メニューを開く
アスタリフト;
提供:健康コーポレーション株式会社

ほうれい線を徹底対策!意外な原因と効果的な対策法とは?

ほうれい線 原因

「なんだか最近、ほうれい線が目立つ…気になる…」「何でできてしまったんだろう…」と疑問に感じていませんか?

ほうれい線には種類があり、それぞれ原因とお手入れ方法が異なります。

そこで今回は、ほうれい線の原因と種類にあわせた徹底対策お手入れ方法をご紹介します。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

エステナードソニック
エステナードソニック
セルフマッサージのお助けアイテム!超音波型の美顔器です。

「自動スキンセンサー」機能が搭載されており、肌の水分量に合わせて超音波の振動数を調節し、ソフトな肌あたりでマッサージします。

専用の薬用ジェル(医薬部外品)には、美白成分プラセンタエキス、保湿成分コラーゲン・ヒアルロン酸などが配合されています。

日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、肌にツヤとハリを与えます。

乾燥や年齢サインが気になる方におすすめです。

初回限定980円(税抜)で、お得な毎月お届けコースに申し込むことができます。
※美白とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと


1.ほうれい線の原因

ほうれい線には、大きく分けて「浅いタイプ (表皮性)」と「深いタイプ (真皮性)」の2種類が存在します。

1-1.浅いほうれい線(表皮性のしわ)

ほうれい線浅いほうれい線は「肌表面の乾燥」と「むくみ」が主な原因といわれています。

なんと年齢には関係なく20代でもできます!しかし、日頃の保湿ケアを行う事で対策することができるのです。

もしも、浅いほうれい線をお手入れせずにそのまま放っておいてしまうと、肌の老化が進み、深いほうれい線ができてしまうことも考えられます。
浅いほうれい線が気になったら、すぐに対策をとることがとても大切です。

<浅いほうれい線の原因>

■肌表面の乾燥

ほうれい線01
浅いほうれい線ができる原因のひとつが肌の乾燥です。

紫外線や空気の乾燥の影響により、肌表面の水分が蒸散され、肌のキメが乱れやすくなり、肌の柔らかさが保てなくなることで浅いほうれい線ができます。

■むくみ

ほうれい線02
「むくみ」は、本来スムーズに流れるはずの老廃物が、冷えや塩分の取りすぎ等で顔に水分がたまってしまうことで起きるとされています。

老廃物や水分が顔にたまり、重力に負けて皮膚が下にたるんでしまい、口元と頰の境目が線となり、それがほうれい線となってしまうのです。

1-2.深いほうれい線(真皮性のしわ)

ほうれい線深いほうれい線ができる主な原因は、肌の内側にある「コラーゲン・エラスチン繊維の減少と劣化」や「筋肉の衰え」が主な原因と言われ、肌の老化現象のひとつです。

深いほうれい線をなかったことにするのは難しいとされていますが、日々お手入れをすることで、ある程度の対策は可能です。

<深いほうれい線の原因>

■コラーゲン・エラスチンの減少と劣化によるたるみ

ほうれい線03
ハリや弾力をキープする真皮層のコラーゲン・エラスチンは、加齢(紫外線によるダメージの蓄積や肌細胞の老化)によって全体量が減ってしまうといわれています。

コラーゲン・エラスチンの全体量が減ってしまうと、肌のハリや弾力を保つことができなくなり、皮膚にたるみがでてしまいます。

また、コラーゲンとエラスチンは加齢によって劣化することも原因といわれています。

コラーゲンとエラスチンが劣化するとピンと張っていたものが古いゴムのように弱くなり、重力によって皮膚がたるんでしまうという訳です。

■筋肉の衰えによるたるみ

たるみ33
肌は筋力によっても支えられていますが、歳を重ねていくうちに筋肉が衰え、重力に負けてしまい、それにより肌がたるんできてしまいます。

2.【種類別】ほうれい線を対策する方法

ほうれい線は、種類によってお手入れ方法が異なります。自分のほうれい線に合わせたお手入れを行っていきましょう。

2-1.「浅いほうれい線」を対策する2つの方法

浅いほうれい線は、肌にうるおいを与える「保湿ケア」と「むくみケア」が重要なポイントです。

■保湿ケア

保湿といっても様々な方法がありますが、肌表面の角質層に潤いと水分を与えてあげることが大切です。必要な水分の蒸発を防ぐためのケアとして、保湿成分を配合した化粧品を取り入れることが重要となります。

保湿成分の中でも「セラミド」・「コラーゲン」・「ヒアルロン酸」は肌の角質層に潤いを与えて逃がさないよう保持する成分なので、これらが配合されている化粧品を使用することがおすすめです。

【おすすめ保湿アイテム】

POLA サインズショット【医薬部外品】

POLA

POLA(ポーラ)独自のオリジナル複合保湿成分「サインズコアリキッド」が配合された、濃厚なクリーム状の部分用美容液です。

ほうれい線や目元などの気になる部分にピタッと密着して、柔軟なうるおいのベールをつくりながら角層のすみずみまで保湿成分などの美容成分を浸透させて、なめらかでふっくらした肌へ導きます。

ほうれい線が気になり始める20代後半~30代の方に特におすすめしたい逸品です。

現在POLA(ポーラ)公式サイトでは限定のキットも販売されているので、まずは手軽なキットなどで試してみてはいかがでしょうか?

⇒POLA公式HPはこちら

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

あすた

保湿の期待が高いとされている保湿成分「セラミド」がたっぷりと配合された≪保湿≫×≪年齢に応じたお手入れができるエイジングケア≫ダブルのお手入れができる美容液です。

みずみずしさと輝き感*を持続させる保湿成分が、角質層にたっぷりの水分を与え、なめらかに保ちます。(*うるおいによる)

現在アスタリフトでは通販限定でジェリーアクアリスタを含むトライアルセットが1,000円(税抜)で販売されています。

⇒アスタリフト公式HPはこちら

■むくみケア

ほうれい線の原因でもある口まわりの水分などによるむくみを解消させるには、血行をよくし、口まわりの筋力をつけていく【簡単!舌回しエクササイズ】がおすすめです。

毎日の習慣として簡単にできるエクササイズを取り入れましょう!顔の血行をよくし、むくみを解消し、ほうれい線の対策を行うことができます!

<舌回しエクササイズ>
ほうれい線_エクササイズ01

①口を閉じた状態で、舌を左回りに歯に沿うようにしてゆっくりと20回まわします。
②同じように、舌を右回りに歯を沿うようにしてゆっくりと20回まわします。
③これを1日3セット行いましょう。

2-2.「深いほうれい線」を対策する2つの方法

深いほうれい線にも筋力がつき、ほうれい線対策に期待ができます!

■コラーゲンの生成を促す

肌にハリや弾力を与えるためには、コラーゲンの生成を促すことが必要不可欠です。そのためには普段の食生活や睡眠などが大切になってきます。

また普段お手入れでは、肌の保湿をサポートしてくれる成分「レチノール」や「ビタミンC誘導体」が配合された化粧品を使用していきましょう。

【おすすめ保湿アイテム】

ドクターソワ モイスト リフト プリュスセラム

dokuta-sowa

肌のキメを整え、引き締め、肌のたるみ対策に期待ができる「レチノール」の他に、DMAE(ジメチルエタノールアミン)が配合された美容液です。

また、保湿成分(ヒアルロン酸・スクワラン等)も配合されているので、保湿対策することができます。保湿を行い、お肌をみずみずしくすることで、ほうれい線の対策にもつながります。

⇒ドクターソワ公式HPはこちら

エリクシール シュペリエル レチノバイタル アイマスク【医薬部外品】

エリクシール シュペリエル レチノバイタル アイマスク【医薬部外品】

乾燥やハリ、トーンの暗さなど気になる目元を集中的にお手入れする、レチノールをしみ込ませた薬用シート状アイマスクです。

目の下や目尻にぴったりフィットするので、効率的なお手入れが期待できます。

⇒資生堂公式HPはこちら

■筋力UPケア

衰えた筋力を強化させるには、口周りのエクササイズが有効です。ほうれい線対策には口周りの筋力を鍛えていきましょう。ここからも手軽にできる簡単エクササイズをご紹介します!

★より詳しく知りたいという方は、こちらの記事もご参照ください。

<ペットボトルエクササイズ>

ペットボトルをくわえた女性

① 不要な500mlサイズのペットボトルに少量の水を入れます。(100ml程度)
② ペットボトルを口にくわえて持ち上げ、10秒キープします。
③ これを3回繰り返して1セットとし、朝晩1セットずつ行います。

※あごに痛みがある方、歯の治療中などの方はお控えください。

■顔用トレーニングアイテムを使う

口周りの筋肉だけでなく、顔全体の表情筋を鍛え、全体的に筋力をつけて、たるみ対策をしたい場合には、専用のアイテムを使用することもおすすめです。

【おすすめトレーニングアイテム】

FACIAL FITNESS PAO(フェイシャルフィットネス パオ)
PAO

口でくわえて、左右についたウェイトを上下に揺らすことで、楽しく顔の筋トレができる人気の顔用トレーニングアイテムです。

ほうれい線の原因となる衰えた顔の筋肉を鍛えることができます。

また、ほうれい線だけではなく、表情筋を鍛えることもできるので、フェイスラインや頬骨の高さなどにも期待ができます。顔全体の筋力がつくことで、見た目の印象もスッキリするかもしれません!

⇒PAO公式HPはこちら

3.深いほうれい線を悪化させないための対策方法

深いほうれい線は、残念なことに1度できてしまうと完全になくすことは難しいとされています。

できてしまった深いほうれい線を悪化させないためにも、次に紹介する3つの対策を意識して行っていきましょう。

3-1.紫外線対策を行う

口元 しわ_紫外線対策
紫外線は肌を日焼けさせるだけでなく、最終的には肌のハリや弾力にダメージを与え、肌表面を乾燥させてしまいます。紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めは意識して年中欠かさずに使用するようにしましょう。

また、日焼け止めの数値(SPF/PA)は高ければ良いというわけではありません。

高いものほど、肌への負担がかかりやすい場合もありますので、自身のライフスタイルに合わせた日焼け止めを使用していきましょう。

日常生活であればSPF~30、PA++くらいでも問題ありません。夏場や屋外で活動する際は3時間おきに日焼け止めを塗り直す必要があります。

日焼け止めに関しての詳細はこちらの記事をご参照ください。

3-2.日中の乾燥対策を行う

オーガニック 化粧水
ほうれい線の悪化対策にかかせないのは乾燥に対するお手入れです。

できるだけ肌を乾燥させないためにも、朝晩だけでなく日中も意識的をして保湿を行っていきましょう。

日中の保湿ケアとしておすすめなのは、メイクの上からでも使用することができるスティック状の保湿美容液です。コンパクトなので持ち運びにも便利です。

乾燥している部分の保湿をピンポイントで行うことができるので、夕方になると乾燥してくる肌にも使用でき、ほうれい線対策を行うことができます。

【おすすめ保湿アイテム】
IPSA ザ・タイムリセットエッセンススティック
イプサ

ひと塗りで、乾燥でつっぱりがちな肌にもうるおいを与えてくれるスティック状の保湿美容液です。

肌をなめらかにしてくれるので、化粧直しのときにも便利。

⇒IPSA公式HPはこちら

3-3.身体を冷やさないようにする

下半身 冷え
「冷えは万病の元」といわれるように、身体が冷えると顔を含めた全体のめぐりが悪くなるので老廃物がたまりやすくなります。

身体は普段から冷やさないように心がけ、軽い運動やストレッチで身体のめぐりをよくしていきましょう。
少し寒いなと思ったら羽織で対策したり、いつものエスカレーターやエレベーターを階段にしたりするなど、ちょっとした工夫をしてみてください!

また、毎日の入浴(湯船に浸かる行為)は体を芯から温めて汗をかくことができるため、【血行のめぐり】と【余分な水分の排出】することが期待できます。できるだけ習慣化しましょう。

4.深いほうれい線を完全に解消する美容クリニック

スピルリナ 効果 治療中

「浅いほうれい線」は日頃の保湿ケアで対策することも可能ですが、「深いほうれい線」は、化粧品などでのセルフケアでは完全に消すことができません。
「深いほうれい線」には美容クリニックでの治療がおすすめです。

美容クリニックの治療メニューもさまざまあります。
ほうれい線が気になり、落ち込んでしまっていたり、気分が憂鬱になるようでしたら、まずは美容クリニックで、費用のことも併せて専門医に相談してみることをおすすめします。

美容クリニックでの、ほうれい線の主な治療方法は次の通りです。

★より詳しく知りたい方は、こちらの記事もご参照ください。

4-1.ヒアルロン酸注射

柔らかいゼリー状の物質を皮膚のほうれい線のシワ部分に注入し、たるみ部分を持ち上げふっくらさせることで、ほうれい線を目立たなくさせる施術です。

効果の持続は約半年~1年間で1回の費用は5万~10万程度です。

4-2.レーザー治療

レーザーを照射することによって皮膚を活性化してコラーゲンの生成を促す施術です。レーザー治療は自分自身の皮膚を活性化していくので仕上がりが非常に自然で、皮膚そのものが若くなったように質感が変わります。

数回の通院が必要ではありますが効果は年単位で続きます。金額はレーザーの種類によって異なります。

【参考美容クリニック】

五本木クリニック 美容皮膚科
五本木クリニック

東京都目黒区にある、主にヒアルロン酸注射での施術を行っているクリニックです。
初回カウンセリングは無料、オンライン上でも予約ができます。
※自由診療の場合、健康保険は適用されません。

⇒五本木クリニック公式HPはこちら

5.まとめ

ほうれい線には種類があり、原因やお手入れ方法も異なります。まずは自分自身のほうれい線を正しく理解した上で、美しく年を重ねて行くためにも、最も適切なお手入れ方法を実践し、日常生活を見直していきましょう!

※この記事は2016年9月5日(最終更新日)時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

ほうれい線 関連記事

ほうれい線をメイクで上手にカバーする方法!!

ほうれい線はできる前に対策をしよう!!4つの方法とは?

ほうれい線は予防が大切!!おすすめ予防法とは??

ほうれい線を徹底対策!意外な原因と効果的な対策法とは?

片方だけほうれい線が目立つ!ほうれい線が片方だけ深い原因と対策


Pocket
LINEで送る