メニューを開く
アスタリフト;

ストレスで抜け毛が増える!? その理由とすぐできる6つの対策方法

ストレス 抜け毛

「ストレスのせいか、抜け毛が多い!」、「ストレスで増えてきた抜け毛を減らすにはどうしたら良い?」と、お悩みではありませんか?

ストレスは、体にさまざまな不調を引き起こすことがありますが、抜け毛にも関係していると言われています。

そこで今回は、ストレスと抜け毛の関係や、抜け毛の減らし方などをご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.ストレスによる抜け毛の特徴

ストレスが原因で抜け毛が引き起こされることはありますが、抜け毛の原因はさまざまあり、ストレスだけではありません。

まずは、その抜け毛の原因がストレスなのかどうかを見極めましょう。

ストレスによる抜け毛の特徴を3つご紹介します。ご自身に当てはまるかどうかご確認ください。

・急に抜け毛の量が増える
・短い期間で多量に抜ける
・継続的な強いストレスに心あたりがある

ストレスによる抜け毛は、急に抜け毛の量が増え、それも短期間でたくさん抜けるのが特徴です。

一般的な薄毛の場合、「最近抜け毛が増えてきたかな……」と自覚することが多く、進行もゆるやかです。

※抜け毛の中には、「円形脱毛症」という、髪が丸型に抜ける脱毛症もあります。円形脱毛症の原因は、詳しくは分かっていませんが、ストレスが一因とも言われています。

2.ストレスで抜け毛が増える理由

ストレスは、抜け毛を引き起こす可能性のある、血行不良と栄養不足が引き起こされることがあると言われています。

血行不良や栄養不足が、どのように抜け毛が関係するかを詳しくお話しします。

血行不良

ストレスを受けると、血管が収縮し、血行不良が起こると言われています。血管の働きを支える、自律神経が、ストレスによって影響を受けることがあるからです。

健康な髪の成長には、食べ物からの栄養が必要ですが、血行が悪くなると栄養が頭皮まで行き渡りにくくなります。

血行不良により、頭皮に必要な栄養が届かないと、抜けやすい弱い髪が生えやすくなったりすることがあります。

栄養不足

体がストレスを感じると、ストレス状態と戦うために、体の栄養が多く使われます。

ストレスが原因で、肌が荒れたり、頭痛がしたり、人によって感じる不調はさまざまでしょう。

そうした体に起きるさまざまな不調を抑えるために、優先的に栄養が使われるため、頭皮に運ばれる栄養は必然的に少なくなってしまいます。

体の中の栄養は、生命活動に必要な器官へ優先的に送られるようになっているため、頭皮は後回しにされる傾向があると言われています。
バランスの良い食事

3.ストレス解消方法

ストレスによる抜け毛は、ストレスが直接的な原因なので、ストレスを解消することが良いと言われています。

ここでは、ストレスによる抜け毛を減らすために、おすすめのストレス解消法をご紹介します。

ストレス解消には、ご自身の好きなことをやるのが一番ですが、ストレスの解消の仕方が分からない方は、参考にしてみてください。

3-1.軽い運動をする

眠る前に軽いストレッチを行ったり、時間がある時はウォーキングをしたりして、軽い運動をしてみましょう。

激しい運動は、ストレスにつながることがあるため、気楽に負担の少ない運動をするのがおすすめです。

3-2.湯船にゆっくり浸かる

湯船に浸かると、自然とリラックスできますよね。

普段からあまり湯船につかる習慣のない方は、ゆっくり湯船に浸かるようにしましょう。

時間に追われている方も、温かいお風呂に浸かれば体のコリや疲れもほぐれるかもしれません。

3-3.音楽を聴く

好きな音楽で構いませんが、リラックスできる音楽を聴いてみましょう。

好きな音楽や、ヒーリングミュージックを聴いていると、脳がリラックスしている時に出る、α波が出てくると言われています。

気持ちが高ぶったり、疲れている時は、癒やしの音楽で気分をリフレッシュしてみましょう。

気持ちをリラックス状態に導き、眠りに導いてくれる音楽や、選び方、聴き方は、こちらの記事でご紹介しています。
睡眠 音楽

3-4.ゆっくり呼吸をする

ゆっくりとした呼吸を意識すると、心が落ち着くと言われています。

気持ちに余裕がないと、呼吸が速くなることがあるので、ゆっくりと深く呼吸するように心がけてみると良いでしょう。

4.抜け毛を減らすための日常生活編でのポイント

また、ストレスによる影響は、体の弱っている部分に出やすいと言われることがありますので、元気な髪と頭皮環境を保つために、生活習慣を見直すのも良いでしょう。

ストレスを解消するのと同時に気をつけたい、普段の生活習慣のポイントを5つお話しします。

4-1.バランス良く食べる

髪も体の一部なので、食べ物からの栄養を必要だと言われています。

髪の主成分は、たんぱく質だと考えられていますが、たんぱく質だけではなく、あらゆる栄養が作用しあって髪が作られます。

そのため、栄養はバランス良く摂るように心がけましょう。

また、油っこい食べ物の摂り過ぎは、頭皮環境の乱れの原因となるため、控えた方が良いと言われています。

4-2.質の高い睡眠をとる

夜寝ている間は、髪の成長にも関係している、成長ホルモンが分泌されます。

この時、眠りが深く、睡眠の質が高いと、分泌が活発に行われると言われています。

眠る前は、光などの脳への刺激を避け、寝室の環境を快適に整えておくことをおすすめします。

睡眠の質を上げる方法は、こちらで詳しくご紹介しています。

4-3.飲み過ぎに注意する

適度な飲酒は構いませんが、飲み過ぎると、薄毛の原因となる物質が体内で生成されることがあると言われています。

飲み過ぎを自覚されている方は、飲む量には気をつけるようにしましょう。

4-4.喫煙を控える

タバコに含まれるニコチンが、血管を収縮させると言われています。

血管の収縮は、栄養を頭皮に行き渡らせる妨げとなるため、抜け毛を気にされている方は喫煙を控えるのをおすすめします。

4-5.紫外線を防ぐ

紫外線は、髪の成長サイクルにかかわる器官に影響を与えると言われています。

紫外線を防ぐために、帽子や日傘を使い、紫外線が頭皮に当たらないように気をつけましょう。

5.抜け毛ケアのために育毛剤を使う

ストレスの解消や、生活習慣の改善を行いながら、プラスαのケアグッズを使いたいとお考えの方は、育毛剤を使ってみても良いかもしれません。

育毛剤は、健康な髪が生えるための頭皮環境を整えてくれると言われています。

頭皮に優しく、使用の結果に満足ができない方には返金保証を行っている商品もあります。

〈おすすめの育毛剤〉
チャップアップ(医薬部外品)
チャップアップ

販売元:株式会社ソーシャルテック

使用者100人のうち、97人が、「使って良かった」と答えている、使用感満足度の高い商品です。
日本臨床医学発毛協会会長の松山淳会長による、成分の認定を受けています。
また、着色料・鉱物油・香料・石油系界面活性剤を使っていない、頭皮に優しい育毛剤です。
産後の抜け毛にお悩みで、授乳中の女性にもお使いいただける育毛剤もあります。

マイナチュレ(医薬部外品)
マイナチュレ

販売元:レッドビジョン

100以上の育毛剤比較サイトで、1位を獲得している、女性用の育毛剤です。@コスメの「頭皮ケア部門」では、41週連続で上位にランクインしています。
また、2014・2015年には、モンドセレクション金賞を2年連続で受賞しています、

産後は、ホルモンバランスの乱れや、睡眠不足、育児のストレスなどで、抜け毛になりやすいものです。
出産した多くの女性が経験していることで、おおよその場合、産後半年~1年程度でおさまってしまうことがほとんどだと言われています。

グローイングショット エス(医薬部外品)
polaグローイングショットエス

※男性におすすめ
販売元:POLA

男性ホルモンに着目した、頭皮用の薬用育毛育毛剤です。
髪にハリ・コシを与えながら、頭皮の状態を健康に保ち、脱毛を予防します。
塗りやすいボール入りノズルで香りもマイルドです。毎日継続できるよう、使い勝手も考慮されています。
ボトルに記載されている「セルフチェックポイント」を参考にしながら、使用感を確認するのがおすすめです!

グローイングショット BK(医薬部外品)
グローイングショットBKPOLA

※女性におすすめ
販売元:POLA

女性におすすめしたい、頭皮用の薬用美容液です。
健やかな頭皮の環境を保ちながら、女性の髪にハリ・コシを与えて脱毛を予防します。
独自の保湿成分として、パウダルコエキス・黒米エキスを配合し、頭皮にうるおいを与えます。
スタイリッシュなデザインなので、洗面台や化粧台においても邪魔になりません。

6.抜け毛が減らない場合は病院に行く

ストレス解消や、生活習慣の見直しを行った上で、抜け毛が減らない場合は、病院に相談してみても良いかもしれません。

抜け毛の相談は、皮膚科ですが、ストレスによる体の不調を自覚されている場合は、精神科や、心療内科などの受診も検討してみましょう。

7.まとめ

ストレスは、抜け毛を増やす一因と言われています。

頑張っている人や、まじめな人ほどストレスを抱えてしまうものなので、たまには意識的にリラックスするように心がけましょう。

今回ご紹介したことは、基本的なことですが、「絶対守らなきゃ」と気負う必要はないので、できることから始めてみてください。

この記事は2016年1月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る