メニューを開く

髪の毛の基本のすき方はこれ!自分で髪の毛をすく5つの方法

髪の毛 すき方

「自分で髪の毛をすきたいけれど、すき方がわからない!」
「髪の毛の量が多すぎて減らしたいけれど、美容室に行く時間がない!」

髪の毛のカットは一度失敗してしまったらすぐには伸びてこないですし、人目につきやすいので、セルフカットはどうしても慎重になりますよね。
自分で髪の毛を適当にすいて失敗してしまい、恥ずかしい思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために今回は髪の毛の基本のすき方と、自分で髪の毛をすく上でのポイントについてまとめました。
男性の髪の毛のすき方についても、詳しくご説明します。

髪の毛のすき方で失敗することのないよう、ここでしっかり基本のすき方を覚えましょう。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.髪の毛の基本のすき方

髪の毛 すき方
ここでは髪の毛の基本のすき方についてご説明します。
クセやうねりで広がってしまう髪の毛をボリュームダウンさせるすき方です。
是非参考にしてみてください。

【髪の毛をすく前に準備しておきたいもの】

髪の毛をすき始める前に、以下の4点を準備してから始めましょう。

①すきバサミ

髪の毛 すき方

どんなものでも構いませんが、すき率を事前に確認しておきましょう。
すき率についての詳細は後半で説明しています。

②目の細かいコーム

髪の毛 すき方

できれば目の粗いコームでなく細かいものを用意しましょう。

③ヘアクリップ

髪の毛 すき方

髪をブロッキングする際に必要になります。
ヘアクリップは髪を止められればいいので、どんなものでも構いません。

④大きなごみ袋(ケープの代わりにします。)

底の部分に穴を開けて頭を通してケープ代わりに使います。

すき方①髪の毛をブロッキングして切る準備を整える

ここでは髪の毛をすく前の準備の手順をご説明します。

1.コームでしっかりとかす

髪をそのままコームでとかさずに切ってしまうと、切れる髪の長さがまちまちになり、仕上がりが不自然になってしまいます。
必ずハサミを入れる前にコームでとかし、うねったままの髪の毛がないようにしましょう。
このとき目の細かいコームを使うことがポイントです。

2.髪の毛をブロッキングする

髪の毛 すき方

髪の毛を上図のようにブロッキングします。
この分けている4つの束ごとに切っていくのですが、誤って他の毛を切ってしまわないように、ヘアクリップで根元をしっかり留めましょう。

髪の毛 すき方

【髪をすく前のポイント】クセ毛の方は髪を濡らす

クセ毛の方や髪の毛がうねりやすい方は、少しだけ髪の毛を濡らしておきましょう。
基本的には、髪をすく前に髪の毛を濡らす必要はありません。

髪の毛を濡らすことで髪の毛の広がりを抑えることができ、すきやすくなります。
また、濡らすことでその髪本来の長さに揃えてすくことができるため、より自然な仕上がりにすることができます。

すき方②ハサミを入れる角度を確認する

髪の毛 すき方

ハサミを入れる角度は、基本的には縦がいいといわれていますが、縦でも斜めでもどちらでも問題ありません。
縦にハサミを入れると切った部分に自然と段差ができ、髪を下ろしたときになじみやすく自然な仕上がりになるそうです。

■ハサミを入れる角度と切り口の関係性
ここではハサミを入れる角度と、切り口の関係性についてご説明します。
髪にハサミを入れる角度を間違えないように気をつけましょう。

・頭皮に対して平行にハサミを入れたとき

頭皮に対して平行にハサミを入れたときは、切った髪に段差ができます。
髪の毛 すき方

・頭皮に対して斜めにハサミを入れたとき

斜めにハサミを入れると、切った髪が揃ってしまう場合があります。
レイヤーを入れるなら、斜めのカットは避けましょう。
髪の毛 すき方

すき方③ハサミを入れる位置を確認してから切る

髪の毛 すき方

髪の毛をすく上で大切なのは、ハサミを入れる位置・角度をあらかじめ決めておくことです。
髪の毛を切っていく順は、上図の④⇒③⇒②⇒①の順で切っていきます。
この束を全部まとめて切るには多すぎるので、更に小束に分割します。

髪の毛 すき方

基本は縦に分割します。
切って行く小束の量は個人差がありますが、目安として横幅5cm幅で分けるのがよいでしょう。

1.髪の毛が生えている方向に向かって引っ張る

髪の毛 すき方

上図で示している矢印の方向に向かって、髪の毛を引っ張ってすいていきましょう。
矢印の方向に引っ張ってすくことによって、髪を下ろしたときに自然な段差ができ、なじみやすくなります。

2.頭皮から3分の1の位置にハサミを入れる

髪の根元から毛先までの長さを3等分し、頭皮から3分の1の位置にハサミを入れます。

髪の毛 すき方

3.頭皮から3分の2の位置にハサミを入れる

次に髪の毛先までの長さを3等分し、頭皮から3分の2の位置にハサミを入れます。
髪の毛 すき方

すき方④ボリュームアップしたい時は

髪の毛 すき方

髪の毛のボリュームがなく、髪の毛をすいてボリュームアップさせたいときには、ボリュームアップさせたい部分の内側の毛を頭皮に近い位置で短くカットするという方法があります。

短く切られた髪の毛は自然と立ちやすいので、上にかぶさる毛を内側から盛り上げ、ボリュームアップしてみせやすくなります。

ハサミを入れる際のポイント

髪の毛 すき方

ここでは髪の毛にハサミを入れる際のポイントについてご説明します。

ポイント①髪の毛はねじってから切る

髪の毛にハサミを入れる際に、ねじってから切ったほうがいいという情報も多く見かけますが、ねじって切ってもねじらないで切ってもどちらでも問題ありません。

髪の毛の量が少ない方や、仕上がりは気にしないという方はねじらなくても、ハサミの角度である程度の段差をつけることができるので、髪の毛をねじる必要はありません。

髪の毛の量が多く、自然な仕上がりにしたいという方はねじりましょう。
どのくらいねじるのかは人によって個人差がありますが、3回転くらいねじれば十分だといわれています。

また、すきバサミのすき率が低いものは、すくことができる量が元々少ないのでねじらずにすいても問題ないでしょう。

髪の毛の量や仕上がりイメージによって、ハサミを入れる際にねじるかねじらないかを判断しましょう。

すきバサミのすき率については、後ほどご説明します。

ポイント②髪の毛の表面は切らない

髪の毛 すき方
上図のつむじからこめかみ上までの髪の毛(斜線部分)の髪の毛は、切らないように気をつけましょう。
つむじからこめかみ上までの間に生えている毛はヘアスタイルの表面を覆う毛であり、ここをすいてしまうと切った短い毛が表面に出て、不自然な仕上がりになってしまいます。

つむじからこめかみまでの表面の髪の毛は切らずに、髪の内側の毛を切るようにしましょう。

髪の毛の量や頭の形によって残す表面の髪の量も異なりますので、自分の髪の表に来る髪の毛がどのくらいの量なのか確認しましょう。

2.男性とショートカットの方の髪の毛のすき方

髪の毛 すき方

髪の短い男性やショートカットの女性の髪の毛のすき方も、先ほど紹介したロングの女性の髪の毛のすき方と基本は同じです。
ここでは男性、ショートカットの基本のすき方をご紹介します。

①髪の毛をブロッキングする

髪の毛 すき方
髪の毛が短い男性とショートカットの女性は、ブロッキングして髪の毛を押さえておきましょう。
他の髪の毛を切っているときに巻き込んで一緒に切ってしまうことがあるので、必ずブロッキングしましょう。
頭皮に近いところをヘアピンでブロッキングするのがおすすめです。

④⇒③⇒②⇒①の順で切っていきます。

②髪の毛に1箇所ハサミを入れる

髪の毛 すき方

髪の短い方も髪が長い場合の女性のすき方と同様で、小束に分けた髪の毛にハサミを入れていきますが、ハサミを入れる位置は頭皮から3分の2の位置です。
このとき、髪はねじってもねじらなくてもどちらでも構いません。
髪の毛 すき方

3分の2より頭皮に近い部分を切ってしまうと、髪の毛がツンツン立ってしまうので、切らないようにしましょう。

③最後にすきバサミでないハサミで全体を整えて完成

最後に頭全体が写る鏡で、数本だけはみ出している毛が無いか、不自然な切り口になっている毛がないか、左右のバランスを見ながら整えましょう。
一度スタイリング料などを使い、普段のヘアレンジをしてみて不自然なところが無いか、確認してみてもいいですね。

3.髪の毛のすき方で注意する点

髪の毛 すき方
髪の毛をすく上での注意する点は4つあります。
特にすき率については、知らずにカットすると髪の毛を大量に切りすぎてしまったり、スカスカ感が出てしまったりして、不自然になるので正しく理解しましょう。

注意点①すき率を理解する

すき率とは一度のカットで切れる髪の毛の割合のことをさします。
つまり一度のカットで100本を切る場合、20%のすき率だったら約20本の髪の毛が切れて、80本は残るということです。
20%のすきバサミで20本の髪の毛を2箇所切った場合のイメージです。

髪の毛 すき方

美容師さんが使うようなすきバサミは、すき率20%ぐらいのものが主流といわれています。

安価なものだとすき率が50%くらいのものもあるので、試し切りをしてから使用することをおすすめします。
すき率50%のすきバサミは切ったところの髪の毛が半分なくなるということなので、慎重にカットしていきましょう。

髪の毛 すき方

髪の毛 すき方

画像のすきバサミはすき率40%くらいのものです。
すきバサミの目が細かいものほどすき率の低いものになります。

【すきすぎてしまったときのデメリット】

すきすぎてしまったときのデメリットは主に髪が立ってしまうことと、ヘアチェンジが難しくなることの2つです。

短く切られた髪は立ち上がりやすくなり、その部分だけボリュームが出て見えてしまうので、かえって髪が多く見えてしまい逆効果です。
また、毛先が重めのヘアスタイルにチェンジしたいときは、伸びてくるのを待つしかありません。
そういったことにならないように、すく量を調整しながらすいていきましょう。

注意点②1回で終わらせようとしない

髪の毛をすくときは今日で終わらせようとせず、日にちをまたいで少しずつ調整していきましょう。

「今日全部終わらせよう!」と思わず、今日少し切って様子を見て明日また切るなど、何度も調整を重ねて自分が理想としている状態に近づけましょう。

注意点③前髪は慎重にカットする

1番失敗が目立ちやすい前髪は慎重にカットしましょう。
目に付く場所であり、ごまかしがききません。
1つの束に対して2箇所ではなく、1箇所ずつすきバサミを入れていきましょう。

注意点④手を切らないよう注意する

刃先を人に向けたり、刃が開いた状態でも放置したりするのは止めましょう。
どんなに安価なすきバサミでも、誤って手を切ってしまうことがあります。
すきバサミは慎重に扱いましょう。

4.おすすめのすきバサミ3選

ここではおすすめのすきバサミを3本ご紹介します。
美容師さんが普段使用するすきバサミのことをセニングシザーといいます。
自宅で使える安価なすきバサミから少し高価なセニングシザーまで、肌らぶ編集部からおすすめしたい3本のハサミをご紹介します。

貝印(カイ)ヘアスキハサミ(キャップ付)

髪の毛 すき方

販売会社:貝印株式会社
販売価格:1,188円(税抜)
【肌らぶ編集部】
コスパがとてもよい、家族全員で日常的に使うのにおすすめのすきバサミです。
普段ハサミを中心に扱っている会社から販売されているすきバサミなので、切れ味には定評があります。
キャップつきのデザインなので安心ですね。

■GATSBY (ギャツビー) ヘアセルフカット セット

髪の毛 すき方

販売会社:株式会社マンダム
販売価格:1,500円(税抜)
【肌らぶ編集部】
通常のヘアカット用のハサミとすきバサミが一緒になったセルフカットセットです。
上手にカットするためのマニュアル入りが嬉しいですね。
持ちやすい小さめのデザインで、手にフィットして使いやすいのも魅力のひとつです。

■dp(ディーピー)Basic Thinning Solid セニング 600

髪の毛 すき方

販売会社:合同会社ディーピー
販売価格:9,800円(税抜)
【肌らぶ編集部】
長時間利用していても疲れにくい立体ハンドルデザインにこだわった一品です。
すき率は適度な15%ほどのもので、少しずつ調整できるのがいいですね。
濡れている髪にも乾いている髪にも使えます。

5.髪の毛のすき方まとめ

髪の毛 すき方

今回は髪の毛のすき方についてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

初めてのセルフカットはなかなかうまくいかないものですよね。
何度もすいているうちに、自分の髪質や特徴がわかってくるものです。
間違えてすきすぎてしまっても、髪の毛はまた生えてきます。
少しずつ慣らしていきましょうね。

セルフカットは慎重にすいていく必要がありますが、慣れてしまえばまとまらない髪にイライラすることも、焦って美容室にかけこむこともありません。

いつまでもすっきりとしたヘアスタイルをキープしていきたいですね♪

この記事は2016年11月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事