メニューを開く

肌が汚いのは乾燥や化粧が原因?正しいスキンケアを伝授!

肌が汚い肌が汚いと悩んだことはありませんか?

「ニキビができてしまい、化粧ができなくて困る…」
「肌が汚い原因や、効果的なスキンケア方法が詳しく知りたい!」
など、「肌が汚い」の定義は人それぞれあるかと思います。

今回は肌が汚いことのお悩みを、一つずつ解決していきます!

あなたの肌が汚い原因は、生まれつきとは限りません。
もしかすると普段行っている、洗顔などのスキンケアの方法が間違っているのかもしれません。

ニキビやニキビ跡、肌の赤み、そばかす、シミなどによって、肌が汚いと感じることはとてもつらいことですよね。

これからは汚い肌を髪型やマスク、化粧で隠すのではなく、自肌の状態を整え、自信を持って出せるキレイな肌を目指しましょう!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.肌が汚い人に伝授!正しいスキンケアのポイント

肌が汚いと、化粧をするのも洋服を決めるのもなんだか憂鬱ですよね。

「私なんて、どんなにおしゃれをしたって、肌が汚いからかわいいとは思われない…。」
「スキンケアを毎日しっかりとしているのに、いつまで経っても治らない…。」
そんな肌荒れに落ち込む日々を過ごしていませんか?

その肌荒れはもしかすると、あなたのスキンケアの方法が間違いが原因かもしれません。

ここでは正しいスキンケアの方法を詳しくお伝えしていきます。

正しいスキンケアをマスターし、キレイな肌を目指しましょう!

① 肌が汚い原因かも?正しいクレンジングのポイント

肌が汚い まず、正しいクレンジングのポイントをご紹介していきます。

仕事が終わって帰宅して、疲れたからといってメイクを落とさずに就寝したりしてはいませんか?

メイクを落とし、スキンケアをしっかりとすることは、肌をキレイにするためには絶対にサボってはいけないことです。

しっかりと自分の肌に愛情を注ぎ、肌が休む時間を作ってあげましょう。

ここでは、メイククレンジング中に意識するポイントをご紹介します。

・クレンジング剤でパックをするように、長時間つけたままにはしない
・メイクの濃さに応じてクレンジング剤を選ぶ
・「これだけで落ちるから」と目分量で決めず、適量のクレンジング剤を使用する
・濃いめのメイクだからと落とす際に力を入れず、やさしく落とす
・クレンジング後にタオルでやさしく顔を拭く

男性でも、日焼け止めを落とす際は、クレンジング剤を使用しましょう。
クレンジングは丁寧に行うことを意識して行い、化粧品や日焼け止めをしっかりと落としましょう。

② 肌をきれいに洗おう!洗顔のポイント

肌が汚い クレンジングが終わったら、次に洗顔を行います。

洗顔する際に意識するポイントは以下になります。

・32~34度前後のぬるま湯で洗う(40度前後の熱いお湯はNG)
・シャワーをそのまま顔に当てない
・しっかりと洗顔料を泡立てる
・“泡で洗う”を意識し、力を入れて洗わない
・回数を1日朝夜2回までに抑える

朝の洗顔の目的は、汗や皮脂、ほこりを落とすことで、夜の洗顔の目的は、クレンジング料や汚れを落とすことです。

それぞれに応じて、洗浄力の違う洗顔料を使用しても、いいかもしれませんね♪

③ 汚い肌に潤いを!化粧水のポイント

肌が汚い 続いて、化粧水についてお伝えしていきます。

化粧水はほとんどが水分で成り立っています。
そのため、肌に必要な水分量をしっかりと守り、つけすぎや不足することがないように適量をしっかりと肌になじませましょう。

化粧水をつける際に意識するポイントは以下になります。

・洗顔後、できるだけすぐに化粧水をつける
・パチパチとたたき込まずに、手やコットンで肌にやさしくなじませる
・必要以上に重ね付けしない
・コットンパックは10分以上おかない

④ 汚い肌に栄養を!美容液のポイント

肌が汚い 化粧水の次は、美容液をつけましょう。

美容液を使用するにあたって大事なことは、肌が荒れた後に使うのではなく、日頃から使う習慣をつけましょう。

美容液は、部位や目的ごとに種類が分かれています。
ハリ・弾力美容液や目元用美容液、美白美容液などのさまざまな種類があります。

肌が汚くなる前に、肌荒れなどを予防することが大切です。
自分が悩んでいる肌悩みに応じて、美容液も日々のスキンケアに取り入れましょう♪

美容液をつける際に意識するポイントは以下になります。

・適量を使用する(少なすぎも多すぎもNG)
・継続して使用する(できるだけ毎日)

⑤ 汚い肌をしっかりと保湿!乳液・クリームのポイント

肌が汚い 最後に、乳液・クリームについてお伝えしていきます。

乳液やクリームは化粧水や美容液が蒸発しにくいように、肌の皮脂膜の役割をしてくれます。

そのため、乳液やクリームはスキンケアの最後に塗ると覚えておきましょう。

乳液・クリームをつける際に意識するポイントは以下になります。

・化粧水をつけた後につける
・手のひらの上で温めてからつける
(コットンの場合、コットンに化粧水をなじませた後に乳液をつける)

2.あなたはニキビ?毛穴開き?肌が汚い原因7つ

肌が汚い次に、肌が汚い原因について詳しくご説明していきます。

自分の肌が汚いと思う原因は、過剰な皮脂によるテカリや乾燥によるカサつき、毛穴詰まりによる黒ずみや繰り返しできるニキビなどでありませんか?

しかし、それらは一体何が根本の原因となっているのでしょう。

ニキビや目立つ毛穴など、肌が汚いことがコンプレックスな方は、何が自分の肌荒れの原因なのかを理解し、汚い肌対策に努めましょう。

ここでは肌が汚い原因を7つお伝えしていきます。

肌が汚い原因①メイク・スキンケア方法の間違い

肌が汚い メイクやスキンケア方法の間違いは、1章でもお伝えしたとおり、汚い肌を作る原因の一つです。

メイク自体が肌荒れの原因になるだけでなく、化粧品に入っている成分が、肌の弱い方には刺激になり、肌荒れにつながることもあります。

また、化粧品自体に問題はなくても、肌に触れるスポンジやブラシについた雑菌が、肌荒れの原因になることも多くあります。

さらに、スキンケア方法は、多くの方が勘違いしたまま、間違った方法で行っていることがあります。
スキンケアでやりがちなNG 行動をご紹介します。

・クレンジングを長時間行う(パックのように使用する)
・洗顔やタオルで拭く際にゴシゴシと力を入れる
・熱いお湯で洗顔する(40度以上)
・ニキビができたらとりあえずつぶす
・シートパックを長時間つけたままにする

上記のことや1章でお伝えしたことに注意し、間違ったスキンケア方法を正しましょう。

肌が汚い原因②過剰なストレス・疲労

肌が汚い 肌が汚い原因は、過剰なストレスや疲労も関係していきます。

人間はストレスを感じると、ストレスホルモンが分泌されます。

ストレスホルモンは皮脂を過剰に分泌し、肌の水分と油分のバランスを崩すので、吹き出物やニキビなどの原因になることもあると言われています。

ストレスは、人間関係やお金などの悩みだけではなく、暑い寒いなどの天候によるものや、匂いなどで感じることもあります。

肌が汚い原因③紫外線

肌が汚い原因の一つに、紫外線があります。

紫外線は、肌の乾燥や、しみ、しわの原因になると言われています。
肌が紫外線を浴びると、皮膚の中で活性酸素が作られ、肌の老化にもつながります。

また、紫外線による肌の乾燥はくすみの原因にもなりかねません。
紫外線ではありませんが、クーラーの風が肌に直接当たることも乾燥を引き起こすので、避けましょう。

肌が汚い原因④睡眠不足

肌が汚い 睡眠不足もまた、肌が汚い原因の一つです。

良質な睡眠が美肌への近道と言われるほど、肌にとって睡眠は重要なものです。

睡眠不足になると、成長ホルモンがしっかりと分泌されず、肌のターンオーバーのサイクルが乱れて古い角質が残り続けるので、肌荒れにつながりやすいと言われています。

また、睡眠不足を解消しようと「寝だめ」をすることも、生活リズムが乱れ、肌荒れの原因となることもあります。

肌が汚い原因⑤食生活の乱れ

肌が汚い原因の一つに、食生活の乱れもあります。

人間の体は、必要な栄養素が不足すると、体調不良や免疫力の低下を引き起こし、肌が荒れやすくなると言われています。
ダイエットでの極端な食事制限も、食生活の乱れに含まれます。

食べ過ぎや深夜の食事も消化不良を起こしやすく、体に負担をかけるため、肌荒れの原因になりやすいと言われています。

肌が汚い原因⑥便秘

肌が汚い 肌が汚い原因の一つに、便秘もあげられます。

便秘になると、本来は体外に出すべき便が腸内にたまることで、肌悩みが起こりやすくなります。

また、便秘は腸内環境を悪化させ、自律神経を乱しやすいとも言われています。
自律神経の乱れは免疫力の低下を引き起こしやすく、それにより肌の新陳代謝も滞りやすくなると言われています。

肌が汚い原因⑦部屋が汚い

肌が汚い理由の一つに、部屋が汚いということが考えられます。

「部屋と肌、何が関係あるの?」と感じる片もいるかもしれませんが、部屋が汚い状態を続けていると、部屋の中にほこりが増えます。
ほこりは細かいものだと毛穴を詰まらせ、汚い肌を作る原因となってしまうのです。

また、部屋が汚い方は、全体的に面倒くさがりという一面がある方も多く、スキンケアを怠ることが多いと考えられます。
しっかりと部屋や身なりを清潔に保つことで生活を正し、美しい肌を目指しましょう。

【番外編】肌が汚い原因⑧生理

女性の方のみになりますが、肌が汚くなる原因の一つに生理があります。

特に生理前は肌が荒れやすいと、多くの女性は感じたことがあるのではないでしょうか。

生理前は、プロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌され、このホルモンには皮脂の分泌量を増やす働きがあります。

皮脂量が通常よりも多くなるため、ニキビなどの肌悩みが起きやすいと言われています。

3.肌が汚いのは遺伝も原因?

肌が汚い 肌が汚い…と悩んだ時に、ひょっとして遺伝なのでは?と考えたことはありませんか?

肌の質は、少なからず遺伝も関係していると言われています。
しかし、乾燥肌やオイリー肌などの肌質は遺伝だけではなく、ただ単純に似た生活を送っているためとも考えられています。

肌が汚い原因を遺伝と決めつけるより、食生活や睡眠、スキンケアなどの自分にできることをまず見直してみましょう。
絶対に肌をキレイに改善する!と諦めないことで、モチベーションを高く持ち続けることができ、輝く自分に近づけるかもしれません❤

4.肌が汚いのは今日で卒業!肌がきれいなメリット5つ

「肌が汚いけど、肌がきれいになるためには、色々面倒くさいことをしなきゃいけないんでしょう…」と諦めているあなたにお伝えしたいことがあります。

肌がキレイになると、人生が変わるようなたくさんのメリットがあるのです!

生活習慣を変え、素肌をキレイにしていくことは簡単なことではありません。

しかし、肌がなかなかきれいにならずにへこたれそうになったときは、ぜひこのメリットを思い出して、努力をし続けましょう!

ここでは、肌がキレイなメリットを5つお届けしていきます。

①清潔感が出る

肌が汚い 肌がキレイなことで、周りの人に清潔感があるイメージを与えると言われています。

肌が汚いと、
「不摂生な生活をしているのでは?」
「部屋が不潔なんじゃないかな?」
という印象を相手に与えやすいと言われています。

逆に捉えると、美肌を保てば、
「しっかりとした生活をしているんだな」
「いつでも身の回りを清潔にしているんだな」
と思ってもらえるかもしれません。

歩くだけで爽やかな風を吹かせられるような、素肌美を目指しましょう。

②化粧ノリが良くなる

肌がキレイだと化粧ノリも良くなります。

ニキビや毛穴が目立つと、欠点を隠すことを優先してしまいがちではありませんか?

肌がキレイになることで、ベースメイクもきれいに仕上がり、アイメイクやリップメイクを際立たせることができますよ❤

③若々しく見える

肌が汚い 肌がキレイなことで、男女ともに若々しく見えると言われています。

あなたの周りで、「あの人実年齢よりも若々しく見えるな」と思う方は、肌がつやつやとキレイな方ではありませんか?

しっかりとスキンケアや生活習慣を意識して肌がキレイな状態を保つことで、実年齢は変えられなくても、見た目の老化のスピードは歴然と変わるものです。

見た目の若さを保つためにも、美肌を保ち続けましょう!

④モテる

肌がキレイになると、モテるようになる可能性があります。

顔立ちにコンプレックスがある方は、肌がキレイになるだけでも、顔全体の印象が変わりますよ!

なぜなら、肌がキレイなことで、男性の目に「すっぴんでもキレイな女性」に映るからと言われています。

女性の方でも、男性の好きなタイプに「肌がきれいな人」とあげる人は少なくありません。
男女ともにキレイな肌を目指して、努力しましょう。

⑤自分に自信がつく

肌が汚い 肌がキレイになると、自分に自信を持てるようになります。

ニキビができたときに、無意識に手で隠してしまっているのは、恥ずかしいという気持ちの表れではないでしょうか?

また、「肌が汚いから・・・」と、髪型やマスクで隠すなど、汚い肌を全部まわりにさらけ出そうとする人はいませんよね。

肌がキレイになるだけで、自然と背筋を伸ばし、人の目を見て話せるようになりませんか?

肌が汚いと隠すのではなく、美肌になって自分に自信を持ちましょう♪

5.まとめ

肌が汚い原因や美肌のメリット、スキンケア方法などをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

肌が汚いという状態は、仕事が忙しいときや、心労が重なったときなど、どうしても避けられない場合もあります。

また、肌が荒れている原因がアトピー性皮膚炎などのアレルギー性の疾患という可能性もあるため、全て生活習慣などを意識すればキレイになるとは言えません。

しかし、そんなときに、こうしたら肌がきれいになるかも!という基本的な知識を知っているだけで、なんだか少し心が軽くなりませんか?

肌は内臓を映す鏡とも言われています。

健康的な生活を送り、スキンケアを丁寧に行ってツルツルの美肌を保ち、内側からも外側からも健康な人を目指しましょう。

この記事は2016年12月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事