メニューを開く

老人性色素斑は消せる?原因や対策、予防法を徹底解説

老人性色素斑

「これって、老人性色素斑!?」
「老人性色素斑は治療で消すことができる?」とお悩みではありませんか?

「老人性色素斑」は、多くの方の肌悩みのひとつでもある「シミ」の種類の代表格です。

多くの方を悩ませている「老人性色素斑」を消すことができるのか?

また、どのような対策や治療方法があるのか?など、「老人性色素斑」についての疑問を徹底解説します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.老人性色素斑の特徴

老人性色素斑

いくつか種類があるシミの中でも一番多く見られるのがこの老人性色素斑です。

別名「日光性黒子」とも呼ばれます。
老人性色素斑は、頬の高い部分や手の甲、デコルテなどに現れやすく、丸い形が特徴です。

一般的に30代~40代から現れやすいと言われていて、でき始めは薄い茶色ですが、徐々にシミの輪郭がはっきりし、シミの色素も濃くなります。

年齢を重ねていくうちに、老人性色素斑だったシミがイボのように隆起する場合もあり、隆起したシミは「脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)」と呼ばれています。

輪郭が濃くなった老人性色素斑や脂漏性角化症(老人性ゆうぜい)はレーザー治療で対策しないと消えないのも特徴のひとつです。

また、「老人性」と言いますが、日常的に紫外線を浴びる機会の多い方や色白の方は、20代でこのシミが現れる方もいます。

2.老人性色素斑ができる原因

老人性色素斑

老人性色素斑ができる主な原因は、紫外線ダメージだと言われています。

通常、紫外線を浴びると、皮膚を守るためにメラニン色素が作られ、作られたメラニン色素は、肌の生まれ変わりとともに、垢となって排出されます。

しかし、老人性色素斑の場合は、紫外線を過剰に浴びたことでメラニンが大量に作られてしまい、作られるメラニン色素に対して、メラニン色素の排出が追い付かなくなり、シミになると考えられています。

3.老人性色素斑の4つの対策

老人性色素斑は、美白化粧品だけで改善するのは難しいと言われているため、基本的には美容医療や医師による治療が必要になります。

そこで、ここでは老人性色素斑を薄くしたり、消したりする効果が期待できる4つの方法【レーザー治療・フォトフェイシャル治療・ケミカルピーリング・外用薬】についてご紹介していきます。

ここでお伝えする内容は、あくまでも基本情報となります。

「やってみたい!」と思う方は病院を受診し、医師に相談して、納得した上で治療を受けるようにしましょう。

また、これらの対策を行うことで、この先ずっとシミができない訳ではありません。
シミができてしまわないように、シミを予防するケアもしっかり行っていくことが大切です。

老人性色素斑対策①レーザー治療

老人性色素斑

【レーザー治療でシミが改善する仕組みと魅力】

老人性色素斑

シミ対策で最も効果を実感しやすい方法と言われているのが「レーザー治療」です。

レーザー治療は、黒い色素に反応する特殊なレーザーをシミに集中的に照射し、軽いやけど状態にして、かさぶたと一緒に自然に剥がしていく仕組みです。

レーザーを照射する際は、ゴムを弾かれた時のようなチクッとした痛みがある人もいるようです。
また、施術後は絆創膏などを貼って保護する必要があります。

レーザー治療の魅力は、他の対策に比べて即効性があることと、多くのクリニックがレーザー治療を取り入れているため、クリニックの選択肢があることです。

【レーザー治療にかかる費用】
一般的に目安として1cmのシミの治療で、1万円前後の費用がかかると言われています。

ただ、シミの大きさや濃さによりレーザーを照射する回数が変わるため、費用もそれぞれ異なるようです。

また、人によってはホームケア用の内服薬やクリームなどの費用がかかる場合もあります。

老人性色素斑対策②フォトフェイシャル治療

【フォトフェイシャル治療でシミが改善する仕組みと魅力】
フォトフェイシャル治療は皮膚にIPLと言う光を照射し、シミ対策を行っていくものです。

フォトフェイシャル治療は、広範囲に穏やかに光を照射していきます。

この治療方法は、メラニンにダメージを与えることで、シミやそばかすを改善し、同時にコラーゲンを生成する役割のある真皮の細胞も活性化させていく方法です。

それにより、シミやそばかすだけでなく、しわやくすみなどの肌悩みを改善する効果も期待できるようです。

ただ、1回の施術だけでシミを改善していくものではなく、継続して照射し、徐々にシミを薄くしていきます。

フォトフェイシャル治療の魅力は、レーザー治療のように照射部分がかさぶたになることはほとんどないところです。

【フォトフェイシャル治療にかかる費用】
一般的に両頬の治療で、1回1万円~5万円程度の費用がかかると言われています。

定期的に施術することで、シミ改善効果を実感しやすいと言われているため、何度も施術を受ける必要があり、レーザー治療よりも費用がかかる傾向にあると考えられます。

また、レーザー治療と同様に、ホームケア用の内服薬やクリームなどを併用してシミ対策を行うケースも少なくないため、内服薬やクリームの費用がかかる場合もあります。

老人性色素斑対策③ケミカルピーリング

老人性色素斑

【ケミカルピーリングでシミが改善する仕組みと魅力】
ケミカルピーリングは、クリニックで薬剤などを使用して行います。

定期的にピーリングを行うことで、年齢と共に滞りがちな肌の生まれ変わりのペースを整え、シミのもととなるメラニン色素の排出をサポートしていく仕組みです。

ピーリングの魅力は、不規則だった肌の生まれ変わりをサポートし、肌本来の働きを取り戻すのを促す方法のため、皮膚が健やかに保たれやすくなります。

皮膚が健やかに保たれやすくなることでシミだけでなく、乾燥やくすみなどの肌悩みを改善する効果も期待できます。

【ケミカルピーリングにかかる費用】
美容クリニックで施術を受けられるケミカルピーリングは、シミや肌状態に応じたピーリングを受けられるため、効果を実感しやすいようですが、費用は1回2万円程度かかると言われています。

初回カウンセリングが無料のクリニックもたくさんあるので、気になるシミにピーリングケアが適切なのか、一度アドバイスを受けるのも良いでしょう。

老人性色素斑対策④外用薬

外用薬を気になるシミの部分に塗ってシミ対策を行う方法です。
外用薬は美容医療クリニックで処方してもらう必要があります。

化粧品とは違い「薬」なのでシミ改善の効果を実感しやすいメリットがありますが、正しい用法と容量を守りましょう。

主に「ハイドロキノン」や「トレチノイン」などの軟膏を処方されるケースが多いと言われています。

【特徴】
・ハイドロキノン…メラニン色素の生成を抑えたり、メラニン自体の数を減らしたりする働きが期待できます。

・トレチノイン…肌の生まれ変わりのペースを整え、メラニンの排出を促す働きが期待できます。

【外用薬にかかる費用】
美容クリニックや老人性色素斑の程度によって異なりますが、1カ月で約1万円程度の費用がかかるようです。

中には、個人で輸入して使用している方もいるようですが、連用期間や使用量など、医師の診断なしで外用薬を使用すると副作用などの心配もあるようです。

繰り返しにはなりますが、病院や美容クリニックを受診し、必ず医師の指示に従って使用するようにしましょう。

4.老人性色素斑の予防方法

ここでは、老人性色素斑を繰り返してしまわないように、正しい予防方法を3つご紹介します。

さまざまな方法でシミ対策を行い、老人性色素斑が改善したとしても、この先ずっとシミができなくなるわけではありません。

また、しっかりシミ対策を行っていても、過去に紫外線を浴びたダメージを肌が記憶していて、まだシミとなって現れていない「シミ予備軍」も肌の内側でくすぶっているかもしれません。

予防方法とともに、老人性色素斑を予防したい方におすすめの美白成分もご紹介していくので、スキンケアを選ぶ際の参考にしてみてください。

4‐1.紫外線対策を万全に行う

老人性色素斑

老人性色素斑を予防するには、紫外線対策が最も大切だと言っても過言ではありません。

老人性色素斑ができる主な原因は紫外線を浴びることで、メラニン色素の生成が活発化することです。

「シミ予備軍」が「シミ」となって現れないように、万全な紫外線対策を行っていきましょう!

ここでは、老人性色素斑の予防に大切な、紫外線対策を行う際に意識したい3つのポイントをご紹介します。

■年間を通して日焼け止めを使用する

1年を通して日焼け止めを使用するようにしましょう。

5月~8月が紫外線のピークと言われていますが、冬もこのピーク時の半分の量の紫外線が降り注いでいます。

老人性色素斑が濃くなってしまったり、増えてしまったりしないように、年間を通して日焼け止めを使用しましょう。

■季節や生活シーンに合わせた日焼け止めを使用する

季節や生活シーンに合わせて日焼け止めを選ぶようにしましょう。

汗をかきやすい夏と乾燥を感じやすい冬、レジャーなど1日中屋外で過ごす日と屋内で過ごす時間が多い日など、季節やその日の予定に合わせて日焼け止めを使い分けるのが理想的です。

日焼け止めは、数値(SPF・PA)に比例して紫外線対策が期待できますが、その分肌への負担も大きくなります。

やみくもに日焼け止め数値が高いものを選ぶのではなく、季節や生活シーンに合わせた日焼け止めを使用するようにしましょう。

■各商品が推奨する量をムラなくなじませる

日焼け止めは各商品に記載されている量を使用し、ムラなくなじませましょう。

日焼け止めは各商品が推奨する量を使用して初めて、記載されている数値の役割を果たすことができると言われています。

また、せっかく推奨する量を使用しても、ムラづきだと日焼け止めの効果を実感しにくくなってしまいます。

日焼け止めの正しい選び方やおすすめの日焼け止めはこちらの記事をご覧ください。

4‐2.美白化粧品でスキンケアを行う

老人性色素斑

美白化粧品でスキンケアを行うことで、老人性色素斑を改善することができませんが、シミをできにくくする予防策として効果的だと言われています。

ここで、シミを予防する働きが期待できる美白成分をご紹介していくので、化粧品を選ぶ際に参考にしてみてください。

【美白成分】
ビタミンC誘導体
アルブチン
コウジ酸
トラネキサム酸
プラセンタエキス…など

(その他、各メーカー独自の美白成分もあります。)

美白化粧品を選ぶ際に、併せて保湿成分にも注目して選ぶとよいでしょう。
保湿成分が角層に潤いを与え、肌を健やかに保ちます。
保湿成分は、「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「コラーゲン」などがあります。

4‐3.抗酸化物質を含む栄養素を摂る

老人性色素斑

紫外線対策や美白化粧品でのスキンケアに併せて行いたい予防法は、「抗酸化物質」に注目した食事を心がけることです。

体を健やかに保つためにもよいと言われている抗酸化物質を摂ることで、体の中からシミができにくくなる肌作りをしていきましょう。

不足しがちな栄養素はサプリメントで上手に補うようにするのもおすすめです。

シミを予防するために、積極的に摂りたい栄養素は次の4つです。

■ビタミンA

老人性色素斑

滞りがちな肌の生まれ変わりをサポートし、メラニン色素がスムーズに排出されるのを手伝います。肌を健やかに保つために不可欠な成分です。

【食材例】
かぼちゃ・ほうれんそう・にら・うなぎ・鶏レバー・すじこなど

※ビタミンAは油と一緒に摂るとより吸収率が上がりますが、加熱しすぎると栄養が壊れることもあります。さっと短時間で調理するようにしましょう。

■ビタミンC

老人性色素斑

シミのもととなるメラニンの生成を抑制します。
また、うるおいを保つコラーゲンのもとになります。

【食材例】
トマト・パプリカ・ブロッコリー・レモン・いちご・キウイなど

※水に溶けやすく、熱に弱い性質があります。
茹で過ぎや洗いすぎなどに気をつけましょう。

■ビタミンE

老人性色素斑

「若返りビタミン」と呼ばれていて、老化を促進させる活性酸素から細胞を守る働きが期待できます。

【食材例】
アーモンド・うなぎ・たらこ・アボカド・オリーブオイル・モロヘイヤなど
※ビタミンのAやビタミンCの働きをサポートする働きがあるため、一緒に摂るのがよいと言われています。

■ポリフェノール

老人性色素斑

メラニン色素の発生を抑制する働きや老化を促進させる活性酸素から細胞を守る働きが期待できます。

【食材例】
チョコレート・赤ワイン・リンゴ・豆腐・コーヒー・緑茶など
※体内で3~4時間しか効果を持続することができないため、こまめに摂るようにすると良いでしょう。

5.老人性色素斑のカバー方法

せっかく化粧をしても、シミの色素が見えてしまうと何だか気になりますよね。

ここでは、老人性色素斑を化粧でカバーする方法やカバーする時のポイントをご紹介します。

5‐1.老人性色素斑をカバーするのに必要なアイテム

老人性色素斑

■スティックタイプのコンシーラー
(色素が濃い場合が多いので、カバーしやすいスティックタイプのコンシーラーを使用しましょう。)
■ファンデーション
■フェイスパウダー

5‐2.老人性色素斑のカバー方法

カバーする手順は、ファンデーションの種類によって異なります。

【パウダータイプの場合の手順】①下地②コンシーラー③ファンデーション
【クリーム・リキッドタイプの場合の手順】①下地②ファンデーション③コンシーラー

■カバー方法
① 直接、シミにスティックタイプのコンシーラーをのせます。
(シミよりも二周りほど大きめにのせます。)
② シミの部分には触れないようにし、指で軽く置くようにして境目をなじませます。

③ フェイスパウダーをそっと押さえるようにのせていきます。

5‐3.老人性色素斑をカバーするときのポイント

老人性色素斑

【肌色より少し暗めのコンシーラーを選ぶ】
コンシーラーは、肌色よりも少し暗めを選びましょう。

コンシーラーの種類によってはシミをカバーするためではなく、クマなどの影を補正するためのハイライトの役割に近いコンシーラーもあります。

また、使用するコンシーラーの色が明るいと、逆にシミが目立ってしまうので気をつけましょう。

【なじませる時はこすらない】
コンシーラーをなじませる時はカバーしたい部分にできるだけ触れないようにし、コンシーラーの境目もこすらないように気をつけましょう。

ムラになったり、コンシーラーがとれてしまったりすることも考えられます。

境目を優しく、トントンと置くようなイメージでなじませます。

6.まとめ

老人性色素斑の原因や対策方法、予防法などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

老人性色素斑の主な原因は、紫外線ダメージです。

日頃から万全な紫外線対策をして、老人性色素斑ができないように予防していきましょう。

この記事は2016年10月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事