2016年10月20日 更新

ほうれい線は予防が大切!!おすすめ予防法とは??

ほうれい線 予防

顔にあるだけで老けて見えてしまう「ほうれい線」、できてしまう前にしっかり予防したいですよね。

ほうれい線は、他の部分にできるしわと少し異なり、頬がたるむことによってできるものといわれています。

頬のたるみによっておこるほうれい線は深くなりやすく、一度できてしまったものを消すことは難しいので、できてしまう前に予防をしていくことが大切です。

ここでは、ほうれい線をできにくくするための、3つの予防法をお伝えします。



1.ほうれい線の予防法

ここでは、ほうれい線の予防法をご紹介します。

これからご紹介するものは、ほうれい線が気になり始めた方にもおすすめです。

1-1.紫外線対策を行う

紫外線は、肌老化の原因の80%を占めるといわれていて、ほうれい線の原因となる肌のたるみや乾燥を招きます。

紫外線の影響を過剰に受けないように、毎日日焼け止めを使用しましょう。

また、いくらSPF・PAの値が高い日焼け止めを使用しても、汗などでとれてしまい、そのまま化粧直しなどもせずに放っておくと、そこから日差しを浴びてしまう可能性があります。

肌を紫外線から守るためにも、化粧直しはこまめに行いましょう。

SPF・PAの表記されたパウダータイプのファンデーションやフェイスパウダーを使用して、化粧直しと同時に紫外線対策をすることがおすすめです。

【おすすめアイテム】
■POLA ホワイティシモ UVパクト ホワイト
ホワイティシモ

SPF22、PA+++のフェイスパウダーです。
肌にふわりと密着して仕上がりの美しさを保つので、ファンデーションの仕上げや化粧直しにおすすめです。

 

1-2.「舌回しエクササイズ」を行う

「舌回しエクササイズ」は、普段使わない口の周りの筋肉を、舌を使って内側から刺激することで、ほぐしながら鍛えることができます。

口周りの筋肉を鍛えることができるだけでなく、顔がむくみやすい方にもおすすめのエクササイズです。

[舌回しエクササイズの方法]
① 口を閉じた状態で、歯に沿うようにして、舌を左周りに回します。これを20回繰り返します。
ほうれい線_エクササイズ01

② 同じように、舌を右回りに歯を沿うようにしてゆっくりと20回まわします。
ほうれい線_エクササイズ02

③ ①と②を1セットとして、1日3セット行います。

慣れないうちは痛みや疲れを感じることもあります。

始めのうちは無理をせず、傷みや疲れを感じた時点で、回数に関係なく中断しましょう。回数は慣れながら、徐々に増やしていくようにしましょう。

また、舌を回すときに力を入れすぎないように、丁寧にゆっくりと行いましょう。

1-3.むくみ対策をする

日常生活を見直して、むくみ対策を行うこともおすすめです。

むくみを放っておくことで肌がたるみやすくなり、ほうれい線の原因のひとつとなってしまうことがあります。

次の3つを意識して、むくみの原因をなくすことができるように心がけましょう。

①6時間以上の十分な睡眠をとる
毎日、最低でも6時間は睡眠をとるように心がけましょう。

睡眠不足や熟睡できないような浅い睡眠は、肌のむくみの原因のひとつになります。

②定期的に軽い運動を取り入れる
身体をこまめに動かすため、ストレッチやウォーキングのような軽い運動を定期的に行いましょう。

運動不足により筋力が低下することも、むくみの原因のひとつになります。

③身体を温める
身体を温めることも、むくみ対策におすすめです。

身体の芯から温まるために、シャワーではなく浴槽に浸かる習慣を持つようにしましょう。

他にも、身体を温めるといわれている生姜を食事に取り入れたり、なるべく常温の飲み物を飲むようにするなど、毎日の生活の中で身体が冷えないような工夫をしていきましょう。

2.ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる主な原因は、「加齢による肌のたるみ」と「むくみ」です。

■加齢による肌のたるみ
年齢を重ねることにより筋肉が衰えると、肌を支える力が低下してしまい、たるみが生じるといわれています。

ほうれい線は、上唇や頬を引き上げる役割の、頬の筋肉が衰えることで、頬の皮膚が下がってきてたるんでしまうため、できやすくなるのです。

また、年齢を重ねた肌は、水分・油分ともに不足しがちになって乾燥しやすくなるため、ハリが失われて、ほうれい線の原因となることがあります。

さらに、長年蓄積されてきた紫外線によるダメージも、肌をたるませて、ほうれい線を引き起こす可能性もあるのです。

■顔のむくみ
ほうれい線_エクササイズ03
顔がむくむと、本来はスムーズに流されるはずの老廃物などが皮膚の下に溜まりやすくなってしまいます。

その重みで肌がたるみやすくなり、ほうれい線ができてしまうことがあります。

★むくみの原因の一例
・水分・塩分・アルコールの摂りすぎ
・運動不足
・冷え症
・肩こり
・首のこり
・睡眠不足   など

3.まとめ

ほうれい線は、できる前の早いうちから予防することが大切です。

今回ご紹介した方法を毎日続けて、ほうれい線のできにくい顔をキープしましょう!

※この記事は2016年5月7日(最終更新日)時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。