メニューを開く
アスタリフト;

目立ってしまういちご鼻を何とかしたい!原因と正しいお手入れ方法

いちご鼻 原因
「いちごみたいな鼻の毛穴、何が原因なんだろう…」「いちご鼻、どうしてこんなに目立つのかな…」とお悩みではありませんか?

いちご鼻は原因がはっきりとしているため、正しいお手入れを行うことで目立ちにくくすることができます。

ここでは、いちご鼻の原因と正しいお手入れ方法についてお伝えします。



astalift
astalift

1.いちご鼻とは

「いちご鼻」とは、毛穴がポツポツと目立っていて見た目がいちごのような鼻のことです。

いちご鼻は明確な定義付けがされていないため、人によって解釈が異なる場合があります。

ここでは、触った時にざらついて凹凸があり、毛穴の黒ずみが目立つ鼻のことを「いちご鼻」と定義します。

凹凸のない毛穴の黒ずみについては「毛穴の汚れ・黒ずみは自宅ケアできる!?意外な原因と対策方法とは?」をご覧ください。

2.いちご鼻の原因

いちご鼻の原因となるのは、「毛穴の詰まり(=角栓)」です。

過剰に分泌された皮脂や古い角質・メイクなどの汚れが毛穴に詰まると、角栓ができるといわれています。

この角栓が「酸化」すると、毛穴の黒ずみができてしまうのです。

「酸化」とは、物質が空気中の酸素と結合することで化学反応を起こし、黒く変色してしまうことをさします。

鉄が空気に長時間触れることでサビが発生してしまったり、皮をむいたリンゴが茶色く変色してしまうように、酸化は身近な化学反応のひとつです。

角栓が酸化することによって毛穴の黒ずみができてしまうと、毛穴は目立つようになり、いちご鼻となります。

3.いちご鼻を悪化させるNG行動

いちご鼻は、間違ったお手入れによって悪化してしまう可能性があります。

悪化を防ぐためにも以下のような行動は避けましょう。

■力を加えて毛穴の詰まりを押し出す

ピンセット、角栓を取る専用の器具(コメドプッシャー)、爪などで毛穴の詰まりを無理に押し出す除去方法は、毛穴周辺の皮膚を傷つけてしまうだけでなく、毛穴が開いて凹凸が目立ちやすくなってしまうためおすすめできません。

また、貼ってはがすタイプの毛穴パックも、毛穴の詰まりを抜きとるだけの強い粘着力のあるシートを使うことで、肌の表面の角質も一緒に剥がれ落ちてしまい、乾燥などの新たなトラブルを招くことがあります。

■過剰な洗顔や脂取り紙の使用による皮脂の取りすぎ

肌の皮脂を取りすぎてしまうことも、いちご鼻にとって良くないといわれています。

テカリが気になるからと1日に何度も洗顔をしたり、脂取り紙で皮脂を取りすぎてしまうと、肌は乾燥して潤いが不足したと感じてしまい、皮脂をさらに分泌させてしまいます。

皮脂は本来、肌の表面で潤いをキープするために膜をつくる天然のクリームの役割をしているため、適度な量は肌にとって必要なものです。

洗顔は1日2回、テカリが気になるときもティッシュなどでやさしく押さえる程度にして、皮脂を取り除きすぎないようにしましょう。

4.いちご鼻を目立ちにくくするスキンケア

いちご鼻を改善するためには、いちご鼻の原因である「角栓」をなくしていくためのお手入れが良いといわれています。

角栓は主に「古い角質」と「過剰な皮脂」からつくられてしまうため、この2つにはたらきかけることで、毛穴が詰まりにくい肌に整えることができ、いちご鼻を目立たなくしていくことが期待できます。

①古い角質を取り除く(※)

古い角質は、通常のお手入れだけでは全てを取り除く(※)ことができません。

古い角質をやわらげる「酵素洗顔」や「ピーリング」を行っていきましょう。

どちらも古い角質を取り除く(※)ことができますが、やりすぎると肌に負担がかかってしまいます。

商品によって使用頻度や使用方法は異なるので、必ず確認して使うようにしましょう。

(※角質層まで)

■酵素洗顔

古い角質をやわらげる酵素配合の洗顔料でお手入れして、毛穴の詰まりの原因をなくしていきましょう。

酵素洗顔はピーリングに比べて作用が穏やかなので、肌が心配な方や初めて角質のお手入れを行う方におすすめです。

【おすすめ酵素洗顔】

アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウォッシュ

アルファピニ

【肌らぶ編集部コメント】

パパイン酵素配合で、タンパク質を分解します。
また、サンゴ末配合で、余分な皮脂を吸着し、なめらかな肌に洗い上げます。
無添加で刺激の少ないつくりで、毎日使用することもできる洗顔料です。

公式HP

メコゾーム ブライトニングソープ

メコゾーム

【肌らぶ編集部コメント】

海洋複合酵素配合の洗顔料です。
泡立ちがよく、しっかりした弾力のある泡が作れます。
すっきりと不要な汚れは落としつつ、しっとりとした洗いあがりです。

公式HP

【おすすめピーリング洗顔料】

セラ AHA クリアウォッシングフォーム

sera

【肌らぶ編集部コメント】

皮脂汚れや古い角質をしっかり落としてニキビを予防するフォームタイプのピーリング洗顔料です。

肌のざらつきやくすみをケアしてなめらかで透明感のある肌へと導きます。ピーリングが始めての方でも取り入れやすく、おすすめです。

公式HP

【おすすめビーリングジェル】

きらりのつくりかた※医薬部外品

きらりのつくりかた

【肌らぶ編集部コメント】

いちご鼻が気になる方で、鼻を部分的にピーリングしたいという方もいると思いますが、
こちらはジェルタイプのピーリング洗顔料なので比較的やりやすいのではないかと思います。

公式HP

②ビタミンC誘導体配合の化粧水で肌を整える

過剰に分泌されてしまう皮脂の抑制作用のある、ビタミンC誘導体の配合された化粧水を使用して、皮脂の量をコントロールしながら水分をたっぷり与えましょう。

ビタミンC誘導体は、角栓の原因となる過剰な皮脂を抑制するだけでなく、肌の生まれ変わりをスムーズにしたり、さまざまなはたらきを持つ美肌づくりのサポートが期待できるといわれている成分です。

皮脂を抑えながら美肌へと導いてくれるビタミンC誘導体配合の化粧水で、肌の潤いのバランスを整えましょう。

【おすすめビタミンC誘導体配合化粧水】

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト(医薬部外品)


サエル

【肌らぶ編集部コメント】

ビタミンC誘導体配合で、潤いと透明感を実感できるローションです。
べたつかずさらっとした使用感で肌になじみます。

公式HP

5.いちご鼻をつくらないために気をつけること

いちご鼻は、できる前から気をつけることで発生を防ぐことが期待できます。

日々の生活の中で、以下のようなことに気をつけましょう。

■基本的なスキンケアを丁寧に行う

スキンケア 化粧水
肌の汚れを綺麗に落とし、肌に必要な潤いをしっかり与える基本的なスキンケアを丁寧に行いましょう。

①汚れをしっかり落とす

いちご鼻をつくりにくくするためには、「クレンジング・洗顔」で毛穴の詰まりの原因である過剰な皮脂や古い角質、メイクなどの汚れをしっかりと落とすことが大切です。(角質層まで)

クレンジングや洗顔料の量が少なかったり、ゴシゴシこするように洗うと肌に刺激を与えてしまうので、適量を使用してやさしく丁寧に洗いましょう。

顔をふくタオルは清潔なものを使用し、やさしく水分を吸い取るように押さえるようにして水気をふき取ります。

②肌に必要な潤いを十分に与える

肌に必要な潤いを十分に与えられるスキンケアを行い、乾燥から肌を守りましょう。

潤いが不足して乾燥すると、肌の柔軟性がなくなって毛穴周りの皮膚が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなってしまい、いちご鼻の原因となるといわれています。

鼻は皮脂の多い部分のため、必ずしもクリームまで使用する必要はありませんが、化粧水だけでは与えた潤いを維持することができません。

乳液や美容液など、肌の潤いをキープしてフタの役割となるアイテムを使用しましょう。

■質の良い睡眠を6時間以上とる

睡眠のリズム
美肌をつくるための睡眠時間の理想は6時間以上といわれています。

また、睡眠時間とともに大切なのが「質の良い睡眠をとること」です。

質の良い睡眠を十分にとることは、ホルモンバランスを整えて、肌の生まれ変わりをスムーズにして肌の免疫力を高めるため、いちご鼻もできにくくなります。

質の良い睡眠をとるためには、眠りが深くなり成長ホルモンの分泌も活発になる睡眠直後3時間にしっかり熟睡していることがポイントです。

この時間に熟睡することができれば、新しい元気な細胞が生まれて肌の生まれ変わりも活発に行われるといわれています。

そのためにも、就寝前は、脳を活発にはたらかせたり刺激するようなことを極力控え、スマートフォンやパソコンを使用しないようにしたり、カフェインの入った飲み物を避けて、スムーズに眠りにつけるように意識しましょう。

■栄養素を食事でバランスよく摂取する

野菜
食生活を見直して美肌に必要なビタミンを摂取し、内側から原因をなくしていきましょう。

食生活が偏ると、美肌に欠かせないビタミンは不足しがちになります。

ビタミンは体内のさまざまな機能をサポートするはたらきがあるため、食事で意識して摂り入れるようにしましょう。

いちご鼻に特におすすめのビタミンは、肌の油分を調整するビタミンB群です。

また、美肌づくりに欠かせないといわれている「ビタミンエース」(ビタミンA・C・E)も併せて摂るのがおすすめです。

【ビタミンを含む食品】

ビタミンB群…レバー、うなぎ、牛乳、豚肉、納豆 等
ビタミンA…にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、トマト 等
ビタミンC…レモン、イチゴ、赤ピーマン、じゃがいも、カリフラワー 等
ビタミンE…ナッツ類、うなぎ、いくら、たらこ、青魚 等

■ストレス解消法をつくる

リフレッシュ
皮脂の過剰分泌につながってしまうストレスをため込まないよう、気分転換のできるストレス解消法をつくりましょう。

仕事や人間関係等でストレスを感じると、皮脂を過剰に分泌する男性ホルモンが増えるため、毛穴を詰まりやすくしてしまいます。

また、ストレスは肌の免疫力を低下させるため、あらゆる肌トラブルを引き起こしやすくなり、肌の老化も加速してしまうといわれています。

自分の好きなことをして気分転換をしたり、運動をして身体を動かすなど、自分なりのストレス解消法をつくってストレスをため込まないように心がけましょう。

6.まとめ

いちご鼻の原因は、皮脂が詰まることでできた角栓であり、正しいケアを行うことで目立ちにくい状態にすることが期待できます。

角栓の原因である「古い角質」と「過剰な皮脂」を取り除いていちご鼻をつくりにくくし、毛穴の目立たないつるんとした鼻を目指しましょう!!

※この記事は2016年7月31日時点での情報になります。
また、使用感や感想には個人差がございますのでご了承ください。

いちご鼻 関連記事

毛穴の汚れ・黒ずみは自宅ケアできる!?意外な原因と対策方法とは?

いちご鼻は洗顔で対策!おすすめの洗顔料&注意点とは?

[PR]鼻の黒ずみ毛穴を防きたい!黒ずみ毛穴の原因と対策方法

[PR]毛穴の開きが気になる方へ!意外な原因と正しいセルフケアとは?

[PR]もう悩まない!美肌に近づく、毛穴の詰まりお手入れ方法!


Pocket
LINEで送る