡を見ることが楽しみになり、自分に自信を持てるようになることが期待できます。

4.まとめ

肌が汚い原因や美肌のメリット、スキンケア方法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

健康的な生活を送り、スキンケアを丁寧に行って、うるおいのある肌を目指しましょう。

この記事は2017年2月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る