メニューを開く
2017年5月9日 更新

ニキビや乾燥…そんな肌荒れに!化粧水の選び方&使い方

肌荒れ 化粧水 顔の肌荒れにお悩みではありませんか?

肌が荒れてしまうときには、保湿が大切だとよくいわれていますよね。

そうはいっても、肌荒れが気になるときにどんな化粧水を使ったらいいのか、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、肌荒れが気になるときの化粧水の選び方と使い方を、肌荒れのタイプ別にご紹介します!



◆肌らぶ セレクション◆

オルビス 薬用クリアローション[医薬部外品]
オルビス 薬用クリアローション[医薬部外品]

販売会社:オルビス株式会社
容量:180ml
価格:1,500円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
揺らぎがちな肌をすっきりと整える薬用化粧水です。

肌荒れを防ぎ、肌をすこやかに保ちます。また、100%オイルカット。

べたつかないのにうるおいを与え、肌をしっとりとやわらげてくれます。

「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」の2種類から選ぶことができます。

薬用洗顔料、薬用化粧水、薬用保湿液が約3週間試せるトライアルセットもあるのも嬉しいポイントです。

≫≫オルビス公式HPはこちら

1.肌荒れが気になるときの化粧水の選び方

肌荒れ 化粧水一口に“肌荒れ”といっても、さまざまなタイプの肌荒れがあります。

化粧水を選ぶときは、自分の肌質や肌荒れの原因にあったものを選ぶことが大切です。

ここでは、代表的な2つの肌荒れタイプごとに、化粧水の選び方をお伝えします。

1-1. ニキビ・皮脂過剰による肌荒れタイプ

肌荒れ 化粧水 皮脂が過剰に出てしまうことによる肌荒れや、大人の揺らぎがちな肌にできてしまうニキビにお悩みの方は、油分控えめでありながらも十分にうるおいを与え、肌を整える化粧水を選びましょう。

皮脂過剰や大人の肌にできやすいニキビは、もともとの肌質が原因という場合もありますが、乾燥も原因のひとつと考えられます。

肌の水分量が低下して乾燥すると、肌は乾燥を回避しようと皮脂を余計に出すことがあるといわれています。

すると、毛穴が皮脂や汚れなどで詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

そのため、十分に水分を補いつつも、べたつかない化粧水でお手入れをすることが必要になります。

また、特にニキビが気になるという方は、薬用化粧水もおすすめです。

1-2.乾燥による肌荒れタイプ

肌荒れ 化粧水肌の乾燥が原因で肌荒れが起きてしまっている方は、とにかくうるおいを重視した化粧水を選びましょう。

乾燥は、肌荒れを引き起こす大きな原因の1つとされています。角質層と呼ばれる肌表面の水分量が低下することで、肌のキメが乱れ、カサカサとしたり赤みやかゆみが出てしまったりすることがあるのです。

そこで、ただ水分を与えるだけでなく、与えた水分をしっかりと肌に保つことが必要になります。

化粧水を選ぶときは、肌の水分をみずみずしく保てるように、保湿成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

保湿成分にもさまざまな種類がありますが、代表的な保湿成分がセラミドです。

セラミドは肌になじみやすく、水分をはさみ込む性質を持っているため肌のうるおいを保ってくれるといわれています。

【主な保湿成分】
セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・グリセリン ほか

~肌らぶ編集部おすすめ化粧水~
保湿成分を含み、過剰皮脂による肌荒れ対策におすすめの薬用化粧水を、肌らぶ編集部でピックアップしてみました。

◆ルナメアAC スキンコンディショナー〈化粧水〉[医薬部外品]
ルナメアAC スキンコンディショナー〈化粧水〉[医薬部外品]

販売会社:株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
容量:120ml
価格:2,200円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
肌をしっとりとうるおしながらも、すこやかに保つ薬用化粧水です。

デリケートになりやすい肌を保湿しつつ、過剰皮脂による肌荒れ対策が期待できます。

4つのハーブエキスが肌にバランスよくうるおいを補います。

「ノーマルタイプ」「しっとりタイプ」の2種類から選ぶことができます。

クレンジング、洗顔、化粧水(2タイプ)、ジェルクリームがセットの1週間お手入れキットもありますよ。

≫≫ルナメアAC公式HPはこちら

2.肌荒れが気になるときの化粧水のつけ方

 

肌荒れ 化粧水化粧水をつける方法として、コットンでつける方法と手でつける方法があります。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、肌荒れが気になるときは、化粧水は手でつけることをおすすめします。

コットンの使い方によっては、コットンの繊維による摩擦で肌に負担がかかってしまうことがあるためです。

石鹸で洗った清潔な手のひらで、丁寧につけるようにしましょう。

【化粧水のつけ方】

① 手のひらに適量の化粧水をとり、手であたためる

 

肌荒れ 化粧水化粧水を手にとり、両手のひらに広げて体温であたためます。こうすることで、化粧水が肌になじみやすくなります。

化粧水を出すときは、なるべく容器に手が触れないようにしましょう。雑菌がついてしまうことを防ぐためです。

② 手のひらで顔全体を包むようになじませる

 

肌荒れ 化粧水乾燥しやすいあごや頰からつけ始め、鼻や額まで、手のひらで顔を包みこむようにして、まんべんなくなじませていきます。

面積の広い頰や額は手のひらで押さえるようにしてなじませます。

目もとは皮膚が薄く、デリケートな部分だといわれているため、指先でソフトタッチでなじませるようにしましょう。

肌を強くぱちぱちと叩くようにつけたりはしないようにしてください。

☆ポイント
化粧水は洗顔後、なるべくすぐにつけるようにしましょう。洗顔後の肌は非常に乾燥しやすい状態になっているためです。

3.肌荒れの原因とは?

肌荒れ 化粧水乾燥や皮脂過剰によって肌が荒れてしまうのは、さまざまな原因によるものだと考えられます。

ここでは、肌荒れを引き起こすと考えられる、主な5つの原因をお伝えします。

3-1.紫外線

肌荒れ 化粧水

過剰な紫外線は、肌を乾燥させ、肌荒れの大きな原因の1つになると考えられます。

紫外線を浴びすぎると、肌が水分を保持できなくなり、乾燥してかゆみや赤み、かさつきを引き起こしてしまうことがあると考えられます。

また、肌が乾燥すると、肌は自分自身を守ろうと角質を厚くする性質があるといわれています。

そのため、角質層が厚く硬くなり、スキンケアでの水分補給を妨げるため、ますます肌が乾燥してしまうのです。

肌荒れを防ぐためには、こまめに日焼け止めを塗る、日傘や手袋などを使用するなど、紫外線対策を徹底するようにしましょう。

3-2.外気の乾燥

肌荒れ 化粧水肌は外気の影響を受けやすいため、外気が乾燥すると、肌もカサカサと乾燥して肌荒れを引き起こすことがあります。

空気が乾燥する冬はもちろん、夏の冷房の影響も大きいといわれています。

肌荒れを防ぐためには、スキンケアによる保湿で肌への水分補給を行うほか、室内を加湿するなどの乾燥対策を行うことも大切です。

3-3.間違ったスキンケア

肌荒れ 化粧水間違ったスキンケアを続けていると、肌が水分を保持する働きが弱まり、肌荒れを招くケースがあります。

クレンジングや洗顔の際に、肌を強くこすったり力を入れすぎたりすると、肌に過剰な負担がかかってしまうといわれています。

クレンジングや洗顔は素早く丁寧に、かつしっかりと汚れを落とすことを意識し、洗顔後は化粧水や美容液、乳液などの保湿アイテムで十分に保湿を行うようにしましょう。

3-4.生活習慣の乱れ

肌荒れ 化粧水偏った食生活や睡眠不足、運動不足などの生活習慣の乱れも、肌荒れを招くといわれています。

油っぽいジャンクフードや砂糖をたっぷり使った甘いお菓子は確かにおいしいですが、食べ過ぎると皮脂が過剰に出てしまう原因となることも。

また、睡眠不足や運動不足は、肌リズムの乱れにもつながると考えられるため、肌荒れの原因になる可能性があるのです。

肌荒れを防ぐためにも、栄養バランスのとれた食生活を意識し、十分な睡眠と適度な運動を心がけ、心も体もすこやかに過ごすようにしましょう。

3-5.肌質

肌荒れ 化粧水もともとの肌質が乾燥しやすい方や、皮脂が出やすいという方は、肌荒れしやすいといわれています。

ただし、肌荒れしやすい肌質の方でも、スキンケア方法や生活環境を意識することで、肌荒れ対策を行うことが可能な場合もあるでしょう。

★肌荒れがひどいときは…

赤みやかゆみがつらいときや、ひどい肌荒れが気になる場合は、一見するとただの肌荒れのようでも、なんらかの病気の可能性もあります。

また、化粧水が肌にしみたりピリピリとした痛みを感じたりするときなども、自己判断はせず、病院で専門医に相談してみてください。

4.最後に

肌荒れ 化粧水肌荒れが気になるときの化粧水の選び方や、肌荒れの主な原因をご紹介しましたが、いかがでしたか?

肌が荒れていると、メイク乗りもよくないし、なんだか楽しくないですよね。

ぜひ今回の記事を参考に、自分の肌に合う化粧品を見つけてくださいね♪

この記事は2017年5月9日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る