メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社メビウス製薬

もう悩みたくない!シミの種類から見る原因と予防対策

シミ 
どうして私にシミができたのだろう・・心当たりがないのにできてしまったシミ、とても嫌ですよね。

しかし、シミができてしまったのには必ず原因があります。

今回はなぜシミができてしまったのか、また、シミを作らない・増やさないためにも原因と予防を含めて種類別に詳しくご紹介します!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.シミの種類と原因

シミは大きく分けて5種類存在します。

種類によって原因はそれぞれ異なりますので、まずは自身のシミのタイプを把握しましょう。

1-1.老人性色素斑

老人性色素斑

【特徴】

・シミの中で最も多い
・色合いは均一で濃い
・頬骨の高い位置やこめかみにできやすい

【原因】紫外線

シミの中で最も一般的である老人性色素斑は、紫外線の影響が主な原因です。

特別日焼けした覚えがない方は、知らず知らずのうちに浴びた紫外線の影響が考えられます。

日常生活の中で少しずつ浴びた紫外線の積み重ねがシミへと繫がります。

肌表面は紫外線を浴びることによって紫外線から肌を守る為にシミの元であるメラニン色素を生成します。

このメラニンの排出が追いつかず肌にそのまま残ることによりシミとなってしまうのです。

1-2.肝斑

肝斑

【特徴】

・頬骨の辺りにモヤがかかっている薄茶色のシミ
・30~40代の女性に多く見られる

【原因】女性ホルモン

肝斑は女性ホルモンのバランスの乱れが主な原因です。

女性ホルモンには、
卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

卵胞ホルモンは女性の美しさや健康面をサポートして、女性らしい体作りをしてくれます。

一方で黄体ホルモンは卵胞ホルモンと共に妊娠に備えてくれますが、この黄体ホルモンの量が多くなってしまうと皮脂分泌が過剰になりやすく、紫外線を浴びたとき同様にメラニンを作り出してしまうこともあります。

黄体ホルモンは通常一定のリズムで増減を繰り返していますが、妊娠時やピルの服用時は分泌量が多くなる傾向があるため、肝斑が発生しやすくなるのです。

また女性ホルモンはこの他にストレスや睡眠不足などによっても乱れやすいといわれています。

1-3.そばかす

そばかす

【特徴】

・米粒~小豆くらいの小さなシミ
・頬や鼻周りを中心に広範囲にできる
・手の甲や背中などにも生じる
・3歳くらいから目立ち始める

【原因】遺伝

そばかすのできる主な原因は遺伝で、両親にそばかすがある場合はそばかすができやすいといわれています。

ただし、大人になっても消えない・または大人になってから急にできた場合は1でお伝えした老人性色素斑同様に、紫外線を浴びたことが原因です。

また生活習慣が乱れるとメラニンの排出もスムーズにできなくなるので、そばかすが増えてしまいます。

1-4.炎症後色素沈着

炎症後色素斑

【特徴】

・肌にできた傷痕が沈着し肌に残る
・赤茶色や薄い褐色~黒褐色とダメージの度合いによって異なる

【原因】ニキビ、やけど等の色素沈着

炎症後色素沈着はニキビ、やけど、怪我、かぶれなど一度肌に傷ができてしまったところに更にその上からこする、かきむしる、紫外線を浴びるなどのダメージを受けてしまったことが主な原因です。

肌はダメージを受けることによって、その刺激でシミの元となるメラニン色素を活発に作り出します。

このメラニンは通常、肌機能によって排出されますが、ダメージを重ねることによってメラニンの排出が上手くできずにそのままシミとなって肌に残り沈着します。

また年齢を重ねるごとにメラニンは排出されにくくなるため、ダメージを重ねていない場合でもメラニンが残りやすくなります。

1-5.老人性ゆうぜい

老人性ゆうぜい

【特徴】

・40代以降から発症する良性のイボ
・表面がざらざらとしている
・形も平らなものから盛り上がりのあるものまでさまざま
・淡褐色~黒色

【原因】肌状態の変化

老人性ゆうぜいは年齢を重ねたことによる肌状態の変化が主な原因です。

肌表面は年齢に伴って水分量が減少し乾燥しやすくなります。

さらに長年浴び続けた紫外線によって皮膚が厚くなり、膨らんでしまうといわれています。

2.シミの予防対策

上記で紹介させて頂いた通り、シミの種類によって原因はさまざまです。

これらのシミの予防をするにはどうしたら良いか、種類別対策を見ていきましょう。

2-1.老人性色素斑

老人性色素斑を予防するには、紫外線対策を万全に行いましょう。

紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでいるので、年間を通した対策が必要です。

また、紫外線は皮膚からだけでなく目からも入ってきます。

日焼け止めの他にサングラスなどを活用し、これに合わせて日傘を使うことで紫外線から肌を守りましょう。

また、美白化粧品の使用もおすすめします。
(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)

2-2.肝斑

肝斑を予防するには、女性ホルモンのバランスを維持するために、日常生活を乱さないよう心掛けることが大切です。

女性ホルモンのバランスを崩し、肝斑を発症させないためにも日頃から次のポイントを意識しましょう。

・日頃からしっかり睡眠をとる
・ストレスを溜めない
・バランスの良い食事をとる
・納豆や大豆飲料などイソフラボンが多く含まれている食品をとり入れる

2-3.そばかす

そばかすは、紫外線対策と生活習慣の改善をすることで予防しましょう。

運動や食事も大切ですが、まずは良質な睡眠をしっかりとることをおすすめします。

2-4.炎症後色素沈着

炎症後色素沈着を予防するには、ニキビや肌荒れを防ぐためにも日頃から肌を清潔に保ち、保湿を意識したスキンケアを行って、紫外線から肌を守る対策をすることが大切です。

それでもニキビや傷ができてしまった場合は、刺激を与えないように注意して、早めのお手入れを心がけましょう。

2-5.老人性ゆうぜい

老人性ゆうぜいの予防には、年齢に合わせたお手入れがおすすめです。

まずは肌を柔らかくするため、肌に潤いを与え乾燥からお肌を守るお手入れが大切です。

化粧水や美容液でしっかり水分を補い、油分の多いクリームで水分が逃げないようにしましょう。また、紫外線対策もしっかり行って下さい。

生活習慣も乾燥に影響するため、下記の4点も意識しましょう。

・しっかり睡眠をとる
・バランスの良い食事をとる
・ストレス発散の場を作る
・タバコをやめる

詳しくはこちらの記事でご確認ください。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

シミは種類によって原因と予防対策がそれぞれ異なります。

なぜできたのか、どうして増えてしまったのかなど、まずは原因を知ることが大切です。

シミの原因を把握して予防対策を行い、シミに悩まされることのない肌を目指していきましょう!

この記事は2015年5月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

【肌らぶ編集部がおすすめしたい商品】
ホワイトニングリフトケアジェル【医薬部外品】

ホワイトニングリフトケアジェル



気軽にシミ予防したい方におすすめのオールインワンゲルがこちら。

1つで10役(美白、化粧水、乳液、アイクリーム、保湿、美容液、マッサージ、クリーム、パック)をこなし、手軽に美白・保湿ケアが可能です。
※日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと

シミ予防だけでなく、保湿ケアもハリケアもしたい欲張りさんにぴったりです。
まずは体験してみたい方のために、30日間全額返金保証のコースがあります。
>>ホワイトニングリフトケアジェル公式HPはこちら

バナー原稿imp



Pocket
LINEで送る