メニューを開く
アスタリフト;

シミの種類と増やさないための対策!あなたはどのタイプ?

シミ 種類

どうして私にシミができたのだろう・・心当たりがないのにできてしまったシミ、とても嫌ですよね。

しかし、シミができてしまったのには必ず原因があります。

今回はなぜシミができてしまったのか、また、これ以上シミを作らない・増やさないためにも原因と対策を含めて、種類別に詳しくご紹介します!



astalift
astalift

1.シミの種類

シミは大きく分けて5種類存在するとされています。

種類によって原因はそれぞれ異なりますので、まずは自身のシミのタイプを把握しましょう。

シミの種類① 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

シミ 種類

【特徴】

老人性色素斑は、頬骨や腕など日光の当たりやすい部分にできやすく、数㎜~数十㎜の大きさでできるシミのこととされています。

一般的によく見られる種類のシミが、この老人性色素斑だと言われているのです。

主な原因は紫外線と考えられ、でき始めは薄いものの、次第に濃くなっていくことがあります。

また老人性色素斑は、指で触ってもわからない、平らなシミのひとつです。

シミの種類② 脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

シミ 種類

【特徴】

脂漏性角化症は、平なシミがイボのように盛り上がった状態のシミのことと言われています。

脂漏性角化症ができやすいのは、老人性色素斑と同じく日光の当たりやすい頬や、こめかみあたりの部分だとされています。
また、手の甲にできることもあるようです。

主な原因は、紫外線や肌の老化などがあげられます。

シミの種類③ 雀卵斑(じゅらくはん)

シミ 種類

【特徴】

雀卵斑は、一般的に[そばかす]と呼ばれるもののことで、10代のころからでき始め、鼻から頬骨にかけて小さく細かい斑点ができるシミのことと言われています。

比較的、肌が白い方に多いと考えられ、生まれつきの体質が原因でできる可能性もあるとされています。

また、雀卵斑[そばかす]ができやすい肌は、紫外線の影響を受けやすいとも言われており、日焼けによってさらに濃くなる可能性もあるようです。

シミの種類④ 肝斑(かんぱん)

シミ 種類

【特徴】

肝斑は、主に頬骨から目尻にかけて左右対称にできるシミのことで、まれに鼻の下や、脇に出ることもあると言われています。

濃い茶色やグレーの色味をしているのも特徴のひとつです。

主な原因は、はっきりと解明させていません。

30代~40代の女性に多くみられ、妊娠中や更年期のときにできやすくなると言われています。

ストレスによって色が濃くなってしまうこともあるようです。

シミの種類⑤ 炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

シミ 種類

【特徴】

炎症性色素沈着は、ニキビ跡や傷が茶色くなって肌に残ってしまうことによってできるシミのことだと言われています。

ニキビができやすい頬から顎にかけての部分に、よく見られるようです。

また、虫刺されやムダ毛処理の後もできることがあると言われています。

時間が経つと目立ちにくくなることがあるものの、その部分に紫外線を浴び続けることで、再度現われやすくなる可能性もあると言われています。

2.【種類別】シミを増やさないための対策

シミ隠し ファンデーション③

上記で紹介させて頂いたとおり、シミの種類によって原因はさまざまです。

これらのシミをこれ以上増やさないためにはどうしたら良いか、種類別対策を見ていきましょう。

①老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑を増やさないためには、紫外線対策をしっかり行いましょう。

紫外線は夏だけでなく一年中降り注いでいるので、年間を通した対策が大切です。

また、紫外線は皮膚からだけでなく目からも入ってくると言われています。

日焼け止めの他にサングラスなどを活用し、また合わせて日傘を使うなどして、紫外線を避けるように心がけましょう。

②脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症を増やさないためには、年齢に合わせた肌のお手入れがおすすめです。

まずは、肌に潤いを与え乾燥防ぐ、保湿のお手入れが大切だとされています。

化粧水や美容液でしっかり水分・油分を補いましょう。
また、紫外線対策も意識して行って下さい。

生活習慣も肌の乾燥に影響すると言われているため、下記の4点も意識しましょう。

・しっかり睡眠をとる
・バランスの良い食事をとる
・自分なりのストレス緩和方法を見つける
・タバコを控える

③雀卵斑(じゅらくはん)

雀卵斑[そばかす]をこれ以上増やさない、濃くしないためには、紫外線対策と生活習慣の改善を心がけましょう。

運動や食事も大切ですが、まずは良質な睡眠をしっかりとることをおすすめします。

④肝斑(かんぱん)

肝斑をこれ以上増やさないためには、日常生活を乱さないよう心掛けることが大切だとされています。

日頃から次のポイントを意識してみましょう。

・しっかり睡眠をとる
・ストレスを溜めすぎない
・バランスの良い食事をとる

⑤炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

炎症後色素沈着をこれ以上増やさないためには、ニキビや肌荒れを防ぐためにも日頃から肌を清潔に保ち、保湿を意識したスキンケアを行って、紫外線から肌を守る対策をすることが大切だとされています。

それでもニキビや傷ができてしまった場合は、肌に負担を与えないように注意して、早めのお手入れを心がけましょう。

3.まとめ

シミ隠しファンデーション

いかがでしたでしょうか?

シミは種類によって原因と対策がそれぞれ異なります。

なぜできたのか、どうして増えてしまったのかなど、まずは原因を知ることが大切です。

シミの原因を把握して、自分に合った対策を始めてみましょう!

この記事は2017年2月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る