メニューを開く
2017年5月19日 更新

なんでこんなところに!?肩にもできるニキビの原因と対策方法

肩 ニキビ TOP 女
「ニキビは顔にできるもの…なんて思っていたら肩にニキビができた!」

そんなご経験はありませんか?

男女問わず肩にニキビができると、水着やタンクトップなどの露出の多い服装を避けたくなったり、ニキビが気になってついつい触ってしまい潰してしまったりと、憂鬱ですよね。

しかも「どうして肩にもニキビができるの!?」と原因がわからないと感じている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、肩にもできるニキビの原因と対策方法をご紹介します。

すこやかな美しい肩を目指して、今のうちから肩にもできるニキビとしっかり向き合いましょう!



♦肌らぶセレクション♦

オルビス クリアボディ スムースローション(医薬部外品)
オルビス クリアボディスムースローション

さっぱりとした使用感の薬用ボディローションです。
植物由来の保湿成分「シャクヤクエキス」「クチナシエキス」を配合。肌の水分や油分を補い保ち、ニキビを防ぎます。
メントールのひんやりとした感触が、暑い季節やお風呂上りなど、皮脂や汗でべたつきがちな肌にも、心地よい清涼感を感じさせてくれます。

公式HPはこちら(オレンジ)

1.肩にもできるニキビの原因

背中 ニキビ
肩にもできるニキビは、さまざまな原因でできてしまうと考えられます。

ここでは、肩にもできるニキビの主な原因6つを「外的要因=体の外側からの影響」と「内的要因=体の内側からの影響」の2つに分けてご説明します。

自分の肩にもできてしまうことがあるかもしれない、ニキビの原因についてしっかりと把握しておきましょう。

1-1.肩にもできるニキビの外的要因

肩にもできるニキビの外的要因は、主に以下の3つが考えられます。

①皮脂や汚れの洗い残し

ボディソープ おすすめ
不要な皮脂や汚れが肩の肌に残ったままになることで、毛穴詰まりを起こしニキビができやすくなるといわれています。

肩の皮脂量は顔に比べると少ないそうですが、肩にも皮脂腺はあるため、ニキビができる可能性がある部分です。

また、肩は服に覆われていることが多い部分ですから、汗をかきやすくムレやすいので、不要な皮脂や汚れが残ってしまいやすいとされています。

また、髪を洗ったときのシャンプーやリンスが肩に残ってしまうことでも、ニキビに繋がることがあるようです。

特に女性は、男性に比べると髪の長い方が多いため、シャンプーやリンスが肩に残りやすい傾向があります。

②肌の乾燥

乾燥
肌が乾燥することで、肩にもニキビができやすくなるといわれています。

肌が乾燥して肌表面が硬くなると、不足したうるおいを補うために皮脂量が増え、毛穴が詰まりやすくなることがあると考えられているのです。

乾燥により皮脂量が増えているにも関わらず、自分のことをベタつきがちだと勘違いし、保湿を疎かにすることで、よりニキビができやすい環境に陥っている場合もあります。

もちろん、肩だけでなく、肌のどこにできるニキビにも同じことがいえるそうです。

③紫外線による影響

紫外線
肌は紫外線を浴びることで、乾燥して硬くなりやすく、それがニキビの原因に繋がってしまうことがあるとされています。

また、ニキビ跡は「炎症性色素沈着」の一種で、ニキビを雑菌の付着した手で過度に触ったり、潰したりすることにより、跡が残ってしまうと考えられているのです。

数年で薄くなる場合もありますが、ニキビ跡に紫外線が当たることで、さらに濃くなってしまう恐れがあるともいわれています。

1-2.肩にもできるニキビの内的要因

肩にもできるニキビの内的原因は、主に以下の3つが考えられます。

①肩こりによる血行の悪さ

枕 肩こり
肩こりがあると血行が悪くなり、ニキビができやすくなる場合があるといわれています。

血行が悪くなると、肌のすみずみまで水分や栄養が巡りずらくなり、リンパの流れも悪くなる可能性があります。

リンパには、体内の老廃物を排出する役割があるため、リンパの流れが悪くなると、老廃物が滞留しやすくなりニキビができてしまうことがあるそうです。

②ホルモンバランスの乱れ

手汗
睡眠不足やストレスなどにより、ホルモンバランスが乱れると、肌に皮脂がたくさん出てしまうことがあると考えらえています。ニキビを引き起こす可能性があるとされているのです。

それは、過剰に出た皮脂が原因で毛穴が詰まり、ニキビができやすくなるためだと考えられています。

③食生活の乱れ

腸内環境 サプリ
食生活が乱れると皮脂量が増え、ニキビができやすくなることがあるとされています。

「油分」「糖分」「香辛料」の3つは、特に気を付けたいものです。

油っこい食事や糖分の多い食べ物は、皮脂を過剰に増やしてしまう可能性があるといわれています。

2.肩のニキビ対策のポイント

反り腰 ストレッチ
肩ニキビの原因がわかったら、次は肩ニキビを対策方法を知りたいですよね。

ここでは、前章で紹介した主な原因をふまえ、肩ニキビの対策ポイントをご紹介します。

2-1.毎日のお手入れのポイント

まずは、肩にもできるニキビを対策しておきたい人注目!お手入れポイントをご紹介します。

①ボディソープをしっかり泡立てやさしく洗う

ボディソープ
不要な皮脂や汚れをきちんと洗い落とすために、ボディソープをしっかりと泡立てたっぷりの泡で洗いましょう。

汚れを落とそうとすると、ごしごしと強い力を入れたくなりますが、力を入れすぎると摩擦による影響を受けた肌が乾燥したり、乾燥によってデリケートに傾きやすくなったりしてしまい、ニキビができてしまうことがあるそうです。

肌触りの心地よい、木綿のタオルなどを使って、やさしい力加減で洗うよう意識しましょう。

②ボディローションで保湿する

ベビーオイル クレンジング
入浴後は、ボディローションで保湿しましょう。

乾燥やかさつきが気になる場合には、クリームなどを使用しても構いませんが、ボディローションやクリームを選ぶときは、油分の少ないものを選んでみることもひとつの手です。

肩や背中は塗りにくかったり、ついつい面倒になってしまいがちですから、毎日続けてお手入れするためにも、シュッと吹きかけるスプレータイプのものが便利でおすすめです。

③日焼け対策をする

日焼け
肩に過度な紫外線を浴びすぎないように、1年中日焼け対策を行いましょう。

特に夏は、肩の露出が増えるシーズン。

日焼け止めや、ストールなどを用いて、肩を守ると良いでしょう。

スプレータイプやジェルタイプの日焼け止めを選べば、べたつきが気になりにくく、塗り直しがしやすいのでおすすめです。

2-2.意識すべき生活習慣のポイント

ここでは、肩ニキビが気になる方が意識すべき生活習慣のポイントをご紹介します。

普段のお手入れと合わせて、生活に取り入れてみましょう。

①寝る前に温かい湯船に浸かる

お風呂 マッサージ
血行を良くするために、お風呂はシャワーで済ませず、しっかりと湯船に入って体の芯から温めましょう。

お風呂の温度は、ぬるめの温度が理想的だといわれています。

気持ちよく体が温まるまで湯船に浸かりましょう。

寝る前に入浴を済ませておくと、心地よく就寝時間を迎えやすくなるそうです。

②十分な睡眠をとる

こめかみ ニキビ 対策
ホルモンバランスを乱さないためにも、十分な睡眠をとりましょう。

最低でも6時間以上の睡眠をとるように、心がけてみてください。

また、睡眠は量だけでなく、質も大事です。

寝具は、自分の体に合ったものを選ぶようにしましょう。リラックスグッズの使用は、ぐっすりと眠りやすくしてくれるだけでなく、ストレスの解消にもなるのでおすすめです。

③バランスの良い食事をする

加齢臭 どんな臭い 食事
肩にもできてしまうニキビ対策としてだけではなく、すこやかな肌や体を保つためにはバランスの良い食事をすることが大切です。

たくさんの食材が摂れ、栄養バランスの良いものが多い、和食中心の食事がおすすめです。

皮脂量を増やす恐れのある、「油分」や「糖分」、「香辛料」の摂りすぎには、十分注意しましょう。

不足しがちなビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6などは意識的に摂り入れられるようにしてみてください。

≪ビタミンを多く含む食材の一例≫■ビタミンA(β-カロテン)
モロヘイヤ、ブロッコリー、にんじんなど
■ビタミンC
キウイフルーツ、いちご、柿など
■ビタミンE
うなぎ、かぼちゃ、アーモンドなど
■ビタミンB2
豚・牛レバー、納豆、牛乳など
■ビタミンB6
鶏ささみ、カツオ、マグロなど

3.まとめ

オールインワン化粧品 人気
今回は、肩にもできるニキビの原因と対策方法をご紹介しました。

肩など自分ではあまり見えない部分も、他人からは意外と見られているかもしれません。

今回の内容を参考に、つるつるすべすべの肩を目指してみませんか?

いきなりすべてのお手入れを取り入れるのが難しい方も、自分ができることからひとつひとつ始めてみてくださいね!

※この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。