メニューを開く
アスタリフト;

髪の毛が絡まるのはもうイヤ!【必見!】原因と対処法~ヘアケア対策&アイテム7選

髪の毛 絡まる1
まるで小さな鳥の巣みたいに髪の毛が絡まっているのを見つけると、ため息がでちゃいますよね。
絡まった髪の毛は可愛くないし、なんだか不潔な感じもして恥ずかしいものです。

髪の毛が絡まるのは、生まれつきの髪質以外に、ふだんの行動やヘアケアに原因があるのかもしれません!

髪の毛が絡まる原因対処法、髪の毛のクシ通りをよくするためのヘアケア対策、おすすめのヘアケアアイテム7選をご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。
髪の毛の絡まりにお悩みの方必見です!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1. 髪の毛が絡まる10の原因行動

髪の毛 伸びる④
幼い子どもの細くてやわらかい髪の毛や、くせ毛や猫っ毛などの細くてやわらかい髪の毛・髪質の場合、髪の毛は絡まりやすいといわれています。
でも、実は、髪の毛が絡まるのは、生まれつきの髪質以外に、いくつかの“行動”にも原因があるといわれています。

髪の毛を絡まりやすくしていると考えられる【10の原因行動】についてご紹介します。

①髪の毛を濡れたまま放置している

髪の毛 絡まる2
シャンプー後に髪の毛を乾かさず、濡れたままにしていると、水分によって開いたキューティクル*が、乾いたあとも隙間が開いたままになってしまうことがあるといわれています。

キューティクルが開いている(めくれている)と他の髪やほこり・汚れなども引っかかりやすくなると考えられています。
ひっかかりやすいと、普通の髪の毛なら自然にほどける絡みでも、きつく絡まってしまうことがあるのです。

*キューティクルとは
キューティクルとは、髪の表面を何層にも覆うウロコのようなものです。屋根の瓦に例えられることもあります。
健康な髪の毛の場合、きれいに並んでキューティクル同士が密着していて、外部の刺激から髪の内部を保護しています。

②ゴシゴシとこすってタオルドライしている

髪の毛 絡まる3
タオルドライをするときに、ゴシゴシと髪の毛同士を擦りあわせるような拭き方をしていると、その摩擦により、髪の毛のキューティクルがめくれたり、傷んだりしてしまうことがあります。

キューティクルが傷んでいると、髪の毛は引っかかりやすく、絡まりやすいといわれています。

③ドライヤーで熱し過ぎている

髪 乾かし方
ドライヤーを近づけすぎたり、長時間にわたって熱したりすることで、髪の毛のキューティクルは傷んでしまいます。
キューティクルを傷めてしまうことで、絡まりやすい髪の毛にしてしまっていることがあります。

髪の毛が熱に弱いのは、ケラチンというたんぱく質でできているからといわれています。
タンパク質は熱によって変質する性質があります。
カラーリングなどをしている髪の毛の場合、およそ60℃ほどの熱で影響が出るといわれています。

④トリートメント不足

髪 パサパサ
加齢による乾燥や、冬の空気の乾燥やエアコンによる空気の乾燥などにより、髪の毛がパサパサになることがあります。
トリートメントをせず、パサパサの髪の毛を放置することで髪の毛は絡まりやすくなることがあります。

⑤就寝時に摩擦を与えてしまっている

睡眠 ダイエット
髪の毛の長い方や、幼い子どもや猫っ毛などもともと絡まりやすい髪質の方などは、寝ている間に寝返りなどによる擦れ・摩擦で、髪の毛が絡まってしまうことがあります。

⑧紫外線対策をしていない

髪 はねる 女性
長時間、紫外線を浴びると、キューティクル同士の密着が弱まって、キューティクルが浮き上がりやすくなるといわれています。
この状態で髪の毛がすれ合うと、キューティクルがはがれてしまったりして、髪の毛が絡まりやすくなる原因にことがあります。

⑦静電気対策をしていない

静電気 体質
静電気で、瞬間的に熱と刺激が起き、キューティクルをはがしてしまうことがあるといわれています。

冬場は特に、空気の乾燥、ニットやマフラーなどの影響で静電気が起きやすいので、静電気対策をしていないことが、首の後ろあたりの髪の絡まりにつながる可能性が高いでしょう。

ホテルなどに置いてあるようなプラスチック、塩化ビニールなどのブラシも静電気を起こしやすいといわれているので注意が必要です。

⑧カラー、ブリーチ、パーマなどをしている

髪 傷み
カラーやパーマというのは、専用の液を髪の毛につけて、髪の毛のケラチン繊維を一度こわして再び結びつけることで髪の毛を変化させているものです。
一度ケラチンをこわしているので、髪の内部を保護するはずのキューティクルにダメージが蓄積されていくといわれています。

キューティクルの傷みは、髪の絡まりにつながります。

⑨髪の栄養が不足している

食生活
髪の毛はたんぱく質から作られているといわれていますが、たんぱく質だけを摂っていても健やかな髪は育まれません。
たんぱく質が髪の毛になるためには、ビタミン類のサポートが必要だといわれています。
また亜鉛などのミネラル類も必要といわれています。

バランスを欠いた食生活は髪の栄養不足につながり、絡まりやすい、やせた細い髪の毛やうねりやくせのある髪の毛になってしまうことがあります。

⑩頭皮ケアをしていない

髪 抜ける
栄養バランスに気をつけていても、血行が悪いために、頭皮を含めた体のすみずみに栄養が行きわたらず、髪の毛が栄養不足になることがあります。

また、頭皮の毛穴が汚れや余分な皮脂で詰まっていたりすると、髪の毛のダメージにつながるといわれています。

2. 髪の毛が絡まっている時の対処法

髪 傷み
髪の毛が絡まっている時の対処法をご紹介します。

いきなり髪の毛を力まかせに梳くのはやめましょう。
絡まっている髪の毛は、そもそも傷んでいる可能性のある髪の毛です。無理に引っぱると抜け毛・切れ毛の原因になります。

絡まった髪の毛をほどく時は、焦らず、根気よく、が大事です。
3つの方法をご紹介しますので、チェックしてみてください。

①まずは指先でやさしくほどいてみる

ヘアパック おすすめ
髪の毛をお湯で湿らせ、絡まった部分にリンスまたはトリートメント料をつけて、指先で毛先から少しずつほぐしていきましょう

スプレーボトルにお湯とリンス/トリートメントを入れて混ぜ、ミストを絡まった部分にかけて湿らせる方法もおすすめです。

いずれの場合も、焦らず少しずつ指先を使ってほぐしていきましょう。

②がんこな絡まりには…

リンス コンディショナー すすぐ シャワー

整髪料をつけている場合は、もつれた部分をシャンプーまたはせっけんで軽く洗いましょう。
この時点ではいきなり絡まりをほどこうとせず、指先と泡をつかって、汚れや整髪料を落とすように、丁寧に洗ってください。

絡まった部分の汚れを落としたら、トリートメント料をたっぷりつけてなじませ数分おきましょう。
そのあと丁寧にすすぎます。

髪の毛は絡まったまま、一度髪の毛を乾かします。

しっかりと乾いたら、クシの柄の細長い部分か、割り箸などの棒状のものを使って絡まりをほどいていきます。
棒の先に、ヘアオイルをたっぷりつけて、棒の先を絡まりの中に差し込みながら、根気よく、少しずつもつれをほどいていきましょう。

濡れた髪はデリケートで、キューティクルが傷つきやすいので、気にはなるでしょうが、いったん絡まったまま乾かしてから、行うのがポイントです。

③それでも無理ならプロに相談

三軒茶屋 ヘアカラー 女性
自分でのケアではどうにもならない場合、最後の手段として、美容師さんに相談してみましょう。
ヘアエクステの取り扱いのある美容院のほうが、エクステのもつれの扱いになれているため、髪の絡まりにもスムーズに対応してくれるでしょう。
まずは電話などで問い合わせてみてください。

美容院で対応してもらえば、最悪、絡まりがほどけなかった場合も、最善の方法で絡まりの部分の髪の毛をカットすることも可能です。

自分で髪の毛をカットしてしまって後悔するよりは、最後の手段としてヘアケアのプロに相談することをおすすめします。

3. 髪の毛が絡まるのを防ぐ対策 ヘアケアポイント

絡まりにくくクシ通りのよい髪の毛を手に入れたいなら、ふだんのヘアケアを見直すことから始めましょう。
髪の毛の絡まり防止対策のヘアケアのポイントをご紹介します。

①シャンプー前のブラッシング

ヘアブラシ 選び方
シャンプー前のブラッシングを習慣にしましょう。
ブラッシングすることで、汚れを落としやすくし、また軽い絡まりをほどいておくことでシャンプー時の不要な摩擦を軽減することが期待できます。

ブラッシングをするときは毛先から順に梳かしていき、最後に根元から優しく全体を梳かしましょう。

ブラシの材質は、静電気が起きやすいといわれているプラスチックなどはさけるとよいでしょう。
豚毛をつかったブラシや、木製のクシなどが、静電気対策にはよいといわれています。

②丁寧な予洗い

ニキビ 洗顔 シャワー
シャンプーをつけて洗う前の予洗い(プレ洗い)を丁寧に行いましょう。
予洗いをしっかり行うことで、シャンプーの泡立ちがよくなり、キューティクルを傷める摩擦の軽減につながるといわれています。

目安としては1分半、最低でも1分以上かけて、髪全体と頭皮をしっかりと濡らし、指の腹で頭皮をもみながら洗ってください。(髪の長さにあわせて十分と思える時間をかけてください)
お湯の温度は、体温に近い36~37℃くらいがよいといわれています。

③ハリ・コシを与えるシャンプー

シャンプー ランキング 女性
髪の毛にハリやコシを与えてくれるシャンプーを選ぶことをおすすめします。
髪の毛が絡まりやすい人は、髪の毛が細くやわらかいことが多いと考えられるからです。

毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れなどもしっかり洗い流せる、頭皮の健康を意識したシャンプーなどもおすすめです。

④潤いを与えるインバストリートメント

頭皮ケア オイル⑤
髪の毛に潤いを与え、しなやかにクシ通りよくしてくれるようなインバストリートメントをとりいれましょう。
髪の毛が絡まりやすい場合、キューティクルが開いたり傷んだりしていて、髪の潤いが逃げてしまってパサパサになっていることが多いからです。

トリートメントをつける時は、「髪の水気をしっかりときってから、毛先を中心につける」ようにしましょう。水分をしっかりきることで、トリートメントの成分が薄まることを抑えしっかりとなじませることができるといわれています。

⑥正しい乾かし方

髪の毛 絡まる4
髪の毛のキューティクルを傷つけないために、正しい乾かし方を意識しましょう。

タオルドライは、髪を包み込むようにはさんで、やさしく水分を吸い取るようにしましょう。決してゴシゴシこすらないでください。

ドライヤーを使うときは20センチ以上離して使いましょう。キューティクルの流れにそって、根元から毛先に向けて風をあてるようにするのがおすすめです。

頭皮から乾かしていくように意識しつつ、強めの風量で短時間で乾かすようにするとよいといわれています。
8割程度乾いたら、最後は冷風で仕上げましょう。冷風でキューティクルを整えることでツヤ感も期待できるといわれています。

⑤コーティングしてくれるアウトバストリートメント

髪 ツヤ
髪の表面をコーティングしてなめらかにし、保護してくれる、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)またはヘアオイルを使いましょう。
絡まりやすい髪の毛の表面はキューティクルが傷んでなめらかでなく、隙間だらけだったり凸凹だったりすると考えられるからです。

アウトバストリートメントまたはヘアオイルは、髪の表面の凸凹を補修し、なめらかな状態にすることで、クシ通りのよい髪の毛を目指せるだけでなく、ドライヤーの熱からも髪を保護してくれるといわれています。

⑦就寝時の摩擦を軽減

髪の毛 絡まる5
髪の毛の長い方は、就寝時にナイトキャップをかぶったりゆるく束ねるなどの対策をとることをおすすめします。
眠っている間の摩擦を減らすためです。
シルク素材のナイトキャップなどが、摩擦が少なくよいといわれています。

⑧紫外線対策

日焼けしたくない
紫外線による刺激も、髪の毛のキューティクルを傷める原因になるので、紫外線対策も意識しましょう。
帽子や日傘での対策が難しい場合は、髪の毛用のUV対策スプレーなどもあります。

⑨スペシャルヘアケア

サロン ヘッドスパ
髪の毛の傷みがひどいと自覚している方は、自宅でのスペシャルケアや美容院でのスペシャルケアを取り入れてみることをおすすめします。

自宅で簡単にできるスペシャルケアは、蒸しタオルトリートメントです。
いつものインバストリートメントを髪に塗布したあと、蒸しタオルで包み、10分程度おきましょう。
トリートメントの成分がしっかりなじむことが期待できます。

美容院でのスペシャルケアはいろいろありますが、髪の毛のトリートメントに限らず、頭皮ケアに着目した炭酸ヘッドスパなども、すこやかな髪のためによいといわれているのでおすすめです。

⑩生活習慣に気をつける

美白
すこやかな髪の毛は、すこやかな体からです。

栄養バランスのとれた食生活、十分な睡眠などを心がけましょう。
血行不良も髪の毛にとってよくないので、適度な運動や入浴などで全身の血行をよくすることも意識しておくとよいでしょう。

4. おすすめヘアケアアイテム7選

肌らぶ編集部が注目している、髪の絡まり対策におすすめのヘアケアアイテム7選をご紹介します。

★豚毛のヘアブラシ
★木製のヘアコーム
★髪の毛のハリ・コシ対策シャンプー
★インバストリートメント
★アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)
★シルクのナイトキャップ
★紫外線対策ヘアスプレー

ぜひチェックしてみてくださいね♪

★豚毛のヘアブラシ

MARKS&WEB【ウッド ヘアブラシ ダークグレー L】
MARKS&WEB【ウッド ヘアブラシ ダークグレー L】

メープル材に、静電気を起こしにくいといわれている豚毛を植え込んだブラシ。
細かい髪をキャッチしやすいブラシです。

★木製のヘアコーム

ザ・ボディショップ【ウッドコーム】

ザ・ボディショップ【ウッドコーム】

静電気対策したい方にうれしい木製コーム。FSC認証マーク*入りの木材を使用したヘアコーム。自然の木のぬくもりが感じられる風合いが魅力です。

*『FSC(Forest Stewardship Council、森林管理協議会)認証マーク』
環境保全の点から見て、適切で社会的な利益にかない、経済的にも持続可能な管理がなされている森林から生産された木材・木材製品に付加されるマークです

★髪の毛のハリ・コシ対策シャンプー

富士フイルム【アスタリフトシャンプー】
アスタリフト 美髪トライアルキット

富士フイルムのアスタリフトシリーズから出ているエイジングケア*シャンプーです。
ごわつかない指通りの良い髪を目指す方におすすめです。

髪の毛にハリとコシを与えてくれるシャンプー・コンディショナーと頭皮ケアもできる頭皮美容液がセットになったトライアルセットがあります。

*年齢に応じた潤いのお手入れのこと

★インバストリートメント

ハホニコ【コラシルク18トリートメント】
ハホニコ【コラシルク18トリートメント】

保湿成分のコラーゲンや毛髪補修成分のシルク配合。
はがれかけたキューティクルを密着させ、傷んだ髪の毛をしっかり補修して質感を指通りのよい髪の毛に整えます!

★アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)

KERASTASE【ケラスターゼNUソワン オレオ リラックス】
ケラスターゼNUソワン オレオ リラックス

オイルタイプの洗い流さないヘアトリートメント。

植物由来成分のニュートリオイル配合で髪の毛に潤いを与え、くし通りのよいサラサラなツヤのある髪に導きます。

★シルクのナイトキャップ

有限会社壮絹社【SUNAYAMA cocoonfit おやすみキャップ】
有限会社壮絹社【SUNAYAMA cocoonfit おやすみキャップ】

シルクと言うと、少し古風なイメージのナイトキャップを想像しがちですが、こちらは素朴な印象がとても可愛らしいナイトキャップ。
ふだんのパジャマ姿にも違和感なく合わせられそうな風合いです。

絹95%・ナイロン4%・ポリウレタン1%。

★紫外線対策ヘアスプレー

石澤研究所【紫外線予報 透明UVスプレー】
石澤研究所【紫外線予報 透明UVスプレー】

顔・髪・体に使えるUV対策スプレー。
SPF50+ PA+++。ウォータープルーフ。
無色素・無香料・無鉱物油・ノンパラベン・ノンアルコール。

透明タイプなので、白残りを避けたい方におすすめです。せっけんやボディソープで落とせます。
ユキノシタエキス、カミツレ花エキス、アロエベラ葉エキスなどの植物エキスを保湿成分として配合していますので、乾燥が気になる方にもおすすめです。

5. まとめ

髪の毛の絡まりにお悩みの方に、髪の毛が絡まる原因と対処法、髪の毛のクシ通りをよくするためのヘアケア対策、おすすめのヘアケアアイテム7選までまとめてご紹介しました。

髪の毛はか弱いものです。
キューティクルがはがれてしまったら元に戻すことはできません。
放っておけばダメージは悪化し、切れ毛などになってしまいます。

髪の毛の絡まりは傷んだ髪の毛からのSOSです!
サインに気づいたら、今日からすぐに、丁寧なヘアケアをはじめてくださいね!

この記事は2016年10月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る