2017年5月19日 更新

まずはお試し!トライアルのあるおすすめシャンプー

シャンプー トライアルシャンプーをトライアルしてみたい、まずは自分に合うか試してみたいと思っていませんか?

シャンプーを大きなボトルで買うと、使い切るまでかなり時間がかかります。できれば満足のいく自分にあったシャンプーを選んで購入したいですよね。
そんなときに便利なのがトライアルサイズの販売があるシャンプーです。

今回は、肌らぶ編集部おすすめのシャンプーの中からトライアルのあるものをご紹介します。シャンプー選びの参考にしてみてください!



1.トライアルセットのあるおすすめシャンプー

シャンプー トライアル

それでは早速、トライアルセットのある肌らぶ編集部おすすめシャンプーをご紹介します。
髪と頭皮にうるおいを与えてすこやかに保ってくれるシャンプーを選びました。ぜひ参考にしてください!

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー

トライアル価格:1,200円(+税)
内容:スカルプファーカスシャンプー(40ml)/スカルプフォーカスコンディショナー(40ml)/スカルプフォーカスエッセンス【医薬部外品】(20ml)

【肌らぶ編集部コメント】
富士フィルムが展開するアスタリフトシリーズのシャンプーです。
保湿成分アスタキサンチンが、ハリとコシを髪に与え、しなやか美髪を目指せます。
ノンシリコンですがごわつきが少なく、指どおりのよい洗い上がりです。

公式HPはこちら(オレンジ)

アロマのやさしさ

アロマのやさしさ

トライアル価格:417円(+税)
内容:アロマのやさしさ(30ml)

【肌らぶ編集部コメント】
エッセンシャルオイルを扱うハーベストシーズン社が製造している、香りも魅力のアミノ酸系シャンプーです。保湿成分としてホホバ油と小麦胚芽油を配合しています。コンディショナーいらずなので時短のお手入れが好きな方にもおすすめです。

公式HPはこちら(オレンジ)

モーガンズ ノンシリコン アミノ酸ヘアシャンプー

モーガンズ

トライアル価格:680円(+税)
内容:ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー(30ml)/ノンシリコンアミノ酸ヘアコンディショナー(30g)

【肌らぶ編集部コメント】
自然派コスメのモーガンズが展開するシャンプーです。アミノ酸成分やハイビスカスやビャクダンオイルなどの花エキス、ツバキ油やオリーブ油などの保湿成分が髪にうるおいとツヤを与えます。

公式HPはこちら(オレンジ)

uruotte

うるおって

トライアルセット価格:900円(+税)
内容:uruotte無香料シャンプー(30ml)/uruotteアロマシャンプー(30ml)/洗い流さないトリートメント(5ml×2包)

【肌らぶ編集部コメント】
植物由来のアミノ酸系洗浄成分を配合した、リンス不要のシャンプーです。契約農家で有機栽培されたオーガニックホホバオイルが頭皮にうるおいを与えてくれます。
シャンプーは無香料と8種の精油をブレンドした香り付きを選べます。

公式HPはこちら(オレンジ)

オアシス 天然シャンプー

オアシスシャンプー

トライアル価格:2,000円(+税)
内容:シャンプー&コンディショナー(10回分)

【肌らぶ編集部コメント】
竹のミネラル水を原料につくられたシャンプーです。ツバキ油やユチャ油などの保湿成分が、髪の乾燥を防ぎ、ツヤを与えます。
柑橘系の爽やか香りはふんわりほのかなので、香料が苦手な方でも使いやすそうです。

公式HPはこちら(オレンジ)

2.シャンプーの魅力をより実感するためのポイント

シャンプー トライアル

トライアルシャンプーで髪や頭皮との相性を確認するためにも、ここでは魅力を引き出すためシャンプーのポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください!

2-1.シャワーの温度は38度前後に設定する

シャンプー トライアル

人によってはぬるいと感じるかもしれませんが、シャワーの温度は人肌より少し高めの38度程度にして使いましょう。
とくに髪の乾燥や頭皮のかゆみを感じてトライアルでシャンプーを吟味している方にはぬるま湯のシャワーをおすすめします。

熱いお湯を浴びると、熱で頭皮や髪の水分が奪われやすくなります。
そのためトライアルのシャンプーを使っても、乾燥やかゆみを感じやすいままになってしまい、本来の使用感がわからない可能性があります。

ただ、温度が低すぎると毛穴が開きにくく、汚れを充分に落とせないこともありえます。
乾燥予防と、より予洗いで汚れを落とすためにも、シャワーは38度程度のぬるま湯に設定するのがポイントです。

2-2.シャンプー前にたっぷり予洗いする

シャンプー トライアル

シャンプーを付ける前に、しっかり予洗いをしましょう。シャワーだけで流せる汚れを先に流しておくことで、シャンプーの泡立ちがよくなることが期待できます。

この予洗いのステップを飛ばしてしまうと、泡立ちが弱いために「洗った気がしない」など、本来のシャンプーの良さを実感できずに終わってしまうかもしれません。

2-3.指の腹で丁寧にもみ洗いする

シャンプー トライアル

シャンプーを泡立ててから、髪と頭皮にのせて丁寧にもみ洗いをしましょう。
ササッとシャンプーを済ませてしまうと、汚れを充分に洗い流すことができないことがあります。
また、爪を立ててしまったり、強すぎる力でもんでしまうと頭皮や髪の負担になってしまうことも考えられます。

シャンプーの洗浄力をしっかりと体感するためにも、指の腹を使い、やさしい力加減で頭全体をもみ込むようにして洗いましょう。

3.まとめ

シャンプー トライアル

トライアルのある肌らぶ編集部おすすめシャンプーと、シャンプーのポイントをご紹介しましたが。いかがでしたでしょうか。
使い心地のわからないシャンプーをいきなり大きなサイズで購入するのは、少し勇気がいりますね。

トライアルセットを利用すれば、お手頃価格でシャンプーが自分にあっているかを確かめることができるのでおすすめです。
ぜひいろいろなシャンプーを試して、お気に入りを見つけてください!

この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。