メニューを開く

美白化粧品ランキングおすすめ10選!ボディ&UV対策も

美白「今年こそ美白を意識したスキンケアをする!と思ったのに、結局今まで通りのスキンケアしかできなかった…」

そんなお悩みは、そろそろ終わりにしませんか?

シミやソバカスといった肌悩みのない、明るくなめらかな肌…そんな肌、想像するだけで憧れちゃいますよね♡

そこで今回は、みなさまの“美白”に関する疑問にお応えするべく、肌らぶ編集部が“美白”についてご紹介します!

気になる美白化粧品のおすすめランキングや、美白化粧品の選び方、そして生活習慣まで、“美白”について幅広くお伝えしたいと思います。

美白のことをもっと知りたい!という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1.美白※化粧品の選び方

美白 化粧品 選び方美白を意識したお手入れを考えるとき、美白※化粧品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、美白※化粧品には種類がたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ってしまうときもありますよね。

まずは、美白※化粧品の選び方からご紹介していきます。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

美白※化粧品の選び方①成分で選ぶ

どの美白※化粧品を買えばいいか悩んだときは、“美白有用成分”が入っているかどうかという点に着目してみるのはいかがでしょうか。

「ホワイト~」「~白」のような名前を使っていたり、パッケージの印象が美白を連想させるような化粧品でも、実は美白有用成分が入っていないというものもあります。

美白有用成分が配合されているかどうかは、商品パッケージやホームページで確認することができますよ。

ちなみに、美白※化粧品は本来の肌よりも色を白くしてくれるものではありません。

でも、「なんだ、美白※化粧品を使えばすぐに白くなる、というわけじゃないんだ…」とがっかりして、お手入れを諦めてしまうのはもったいないです。

美白を意識したときから自分のお気に入りの美白※化粧品やお手入れアイテムを知っておくことで、数年後に日焼けによる肌悩みを持つかどうかが変わるかもしれません。

自分の肌をずっと好きでいられるように、今からしっかりお手入れしていきましょう!

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

■美白有用成分の種類

美白 種類美白有用成分には、医薬部外品として認められているものがあります。

主な美白有用成分には、次のようなものがあります。

・ビタミンC誘導体(表示名:アスコルビン酸など)
・アルブチン(表示名:ハイドロキノンβ-D-グルコシド)
・コウジ酸
・アグノリグナン(表示名:5,5’-ジプロピル-ビフェニル-2,2’-ジオール)
・ルノシール(表示名:4-n-ブチルレゾルシノール)
・カモミラET(表示名:カミツレエキス)
・エナジーシグナルAMP(表示名:アデノシン―リン酸ニナトリウムOT)
・リノール酸S(表示名:リノール酸)
・エラグ酸
・4MSK(表示名;4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
・m-トラネキサム酸(表示名:トラネキサム酸)

すべての美白※化粧品に、これらの成分が入っているわけではありませんが、迷ったらこの美白有用成分の有無を、判断基準のひとつにしてみてもいいでしょう。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

美白※化粧品の選び方③続けられるものを選ぶ

美白※化粧品は、シミが気になりだしたときや、紫外線が気になる夏にだけ使えばいいというものではなく、1年を通して使い続けることが大切です。

そのため、続けられる美白※化粧品であるということを意識して選ぶようにしてください。

【続けられる美白※化粧品を見分けるポイント】
・テクスチャーや香りなど、自分が毎日つけて心地よいと思えるか
・自分の予算に合った価格帯であるか
・自分の肌と相性がいいと感じられるか(肌悩みが出ないか)

また、化粧品はラインで使った方がそれぞれの良さを引き出しやすいと言われていますが、ラインで揃えるのは価格的にも難しい・・・という場合は、美容液から取り入れてみてはいかがでしょうか。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

2.美白※化粧品ランキング

美白 ランキングではお待ちかねの、美白※化粧品のランキングをご紹介いたします!
今回は、美白※化粧水・美白※美容液・美白※クリーム(乳液)をラインで使えるアイテムをご紹介していきます。

【ランキング基準】
・化粧水、美容液、クリーム(乳液)がラインで揃っている
・ラインの中のアイテムに、先に紹介した美白有用成分が配合されている

この2つを満たした商品で、3アイテムの1gあたりの合計金額の安い順にランキングにしました。
なお、今回は医薬部外品のアイテムからピックアップしています。

※オープン価格のものは、市場価格を参考にして算出
※該当するアイテムが複数種類ある場合は、スタンダードかつ容量が少ないアイテムの価格で算出(トライアルサイズを除く)
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

ラインで使える!美白※化粧品 おすすめランキングTOP10

ではさっそく、美白※化粧品のおすすめランキングを、シリーズ単位でご紹介します。

トライアルセットがラインナップとしてあるアイテムもありますので、気になるアイテムがあった方は、まずはトライアルセットで試してみてくださいね。

また、トライアルセットがないアイテムが気になる、いきなりラインで全部そろえるのはちょっと・・・という方は、美容液から取り入れてみてはいかがでしょうか。
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

1位 薬用 雪肌精シリーズ【医薬部外品】

雪肌精 デイエッセンス※画像はデイ エッセンス(美白※美容液)

販売会社株式会社コーセー
容量 / 販売価格:
・薬用 雪肌精 デイ エッセンス(美白※美容液)SPF25/PA+ 【医薬部外品】 50ml / 5,000円(税抜)
・薬用 雪肌精(薬用化粧水)【医薬部外品】 200ml / 5,000円(税抜)
・薬用 雪肌精 乳液【医薬部外品】 140ml / 5,000円(税抜)

和漢植物に着目した薬用美白※化粧品です。美白有用成分L-アスコルビン酸 2-グルコシドを配合しています(化粧水を除く)。名前からも美白※への想いが感じられるアイテムですね。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

2位 ALBION(アルビオン)エクサージュホワイトシリーズ【医薬部外品】

アルビオン ホワイトジェネレート※画像はホワイト ジェネレート(美白※美容液)

販売会社:株式会社アルビオン
容量 / 販売価格:
・エクサージュホワイト ホワイト ジェネレート(美白※美容液)【医薬部外品】 40ml / 5,000円(税抜)
・エクサージュホワイト ホワイトアップローションⅠ/ Ⅱ(薬用美白※化粧水)【医薬部外品】 110ml / 3,000円(税抜)
・エクサージュホワイト ピュアホワイト ミルク Ⅰ/ Ⅱ / Ⅲ(美白※乳液)【医薬部外品】 110g / 3,000円(税抜)

美白有用成分であるL-アスコルビン酸2-グルコシド(化粧水、乳液)や、トラネキサム酸(美容液)を配合した美白※化粧品です。アルビオンは洗顔後に乳液を使うのが特徴で、乳液で肌をなめらかに整えてから、化粧水や美容液でのお手入れをおすすめしています。
※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

3位 DECORTÉ(コスメデコルテ)フィトチューン 美白※ケアシリーズ【医薬部外品】

フィトチューン ホワイト パーフェクション(美白※美容液)※画像はホワイト パーフェクション(美白※美容液)

販売会社:株式会社コーセー
容量 / 販売価格:
・フィトチューン ホワイト パーフェクション(美白※美容液)【医薬部外品】 40ml / 6,000円(税抜)
・フィトチューン ホワイトニング チューナー(美白※化粧水)【医薬部外品】 200ml / 5,000円(税抜)
・フィトチューン ホワイトニング ソフナー(美白※乳液)【医薬部外品】 200ml / 5,000円(税抜)

ビタミンやミネラルを豊富に含むハイビスカスの花など、植物のエキスに着目したアイテム。美白有用成分のL-アスコルビン酸 2-グルコシド(美容液、乳液)やトラネキサム酸(化粧水)を配合しています。丸みのあるパッケージも柔らかくて魅力的ですね。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

4位 TRANSINO(トランシーノ)薬用ホワイトニングシリーズ【医薬部外品】

トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX(美白※美容液)【医薬部外品】※画像はトランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX(美白※美容液)
販売会社:第一三共ヘルスケア株式会社
容量 / 販売価格:
・トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX(美白※美容液)【医薬部外品】 30g / 4,500円(税抜)
・トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション(美白※化粧水)【医薬部外品】 175ml / 3,600円(税抜)
・トランシーノ薬用ホワイトニングクリアミルク(美白※乳液)【医薬部外品】 120ml / 3,600円(税抜)

日焼けによるシミのお手入れに関する研究から生まれた、肌のことを考えて作られた薬用ホワイトニングシリーズ。美白有用成分トラネキサム酸(3商品共通)を配合していています。
無香料、無着色。

★上記の3アイテムに加え、薬用ホワイトニングリペアクリームを合わせた4つのアイテムが試せるトライアルセットもあります。

■トランシーノ薬用ホワイトニングシリーズトライアルセット
<セット内容>
トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション【医薬部外品】 1.5ml×4包
トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンスEX【医薬部外品】 0.5g×4包
トランシーノ薬用ホワイトニングクリアミルク【医薬部外品】 1.0ml×4包
トランシーノ薬用ホワイトニングリペアクリーム【医薬部外品】 0.5g×2包

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

5位 FANCL(ファンケル)無添加ホワイトニングシリーズ【医薬部外品】

FANCL(ファンケル)無添加ホワイトニングシリーズ【医薬部外品】※画像はホワイトニング エッセンス(薬用美白※美容液)
販売会社:株式会社ファンケル
容量 / 販売価格:
・ホワイトニング エッセンス(薬用美白※美容液)【医薬部外品】 18ml / 3,000円(税抜)
・ホワイトニング 化粧液 I/Ⅱ(薬用美白※化粧液)【医薬部外品】 30ml / 1,700円(税抜)
・ホワイトニング 乳液(薬用美白※乳液)【医薬部外品】 30ml / 1,700円(税抜)

「無添加スキンケア」を展開するファンケルが美白※に着目したホワイトニングシリーズ。“シミのはじまり”の予防にこだわりがあります。美白有用成分のビタミンC・2-グルコシド(3商品共通)が配合されています。

★上記のうち、化粧水と乳液(それぞれしっとり)が試せるトライアルセットもあります。

■無添加ホワイトニング 美白※1ヵ月実感キット
【セット内容】(約1ヵ月分)
ホワイトニング 化粧液 II しっとり【医薬部外品】 30ml(約1ヵ月分)×1本
ホワイトニング 乳液 II しっとり【医薬部外品】 30ml(約1ヵ月分)×1本
マイルドクレンジングオイル 20ml×1本
洗顔パウダー 1回分×10包
濃密もっちり泡立てネット 1個
オリジナルポーチ 1個(サイズ:高さ 約15cm×幅 約21.5cm)

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

6位 HAKU(ハク)シリーズ【医薬部外品】

HAKU メラノフォーカス3D(美白※美容液)【医薬部外品】※画像はメラノフォーカス3D(美白※美容液)

販売会社:資生堂ジャパン株式会社
容量 / 販売価格:
・HAKU メラノフォーカス3D(美白※美容液)【医薬部外品】 30g / 7,000円(税抜)
・HAKU アクティブメラノリリーサー(美白※化粧水)【医薬部外品】 120ml / 4,500円(税抜)
・HAKU インナーメラノディフェンサー(美白※乳液)【医薬部外品】 120ml / 5,000円(税抜)

資生堂が実用化に13年かけた美白有用成分4MSK(3商品共通)や、美白有用成分トラネキサム酸(美容液のみ)を配合した美白※化粧品です。常にシミ予防研究を行い、改良をつづけているアイテムです。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

7位 DECENCIA(ディセンシア)サエルシリーズ【医薬部外品】

サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト(薬用美白※エッセンス)【医薬部外品】※画像はサエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト(薬用美白※エッセンス)

販売会社:株式会社decencia
容量 / 販売価格:
・サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト(薬用美白※エッセンス)【医薬部外品】 30ml / 6,500円(税抜)
・サエル ホワイトニング ローション クリアリスト(薬用美白※化粧液)【医薬部外品】 125ml / 4,500円(税抜)
・サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト(薬用美白※クリーム)【医薬部外品】 30g / 5,000円(税抜)
※すべて通常価格

敏感になりがちな肌をコンセプトにしたブランドとして、多くの化粧品を販売するディセンシアの美白シリーズ。アスコルビン酸(化粧水、クリーム)やアルブチン(美容液)(ともに美白有用成分)を配合しています。

★上記の3アイテムに加え、ホワイト CCクリーム クリアリストも合わせて試せるトライアルセットもあります。

■サエル トライアルセット
【セット内容】
・ホワイトニング ローション クリアリスト【医薬部外品】 14ml
・ホワイトニング エッセンス クリアリスト【医薬部外品】 8ml
・ホワイトニング クリーム クリアリスト 【医薬部外品】9g
・ホワイト CCクリーム クリアリスト 1回分

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

8位 ASTALIFT(アスタリフト) ホワイトシリーズ【医薬部外品】

アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト(美白※美容液)【医薬部外品】※画像はアスタリフト ホワイト エッセンス インフェルト(美白※美容液)

販売会社:株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー
容量 / 販売価格:
・アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト(美白※美容液)【医薬部外品】 30ml / 7,000円(税抜)
・アスタリフト ホワイト ローション(美白※化粧水)【医薬部外品】 150ml / 3,800円(税抜)
・アスタリフト ホワイト クリーム(美白※クリーム)【医薬部外品】 30g / 5,000円(税抜)
※すべて通常価格

ナノテクノロジーを駆使して化粧品を展開しているアスタリフト。アルブチン(化粧水、クリーム)やビタミンC誘導体(美容液)(ともに美白有用成分)のほか、アスタキサンチンなどの保湿成分を配合し、肌にうるおいと、なめらかさを与えてくれます。

★上記の3アイテムに加え、アスタリフトのジェリー アクアリスタ(先行美容液)も合わせて試せるトライアルセットもあります。

■アスタリフト ホワイト 美白※トライアルキット
【セット内容】
アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト(美白※美容液)【医薬部外品】 5ml×1本
アスタリフト ホワイトローション(美白※化粧水)【医薬部外品】20ml×1本
アスタリフト ホワイトクリーム(美白※クリーム)【医薬部外品】5g×1個
アスタリフト ジェリー アクアリスタ<ジェリー状“先行”美容液>0.5g×10包

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

9位 資生堂 ホワイトルーセントシリーズ【医薬部外品】

マイクロブライトニング スポッツコレクター(薬用美白※美容液)【医薬部外品】 ※画像はマイクロブライトニング スポッツコレクター(薬用美白※美容液)

販売会社:資生堂ジャパン株式会社
容量 / 販売価格:
・マイクロブライトニング スポッツコレクター(薬用美白※美容液)【医薬部外品】 30ml / 11,000円(税抜)
・ルミナイジングインフューザー(薬用美白※化粧水)【医薬部外品】 150ml / 5,500円(税抜)
・ルミナイジング サージ(薬用美白※乳液)【医薬部外品】 75ml / 6,500円(税抜)

肌の“今と未来”を考え、「シミができる肌特有の状態」に着目した資生堂の美白※スキンケアシリーズ。トラネキサム酸(化粧水、美容液)や4MSK(乳液、美容液)(ともに美白有用成分)を配合しています。
※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

10位 CHANEL(シャネル)ル ブランシリーズ【医薬部外品】

ル ブラン セラム TX(薬用ホワイトニング美容液)【医薬部外品】※画像はル ブラン セラム TX(薬用ホワイトニング美容液)

販売会社:シャネル株式会社
容量 / 販売価格:
・ル ブラン セラム TX(薬用ホワイトニング美容液)【医薬部外品】 30ml / 15,500円(税抜)
・ル ブラン ローション(薬用化粧水)【医薬部外品】 150ml / 6,800円(税抜)
・ル ブラン クリームTX(薬用ホワイトニングクリーム)【医薬部外品】 50ml / 13,000円(税抜)
※すべて参考価格

シャネルの美白※化粧品「ル ブラン」はフランス語で白を意味しています。独自製法のトラネキサム酸(美白有用成分)を配合したアイテムです(化粧水を除く)。自分へのご褒美としてもぴったりなアイテムですね。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

【番外編】美白※ボディアイテム 5選

顔だけではなく、体も美白※を意識したいという方のために、番外編としておすすめの美白※ボディケアアイテムをご紹介します。

ミルクタイプとミストタイプがあるので、好きな使い心地で選んでみてくださいね。

これで体も一緒にお手入れしちゃいましょう!
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

■プチプラ!:NIVEA(ニベア)リフレッシュプラス ホワイトニングボディミルク【医薬部外品】

NIVEA(ニベア)リフレッシュプラス ホワイトニングボディミルク【医薬部外品】販売会社:花王株式会社
販売価格:オープン価格
容量:150ml

オリーブオイル(保湿成分)配合で、肌にうるおいを与えてくれます。美白有用成分のL-アスコルビン酸 2-グルコシドが配合されています。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

■ヘアケアと合わせて!:SALA(サラ) ホワイトニングボディミルクN(サラの香り)【医薬部外品】

SALA(サラ) ホワイトニングボディミルクN(サラの香り)【医薬部外品】販売会社:株式会社カネボウ化粧品
販売価格:1,000円(税抜)
容量 :150ml

ヘアケアアイテムを多く展開するSALAのボディミルクで、SALA定番の清楚なフローラルの香りが特徴。美白有用成分L-アスコルビン酸 2-グルコシドが配合されています。
※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

■エイジングケア※1も!:FANCL(ファンケル)ボディミルク 美白※&エイジングケア【医薬部外品】

FANCL(ファンケル)ボディミルク 美白※&エイジングケア【医薬部外品】販売会社:株式会社ファンケル
販売価格: 1,200円(税抜)
容量 :150g

エイジングケア※1と美白※2を意識した、肌にハリを与えるボディミルクです。トラネキサム酸(美白有用成分)が配合されています。

※1エイジングケア:年齢に応じた、うるおいのお手入れのこと
※2美白:メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

■ニキビ対策にも!:DHC(ディーエイチシー)薬用アクネホワイトニング ボディミスト【医薬部外品】

DHC(ディーエイチシー)薬用アクネホワイトニング ボディミスト【医薬部外品】販売会社:株式会社ディーエイチシー
販売価格:2,000円(税抜)※通常価格
容量 :200ml

ミストタイプなので、シュッと吹きかけて使用できます。ビタミンC誘導体(美白有用成分)を配合。ニキビ対策も同時にしたい方におすすめのアイテムです。

■ちょっとリッチに!:ALBION(アルビオン)ジュイール ホワイトニング ボディミルク【医薬部外品】

ALBION(アルビオン)ジュイール ホワイトニング ボディミルク【医薬部外品】販売会社:株式会社アルビオン
販売価格: 6,000円(税抜)
容量 :300g

みずみずしいテクスチャーのボディミルクです。L-アスコルビン酸2-グルコシド(美白有用成分)が配合されています。

3.美白※化粧品の使い方

美白 化粧品 使い方お気に入りの美白※化粧品が見つかったら、毎日のスキンケアに取り入れていきましょう。
美白※化粧品は、一般的には特別な使い方をする必要はないとされています。

・使う頻度
・塗る範囲

この2つを意識して取り入れていきましょう。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

美白※化粧品を使用する頻度

美白※化粧品は、1章の選び方でもご紹介したように、毎日使い続けることが大切です。

繰り返しとなりますが、美白※化粧品は、塗れば本来の色よりも肌が白くなるというものではありません。

美白※化粧品に配合されている美白有用成分などがメラニンの生成を抑えるなどして、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐというものです。

日焼け止めを毎日塗るような感覚で、日々のお手入れに加えましょう。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

美白※化粧品を塗る範囲

ついついシミが気になるところだけに、美白※化粧品を塗りこみたくなる気持ちはわかりますが、いくらたくさん塗っても、美白※化粧品では今あるシミを消すことはできません。

部分的に使用することを推奨しているアイテム以外は、しっかり顔または体全体に塗るようにしましょう。

適量を手のひらに取ったら、まずは頬を包み込むようにして塗り、そのあと、額や目元、口元などに広げていきましょう。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

■頬

美白 化粧品 塗り方

■額などの細かいパーツ

美白 化粧品 塗り方
ぐりぐりと指の腹ですりこんだり、手のひらで叩き込んだりしないようにしてください。

特に、紫外線を浴びたあとの肌や、シミのある部分はデリケートな状態になっていることが多いので、肌に摩擦などによる負担を与えないように注意しましょう。

なお、アイテムによっては、コットンの使用をおすすめしているものなどもあるので、使用するアイテムの説明に従ってお手入れをしてください。

体に塗るときは、くるくるとなじませるようにして、体全体に塗るようにしてくださいね。

塗る量が少ないと、化粧品の良さを実感しにくくなってしまうので、顔も体も適量を使うようにしましょう。

4.食べ物から美白を意識しよう

美白 食べ物せっかくなら、外からだけではなく、体の中からもすこやかな肌をサポートし、美白を意識してみませんか?

食べ物で必要な栄養素をしっかりとることは、肌のキメを整えたり、肌をすこやかに保つために大切なことです。

肌のキメが整っていたり、すこやかな状態であることは、日々のスキンケアとして使用する美白※化粧品の成分がなじみやすくなるなど、いい影響を与えてくれるはずですよ。

これからご紹介するのは、すこやかな肌のために必要だけれど、偏った食事を続けると不足しがちな栄養素です。

ぜひ毎日の食事に取り入れられるよう、意識してみてくださいね。
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

ビタミンC

美白 食べ物ビタミンCは体内に蓄積しておくことができません。
3食の中でバランスよく摂取するのがいいでしょう。

■おすすめのビタミンCを含む食べ物

パプリカ(赤・黄)/ ブロッコリー / 豆苗 / 菜の花 / ピーマン / ゴーヤ / ルッコラ / かぶの葉 / キウイ / いちご / 甘柿  ・・・など

肌らぶ編集部コメント

特に、パプリカ(赤・黄)、ブロッコリー、菜の花は100gあたりの含有量が多いので、定期的に食べたい食材と言えそうです!
パプリカとブロッコリーで、バーニャカウダなんていかがでしょうか?

②ビタミンA(βカロチン)

ビタミンA(βカロチン)は、体内で蓄積される栄養素です。
過剰摂取には気をつけましょう。

なお、βカロチンは野菜の中に含まれていて、体内でビタミンAに変化するので、野菜はβカロチンの含有量に着目してみてください。

■おすすめのビタミンAを含む食べ物

鶏レバー / うなぎ / にんじん / 豆苗 / ほうれんそう / ルッコラ / 菜の花 / モロヘイヤ / ブロッコリー / かぶの葉 / プルーン ・・・など

肌らぶ編集部コメント

特に鶏レバーは100gあたりのビタミンAの含有量が圧倒的に多い食品です。
ニラにもビタミンAが含まれているので、レバニラ炒めはビタミンAを摂るにはもってこいの一皿と言えますね。

豆苗、ルッコラ、ブロッコリー、かぶの葉、菜の花はビタミンCとAともに含有量が豊富ですので、ぜひ日常的に摂取しましょう!

③ビタミンE

美白 食べ物ビタミンEはビタミンCと相互に助け合うとされているので、一緒に摂取することがおすすめです。

■おすすめのビタミンAを含む食べ物

ナッツ類(ヘーゼルナッツ、アーモンド) / アボカド / モロヘイヤ / すじこ /たらこ / 明太子 / なたね油 / とうもろこし油 ・・・など

肌らぶ編集部コメント

脂溶性のビタミンということで、ナッツやアボカド、すじこなど、ビタミンCやAと比べると、こってりしたものが多い印象ですね!

ビタミンCと合わせて摂りたいので、パプリカとアボカドにナッツを加えたサラダなどはいかがでしょうか。

5.美白を意識した生活習慣

美白を意識するならば、UV対策角質のお手入れを心がけることも欠かせません。

美白※化粧品だけに頼るのではなく、さまざまな面から美白を意識して、自分の肌に自信がもてるようにお手入れしていきましょう。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

①UV対策

美白 生活習慣

どんなに美白※化粧品をつけても、食材に気を使っても、日常のUV対策がおろそかであれば、自分の思い描く肌からは遠ざかってしまうでしょう。

・日焼け止めを塗る
・日傘をさす
・サングラスをかける

などの対策をして、しっかりとUV対策をしましょう。

また、紫外線は夏や晴れているときだけではなく、1年中、たとえ雨の日でも降り注いでいます。

「今日は寒いし雨が降っているから、日焼け止めは塗らなくていいか」というように、その日その日で対策をしたりしなかったりするのではなく、1年中意識するようにしてください。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

日傘の色は何色がいいのか

UV対策に欠かせない日傘ですが、日傘は黒色のものを選ぶのがおすすめとされています。

黒色は紫外線を吸収するといわれているので、他の色の日傘よりも、紫外線から肌を守ってくれると考えられています。

また、目からも紫外線を吸収するといわれているので、サングラスは美白を意識する際には必要なアイテムです。

「なんだかサングラスをするのは恥ずかしい…」と思う方もいるかもしれませんが、ぜひ日常的に使用してみてくださいね。

ちなみに、スキーやスノーボードを楽しむ方は、UVカット機能のついているゴーグルやサングラスをつけたり、しっかりと日焼け止めを塗ってからウィンタースポーツを楽しむことをおすすめします。

紫外線は地上から降り注ぐものだけでなく、地表や空気中のほこりなどに反射して肌にあたっています。
そのなかでも、新雪は紫外線の80%を反射しているといわれています。

「雪焼けした」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、雪の反射によって肌は紫外線の影響を受けるので、冬場も意識したお手入れをするようにしましょう。

★美白※化粧品と合わせて使いたい!ラインで使えるUV対策おすすめアイテム2選★
美白を意識したスキンケアをする際には、UV対策アイテムも、美白※化粧品と同じで毎日使うことがとても大切です。

今回は、2章でご紹介した美白※化粧品のシリーズから、おすすめの日中UV対策アイテム(医薬部外品)を2つご紹介します。

美白※化粧品と合わせて使ってみてはいかがでしょうか。

※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

TRANSINO(トランシーノ)薬用ホワイトニングデイプロテクター(美白※日中用乳液)SPF35・PA+++ 【医薬部外品】

TRANSINO(トランシーノ)薬用ホワイトニングデイプロテクター(美白※日中用乳液)SPF35・PA+++ 【医薬部外品】販売会社:第一三共ヘルスケア株式会社
販売価格:3,300円(税抜)
容量 :40ml

1本で美白※・乳液・日焼け止め・化粧下地の4つの役割を持つ日中用乳液です。美白有用成分のトラネキサム酸を配合しています。
紫外線吸収剤フリー、ノンケミカル処方。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロール ベース UV(薬用美白※化粧下地)SPF35・PA+++ 【医薬部外品】

資生堂 ホワイトルーセント ブライトニング スポットコントロール ベース UV(薬用美白※化粧下地)SPF35・PA+++ 【医薬部外品】販売会社:資生堂ジャパン株式会社
販売価格:4,300円(税抜)
容量 :32g

美白有用成分のm-トラネキサム酸を配合した化粧下地です。自分のなりたい肌のイメージに合わせて、3色のカラーバリエーションから選ぶことができます。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

★炎天下のスポーツもアウトドアも!SPF50以上のUV対策おすすめアイテム3選★

次に、スポーツやアウトドアなど炎天下で紫外線を長時間浴びる可能性がある際に選びたいUV対策アイテムを3つご紹介します。

ANESSA(アネッサ)薬用美白※エッセンスフェイシャルUV(顔用UV)SPF50+・PA++++ 【医薬部外品】

ANESSA(アネッサ)薬用美白※エッセンスフェイシャルUV(顔用UV)SPF50+・PA++++ 【医薬部外品】販売会社:資生堂ジャパン株式会社
販売価格:2,400円(税抜)
容量 :40g

m-トラネキサム酸(美白有用成分)を配合した顔用UV対策アイテム。化粧下地の役割も果たし、化粧のもちをよくしてくれます。石けんで落とせるのも魅力のひとつです。

※メラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

Curél(キュレル)UVローション SPF50+ (PA+++) 【医薬部外品】

Curél(キュレル)UVローション SPF50+ (PA+++) 【医薬部外品】販売会社:花王株式会社
販売価格:オープン価格
容量 :60ml

肌にうるおいを与えるセラミド(保湿成分)を補いながら、日焼け対策もできる顔・からだ用のアイテム。乾燥しがち・敏感になりがちな肌の方にも。

est(エスト)ホワイトUVプロテクター SPF50+・PA+++ 【医薬部外品】

est(エスト)ホワイトUVプロテクター SPF50+・PA+++ 【医薬部外品】販売会社:花王株式会社
販売価格:4,000円(税抜)
容量 :60ml

カモミラET(美白有用成分)配合をしている日焼け止めです。さらさらとしたテクスチャーの乳液タイプで伸びがよく、からだだけでなく顔にも使えます。

SPFとPAとは
美白 SPF PA日焼け止めを買う際に「SPF」と「PA」という文字を見たことがある方も多いと思います。

「数字が高い方が効果があるような気がする」となんとなく思う方もいると思いますが、改めてこの「SPF」と「PA」についてしっかりと理解しましょう。

■SPFとは

SPF PA イラストSPFとはSun Protection Factorの略称で、UV-B(中波長紫外線)を防止する役割を表しています。

具体的にいうと、肌が赤くなるまでの時間を何倍延ばすことができるか、ということです。

たとえば、もともと20分で日焼けしてしまう方がSPF35の日焼け止めを塗った場合、
20×35=700分、日焼け止めの役割が持続するという目安を示しています。

なお、UV-Bは主に肌の表面(表皮)にダメージを与え、日焼けによるシミやそばかすの原因になるとされています。

■PAとは

PAとはProtection Grade of UV-Aの略で、UV-A(長波長紫外線)を防止する役割を持っていることを表しています。

SPFは肌が赤くなるまでの時間をどれだけ延ばせるかで、PAが黒くなるのをどれくらい防止してくれるか、の指標となるものと言えます。

PAのあとの「+」の数でレベルが分類されており、現在は「PA++++」が最も高い表示となっています。(2016年12月現在)

なお、UV-Aは、肌を黒くしたり、しわやたるみの原因になるとされており、波長が長く、雲やガラスなどを通り抜けるとされているものです。

UV対策アイテムを選ぶときは、自分の肌状態と照らし合わせながら、
・日常生活:SPF10~20、PA+~++
・海などで炎天下の下でスポーツなどを楽しむとき:SPF40~50、PA+++~++++

など、場面にあったアイテムを使うようにしてください。

また、どんな日焼け止めであっても、塗る量が少なければその商品の良さを発揮することができません。

メーカーが指定している量に従って適量を使うとともに、2~3時間おきには塗りなおすようにしてください。

美白 SPF PA首元やえりあし、デコルテといったところは、ついつい塗り忘れてしまいがちなパーツですので、塗り忘れに注意しましょう。

また、日焼け止めは洗い残して肌に残ったままだと、肌の乾燥を招くなど、肌悩みの原因になる可能性があります。

自分が使用する日焼け止めはクレンジングが必要なのか、お湯や洗顔料だけで落ちるのかなどしっかりと確認して、適切な方法で洗い落とすようにしてください。

シミ・ソバカスの種類
美白 シミ ソバカス 種類美白※化粧品は、日焼けによるシミ・ソバカスを防いでくれるものですが、具体的にシミ・ソバカスにはどんなタイプがあるのでしょうか。
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

■シミの種類

シミは、できる場所や大きさによって種類を見極めることができます。

【老人性色素班(日光性黒子)】

シミ 老人性色素斑紫外線や肌の老化によってメラニンが蓄積した結果できるシミで、多くの方を悩ませているシミだと言われています。頬骨の高いところにできやすく、丸い形で、薄茶色から徐々に黒くなっていくとされています。

もしすでに定着してしまっていて、お手入れを検討している場合は、レーザー治療もひとつの方法と言われています。

【雀卵斑(ソバカス)】

シミ 雀卵斑 そばかす薄い茶色の小さな点が頬から鼻にかけてできるシミで、遺伝的な要素が強いと言われています。

紫外線によって濃くなる可能性もあるとされていることから、UV対策を念入りにすることをおすすめします。

できてしまったソバカスをどうにかしたい、という場合は、医師に相談してみるのもひとつの手だと言えそうです。

【色素沈着】

シミ 色素沈着ニキビ跡や傷などがそのまま跡になってしまってできるシミで、顎のあたりに多くみられるようです。

このタイプのシミも、紫外線を浴びたり日焼けをすると残りやすくなると言われているので、UV対策はしっかりとすることをおすすめします。

【肝斑】

シミ 肝斑頬骨のあたりに左右対称に“ぼんやり”できるシミで、額や上唇、あごにできることもあると言われています。

紫外線のほか、ホルモンバランスの乱れが大きく関係していると考えられており、妊娠中や更年期のときにでることが多いようです。

シミにはいろんなタイプがありますが、できてしまうと美白※化粧品では消すことはできないので、事前にしっかり防ぐお手入れをすることが大切ですね。
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

②角質のお手入れ

古い角質を取り除くために角質のお手入れをすることで、肌のリズムを促し、すこやかな肌に整えることが期待できます。

具体的には、スクラブ洗顔料や酵素洗顔など、古い角質を洗い落としてくれる洗顔料を週1回程度行うのがいいでしょう。

敏感になりがちな肌の方、乾燥がとても気になる方などは使用しない方がいい場合もあるので、自分の肌状態に合わせて取り入れてみてください。

スクラブ洗顔料などで洗顔したあとは、保湿も忘れないでくださいね。

6.今すぐ美白にみせたいなら!メイクのコツ

美白 メイク コツ美白※化粧品をはじめとしたお手入れはもちろんだけれど、今すぐ色むらのない、なめらかな肌に見せたい!という方に、最後に日焼けによるシミ・ソバカスをカバーするメイクのコツをご紹介したいと思います。
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

コントロールカラーを使う

顔には日焼けによるシミやソバカスのほか、クマやニキビ跡など、様々な「色むら」がありますが、化粧下地に自分の悩みに応じたコントールカラーを取り入れることによって、肌を美しく見せることができます。

自分の肌悩みと照らし合わせながら、色むらをカバーし、なめらかな肌にみせるにはどのコントロールカラーが向いているかチェックしてみてください。

■イエロー系

イエロー系のコントロールカラーは、肌の乾燥によるくすみや色沈みをカバーしてくれます。
乾燥による肌のくすみが気になる方は、イエロー系を使えば肌の印象がぐっと変わるはずですよ。

■グリーン系

グリーン系は、ニキビ跡など肌の赤みをカバーしてくれます。
顔全体に使うというよりは、赤みが気になるところにだけ使って、赤みのない美しい肌を演出しましょう。

■オレンジ系

オレンジ系は、クマのような濃いくすみをカバーしてくれる色です。
肌のたるみによってできる影をカバーしたいときにもおすすめのカラーです。

■パープル系

パープル系は肌の黄みを抑えてくれるので、肌の色に透明感を演出してくれるカラーです。
肌に透明感があるように見せたいという方は、パープル系を試してみてくださいね。

コンシーラーを使う

美白 コンシーラーシミは基本的にはレーザー治療など、医療行為でしか除去することは難しいですが、コンシーラーを使えば目立たなくカバーすることは可能です。

■ポイント①肌に合った色のコンシーラーを選ぶ

コンシーラーは色選びがとても重要です。
肌の色よりも明るめの色を選んでしまうと、いくらコンシーラーを塗っても日焼けによるシミを目立たなくすることは難しいでしょう。

テスターを使ったり、美容部員の方に見てもらったりして、自分の肌に合う色のコンシーラーを見つけてください。

肌に合うといっても、肌の明るいところに合わせるのではなく、目立たなくしたい日焼けによるシミの、周りの肌の色と合うようにしてくださいね。

■ポイント②カバーする場所に合わせてテクスチャーを選ぶ

コンシーラーにもいくつか種類がありますが、肌悩みをカバーしたい部分に合わせてテクスチャーを選びましょう。

基本的には、よく動くところや皮脂が多いところはリキッドやクリームといった伸びが良く柔らかいテクスチャーのもの、頬などにある濃い色の日焼けによるシミやソバカスには、スティックやペンシルといった硬めのテクスチャーがおすすめです。

【伸びのよいリキッド・クリームタイプがおすすめ】

・目元(クマ)
・小鼻の赤み、くすみ
・口元
・広範囲のシミ、ソバカス、ニキビ跡
・ほうれい線

【硬めのスティック・ペンシルタイプがおすすめ】

・頬の濃いシミ、ソバカス、ニキビ跡(ピンポイントでカバーしたいもの)

■ポイント③コンシーラーはしっかり肌となじませる

コンシーラーをシミの上にのせて終わりにしてしまうと、そこだけ浮いてしまって、シミを目立たなくするつもりが、反対に目立ってしまうこともあります。

コンシーラーを塗ったら、指やスポンジでおさえて肌になじませましょう。

コントロールカラーとコンシーラーを塗る順番とは

基本的に化粧は液状のものから肌に塗っていく、ときれいに仕上がると言われています。

・リキッドファンデーションの場合
化粧下地→コントロールカラー→リキッドファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダー

・パウダーファンデーションの場合
化粧下地→コントロールカラー→コンシーラー→パウダーファンデーション

この順番で塗るのが一般的です。
※メーカーによっては異なる使い方を推奨している場合もあるので、確認してみてください。

7.美白についてまとめ

美白美白に関する情報を盛りだくさんでご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

「美白っていったいなんだろう」
「美白※化粧品ってどんなものなんだろう」
「美白は化粧品以外でも目指せるのかな」

そんな“美白”に関するいくつもの疑問が、今日少しでも解決したら、とてもうれしいです。

化粧品においての美白は、肌を白くすることではありません。
日焼けによるシミやソバカスを防ぐことです。

“美白”が意味するものを正しく理解して、美白※化粧品を賢く使ってください。

誰もが羨む色むらのない、なめらかな肌を夢みて、毎日のお手入れを続けてくださいね。
※日焼けによるシミ、ソバカスを防ぐこと

この記事は2016年12月23日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る