メニューを開く
アスタリフト;
提供:健康コーポレーション株式会社

若いのに目立つほうれい線!原因とセルフケア対策とは?

ほうれい線 若い
若いのにほうれい線が目立つと、実際の年齢よりも老けて見えてしまって嫌ですよね。

ほうれい線は、表情筋が衰えることで目立ってくるエイジングサインのひとつですが、実は10代~20代でも、遺伝や生活習慣の影響でほうれい線ができてしまうといわれています。

ここでは、10代~20代の若いうちにできてしまったほうれい線の原因と、ほうれい線をできにくくするための対策をご紹介します。




アテニア ドレスリフト

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

エステナードソニック
エステナードソニック

セルフマッサージのお助けアイテム!超音波型の美顔器です。
肌の水分量に合わせて超音波の振動数を調節できる「自動スキンセンサー」機能が働き、ソフトな肌あたりでやさしくマッサージできます。

専用の薬用ジェル(医薬部外品)には、美白*成分プラセンタエキス、保湿成分コラーゲン・ヒアルロン酸などを配合しています。

日焼けによるシミ・そばかすを防いでハリとうるおいを与えるので、年齢サインの気になる肌にもおすすめです。

お得な毎月お届けコースなら、初回限定980円(+税)でスタートすることができます!
*美白とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと

公式HPはこちら(オレンジ)

1.若いのにほうれい線ができてしまう原因

現代人の生活の中には、若くてもほうれい線ができてしまう原因となるものが多くあります。

10代~20代の若い肌にほうれい線ができてしまう主な原因を4つお伝えします。

★詳細な原因はこちらの記事でもご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

ほうれい線の原因①間違ったお手入れによる乾燥

woman-801711_640
うるおいが不足して肌が乾燥すると、肌のハリが失われやすくなり、一時的にたるむことでほうれい線ができるといわれています。

もともと、肌がうるおいを保つことが難しい乾燥肌の方もいますが、10代~20代の肌の乾燥の多くは、間違ったお手入れによるものです。

最近は、高校生など10代の頃からメイクを楽しむ方が多いですが、クレンジングや洗顔も含めて、正しいお手入れを行わないと肌は乾燥しやすくなってしまいます。

例えば、化粧水のみでお手入れを終わらせている場合や、ほんの少しの量だけパパッとつけてお手入れを終わらせている場合は、肌にとって十分な保湿ができていない可能性があります。

ほうれい線の原因②顔のむくみ

ほうれい線_エクササイズ03 顔のむくみも、10代~20代の若い肌にほうれい線をつくる原因となることがあります。

【むくみの原因の一例】
・水分、塩分、アルコールの取りすぎ
・猫背
・スマートフォン・パソコンを使用するときに前傾姿勢になる
・運動不足
・長時間同じ姿勢でいる(デスクワークなど)
・からだの冷え
・睡眠不足      など

顔がむくむと、からだの巡りが悪くなり、老廃物などが溜まりやすくなります。

その重みによって、若い肌にもほうれい線ができやすくなってしまうのです。

ほうれい線の原因③日常生活の癖による骨格の歪み

model-984216_640 日常生活の中で何気なく行っている癖も、骨格の歪みにつながって、10代~20代の若い肌にできるほうれい線の原因になることがあります。

骨格が歪むことでバランスが崩れ、左右でほうれい線の深さが変わり、片側だけ目立つほうれい線ができてしまう可能性があるのです。

【骨格が歪む原因の一例】
・片側で噛む
・頬杖をつく
・立つときに片足で重心をとっている
・いつも同じ側にバッグを持つ  など

ほうれい線の原因④遺伝による骨格のつくり

生まれつきの骨格や筋肉のつき方も、10代~20代の若い肌にできるほうれい線の原因となる場合があります。

■頬骨が高い人

ほうれい線_若い01
頬骨が高い人は、顔の凹凸がはっきりしている分、ほうれい線が目立ちやすくなります。

■丸顔の人

ほうれい線_若い02 丸顔で頬に肉がつきやすい人も、頬の脂肪が支えられず下がりやすくなって、ほうれい線ができやすくなります。

遺伝による骨格が原因の場合は、10代~20代の若い肌であってもほうれい線があらわれる可能性があるので、早い段階から予防をすることがとても大切です。

これからご紹介する予防対策を実践して、ほうれい線をできにくくしていきましょう。

2.若いうちにできるほうれい線3つの対策

10代~20代の若い肌にできるほうれい線は、日常生活を見直すことで対策していきましょう。

ほうれい線は、できるだけできないように予防することが大切なので、ここからご紹介する3つの方法をなるべく全て行うことをおすすめします。

必ずほうれい線ができないというのは難しいですが、毎日意識して、ほうれい線を目立ちにくくしていきましょう。

ほうれい線の対策①手入れ方法を見直す

若い肌にできるほうれい線を予防するためには、まず自分の行っているお手入れ方法を再度見直しましょう。意識するポイントは次の3つです。

①乾燥しないように肌をしっかり保湿する

乾燥 肌 入浴剤

肌のうるおいをキープするためには、「水分」と「油分」をバランスよく与えて保湿することがおすすめです。

基本の保湿のお手入れは、「化粧水」で水分を与えて、「乳液」や「クリーム」で油分を与え、うるおいを閉じ込めます。

うるおいに欠かせない水分・油分のどちらかが不足すると、肌が乾燥してしまうといわれています。

化粧水だけ、クリームだけといった単品アイテムだけのスキンケアをしている場合、保湿したつもりでも、実際にはうるおいが足りていないことが多いので避けましょう。

【肌らぶおすすめ】うるおう保湿化粧品3選
ここで、保湿成分が配合された、肌らぶ編集部おすすめの保湿化粧品をご紹介します。

アテニア ドレスリフト

アテニア販売元:株式会社アテニア
トライアルセット:初回限定1,389円(+税)
保湿成分:クインシードエキス、発酵コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、カミツレ花エキスなど

アテニアのドレスリフトラインは、「美しいドレスをまとったときのような、自信とよろこびに満ちた感覚」を目指したスキンケアシリーズです。
肌にしっとりとなじんで、ハリ・つやのあるうるおい肌へ。
ダマスクローズを基調にしたアロマの豊かな香りが、うっとり幸せな時間を演出します。
質の良いお手入れを毎日続けられるようにと設定されたお手頃価格も魅力的です。

公式HP

ETVOS モイスチャーライン

エトヴォス モイスチャーライン販売元:株式会社エトヴォス
トライアルセット:初回限定1,900円(+税)
保湿成分:ヒト型セラミド、リピジュア、ヒアルロン酸など

敏感になりやすい肌向けのスキンケアブランド『ETVOS(エトヴォス)』の、保湿スキンケアシリーズです。
水分と油分を補い保ち、肌のキメを整えます。若い女性にもうれしい、洗練されたおしゃれなパッケージが素敵ですね。

公式HP

ディセンシア つつむ

つつむトライアルセット
販売元:株式会社decencia
トライアルセット:初回限定1,371円(+税)
保湿成分:ヒト型セラミド、スクワラン、ワセリン、アミノ酸など

ポーラ・オルビスグループの通信販売限定ブランド『ディセンシア』のスキンケアシリーズです。
シリーズ名のごとく、まるで肌を「つつむ」ようにうるおし、乾燥を防ぎます。トライアルセットはたっぷり試せる約2週間分です。

公式HP

②使用量や使用方法を守る

拭き取り化粧水6

化粧品は、記載されている使用量や使用方法をしっかりと守りましょう。

化粧品には、各メーカーによって推奨されている使用量の目安や使用方法があります。

その製品の魅力を引き出すためにも、製品に記載された適量や使用方法を守りましょう。

③肌に摩擦を与えない

頭皮ケア オイル⑧

肌のお手入れをするときは、やさしく丁寧に行い、刺激を与えないようにしましょう。

化粧品を肌につけるときに力を入れすぎてしまうと、摩擦がおこり、肌の乾燥の原因となります。

化粧水や乳液をつけるときにコットンを使用する場合も、こするようにつけたり強すぎるパッティングをしたりしないように気をつけましょう。

ほうれい線の対策②血行をよくする

血行をよくすることで、若い肌にできるほうれい線の対策につながることもあります。血行をよくするためのポイントは次の3つです。

①定期的に軽い運動を行う

フラフープダイエット 効果運動不足は筋肉を衰えにつながりやすく、血行も悪くなるといわれています。
簡単なストレッチやウォーキングなどの軽い運動を日常生活に取り入れましょう。

また、顔全体の筋肉をトレーニングすることで顔のむくみも対策しやすくなります。

【肌らぶおすすめ】顔用トレーニングアイテム
顔全体の筋肉が気になる方は、トレーニングアイテムを使用することもおすすめです。

FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ)

PAO
販売元:株式会社MTG
価格:12,800円(+税)

表情筋をトレーニングすることで、ほうれい線やたるみ対策したい方におすすめの顔用トレーニングアイテムです。
中央部分を口に加えて左右に伸びたバランスウェイトを揺らすというシンプルな使い方も魅力的。
左右の重さは、レベルに合わせて負荷を調整することができます。

公式HP

②6時間以上の睡眠を心がける

睡眠 しっかりと睡眠がとれていると、からだの調子が整って、血行をよくすることが期待できます。

最低でも6時間以上の睡眠をとることをおすすめします。

③からだを温める

温活 男性に比べて筋肉量が少ない女性は、筋肉が衰えやすく、血行が悪くなり、からだが冷えやすいといわれています。

からだを温めて血行をよくすることは、冷え対策にもつながります。
毎日シャワーだけですませている人は、なるべく湯船につかるのがおすすめです。

また、コーヒーや緑茶は身体を冷やしてしまうといわれている飲み物なので、飲みすぎないように意識しましょう。
同時に、冷たい飲み物ではなく、できるだけ常温のものをとるように意識してみてください。

ほうれい線の対策③骨格が歪みにくいように意識する

骨格を整えることで、若い肌にできるほうれい線を予防することができるといわれています。骨格を歪みにくくするために意識するポイントは、次の2つです。

①姿勢を正しくする

ほうれい線_若い03
からだに負担のかかる姿勢を続けていると、骨格は歪みやすくなります。

立ち姿勢も座り姿勢も、肩の力を抜き、あごをひいて、下腹部に力を入れることを意識するようにしましょう。

②左右のバランスを意識してからだを使う

口元 しわ_姿勢

無意識のうちに行っている癖が、骨格を歪ませる原因になっていることがあります。

左右のバランスを意識して、からだを使うようにしましょう。

【気をつけること】
・左右均等に噛む
・片脚ではなく、両脚に重心をかける
・バッグを持つ手をこまめに持ちかえる   など

3.まとめ

10代 化粧水⑤ 10代から20代の若い肌にできてしまうほうれい線の原因は、老化によるものではありません。

日常生活を見直していくことで、ほうれい線のできにくい肌を目指しましょう。

※この記事は2017年1月4日時点(最終更新日)の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

ほうれい線 関連記事

ほうれい線をメイクで上手にカバーする方法!!

ほうれい線はできる前に対策をしよう!!4つの方法とは?

ほうれい線が気になる方に!今すぐできるエクササイズ方法とは?

ほうれい線は予防が大切!!おすすめ予防法とは??

ほうれい線を消したい方必見!ほうれい線におすすめの美容クリニックとは?

片方だけほうれい線が目立つ!ほうれい線が片方だけ深い原因と対策

アテニア ドレスリフト


Pocket
LINEで送る