メニューを開く

お腹痩せしたい!ペタンコお腹になる方法ってある?がっしりとお腹のお肉がつかめてしまう方はチェック!

お腹 痩せたい
お腹のお肉が気になる…痩せたい…そう思っていませんか?
洋服で隠れているお腹も、着替え時やバスタイム時にはあらわになるので、
「お腹のお肉増えた?」と、自問自答する瞬間はないでしょうか。

今回は、「お腹が痩せたい!」「お腹をスッキリさせたい!」とお考えの方に取り入れていただきたい方法をご紹介します。
「本気でお腹痩せしたい!」という方から、「ちょっとお腹が気になるから痩せられればいいな」という方まで、共通するポイントをご紹介しますので、ぜひ読んで下さい。



1.お腹の部分痩せは可能?

お腹だけが痩せればそれでいい…と思っている方はいませんか?
人間の体は、粘土細工ではありませんので、「お腹のお肉だけを取る」ということは、難しいとされています。
部分痩せは難しいですが、もともとの脂肪のつき方や落ち方は、生まれ持った個性の1つですので、もちろんお腹から痩せていく方もおり、そうかと思えばお腹は一番最後に痩せるという方もいます。

しかし、お腹痩せをしたいのであれば、全身のバランスが良いシェイプアップを目指す必要があるでしょう。

基本的には「体全体のムダな体脂肪を落とすこと」が、「お腹のムダな脂肪を落とすこと」につながるのだという認識を持ちましょう。

それでは、お腹痩せに繋がる「全身のダイエット」のためには何をすればよいでしょうか。
ポイントは「運動」「お通じ」「心がけ」です。

具体的な方法をご紹介していきます。

2.お腹痩せしたい!|ポイント1「運動」

お腹 痩せたい 運動

「痩せたい!」と願う方はぜひ全身の運動を取り入れましょう。
全身の運動は、ダイエットサポートとして必須のポイントです。

運動の中でもおすすめなのは、“無酸素運動”“有酸素運動”をセットで週に3回以上行うことです。

また、運動の順番にコツがあると言われています。
効率的に糖質に働きかけるためには、まず筋トレなどの“無酸素運動”をはじめに行うことがおすすめです。

次に、マラソンやエアロビクスなどの“有酸素運動”を行いましょう。有酸素運動は、体のムダな脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)をエネルギーとして燃焼させると言われています。お腹のムダな脂肪も、エネルギーとしてしっかり燃焼していってほしいですね。

“無酸素運動”“有酸素運動”を組み合わせて、効率よく運動を行っていきましょう。

【効率のよい運動のやり方】

①準備体操
まずはストレッチなど、準備運動をしましょう。

②5分程度の無酸素運動
次に、腕立て伏せや、腹筋、背筋、スクワットなどの無酸素運動を行いましょう。
シルエットの美しいカラダを目指すなら、無酸素運動はおすすめのプロセスです。
うっすらと筋肉が浮き出ているお腹に憧れませんか?
ぜひ無酸素運動をとりいれてみてください。

③20分以上の有酸素運動

無酸素運動を行った後に、ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、サイクリング、踏み台昇降運動など、少し息が上がる程度の運動をじっくり行いましょう。

【運動グッズ】

フープノティカ


2dd09b1fbb659a96070e54518e652163

企業:株式会社クリッパー
価格:フラフープ+DVD+ストラップセット:9,240円(税抜)
フラフープ単品:6,463円(税抜)

肌らぶ編集部コメント:
「懐かしい!」と感じる方も多いのでは?
コツをつかめば楽しく回しながら運動にもなるフラフープです。
フラフープは、実は有酸素運動の1つなのです。
お腹まわりをよく使うので、お腹の筋肉が鍛えられそうですね!
フープノティカはジョイント式なので、フープを分割することができ、広い場所では6つで狭めの場所では5つのパーツで使用することが可能です。持ち運びにも便利ですね!
DVDでは、ウエストで回すたけではなく、全身を使って回す方法を細かく教えてくれます。
家の中で運動したい!という方におすすめです。

>>>「フープノティカ」公式HPはこちら

3.お腹痩せしたい!|ポイント2「お通じ」

【イラスト】トイレマーク

気になるお腹を含め、私たちのからだをつくっているものは、自分で食べたものです。

お通じに悩むきっかけをつくる原因も普段の食事が関係しており、栄養が偏った食事をしていたり、糖質や脂質が多いものを食べ過ぎたり、食物繊維が体に不足していると、お腹に脂肪がついてしまうことがあります。
お通じが滞ってしまうと、お腹がふくらんで、例えムダな脂肪がなくても、お腹が太ったようにも見えてしまいますよね。

スムーズなお通じをサポートするための、おすすめ4か条をご紹介します。

1) こまめに水を飲む

からだの中の水分が少なくなると便が固まりやすくなってしまったり、お通じなやみを引き起こしてしまうことがあります。
水分不足にならないように、こまめに水などを飲みましょう。

2) 食物繊維や乳酸菌・ビフィズス菌をとる

お通じに悩む方であれば、「食物繊維」というキーワードを聞いたことがある方が多いのではないでしょうか?現代人に不足してしまいがちだと言われる食物繊維は意欲的に食事で摂れるようにしましょう。

また、おなかの健康サポートに食物繊維と並んで欠かせないと言われる乳酸菌やビフィズス菌を上手に取り入れることをおすすめします。

3) 十分な睡眠をとる

睡眠時間が不足していると、便をつくろうとする働きが弱まってしまうと考えられています。夜はしっかりと睡眠をとれるように部屋の明かりを消して、横になってからはスマートフォンをさわらないようにするなど、眠りにつきやすくしましょう。

4) ストレスがたまらないようにする

ストレスを感じるとお腹は、過敏に反応します。
「まだ大丈夫」などと、なんとなく自分のことはほうっておきがちになりますが、知らぬ間に無理をしてしまっていることもあります。日常的にストレスを発散することを心がけ、ため込むことがないようにしましょう。

4.お腹痩せしたい!|ポイント3「心がけ」

全身のムダな脂肪を落とし、お腹をすっきりさせたいと思う方は、常に「自分は今ダイエット中」と、心がけて生活しましょう。

継続は力なり、という言葉の通り、ダイエットを心がけて、健康的な生活を続ければ続けるほど、体は応えてくれるのではないでしょうか。

ここで、お腹痩せをしたい方に大切な「3つの心がけ」をご紹介します。

①目標を決めてしっかり目指す

目標が明確なほど、そこを目指しやすくなります。
体重やサイズでも、毎日の行動目標でもよいので、しっかりとした目標を持ちましょう。

「なんとなく痩せたい」ではなく、わかりやすい目標を定めることをおすすめします。

<<目標例>>

・毎日寝る前に15分ストレッチをする
・お菓子を食べるのは1日に100キロカロリー程度にする
・半年後までに3キロ痩せる
・今履いているパンツのワンサイズ下のパンツを履けるようにする

・・・・・等、簡単すぎず無謀すぎない、「頑張れば実現できそうな目標」を定めましょう。

周りに「痩せる!」と宣言することで、モチベーションが上がる方もいるそうなので、試してみて下さい。

②良い姿勢を保つ

猫背だったり、立っている時に腰を前に突き出すような姿勢になっていたりする人は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

骨盤がゆがんでいると、おなかに力が入れづらくなり、筋肉がゆるんで脂肪がつきやすくなると考えられていますので、良い姿勢を常に心がけるようにしましょう。

また、姿勢が悪いと、姿勢が良いときよりもお腹が太って見えることもあります。

姿勢をよくするには、骨盤のゆがみやインナーマッスルへの対策が必要と言われています。
ヨガなどは、コアマッスルを鍛えられると言われているのでおすすめです。

ホットヨガスタジオ【CALDO】



楽しいから続く事をコンセプトにしているホットヨガのスタジオです。
店舗によってメニュー・設備などが異なりますが、ヨガも、ビギナー・リラックス・ビューティーなど様々な種類から選ぶ事ができるので、選ぶ楽しみも味わえますね。
初めての方には体験レッスンもあるので、気軽にお試しができます。

>>>CALDO 公式HPはこちら

③定期的に身体をチェックする

痩せたいと思う方は、定期的にお腹まわりなどの身体のサイズや体重をチェックしましょう。

体重計に乗ったり、サイズを測ったりすることに抵抗がある方もいると思いますが、
現状をしっかり把握しておくことは大切です。

「あれ?体重増えてる…昨日食べ過ぎたのかな?」
「あ!お腹が先週より1センチサイズダウンしてる!また頑張ろう!」

等、意識を強めたりモチベーションを高めたりできる可能性があります。

ノートなどに記入しておくと、自分の頑張ってきた経過がわかりやすいですね。

また、少しきついな、と思うスカートやパンツなどの履き心地をチェックしてみたり、
同じ場所に立った状態を写真に撮って比較してみたりという方法もあります。

5.お腹痩せしたい!けど意思が弱い…という方は

お腹 痩せたい 意思が弱い

痩せたいと思っているのに、自分ひとりだと3日坊主になってしまうという方も少なからずいるのではないでしょうか。

そんな方は、エステや、トレーナーがついてくれるパーソナルジムなどが向いているかもしれません。

意思が弱い自分にも続けられるのかな?と、心配に思う方もいるかもしれませんが、
「思い立ったが吉日」という言葉もありますので、
まずは続けられるのか、自分に合うのか、一度体験してみるのもよいのではないでしょうか?

メディカルエステ【シーズ・ラボ】



ドクターシーラボの生みの親、シーズ・メディカルグループ手がけるメディカルエステ
清潔感のあるイメージや、「無理な勧誘なし」と宣言しているところが魅力的なエステです。
手軽に試せる初回トライアルがあります。

>>>シーズ・ラボ 公式HPはこちら

女性専用パーソナルトレーニングジム【Shapes】



女性の「痩せたい」「きれいになりたい」という思いを応援するために作られた、完全女性専用の空間を提供してくれるトレーニングジムです。
男性の目を気にすることなくトレーニングに集中できるのはうれしいですね。
専属のパーソナルトレーナーももちろん女性です。
カウンセリングや体験もできます。

>>>Shapes 公式HPはこちら

6.お腹痩せについて まとめ

【イラスト】鏡もち
いかがでしたか?

「お腹痩せしたい」と考えている方の現在のお腹の状態はさまざまだとは思いますが、
がしっとつかめる鏡もちのようなお腹と、すっきりしたラインのお腹、どっちが自分の自信になるでしょうか。

自分のお腹にコンプレックスを持っている方は、すぐにでも行動にうつすこと、そしてしっかりと決めたことを継続させることをおすすめします。

思わず見せびらかしたくなるようなお腹に向けて、少しずつでも進んでみて下さい!

この記事は2016年9月23日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る