メニューを開く

間違ったシャンプーしてない?頭皮の臭いの原因と適切な対策

頭皮 臭い 原因
頭皮の臭いが気になる、臭いの原因を知りたいと思っていませんか?

最近はスメルハラスメントという概念も定着してきていますし、頭皮の臭いは何より清潔感が損なわれるのですぐに何とかしたいですよね。

今回は、頭皮の臭いの原因と適切なニオイ対策、そして頭皮ケアにおすすめのシャンプーを紹介します。


PICK UP

クリアハーブミスト

30代からの女性のニオイケアにおすすめの
頭皮ケア専用ハーブ美容液です。

朝晩2回のケアで頭皮を健やかに保ちます。

>>「クリアハーブミスト」の詳細はこちら

1 頭皮の臭いの原因とは?

気になる頭皮の臭いの原因は何なのでしょうか?
いくつか原因が考えられるので、それぞれ見ていきましょう。

原因①頭皮の皮脂汚れやスタイリング料などの洗い残し

誰の頭皮にも常在菌という細菌がおり、皮脂などを食べて生きています。その細菌が皮脂をはじめとする油分を食べて分解した時に出る臭いこそ、頭皮の臭いの原因と言われています。

また、皮脂だけでなく、シャンプーやスタイリング料などを洗い残してしまうと、それらも皮脂と同じ「油分」ですから細菌が分解して臭いになってしまいます。

健康的な頭皮にいる細菌の数であれば、皮脂を分解しても認識できる臭いにはなりません。
でも、皮脂やスタイリング料などの油分が多く細菌の数が増えどんどん分解してしまうと、臭いも強くなり自分でわかるようになってしまうのです。

原因②シャンプーのしすぎなど頭皮の乾燥による皮脂の過剰分泌

頭皮の汚れを徹底的に落とそうと何度も洗髪したり、シャンプーを沢山使っていると、必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

皮脂は本来頭皮を乾燥やダメージから守る役割があり、健康的な頭皮・髪には欠かせないものです。

そのため、皮脂を必要以上にとってしまうと、頭皮を乾燥から守ろうと皮脂を沢山だしてしまうのです。
過剰な皮脂は細菌を増殖させてしまったり、酸化して臭いの原因になってしまいます。

原因③脂質の多い食生活

あぶらっぽいものを食べた翌日、肌がいつもよりベタついた経験がある方も多いのではないでしょうか。

脂質の多い食事を取ると、身体の中で分解され、臭いを発生させる物質が生成されます。
頭皮は皮脂を出す皮脂腺が多く、Tゾーンの2倍あるとも言われます。
皮脂腺の多い頭皮から、脂質を摂り過ぎたためにできてしまった臭い物質が放出されて臭いになってしまうのです。

1回脂質の多い食事をとっただけであれば翌日だけ臭いが出る場合がある、というだけです。
でも、脂質の多い食事を毎日続けていれば、皮脂を増やすだけでなく、臭いの原因そのものになる可能性があるのです。

原因④加齢臭

年齢を重ねるとパルミトオイレン酸という脂肪酸が分泌されるようになります。
これが古くなり酸化した皮脂と混ざるとノネナールという臭いの原因になる物質が発生します。

加齢により、酸化を防いでくれる抗酸化物質の働きも弱くなるため、臭いが強くなってしまうのです。

加齢臭の対策については、こちらの記事をご参照ください。

「すぐできる!加齢臭の5つの対策方法。頼もしい加齢臭対策グッズも」

原因⑤何らかの病気

どれも頭皮の臭いの原因として当てはまらない場合、病気にかかっている可能性もあります。
様子見を続けるのではなく、一度皮膚科を受診しましょう。

2 頭皮の臭い対策におすすめのアミノ酸シャンプー

頭皮の臭いの原因を見てみると、皮脂などの油分が多いと起こりやすいという事がわかると思います。

ですが、頭皮の臭い対策をするときは、清潔にしながらも保湿に必要な皮脂までは奪わないようにしなくてはいけません。

そこで、頭皮の臭いや乾燥を気にしている方には、洗浄力がマイルドなアミノ酸系といわれるシャンプーがおすすめです。

シャンプーの成分表示の前の方に「ココイル○○」「○○ベタイン」といった表示があればアミノ酸系といわれるシャンプーです。
アミノ酸系のシャンプーはものによっては泡立ちが少し弱いため気になるかもしれませんが、汚れは十分に取れます。

手に取りやすい、おすすめのアミノ酸シャンプーを3つ紹介します。

① アロマのやさしさ
アロマのやさしさ

植物由来のアミノ酸洗浄成分であるグルタミン酸由来成分を配合しており、頭皮と髪を優しく洗浄してくれるコンディショナー不要のアミノ酸系シャンプーです。

学術研究用のエッセンシャルオイル(植物精油)を扱うハーベストシーズン社が製造しており、アロマオイルのプロ達が作っただけあり香りも楽しめます。

「アロマのやさしさ」シリーズはシャンプーだけでなく、トリートメントやローションなども展開しているで、一式揃えてもいいかもしれませんね。

500mlで3024円(税込)と使い続けやすい価格となっており、通販以外にも一部の東急ハンズで販売しています。

② mogans ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー
モーガンズ

アミノ酸成分やハイビスカスやビャクダンオイルなどの花エキス、ツバキ油やアリーブ油など天然の保湿成分をたっぷり配合しており、髪に潤いとボリューム感を与えてくれるアミノ酸系シャンプーです。

保湿成分を含みながらもサッパリとしてベタつかない、洗い心地の良いシャンプーです。

自然派コスメのモーガンズシリーズもコンディショナーをはじめ色々と展開しています。

シャンプーとコンディショナーがセットになった送料無料のトライアルキット(734円・税込み)がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

③ アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー
アスタリフト

カメラのフィルムでおなじみの富士フィルムが送り出したアミノ酸系シャンプーです。

独自の潤い成分ヒト型ナノヘアセラミドを配合しており、頭皮の臭いだけでなく、加齢による頭皮の乾燥や髪の変化を感じている方におすすめです。

きめ細やかな良質な泡が髪を優しく洗い、頭皮を健やかに保つだけでなく髪にハリ・コシ、ボリューム感を与えてくれます。

シャンプー、コンディショナー、頭皮用美容液、お手入れガイドがセットになった送料無料のトライアルキット(1296円・税込み)がありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

3 頭皮を清潔で健康的にするヘアケア方法とポイント

頭皮の臭い対策ではシャンプー選びが大事だということがわかりました。
でも、ただシャンプーを変えるだけではもったいないです。

頭皮の臭い対策で大きな比重を占める、入浴前後のヘアケアを紹介していきます。

①入浴前にブラッシングをする

ブラシ

入浴前にブラッシングをすると、頭皮から汚れが浮きやすくなり、髪の絡まりもなくなるので洗髪のダメージを受けにくくなります。

②シャワーの温度は38度前後

熱いシャワーを頭皮にあててしまうと、熱で皮膚の水分が奪われてしまいます。また、温度が低いと毛穴がなかなか開かず汚れがとれにくくなります。シャワーの温度は38度前後が適温です。

③シャワーで十分に頭皮と髪を濡らす

しぼる

シャンプー前に頭皮と髪をたっぷり濡らすことで、頭皮や髪の汚れが落ちやすくなります。また、シャンプーの量が減ることで頭皮や髪への負担を減らすこともできます。
頭皮の負担を減らし、健康的な地肌にするのも臭い対策には大事です。

④指の腹で優しく洗髪する

シャンプー

シャンプーはワンプッシュを手で泡状にしてから頭につけ、頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。ゴシゴシと洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまいます。

また、耳の周りも皮脂腺が多く臭いが出やすいので、耳の裏の周辺も念入りに洗いましょう。

⑤シャンプーをしっかり洗い流す

シャンプーの洗い残しやスタイリング料などを洗い残してしまうと、雑菌が食べて分解し臭いの原因となってしまいます。

また、洗い残しは頭皮に負担をかけるので頭皮環境が乱れやすくなります。数分かけてしっかり洗い流しましょう。

⑥髪を自然乾燥させない

洗髪後は自然乾燥させずにかならずドライヤーで乾かしましょう。
自然乾燥させると、頭皮が湿っている時間が長いため、雑菌の繁殖に繋がりやすくなります。その結果、臭いの原因になってしまうのです。

⑦入浴後頭皮と髪をタオルドライしドライヤーで乾かす

ドライヤーの風を長時間あててしまうと頭皮の潤いを奪ってしまうので、タオルである程度頭皮と髪の水分を取り、根本から手短に乾かしましょう。

4 すぐに頭皮の臭いをどうにかしたいなら頭皮クレンジングがおすすめ!

シャンプー選びや正しい洗髪を続ければ、頭皮の臭いは段々と弱まっていくでしょう。

しかし、すぐに頭皮の臭いをどうにかしたいと思うなら、頭皮クレンジングがおすすめです。

頭皮クレンジングは油が別の油と混ざり合う性質を利用して、オイルで頭皮の皮脂汚れを浮かす方法です。
皮脂は名前の通り「脂」ですから、オイルと混ざり合って、毛穴に詰まった皮脂なども浮いてくるのです。

浮いた汚れをシャンプーで洗い流すことにより、頭皮の臭いが緩和されます。

4-1 頭皮クレンジングの手順

頭皮クレンジング後は洗髪しますので、入浴前や半身浴中におこなうのがおすすめです。
はじめて頭皮クレンジングを行うのであれば、すぐに試しても問題ありませんが、日々のケアとして頭皮クレンジングをおこなう場合は週に1~2回にとどめましょう。

では、順を追って頭皮クレンジングの手順を見ていきましょう。

①まずはブラッシングする

ブラシ

髪をブラッシングすると、汚れが浮きやすくなるので、より頭皮クレンジングで汚れがとれます。
また、頭皮クレンジング後のシャンプー時に髪同士の絡まりなどによるダメージを受けにくくします。

②乾いた頭皮にオイルをつけていく

オイルをとる

500円玉くらいを目安に、オイルを手に出します。マッサージをしながらオイルが広がるため、まずは頭頂部を中心にオイルを馴染ませましょう。
頭皮クレンジングを行うので、髪の毛につける必要はありません。頭皮にオイルを馴染ませるようにしてください。

頭皮が濡れていると、水がオイルをはじいてしまうので、半身浴をしながらでもかまいませんが髪は濡らさないようにしておきましょう。

③指の腹で優しく頭皮をマッサージする

マッサージ

頭皮にオイルをつけたら、指の腹で優しく押して全体になじませていきます。
そのあと頭頂部から下に向かって優しく押してマッサージしていくと、毛穴の詰まった皮脂がより浮きやすくなります。

④しばらく放置して皮脂汚れを浮かす

蒸しタオル

マッサージが終わったら3~5分ほど待ちましょう。その際、蒸しタオルやシャワーキャップなどで頭を覆うと温かさで毛穴が開きより汚れが落ちやすくなります。
オイルクレンジングは長くやれば良いというわけではありませんので、長くても5分にとどめましょう。

⑤数分かけてシャワーでオイルと皮脂汚れをすすぐ

しぼる


オイルで浮いてきた皮脂汚れとオイルそのものを落とすため、数分間はシャワーで頭皮と髪をすすぎましょう。
すすぎが十分でないと、せっかく浮かせた余分な皮脂が流れず、頭皮に残ってしまう可能性があります。

ぬるめのお湯で、オイルと共に皮脂汚れ等を十分にすすぎましょう。丁寧に行うことによって、シャンプーが泡立ちやすくなります。

⑥シャンプーで洗髪する

シャンプー

シャワーで落ち切らなかった汚れをシャンプーで落とします。
先ほど説明したように、正しい洗髪方法で優しく洗ってあげましょう。

なお、頭皮クレンジングをした日はオイルで保湿もされるのでコンディショナーは不要です。

4-2 頭皮クレンジングに使えるおすすめオイル

頭皮クレンジングに使うオイルは、ボディに使えるものであれば問題ありませんが、サラサラしていて肌なじみするものだとより良いです。

いくつか頭皮クレンジングや、頭皮・髪の保湿にも使えるおすすめのオイルを紹介します。

■ナチュラルオーケストラ「オーガニックホホバオイル」
ホホバオイル

ホホバオイルは、頭皮クレンジングだけでなく、保湿の強い味方にもなります。
フェイスやボディにも使えるので、一本あるとオールマイティに活躍します。

こちらのホホバオイルは、非加熱のコールドプレスで抽出されているため鮮やかなゴールド色で、クセがなく、サラサラした使用感なので頭皮に全体にすぐなじみ、マッサージもしやすいです。

■mogans「ディープモイストオイル」
モーガンズ

こちらも頭皮だけでなく、フェイスやボディ全体に使えるオイルです。

アルガンオイルに、イランイラン花油、レモン果皮油、ラベンダー油などのエッセンシャルオイルと、3種類のキャリーオイル(オリーブオイル、ベルガモット果実油、アンズ核油)を配合しており、頭皮や地肌、そして髪にも潤いを与えてくれます。

サラサラとしていて伸びがよく頭皮クレンジングに向いています。

5 まとめ

頭皮の臭いの原因と対策、そしておすすめのアミノ酸シャンプーとオイルを紹介してきましたがいかがでしたか?

普段の生活で1~2日シャンプーをしなかったからといって、臭いが他人にもわかるほど出てしまうことはありません。

でも、日々のヘアケアが間違っていると、知らないうちに雑菌が増えたり皮脂が残り続けて酸化し、臭ってしまうかもれません。

正しいシャンプーの方法を続ければ、頭皮の臭いはわからなくなり、また健康的な頭皮と髪も手に入れられるはずです!

この記事は2016年2月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る