メニューを開く
アスタリフト;

《冷え対策!》靴下選びのポイント&冷え取り靴下!【必見!】

冷え性 靴下
《冷え対策》に靴下をお探しではありませんか?

《冷え》のある方はもともと手足が冷えやすく、特に足は指先まで凍るように冷たくなってしまう事が多いのです。

「足が冷たくて感覚がない」「足が冷たくて眠れない」そんな方はつらい冷えから足を守るためにも、靴下選びは実はとても重要です!

《冷え対策》に適した靴下を選べば、凍るような冷たさから足元をガードする事ができます。

そこで今回は冷えからガードするための靴下選びのポイントから、注意点までをたっぷりとご紹介していきます!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.冷えには、冷え取り靴下がおすすめ

女性
靴下は足が冷える方にとっては欠かせないアイテムです。靴下を履く事で、つらい足の冷えを和らげる事ができます。

ですが、日常で私たちが履いているような通常の靴下では足先の冷えを和らげる事は難しく、どの靴下でも良いという訳ではありません。

そこで、冷えでお悩みの方には「冷え取り靴下」がおすすめです。

冷え取り靴下とは、いくつかの素材を選んで靴下を重ねて履くことを表しています。

靴下をそのまま履くよりも重ねて履く事で、足元をつらい冷えからガードして、足先からしっかりと温めていく事ができます。

そして足元を温めながら血行の流れをよくして冷えの穏和を目指していきます。

2.《冷え対策》の靴下選び&履き方のポイント

靴下
《冷え対策》をするためにも、ポイントを抑えてしっかりと選んでいきましょう!

まず始めに、靴下を選ぶためのポイントを3点ご紹介します。

2-1.《冷え対策!》~締め付けのない冷え取り靴下を選ぼう~

冷えから足元を守るためには、必ず締め付け感のない靴下を選ぶ事が大切です。

足が冷たくなっている=血行が足先までしっかりといき届いていない状態になっています。

その状態で締め付けのある靴下を履いてしまうと、足先までの血行は、ますます滞ってしまい、冷えていってしまうことになります。

靴下は締め付けのない履き口で、ゆったりしたものを選びましょう。

2-2.《冷え対策!》~冷え取り靴下の素材は絹と綿を選ぼう~

靴下の素材選びも重要です。冷え取り靴下は絹と綿の素材を選びます。

※冷え取り靴下は、4足重ねが基準となっていますが、4足を日常で履くと靴が履けないという方もいらっしゃいます。

重ねる枚数は、その日の予定に合わせ調節するのが良いでしょう。最低でも2枚は重ねるようにしましょう。

① 絹(シルク)
1足目には〈絹の靴下〉がオススメ!

絹は、とても肌触りが良く、吸湿性・保湿性・放湿性に優れています。常に快適な状態を保ってくれます。

② 綿
2足目には〈綿の靴下〉をはきましょう!

絹の保湿性を、綿がしっかりとガードし、体温を逃がしません。

2-3.《冷え対策!》~5本指の冷え取り靴下を選ぼう~

5本指の靴下を履く事で、1本1本の足指を抑えつける事なく、しっかりと足指を開いて血行をよくしてくれます。

また5本指の靴下を履くと指が自由に動くことができます。動くたびに足指と足指の間がズレることで、マッサージ効果が期待できます。

1足目に履く靴下は必ず5本指の靴下を選びましょう。

3.《冷え対策!》おすすめ冷え取り靴下3選

では、実際に靴下を4つご紹介します!

★3足セットで、シンプルで履きやすいです!
冷え取り靴下リンマー

靴下②
こちらは3枚セットの重ね履きしても足首を締め付けない設計で、足汗で足を冷やさないような蒸散性のある靴下です。

足の指先まで、保湿して足を温めてくれます。抗菌性と消臭効果がありますので快適に履く事ができます!

★4足セットで履き心地抜群です!

日本製 冷え取り靴下 シルク

4足セット
シルクとコットンの靴下が計4足付いています。

薄手で締め付け感がないので、とても履き心地が良く、シンプルなデザインは日常使いにもピッタリです。

フィット感があり、動きやすくなっていますが、締め付け感はありません。

★履き心地が爽やかな4足セット!

シルクと綿と麻 冷え取り靴下

4足 麻
3足目の靴下が麻なので履き心地が重くなく、爽やかに着用する事ができます!オールシーズン履く事ができる便利な4足セットです。

サラサラ感をキープしながら、履く事ができます。

4.《冷え対策》~冷え取り靴下についての注意点~

冷え取り靴下を洗う際は、洗濯方法に注意しましょう。

特にシルクは繊細です。破けやすいため、洗濯機表示がある場合でも必ずネットに入れて洗ってください。

手洗いの場合は優しく押して丁寧に洗いましょう。

5.まとめ

冷え取り靴下は、必ず絹(シルク)の5本指タイプから履き、その上に綿の靴下を重ねましょう!

毎日続ける事で、冷えが穏和に期待ができます。

続ける事が大切ですので、毎日欠かさず着用して、冷えを足からサポートしていきましょう。

この記事は2016年5月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る