メニューを開く
アスタリフト;

カサカサ頭皮をなんとかしたい!原因5点と予防方法3選

頭皮 カサカサ

「なんだか頭皮がカサカサしている!」「なぜ?髪の毛はちゃんと洗っているのに」とお悩みではありませんか?

カサカサ頭皮の原因や防ぐ方法がわからないと、「ずっとこのままだったらどうしよう!」と不安になりますよね。
フケが落ちて不衛生に見えるのが気にかかり、気分が落ち込んでしまうこともあるでしょう。

今回は、頭皮のカサカサの原因、対策や、生活習慣の見直すべきポイントについてご紹介します。


astalift
astalift

1.頭皮がカサカサに乾燥する原因5点

ここでは、頭皮がカサカサする主な原因を5点ご紹介しますので、あてはまるものがあるか確認してみましょう。
頭皮カサカサ挿絵

①シャンプーが合わない

シャンプーが頭皮に合っていない、という可能性があります。
頭皮にかゆみを感じる、ひりひりする、フケが出る、べたつく、髪の毛がぱさつく、などの違和感を感じたら、シャンプーを変えてみることをおすすめします。
自分に合っていないシャンプーで必要な皮脂まで洗い流して、カサカサ頭皮に繋がっていたり、その逆で余分な皮脂や汚れが残ってしまっていることもあります。

②シャンプーの方法が間違っている

シャンプーの方法が間違っていても、頭皮が乾燥する可能性があります。
頭皮を清潔に保つため、1日に何度も洗髪する方もいますが、過度な洗髪は頭皮に必要な皮脂までとってしまうことがあるので、1日1回にしましょう。
また、次のようなことは控えるよう心掛けてください。

・髪を濡らした後、水分を切らずにシャンプーをつけている
・シャンプーを泡立てずに、原液を頭皮に直接つけて洗っている
・熱すぎるお湯で洗い流す
・爪をたてて洗っている
・すすぎが不十分

③生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れると、血行が悪くなるので、頭皮が乾燥した状態になるといわれています。
運動不足で身体を動かさない、食生活が乱れ、緑黄色野菜の摂取が不足している、ストレスを日常的に抱えているなどの生活習慣が、血行を悪くする原因のひとつです。

④エアコンの使用による外との温度差による発汗

冷暖房のきいた屋内と温度差のある屋外を行き来すると、汗をかいたり冷えたりを繰り返し、頭皮の乾燥の原因となることがあります。
また、エアコンの使用による室内の乾燥も頭皮に良くありません。

⑤病気の可能性

上記の原因に全く思い当たるふしが無い方や、自宅でできるケアを行ったけれど、頭皮の乾燥を感じる方は、なんらかの病気の可能性もあります。
心配な方は自己判断せず、病院で相談するようにしましょう。

2.頭皮のカサカサ予防3選!まずはシャンプーの見直し!

ここでは、正しいシャンプーの方法、おすすめのシャンプー、おすすめの頭皮マッサージをご紹介します。

2-1.カサカサ頭皮に!正しいシャンプーの方法

はじめに、正しいシャンプーの方法をご紹介します。
シャンプーを正しく行うことは、頭皮を健やかに保つためにとても重要なことなので、ひとつひとつ確認しましょう。

また、必要な皮脂を洗い流さないために、シャワーの温度は体温に近い38℃くらいで行うことをおすすめします。

STEP1 ブラッシング

頭皮ブラッシング挿絵

シャンプーを始める前に、まずは乾いた髪の状態でブラッシングを行いましょう。

ブラッシングをすることで、髪の毛についたほこりや、絡まった髪をとることができます。
髪の毛が濡れた状態で絡みをとろうとすると、ブラシが通らずに頭皮も髪も痛めることがあります。

もしも、髪の毛が絡んで取れにくい場合は、ヘアオイルなどを毛先に少しだけなじませて、指で髪の毛をほぐしてから、ブラッシングをしていきましょう。

STEP2 頭皮をしっかりと濡らす

シャンプー③

頭皮をしっかりと濡らしていきます。濡らし終わったら、手のひらで髪の毛をはさんで毛先に集まった水分を切ります。

ショートヘアの方は、髪の毛全体を手のひらでなぞるように水を切りましょう。
水分が多いと、シャンプーの泡だちが悪くなることがあります。

STEP3 頭皮を優しくシャンプー

②シャンプー挿絵

手のひらに適量のシャンプーを出し、しっかりと泡立たせてから、頭皮に泡をのせて洗っていきます。

頭皮を洗う時には、指の腹で円を描くようにクルクルと洗っていきます。爪を立てて洗わないように注意しましょう。
頭皮が洗い終わったら、最後に泡を髪の毛にのせて、髪の毛を優しく洗います。

STEP4 丁寧にすすぐ

シャンプー挿絵③

髪の毛を丁寧に、時間をかけてすすいでいきます。すすぎ残しの無いように気を付けましょう。

STEP5 タオルドライ

丁寧に優しくタオルで水を切っていきます。
タオルでゴシゴシしたり、もんだりせずに、タオルで髪の毛を挟みながら水気をとっていきましょう。

STEP6 ドライヤー

ドライヤーをかける時は、約20センチは頭皮から離すようにして行いましょう。至近距離でドライヤーをかけると、熱風によって頭皮の水分が失われ、乾燥につながりやすくなります。

2-2.カサカサ頭皮におすすめ!アミノ酸系シャンプー

ここでは、肌らぶ編集部からおすすめしたいシャンプーをご紹介します。
頭皮の乾燥が気になる方におすすめしたいシャンプーは、アミノ酸系のシャンプーです。
アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がマイルドなため、頭皮に必要な油分を残しつつ、汚れは十分に落とすことが期待できるシャンプーです。
乾燥を防ぐため髪がしっとりし、フケも抑えることができます。

★アミノ酸シャンプーの見分け方
アミノ酸洗浄成分が入っているかは、成分表記で見分けることができます。

●アミノ酸洗浄成分
・ココイルダルタミン酸TEA
・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルメチルタウリンNa
・ココイルグリシンNa

・~グルタミン酸、アラニン、タウリン、グリシン等の名前が付くものがアミノ酸洗浄成分になります。

★おすすめのアミノ酸シャンプー

■モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー〈スムース&ガーデン〉
■モーガンズ ノンシリコン アミノ酸 ヘアコンディショナー〈スムース&ガーデン〉

モーガンズノンシリコンアミノ酸シャンプー
販売会社:株式会社モーガンズ

ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー〈スムース&ガーデン〉は、泡立ちがとても良
く、頭皮をきめ細やかな泡で洗浄することができます。保湿成分のツバキ種子油や月
草油が頭皮に潤いを与えます。ピュアフローラルの香りが優雅なバスタイムを演出します。

アミノ酸シャンプー「アロマのやさしさ」

アロマのやさしさ
販売会社:株式会社ハーベストシーズン

アロマの優しさは、アミノ酸洗浄成分であるグルタミン酸由来成分を配合しています。しっとりした使用感のシャンプーなので、シャンプーだけ使ってみて物足りない方はリンスを使ってみることをおすすめします。アロマの香りがほのかに香るシャンプーです。

2-3.シャンプーにプラスのケア♪オイルで頭皮マッサージ

ここでは、お風呂で行う頭皮マッサージの方法をご紹介します。
頭皮マッサージは、オイルを付けて行うと、すべりも良くなり、保湿もできるのでおすすめです。
また、油はほかの油と混ざる性質があるため、頭皮の毛穴に詰まった皮脂などの汚れを浮かび上がらせることができるといわれています。
頭皮マッサージに使用するオイルは、べたつきの少ないホホバオイルがおすすめです。

オイルを使った頭皮マッサージの方法

①髪をブラッシングして汚れを落とし、絡みをとる

②頭は乾いた状態でお風呂に入り、オイルを手に取る

③頭皮にオイルを塗布し、指の腹でもむようにマッサージをする

④額から頭頂部、こめかみから頭頂部、後頭部から頭頂部へ、気持ち良いと感じる力加減で繰り返す

⑤マッサージを終えたら、頭全体をシャワーで濡らし、シャンプーをする

オイルやシャンプーが残らないよう、念入りにすすぎをしてください。

頭皮マッサージをする際に気を付けておきたいこと

●頭皮マッサージでは絶対に爪をたてない
爪をたてて頭皮マッサージをすると頭皮を痛めることがあります。
かならず指の腹を使ってマッサージしましょう。

●長時間おこなわない
頭皮マッサージはやればやるほど良いわけではありません。1日10分以内にしておきましょう。

★おすすめのオイル

ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル
ナチュラルオーケストラ販売会社:株式会社ナチュラルオーケストラ

ナチュラルオーケストラのホホバオイルは、頭皮マッサージに使用した後も、シャンプーでキレイに落とせる軽いつけ心地のオイルです。サラサラとしたテクスチャーで、ベタつかず使いやすいので、頭皮だけではなく、乾燥の気になる部分の使用にもおすすめします。

3.カサカサ頭皮を防ぐ生活のポイント

ここでは、カサカサ頭皮を防ぐために、日常生活で気を付けて頂きたいポイントを5つご紹介します。

頭皮カサカサジョグ挿絵

①禁煙を心掛ける

たばこに含まれる「ニコチン」は、血管を収縮させることがあるといわれています。
そのため、頭皮に必要な栄養が行き届かなくなる可能性がありますので、まずは本数を減らすところから始めましょう。
難しい方は、次からのポイントをできるだけ意識しましょう。

②脂っこい食事を控え、栄養をとる

脂っこい食べ物をよく食べる方は、なるべく控えるようにしましょう。なぜなら、油っこい食べ物は、血行を悪くし、頭皮の過剰な皮脂の分泌にもつながるからです。
頭皮や髪に重要な栄養はビタミン類が多いので、とくにビタミンB2、B6、A、C、E、亜鉛、そしてたんぱく質を多めに摂るよう意識することをおすすめします。

③上質な睡眠をとる

睡眠中は、髪の成長にも深くかかわる、頭皮に必要な「成長ホルモン」の分泌が活発に行われると言われています。
この成長ホルモンは、眠りに入ってから2時間後の眠りが深くなるタイミングで分泌が始まります。

長い睡眠時間を確保できない方も、ぐっすりと良質な睡眠を取ることができるようにしましょう。
寝る前にNG!
・携帯電話から出る光は、神経を興奮させるといわれていますので、控えましょう。
・カフェインが含まれた飲料は避けましょう。
寝る前におすすめ!
・お風呂に入ったり、ホットミルクを飲んだりして、身体をあたためましょう。
・雨の音や川のせせらぎなどのBGMを聞きながらだと眠りやすいです。

④適度な運動をしましょう

適度な運動はストレス発散もできます。続けられそうなことをご紹介します。
・できる限り階段を使う
階段の上り下りはジョギング並みの運動量といわれています。
・移動を常に早足にする
早足は良い運動になります。腕を前後に振って早足で歩くとさらに良いです。学校でも職場でも実践してみましょう。

⑤エアコンの温度は適切に保ちましょう

室内の温度は極端に上げ下げせず、適切な温度に設定しましょう。
適切な温度とは、目安になりますが、冷房は20℃、暖房は28℃です。頭皮は、温度差が激しいことにより発汗しやすいです。その汗が乾く際に水分が蒸発し、汗をかく前より乾燥状態になるといわれています。
また、頭皮をはじめ、皮膚に適切な湿度は60~65%と言われています。加湿器などを使って適切な湿度を保つこともおすすめします。

4.まとめ

今回は、頭皮がカサカサしていてお悩みの方へ向けて、頭皮の乾燥対策についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

頭皮の乾燥は、毎日忘れることができない位に悩んでる方もいると思いますので、不安であれば、医療機関で受診してみましょう!

できることからチャレンジして頂き、健康な頭皮で明るく日々を楽しめたら良いですね!

この記事は2016年4月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る