メニューを開く

「かゆい」だけじゃない! カンジダの症状と原因、治し方を解説


Pocket
LINEで送る

カンジダ 症状
カンジダの症状として、性器のかゆみやおりものの異常は、よく知られていますが、他にも症状があります。

今回は、カンジダが疑われる症状をお持ちの方のために、男女別のカンジダの症状や、カンジダと似た症状のある病気、カンジダの原因、予防方法などをご紹介します。



1.カンジダとは

カンジダは、膣などの体内にあるカビ(カンジダ真菌)が原因で起こる病気です。男女ともに性器に症状が出て、性交時など、接触のある男女の間で感染することも多少ありますが、性感染症とは違います。

女性の場合、性交の経験の有無にかかわらず、5人に1人という割合でカンジダを発症しています。女性は、カンジダを発症する膣が体の中にあることから、男性に比べてカンジダを発症しやすくなります。

また、性器のカンジダがよく知られていますが、皮膚や口などもカンジダを発症し、赤みやかゆみが出ることがあります。

2.カンジダの症状

カンジダにかかった時の、具体的な症状を、男女別にご紹介します。

2-1.女性のカンジダの症状

・膣や外陰部にかゆみがある
・おりものの量が普段より多い
・おりものがいつもと違う(ヨーグルト、カッテージチーズ、酒粕、おから、などのようなおりもの)
・性交時に痛みがある
・膣や外陰部の痛みや腫れがある

2-2.男性のカンジダの症状

・性器にかゆみがある
・恥垢、白いカスが出る
・斑点が出る
・性器に痛みがある
・性器表面が乾燥する

3.カンジダになる原因

生理痛 原因 薬

カンジダは、どこかからうつることもありますが、多くの場合は、体内にいるカンジダが、何らかの理由で異常に増殖し、症状を出します。

カンジダが増殖し、症状を起こす原因をご紹介します。

・免疫力の低下(ストレス、疲労、病後 など)

ストレスや疲労がたまっている時、病み上がりの時など、免疫力が低下していると、カンジダ菌が増殖します。

異常にカンジダが増殖すると、カンジダの症状が起こります。

・抗生物質の服用

抗生物質は、体内にいる良い菌(常在菌)まで殺してしまいます。常在菌は、細菌などの体に悪影響をおよぼす可能性のある菌を殺し、体の健康を保つ役目を果たします。

しかし、抗生物質を服用した後は、常在菌がいなくなるため、カンジダ菌が異常に増え、悪さをしてしまうことがあるのです。

・カンジダの繁殖しやすい環境

カンジダは、湿度が高い環境や、不潔な環境で増えやすくなります。そのため、女性の場合は、汗で膣が蒸れる、夏の時期に特にカンジダが発症しやすいです。

一方男性は、性交後にシャワーなどをあびずに、性器を不潔にしていてカンジダになることが多いです。

・カンジダ菌との接触

わずかではありますが、カンジダ菌を持った人との性交で感染することがあります。カンジダを発症している場合、逆に相手にうつしてしまい、症状が落ち着いてもカンジダを互いにうつし合う可能性もあります。

男性は、性交後すぐに菌を洗い流せば、感染することは少ないです。

・ホルモンバランスの乱れ(月経前、妊娠中、ピルの服用 など)

女性の場合、月経前、妊娠中、ピルの服用など、ホルモンバランスが乱れると、膣の自浄作用が低下し、カンジダ菌が増えやすくなると言われています。

4.カンジダの症状があらわれたら病院に行く

顔 脱毛 自宅 クリニック

症状を見ただけでは、カンジダかどうかの判断が難しいため、カンジダのような症状が出たら、病院に行きましょう。

カンジダは、女性であれば婦人科、男性は泌尿器科を受診してください。

カンジダの症状は、放っておくと悪化し、他の病気を発症したり、カンジダと似た症状が出る他の病気だったりする可能性があります。勝手な判断で、放っておくのは避けましょう。

4-1.カンジダによく似た症状の病気

〈女性〉

・膣トリコモナス
症状:外陰部に痒みが出ます。また、強いにおいがあり、黄色みがかった、泡状、もしくは粘り気のあるおりものが出るのが特徴的です。

・琳(りん)菌性膣炎
症状:粘り気とにおいのあるおりものが出て、排尿時に痛みを感じます。進行してくると、下腹部に痛みが生じることがあります。

・細菌性膣症
症状:やや水気が多く、黄色みがかったおりものが出ます。魚のような生臭いにおいがするのが特徴です。

・性器ヘルペス
症状:外陰部や、膣の入り口に赤い発疹や、水ぶくれができ、排尿時に痛みがあります。

〈男性〉

・トリコモナス
症状:性器のかゆみがあり、尿道から膿が出ます。カンジダと似た症状ですが、男性は比較的なりにくい病気ではあります。

・性器ヘルペス
症状:亀頭や包皮、おしりなどに、赤い発疹や水ぶくれができます。

・淋病
症状:性器のかゆみや、排尿時の強い痛みなどがあります。
・性器クラミジア
症状:性器のかゆみや、尿道からの膿、排尿時の痛みなどがあります。

4-2.女性のカンジダの治療の流れ

PMS症状 ピル処方

病院での問診とおりものの培養などを行って検査をします。おりものを採取する際に、膣の中に病院器具を挿入するので、スカートを履いて行った方が楽です。

その後、膣内の洗浄を行い、膣錠(膣に入れるタイプの錠剤)、塗り薬と膣錠、内服薬などを処方されるのが一般的です。

1週間以内に検査の結果が出るため、再度病院を受診する必要がありますが、その時点でもまだ症状が続いていれば、薬が処方されます。

4-3.男性のカンジダの治療の流れ

男性は、問診と尿検査でカンジダの検査を行います。まれに、女性と同様に培養検査をする場合もあります。

そして、問診の結果により、カンジダが疑われる場合は、塗り薬が処方されます。再度、病院を受信した際に検査結果を聞き、まだ症状が改善されていないようなら、さらに薬による治療が続けられます。

5.カンジダの予防方法

ストレス解消 食べ物 ヨーグルト

カンジダは、一度なると繰り返しやすい病気です。完治しても、日頃から再発しないよう予防するようにしてください。

・通気性を良くする

女性は体の構造上、膣の通気性が悪くなりがちなので、膣が蒸れないようにしてください。

ナプキンやおりものシート、タンポンのつけっぱなし、通気性の悪い服装(ガードル、ストッキングなど)は、特に汗をかく夏場は避けてください。

・ヨーグルトを食べる

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、免疫力を高めるとされているほか、ヨーグルトに含まれる菌が、膣内をカンジダ菌が繁殖しにくい環境に保ってくれます。

・砂糖、炭水化物の摂り過ぎに注意する

糖質や炭水化物は、カンジダのエサとなるため、摂り過ぎないようにしましょう。まったく摂ってはいけないというわけではないので、あらゆる栄養素をバランス良く摂ることを心がけて、免疫力の低下を防いでください。

・清潔に保つ

性交後はきちんと入浴し、万が一菌が性器についても洗い流すようにしましょう。ただし、膣の中を石鹸で洗うのはやめましょう。

常在菌が石鹸の洗浄力で殺されてしまい、悪い菌に対する抵抗力がなくなってしまいます。

6.まとめ

主に性器カンジダの症状や原因、治療法などについてお話ししました。カンジダの正しい知識を持って、再発や感染を防ぎましょう。

また、繰り返すカンジダは、何らかの疾病の可能性もあるため、不安になったら専門の医師に相談してください。

※この記事は2015年8月26日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る