メニューを開く

手荒れ対策に手袋が良い理由って?手袋の魅力を知ろう!

手荒れ 手袋
手荒れ対策には手袋が良いって聞いたことがあるけれど、どんな手袋があるの?と、手袋について知りたい方へ、今回は手荒れ対策に手袋をおすすめする理由や、手袋を選ぶポイントなどをご紹介していきます!

手荒れ対策として手袋をお探しの方や、まだ手袋を使ったことがない方もぜひチェックしてみて下さいね。

※手荒れの状態はさまざまです。傷がある・膿んでいる状態等は皮膚科を受診する必要がある場合もあります。ご紹介する商品を使用する際は十分注意して行ってください。



1.手荒れ対策に手袋をおすすめする理由

手荒れが気になるときには、夜寝る前に、ハンドクリームで手肌に潤いを与えた上から手袋を付けることをおすすめします。

ただハンドクリームを塗っただけの場合よりも、手袋を付けることで、次のようなことが期待できるからです。

1-1. ハンドクリームが手に密着しやすくなる

ハンドクリームを塗ってから手袋をすることで、手にハンドクリームが密着しやすくなります。

手袋が、ラップのような役割となり、手肌の潤いを保ちやすくすることが期待できるのです。

1-2.ハンドクリームのベタつきを物理的に防ぐことができる

ハンドクリームを塗った後は、手肌が潤う分、ベタつきも気になりますよね。

また、寝ている間は無防備なため、たっぷり付けたハンドクリームが顔や衣類に付いてしまうこともあるでしょう。

手袋を付けて眠ると、ハンドクリームのベタつきや、ハンドクリームが顔や衣類に付着するのを物理的に防ぐことに繋がります。

1-3.手を冷えにくくする

手荒れを防ぐには、手元を冷やさないことも大切です。

手袋をすることで手元が冷えにくくなるため、血行も良くなることが期待できます。

寝ている間は、手元が布団から出てしまうこともあるかもしれませんが、手袋を付けていれば、布団から手が出てしまっても冷えにくくなるでしょう。

1-4.無意識に手肌を掻いてしまうことを防ぐ

手荒れをしている状態の手はかゆみを伴うこともあり、寝ている間は無意識に掻いてしまうこともあるかもしれません。

しかし、手袋を付けていれば、手袋が肌を保護している状態なので、無意識に掻きむしって手荒れを悪化させてしまうこともなくなるでしょう。

2.手荒れ対策の手袋を選ぶポイント

手荒れ対策の手袋は、綿や絹の素材を選ぶことをおすすめします。

●綿素材…綿は吸湿性があり、丈夫な素材です。気兼ねなく使いたい方におすすめです。

綿素材の手袋を1点ご紹介します。

デュカート ケアーズコットン手袋
手荒れ 手袋

肌触りのよいコットン(綿)を使用した手袋です。寝ている間も、デリケートな手肌を保護します。日中のお出かけやお掃除、屋外での作業の際にも使用できます。

●絹素材…絹は、吸湿性に加えて保湿性・放湿性があります。こだわったものを使いたい方におすすめです。

絹素材の手袋を1点ご紹介します。

シルクの冷え取り手袋

シルク

シルクでつくられた、肌触りがよくすっきりとしたデザインの手袋です。8色から選ぶことができます。お出かけの際の日焼け対策としてもおすすめです。

3.水仕事をするときは「重ね手袋」がおすすめ

手が荒れていて水仕事が辛い!という方は、夜寝るときだけでなく、水仕事を行うときにも手袋をはめるようにしましょう。

食器用の洗剤は、手肌が荒れてしまう原因になることがあるため、せっかくハンドケアをしていても、水仕事によってまた手が荒れてしまうことが考えられます。

手袋を付けて水仕事をすることで、水や洗剤から手肌を物理的に保護するようにしましょう。

なお、一般的に水仕事に用いるゴム手袋は、手荒れが気になる方がそのままはめると、手肌に負担がかかってしまう可能性もあります。
そのため、ゴム手袋をはめる前に、綿の手袋を付けてからゴム手袋をする「重ね手袋」がおすすめです。

まず綿の手袋を付けることで、手肌にゴム手袋が直接触れるのを、物理的に防ぐことができます。

ゴム手袋を1点ご紹介します。

エステー ファミリー ビニールうす手 ロングタイプ 指先強化
エステー ゴム

ロングタイプなので、水仕事の際にも手袋の中に水が入りにくいゴム手袋です。薄手タイプなので食器洗い等の作業もしやすいのがポイントです。

4.手荒れ対策|ハンドクリームを選ぶポイント

手荒れ対策のお手入れに欠かせないハンドクリームは、自分の好みの使用感のものを選ぶことをおすすめします。

手荒れ対策には、こまめにハンドクリームを塗って手肌に潤いを与えることが大切です。
頻繁に使うアイテムだからこそ、自分の好きな香りやテクスチャーのものを選ぶことで、ハンドケアもしやすくなるでしょう。

また、配合されている保湿成分をチェックして見るのも良いでしょう。

ここで、ハンドクリームを1点ご紹介します。

コレールブルー ハンドクリーム

コレールブルー

潤い成分として尿素を配合したハンドクリームです。手肌にハリ・ツヤを与え、乾燥を防ぎます。ベタつきのない使用感で夜のみならず、日常でも使いやすいでしょう。

また、ハンドケアをより徹底して行いたい方には、ハンドクリームとともにキューティクルオイルの使用もおすすめします。

キューティクルオイルを塗ると、ハンドクリームとキューティクルオイルで指先まで潤いを与えるので、より手先の保湿が期待でき、ささくれ等の対策にもなるでしょう。

キューティクルオイルを1点ご紹介します。

ハウスオブローゼ ビーハニー ネイルトリートメント

ハウス ネイル

保湿成分ハチミツエキス配合のキューティクルオイルです。爪に潤いを与えます。使いやすいペンタイプなので、寝る前だけでなく日常用として携帯するのにもおすすめです。

5.まとめ

手荒れ対策には、夜寝るときにハンドクリームの上から手袋をしたり、水仕事のときに手袋を重ねたりすることをおすすめします。

手荒れの気になるデリケートな肌を、手袋をすることで物理的に保護しましょう。

また、日中からハンドクリームをこまめに塗って、極力乾燥を防ぐように意識しましょう。

この記事は2017年3月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る