メニューを開く
アスタリフト;

短いまつげを長くする方法3選! 魅力的なロングまつげを手に入れろ!

まつげ 短い

「まつげが短いのがイヤ」「まつげが短くてうまくマスカラを塗れない」とお悩みではないですか?ふさふさと長く伸びたまつげには、女性なら誰でも一度は憧れたことがあると思います。
しかしもともとの自まつげが短いと、マスカラやビューラーを駆使しても、なかなかきれいに長く見せることができませんよね。

そこで今回は、短いまつげを長く、魅力的に見せるための方法をご紹介します。

短いまつげを長くする方法は、意外に多くあるもの。さまざまなメイク法を覚えることで、まつげメイクはもっと楽しくなりますよ!


astalift
astalift

1 短いまつげを長く見せるメイク方法

まず、短いまつげを長くするメイク方法をご紹介します。
短いまつげを長くするには、メイクを少しだけ変えることをおすすめします。
アイラインの描き方やマスカラの種類を変えると、まつげを長く見せることができます。

1-1 短いまつげを長く見せるメイク方法|アイライン

短いまつげを長く見せるアイラインの描き方をご紹介します。
短いまつげを長く見せるために、アイラインはまつげの隙間を埋めるように、まつげの根元から丁寧に描くことがポイントです。
そうすることで、アイラインの部分が影のように見え、奥行きを演出することができます。
アイライナーは目元に奥行きを作るため、存在感のあるラインが描ける、リキッドタイプの黒がおすすめです。

【アイラインの描き方】

① 瞼の内側にラインを描く
アイライン
上まぶたの内側、粘膜の部分にも黒のリキッドアイライナーで、ラインを描きます。
上まぶたをやさしく上に引き上げると、まつげの根元がある、粘膜の部分が見えます。眼球に触れないぎりぎりのぶぶんで、目頭~目尻まで細くラインを描きます。
粘膜の部分にラインを入れることで、まつげの根元がさらに奥にあるように見せることができます。

② リキッドアイライナーの黒で、上まぶたに細いラインを描く
5アイライン
目頭から目尻まで、黒のリキッドアイライナーで、まつげの間を埋めるように細いラインを描きます。

③ 目じり側を、1㎝程度目幅よりも長く描く
③アイラインIMG_7618
目尻側のラインを、目幅よりも1㎝ほど長めに描き足します。
目頭と目尻をつなぐ、平行のラインになるよう意識して描くことがポイントです。
端に行くにつれ自然に細くなる、繊細なラインを描くことでまつげを長くすることができます。

■おすすめのアイライナー
3CE LIQUID EYE LINER

98925_shop4_781436奥行きのある深い目元に仕上がる、リキッドタイプのアイライナー
細くコシのある筆先なので、繊細なラインや粘膜にラインを引きたいときに、便利なアイテムです。滲みにくく落ちにくい、ウォータープルーフタイプです。
>>>公式HPはこちら

1-2 短いまつげを長くするメイク|マスカラ

短いまつげを長くするマスカラの使い方をご紹介します。

【マスカラのつけ方】

① ビューラーは、数回に分け段階的にカールさせる
ビューラーは、一回で一気にカールさせようとせず、数回に分けて使用し、徐々にカールを強めていきましょう。
まず根元をビューラーで3秒間はさみカールさせます。次にビューラーをまつげの毛先寄りに移動させ、また3秒間はさみカールさせます。同じ動きをまつげの毛先まで繰り返します。
数か所に分けてカールさせることで、まつげにしっかりとした曲線が生まれ、マスカラが塗りやすくなります。

② ロングタイプのマスカラ下地を根元から毛先まで塗る
ロングタイプのマスカラ下地を、根元から毛先まで丁寧に塗りましょう。
マスカラ下地には、まつげを長く伸ばすタイプと、まつげを太くし、ボリュームを出すタイプがありますが、短いまつげの方にはまつげを長く伸ばすタイプの下地がおすすめです。

③ ロングタイプのマスカラを、自まつげの上下に塗る
ロングタイプのマスカラを、自まつげの上下両方にしっかりと塗りましょう。
まず、まつげの上からマスカラのブラシでやさしく撫でるようにして、まつげの上側に塗ります。
今度は、まつげを下から持ち上げるようにしてまつげの下側に塗ります。
まつ毛とマスカラの密着度を上げることで、よりまつげを長く見せることができます。

■おすすめのビューラー
3CE EYELASH CURLER

ビューラー
まつげを根元からしっかりと持ち上げ、思い通りのカールに仕上げることのできるビューラー
カーブがやや浅めのタイプなので、目の形に合わせて、小刻みに角度を変えて使用すると、はさみにくい端のまつげもしっかりと持ち上げることができます。(替え用ゴム2個セット)
>>>公式HPはこちら

■おすすめのマスカラ下地
DHCパーフェクトマスカラベースEX

マスカラベースひと塗りでまつげの表面を整え、マスカラのノリを良くしてくれるマスカラ下地
マスカラとまつ毛のフィット感を高めることで、まつげの長さを理想的なものに仕上げてくれます。
オリーブバージンオイル、海藻由来エキス、パンテノール、シルクプロテインなどの保湿成分を配合しています。
>>>公式HPはこちら

■おすすめのマスカラ
POLA ミュゼル ノクタール マスカラ

polaマスカラ
脂・汗・水に強い、ウォータープルーフタイプのマスカラ
ストレートコームブラシが短いまつげや塗りにくい目頭、下まつげもしっかりキャッチし、簡単に仕上げることができます。パンテノールなどの保湿成分を配合しています。
>>>公式HPはこちら

2 必見!短いまつげを長くするメイク、時短編

次に、短いまつげを長くする、時短メイク方法をご紹介します。
毎朝のメイクに時間をかけられない方や、さっとメイクをすませたい方には、つけまつげやまつげエクステもおすすめです。

2-1 必見!短いまつげを長くするメイク、時短編|つけまつげ

短いまつげを長く見せるメイクを素早くすませるには、つけまつげの使用がおすすめです。

つけまつげは、専用の接着料で貼り付けるだけで、まつげを長く見せることができる便利なアイテムです。
剥がす際に、専用のリムーバーを必要とするタイプもありますが、最近では水や洗顔で落ちるタイプの接着料もあるので、メイクに手軽に取り入れやすくなっています。

つけまつげには、まつげにボリュームが出る束感のあるタイプや、目尻だけが長いタイプなど、さまざまなのものがあります。
まつげを長く見せたい場合、シンプルなロングタイプのつけまつげがおすすめです。

■おすすめのつけまつげ
3CE EYE LASH#12

付けまつげ自まつげのように自然な仕上がりになるつけまつげ
根元部分が馴染みやすい透明になっているので、ナチュラルなメイクにも使用することができます。
全体のボリュームが均一なので、目元に自然な深みが出て、まつげの長さを強調することができます。
>>>公式HPはこちら

2-2 必見!短いまつげを長くするメイク、時短編|エクステ

まつげエクステとは、目元専用の接着剤で自まつげに人工のまつげを貼りつけ、まつげを長くする方法です。
まつげエクステサロンや、まつげエクステメニューのあるヘアサロンなどで受けることができます。

メニュー内容は、「左右50本ずつ」や「左右計80本」など、装着本数が決められているコース、「90分つけ放題」や「120分つけ放題」など、定められた時間内でのつけ放題コースの2種類が代表的です。
まつげエクステは、洗顔による剥がれ落ちや、まつげの生え変わる周期に合わせて、2週間~3週間程度でリペア(つけ替え)を行う必要があります。

最近は、自宅でまつげエクステを行うことの出来る、「セルフまつげエクステキット」も販売されているので、忙しくてサロンに通えない、という人は、セルフまつげエクステのお試しもおすすめです。
まつげエクステをすることで、毎朝のメイク時間が短縮できるので、忙しい方やメイクがあまり得意でない方におすすめです。

■おすすめのまつげエクステサロン
ケサランパサラン

ケサランパサラン全国にチェーン展開をしているまつげエクステサロン「ケサランパサラン」です。
施術前に丁寧なカウンセリングを行い、一人ひとりの顔立ちと要望に合った、アイラッシュデザインを提案してくれます。
今なら、初めて来店の人に向けた初回トライアルメニュー、両目80本7,000円(税抜)のキャンペーン中(他社エクステンションオフ代無料)です。
さらにWeb 限定特典として、公式HPから初回トライアルメニューを予約された方には、両目10本プラスの特典もあります。
>>>公式HPはこちら
(※2016年 3月 29日時点の情報です。)

【セルフまつげエクステセット】
アイラッシュエクステキット
まつ毛エクステセットまつ毛エクステを自宅で行うための、アイラッシュエクステキット
自まつげ1本に対し1本のエクステをつけるので、とても自然な仕上がりになります。
セルフまつげエクステに必要な基本的アイテムが揃っており、これさえあればすぐに、まつげエクステを始めることが可能です。
エクステは黒(9㎜、11㎜、15㎜)、パープル(13mm)、ライトブラウン(13mm)の3色×4サイズ。さまざまなエクステデザインを試すことができます。
(※ご使用の際は、使用上の注意をよく読んだ上でご使用ください。)
>>>公式HPはこちら

3 まつげのおすすめお手入れ方法

まつ毛を長く見せるメイクを上手に行うために、日ごろからまつげ用美容液などでまつげのお手入れをすることをおすすめします。
まつげのお手入れをこまめに行い、まつげを健やかな状態に保つことで、まつげを長くするメイクがしやすくなりますよ。

短いまつげのお手入れには、まつげ用美容液の使用がおすすめです。
まつげ美容液とは、まつげにハリやコシを与え、すこやかに保つためのアイテムです。
ハリ、コシのあるまつげは目元に存在感を与えると共に、ビューラーやマスカラをしやすくなります。

■おすすめのアイテム
BEAUTYLASH

ビューティラッシュ単品まつげにハリ、コシを与え、健やかな状態を目指すまつげ専用美容液です。
極細の筆タイプなので、まつげの根元などの細かい部分にも塗りやすくなっています。
お風呂上りに、まつげにさっとひと塗りするだけ。ハリ、コシを与え、健康的なまつげを保ちます。
公式HP限定で、まとめ買い割引キャンペーンも行っています。
>>>公式HPはこちら

4 まとめ

短いまつげを長くみせるための方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
まつ毛を長くする方法には、さまざまなものがあります。どの方法が自分にあうか、実際に試してみてください。
今回ご紹介したのは、「短いまつげをカバーするためのメイク」ではなく、「まつげメイクを楽しむためのメイク」です。
マスカラを塗ってみたり、つけまつげをつけてみたり。その日の予定や気分によって、まつげメイクを変えてみると、毎日のメイクがもっと楽しくなりますね。

※この記事は2016年3月29日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る