メニューを開く

敏感肌におすすめの洗顔方法とは?洗顔料の選び方・洗顔方法

shutterstock_121051741

ちょっとした刺激でヒリヒリした痛みを感じたり、乾燥しやすくなってしまう、敏感に傾きやすい肌とお感じの女性も多いと思います。

このような敏感に傾きやすい肌に対して、どうお手入れをしたらいいのか迷ってしまいますよね。

専門医に相談するのも一つの手段ですが、まずは洗顔から始まる日ごろのお手入れについて、再確認してみませんか?

敏感に傾きやすい肌の女性にどうして洗顔方法を再確認してほしいのか、どんな洗顔料を選べばいいのかをご紹介します。



1. 敏感肌と感じたら再確認してほしい「洗顔」のお手入れ

敏感肌

肌が敏感になりやすいと感じている方は、肌に負担をかけるような洗顔をしていないか、再確認してみましょう。

なぜなら、間違った洗顔のお手入れを続けていることによって、肌に必要な油分まで洗い流してしまい、乾燥によって肌が敏感な状態に傾いてしまっている方も少なくないからです。

多くの「敏感肌」と思われている状態は、何らかの原因によって肌が乾燥し、角質層が乱れて外部からの影響を受けやすくなっている肌状態を指します。

加齢や間違ったお手入れによって、肌が敏感に傾きやすい状態になっている場合が多いようです。

このように肌がデリケートな状態になっている場合、原因の一つとして肌に油分と水分が不足しているということが挙げられます。

そのため、デリケートな状態の肌の場合は、できるだけ肌に摩擦による負担をかけないように意識しながら、肌に必要な皮脂を洗い落としすぎず、肌についたほこりや汚れをスッキリと洗い流す洗顔のお手入れが重要です。

こうすることによって、敏感に傾きやすい肌にとって大切な保湿のスキンケアが肌になじみやすくなることが期待できます。

2. 敏感肌に傾かないための洗顔料の選び方

敏感肌③
敏感に傾きやすい肌の方は、使用する洗顔料にも気を配ってみましょう。

ここでは、洗顔料の選び方で気をつけてほしいポイントを成分・テクスチャーに分けて見ていきます。

2-1.成分

敏感に傾きやすい肌の方は、シンプルな作りの洗顔料を選ぶのがおすすめです。

余分な皮脂をしっかり洗い落とすタイプの洗顔料だと、デリケートになりやすい肌にとっては負担になってしまう場合もあります。

また、保湿成分が配合されているなど、洗い上がりがマイルドなタイプの洗顔料もおすすめです。

商品のパッケージの裏面を確認して、どのような成分が含まれいているのかを確認してみましょう。

2-2.テクスチャー

敏感に傾きやすい肌の方は、泡立ちやすく、柔らかいテクスチャーの洗顔料を選ぶようにしましょう。

デリケートな状態の肌にとって重要な洗顔のポイントは、弾力のある泡で肌への摩擦による負担を減らしながら洗い上げることです。

そのため、なめらかでキメの細かい泡が作れる洗顔料を選びましょう。

たとえばスクラブ洗顔料のように大きな粒子が入っているアイテムは、敏感に傾きやすい状態の肌にとっては、摩擦により肌に負担をかけやすいといえるので、避けるようにしましょう。

3. 敏感肌に傾かないための洗顔方法

ここからは、肌への負担をできるだけ減らしながら洗顔する方法について紹介します。

改めて、普段洗顔の手順を確認してみましょう。

3-1.手順

敏感に傾きやすい肌の洗顔は「予洗い」「洗顔」「すすぎ」「保湿」の4ステップで進めます。

①予洗い

予洗いとは、ぬるま湯で軽く顔全体をすすいで、大まかな汚れを落とすことです。

乾いたまま洗顔料をのせると肌へ摩擦による負担がかかりやすいため、予め濡らすことによって洗顔料の泡を転がしやすくするという目的があります。

予洗いのぬるま湯は、30度~35度程度の温度で行いましょう。温度が熱すぎても冷たすぎても、肌への負担になることがあります。

肌表面の温度に近いぬるま湯で、数回顔につけるようにして予洗いをしましょう。

②泡だてる

洗顔する時には、よく泡立てた洗顔を使用しましょう。

チューブからだしたままの洗顔料を使うと肌へ摩擦への負担がかかりやすいので、手やネットでしっかりと泡立てるようにしましょう。

手軽に濃密な泡を作れる泡立てネットなども売っているので、泡立てが苦手な方はこのようなアイテムを活用するのもおすすめです。

③泡を顔にのせる

顔を洗う順番は、皮脂腺が集中しているとされるTゾーンから始めます。

その次に顎や輪郭などのUゾーン、最後に皮膚が薄いといわれている目元や口元に泡を乗せていきます。

やさしい力加減で、泡で汚れを落とすことを意識しながら、泡を転がしていきましょう。

洗顔は、1分程度で素早く終わらせるのが理想です。洗顔中にマッサージをしたり、時間をかけて洗顔をしたりしてしまうと、肌に負担をかけやすくなってしまいます。

④すすぐ

最後のすすぎにもぬるま湯を使い、丁寧に洗い流します。

顔をぬるま湯につけるようにしながら、20~30回程度しっかりとすすぎましょう。

こめかみや生え際などはすすぎ残しが多い部分なので、特に意識してすすぐようにします。

十分にすすいだら、清潔なタオルで水分を吸い取らせるようにしてふき取ります。

3-2.洗顔のポイント

敏感に傾きやすい肌の洗顔ポイントは、ゴシゴシこすらず泡で包み込むように洗うことです。

洗顔料を強くすり込むように洗うと、肌に摩擦による負担がかかるだけではなく、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまって、肌が乾燥しやすくなります。

敏感に傾きやすい肌にとっては、すすぎやタオルを使って水分をオフする時の摩擦も肌の負担になる場合もあるため、優しい力加減で丁寧にお手入れをしましょう。

4. 敏感肌と感じる方におすすめしたい「ぬるま湯洗顔」

デリケートな肌の状態のときに、洗顔料を顔にのせるだけでもしみてしまうような場合は、30℃前後のぬるま湯だけで洗う「ぬるま湯洗顔」を試してみましょう。

人肌よりややぬるいくらいのぬるま湯で洗顔することによって、毛穴が開きやすくなり、肌についたほこりや余分な皮脂などを洗い流しやすくなります。

温度が熱すぎても冷たすぎても肌にとって負担になりやすいため、肌が乾燥しやすくなってしまう場合があります。適温を守るようにしましょう。

適温のぬるま湯で10~20回程度顔につけるようにして、洗顔をしましょう。

5. 敏感肌と感じる方に朝洗顔は必要?

敏感肌④

敏感に傾きやすい肌であっても、朝は洗顔をするのがおすすめです。

特にそのあとにメイクをする場合は、洗顔をしてからメイクをはじめるようにしましょう。

なぜなら、ほこりなどの空気中の汚れ、寝ている間の汗などが肌についたままベースメイクをすることになり、メイクが十分に肌になじまない場合があります。

洗顔料を使って洗顔するのか、ぬるま湯だけで洗顔するのかは、肌の状態に応じて判断しましょう。

ただ、頻繁すぎる洗顔は肌の負担となるため、1日2回を目安にしましょう。

朝起きたとき・寝る前に洗顔をして、汚れや余分な皮脂だけをしっかり洗い流し、すこやかな肌を保ちましょう。

6. まとめ

敏感に傾きやすい肌の方は、普段何気なく行っているお手入れが肌の負担となってしまっている場合もあるようです。

日々の洗顔を再確認して、キメの整ったなめらかな肌を目指しましょう。

この記事は2016年8月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る