2016年10月21日 更新

シャンプーを選ぶ3つの基準! お気に入りシャンプーに出会うための方法

シャンプー 選び方

みなさんは、シャンプーを選ぶ際、何を基準にしていますか?

数多くあるシャンプーの中から自分に合った一品を探すのは困難ですよね。

そこで今回は、シャンプー選びの3つの基準をご紹介します。
今回ご紹介する基準に沿って選べば、あなたに合ったシャンプーもきっと見つかるはず!



1 自分に合ったシャンプーの選び方

ではさっそく、シャンプーを選ぶ際のポイントをご紹介します。
今回は、シャンプー選びのポイントを3つの基準に分けてご紹介します。

① 保湿

第一の基準は保湿です。
保湿成分として、アスタキサンチンやヒアルロン酸、シアバターなど、ス
キンケア製品やボディケア製品でもよく耳にする成分が入っているシャンプーも珍しくありません。

頭皮の乾燥はフケやかゆみの原因になる場合もあるので、
シャンプー選びに困ったら、保湿成分が配合されているシャンプーを選ぶことをおすすめします。

② 泡立ち・使用感

第二の基準は泡立ちです。
実はシャンプーの泡立ちは洗浄力にはあまり関係がありませんが、泡立ちのよいシャンプーで洗うと、頭皮が気持ちよいですよね。

シャンプーの泡立ちがよいのは、シャンプーを髪と頭皮に行き渡らせやすくするためです。
成分の関係上泡立ちにくくなっているシャンプーもありますが、だからといって洗浄力が弱いわけではありません。
シャンプー選びに困ったら、泡立ちのよさや使用感の好みで選んでみるのもよいでしょう。

③ 香り

第三の基準は香りです。
シャンプーには香りで特徴を出しているものが多くあります。

バスタイムだけ香りを楽しむタイプから、洗い流した後、日中にも香水のように香りを楽しめるタイプまで、シャンプーの香りの持続はさまざまです。
シャンプー選びに悩んだら、シャンプーの香りの楽しみ方で選ぶこともおすすめですよ。

2 おすすめシャンプー3選

■ ErucA
ErucA

保湿成分ヒアルロン酸、シアバター由来の洗浄成分配合のシャンプーです。
洗うことで、頭皮にうるおいを与えながら、ボリュームのある立体的なふわサラ髪に導いてくれます。

 

■ ISMサロンクオリティシャンプー

url

ヘアサロン「HAIR ISM」プロデュースによるヘアシリーズ「ISMサロンクオリティー」のシャンプーです。
キメ細やかな泡が頭皮や髪の汚れを包み込み、泡と共に洗い流します。
南国の温かな風に包まれたような、甘いフローラルフルーティーの香りが、洗い流した後もほんのりと香るので、パフュームシャンプーとしての楽しみ方も。

 

■ いち髪 濃密W保湿 
url
ほろ甘いあんずと上品な桜の香りが特徴的なアミノ酸シャンプーです。
もっちりとした濃厚な泡立ちで、マッサージするように髪を洗うことができます。

 

3 髪にやさしいシャンプーのコツ

ここでは髪のためになるシャンプーの洗い方をご説明します。
髪や頭皮をより健やかに保てるよう、シャンプーのコツを覚えましょう。

① シャンプー前にブラッシングをする

シャンプーをする前に、髪全体をブラッシングしましょう。
ブラッシングをすると、髪に付着したごみを取ることができるので、シャンプーがスムーズになります。

② ぬるま湯で髪全体を濡らす

シャンプーを行う前に、髪全体をぬるま湯で濡らします。
この時使用するお湯の温度は、35度から37度程度が良いとされています。毛穴が開くので、シャンプーをよりスムーズに行う事ができるのです。

③ シャンプーは手のひらで馴染ませてから頭につける

シャンプーは、頭皮に直接ではなく、一度tにとってから頭に付けましょう。
シャンプーは手のひらで馴染ませ、温めることで泡立ちが良くなるという特徴を持っています。
適度に泡出ててから髪、頭皮に使用するよう心がけましょう。

④ 頭皮を指の腹で指圧するように洗う

シャンプーの上手なやり方は、指の腹で指圧するような感覚で行うことです。
頭皮についた汚れは、やさしく揉みほぐすことで浮き上がり、洗い流しやすくなります。
ゴシゴシ強くこするのではなく、頭皮全体をマッサージする感覚で洗うようにしましょう。

⑤ ぬるま湯でしっかりと洗い流す

シャンプーをし終わったら、丁寧に洗い流しましょう。
シャンプーの洗い残しは、頭皮の痒みや乾燥の原因となることがあります。
洗い残しがないように、細かい箇所も隅々まで丁寧に洗いましょう。

⑥ 頭皮用化粧水をつける

ドライヤーで乾かす前に、頭皮用化粧水をつけることをおすすめします。
頭皮の乾燥はフケやかゆみの原因となる場合があるため、乾燥してしまわないよう頭皮の保湿を行うことが大切です。
頭皮が乾燥しやすい方は、頭皮用の化粧水などを使用して、頭皮の乾燥を防ぎましょう。

■おすすめアイテム
エステシモヘッドスパ スキャルプトーナー リラクシング
(頭皮用化粧水)

toner_relax
ひんやりとした使用感で、清涼感とともに頭皮を引きしめ、うるおいを与えてくれる頭皮用化粧水です。

 

⑥ 早めにドライヤーで乾かす

髪は濡れたままだと乾燥しやすくなります。シャンプーが終わったら、できるだけ早めにドライヤーで乾かしましょう。

4 まとめ

シャンプーの選び方を3つの基準の分けてご紹介しましたが、いかがでしたか?

シャンプーの好みには個人差があります。
毎日使うものですから、あなたの好みに合ったものを選ぶことが一番大切です。

今回ご紹介したシャンプーの選び方を参考に、あなたのお気に入りのシャンプーを見つけて、バスタイムをより一層楽しんでくださいね。

※この記事は2016年2月26日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。