メニューを開く
2017年4月19日 更新

ストレスと肌荒れの関係とは?要因と対策を知ろう!

ストレス 肌荒れストレスと肌荒れの関係性を知っていますか?

ストレスを感じたときに肌荒れが起こったことがあると思っている方は少なくないと思います。

そう、ストレスを感じたりストレスが溜まった状態は、肌荒れを起こしやすいと考えられているんです。ストレスの要因として、人間関係のトラブル、気候の変化、紫外線、花粉、摩擦などさまざま挙げられます。

日常生活のあらゆることに、肌荒れの要因が潜んでいるとされているんです!

そこで今回は、ストレスからくる肌荒れにスポットを当て「ストレスと肌荒れの関係性」「肌荒れの要因について」「肌荒れ対策方法」をご紹介します。

ストレスと肌荒れについて詳しく知って、肌荒れを起こしにくい肌を保ちましょう!




1. ストレスと肌荒れの関係性

ストレス 肌荒れ私たちの体はストレスを感じると、肌荒れを起こしやすくなると言われています。

なぜなら、過剰なストレスは『ホメオスタシス(恒常性)』の性質を乱してしまうと言われているからです。

ホメオスタシスと聞いても、あまりなじみのない言葉ですよね。

ホメオスタシスとは、自ら健康を維持するために身体のバランスを保とうとする性質のことを表しているそうです。

一例を挙げると、私たちは運動や入浴などによって体温が上がると、汗を出すことで体温を元の状態に戻そうとします。

この働きもホメオスタシスの性質によるものだと言われています。

過度なストレスを感じると、このホメオスタシスのあらゆる性質が乱れてしまい、血行が悪くなったり、皮脂が過剰に増えてしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまったりすることがあるそうです。

そのため、乾燥やニキビなどの肌荒れへと繋がってしまうことがあると考えられています。

2. 肌荒れの要因であるストレッサー

ストレス 肌荒れストレッサーとは、ストレスの要因、つまりストレスの元となることです。

ストレッサーによって生じる心身の変化がストレスだと言われています。

冒頭にて、肌荒れを起こすのは精神的ストレス・身体的ストレスのどちらも関係しているとお伝えしました。

精神的・身体的なストレスの元をたどると、物理的ストレッサー、化学的ストレッサー、生物的ストレッサー、社会学的ストレッサーの4つに分けられます。

では具体的に上記4つのストレッサーとは、どのようなことがあるのでしょうか。

ここでは、肌荒れの要因にも繋がると言われているストレッサーについて、詳しくご紹介します。

物理的ストレッサー

物理的ストレッサーは、物理的に身体に影響を及ぼすとされ、肌荒れにも繋がってしまうことがあると言われています。

物理的なストレッサーとは、以下のものが当てはまります。

■気温
■天候
■気圧
■騒音
■摩擦

化学的ストレッサー

化学的ストレッサーは、化学物質から身体に影響を及ぼすとされ、肌荒れにも繋がってしまうことがあると言われています。

化学的なストレッサーとは、以下のものが当てはまります。

■公害物質
■有害物質
■花粉
■PM2.5
■アルコール
■タバコ

生物的ストレッサー

生物的ストレッサーは、植物や微生物から身体に影響を及ぼすとされ、肌荒れにも繋がってしまうことがあると言われています。

化学的なストレッサーとは、以下のものが当てはまります。

■ウィルス
■細菌
■妊娠
■虫歯

社会学的ストレッサー

社会学的ストレッサーは、精神的な不安が募ることで肌荒れへと繋がってしまうことがあると言われています。

社会学的なストレッサーとは、以下のものが当てはまります。

■人間関係の悩み
■経済的な悩み
■政治問題の悩み
■老後の悩み

3. ストレスに負けたくない!【肌荒れ対策方法】

ストレス 肌荒れ「2.肌荒れの要因であるストレッサー」でお伝えしたように、ストレスの要因は多々考えられます。

ストレスの要因になる、全てのストレッサーから逃げるのが一番ですが、現代社会では不可能と考えていいでしょう。

そこで、日頃からすこやかな肌をキープできるように、肌荒れ対策方法をご紹介します!

①バランスの良い食事を摂る

セサミン サプリ
肌荒れ対策方法の一つ目として、バランスの良い食事を摂りましょう。

毎日バランスの良い食事を摂って、常にすこやかな肌を保てるように心掛けることが大切です。

肌は、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素があってこそ作られます。

そのため肌をすこやかに保つために、主食、主菜 、副菜 を食べ、栄養素をバランスよく摂るように心掛けましょう。

②ストレスを発散する

ストレス 肌荒れ 読書 本 コーヒー
肌荒れ対策方法の二つ目として、ストレスを発散するようにしましょう。

食事、睡眠、運動だけでなく、ストレスを発散して心身ともに整えることで、肌リズムも整いやすくなると言われています。

具体的なストレス発散方法は、好きな香りを嗅いだり、読書をしたりと、身体を休めながらできる方法も良いかもしれませんね。

③睡眠を十分にとる

口の周り 吹き出物
肌荒れ対策方法の三つ目として、睡眠を十分にとるようにしましょう。

1日に6~8時間程の睡眠をとると良いと言われています。

睡眠中は、肌リズムをサポートする成長ホルモンが多く出るとされているので、睡眠は肌をすこやかに保つためにも大切なものだと考えられているのです。

④適度な運動をする

バストアップクリーム ランキング 口コミ おすすめ 市販
肌荒れ対策方法の四つ目として、適度な運動をするようにしましょう。

適度な運動をすることで代謝をよくし、すこやかな肌をサポートできると考えられています。

なぜなら、運動をすることで血行が良くなるため、肌リズムが整いやすくなるとされているからです。

そのためには、ウォーキングなどのリズムがあり単調な運動でも良いですが、時間が取れないときはストレッチなどその場でできる簡単なな運動でも良いので行ってみましょう。

また、適度に体を動かすことで自然とストレス発散に繋がることもあるので、適度に体を動かすことはとても肌だけでなく、すこやかな体を保つためにも大切だと言われえています。

4. まとめ

乳液 いらない
ストレスと肌荒れについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

『ストレス→肌荒れ→さらにストレス→さらに肌荒れ』という、負のループに陥ってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ぜひ、今回ご紹介した肌荒れ対策方法を実践し、すこやかな肌を保って、自分に自信を取り戻しましょう!

この記事は2017年4月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。