メニューを開く
アスタリフト;

手汗の原因は?原因を知って、対策を見つける!

手汗 原因

手汗が気になって、人と握手をしたり、手をつなぐことをためらってしまった経験、ありませんか?
手汗が恥ずかしくて、人とうまくつきあえなくなったり、コンプレックスになってしまう人もいるようです。

でも、手汗で悩んでいる人は、実は少なくありません。自分の手汗の原因をつきとめて、対策を探してみましょう。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ファリネ



気になる「手汗」に悩んでいるあなたへ、手汗対策用の制汗パウダー「ファリネ

手汗は脇汗の制汗剤やスプレーでは抑えられないということに着目して作られた、手汗ケア専用パウダーです。

今だけ初回のみ70%offキャンペーン実地中で、通常価格8,890円のところ【2,667円(税別)】と断然お得です!また送料は無料です!

さらに初回限定で、90日間返金保証がついています!ひとつ使いきってもOKなので、まずは使ってみることをオススメします!

ファリネ


1.手汗の原因を知って対策を探す

1

手汗をかくことの原因は複数あり、手汗が気になる人の中でも、汗の量や汗のかき方は様々です。

ここでは、自分がどのタイプかを知って、対策を探すためのヒントにしてください。

1-1. ストレス

手汗の原因としてまず挙げられるのが、精神的なストレスによるものだと考えられています。

悩みを抱え込みやすい人や、人間関係や仕事で何らかの悩みがある方に多い傾向があります。

気付かぬうちにストレスを抱え込んでしまっている場合もありますので、趣味や楽しめる時間を定期的に作るなどして、リフレッシュできる環境を整えるようにしましょう。

1-2. 緊張・不安

緊張や不安によって手に汗をかくのは、決して異常なことではありません。

緊張しやすくて、手汗が気になる人は次のようなことを心掛けてみましょう。

・時間に余裕を持って行動する。
焦りや、気持ちが急かされると緊張が高まり、汗をかきやすくなることがあります。
時間には余裕をもって行動するようにしましょう

・香りの良いお茶を飲む、アロマオイルを持ち歩く。

好きな香りを嗅ぐことで、気持ちをリフレッシュさせることができる場合があります。
お気に入りの香りをアトマイザーに入れて持ち歩くのもおすすめです。

・マッサージ
不安や緊張をやわらげるには、手のひらのマッサージもおすすめです。
手のひらの人差し指と親指の付け根のポイントを、痛気持ちいい強さで押してみましょう。

1-3. 姿勢の悪さ・自律神経の失調

自律神経が乱れると、手汗が増えることもあります。自律神経の失調には姿勢の良し悪しが関わっていると言われていますので、姿勢を正しくすることで手汗を抑えられることがあります。呼吸を整え、良い姿勢を意識し、歩き方にも気をつけるようにしましょう。

1-4. ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、女性ホルモンのバランスが乱れると、手汗が増えることがあります。

生理前や生理中に、手汗がひどくなるのはこのケースです。
他にも、妊娠や更年期が原因でホルモンバランスが乱れると、手の汗が多くなることがあります。

1-5. 食事

辛いものや、熱々のものなど、刺激の強い食事は交感神経の活動を活発にし、汗腺を刺激するため、汗の量が増えます。
刺激の強い食事をひかえることで、手汗をかきにくくなる場合があります。

1-6. 肥満

太りすぎで皮下脂肪や内臓脂肪が増えると、体内からの放熱ができにくくなり、発汗量が増えます。肥満を解消することで、汗の量を抑える働きを期待できます。

1-7. 病気

病気が原因で、手汗が多くなることがあります。
急に汗が増えた場合、医師に受診するのもひとつの方法です。

②多汗症が原因の手汗

多汗症が原因で手汗が気になる場合もあります。
これは「手掌多汗症」と呼ばれ、精神的な刺激や緊張がそれほど強くない状態でも手汗をかくことが多いと言われています。
男女差はなく、幼少期から心当たりがあるというケースが多いようです。

汗の量によっては専門の医療機関に受診するのもいいでしょう。
まず、自分の手汗のレベルを知り、抑える方法を見つけるヒントにしてください。

・レベル1
手のひらが汗で湿っている
・レベル2
手のひらに汗の水滴ができる
・レベル3
汗が垂れるほど手のひらに汗をかく

自分はレベル2以上だと感じる方は、日常生活に支障をきたすこともあるので、医師の診断を受けることをおすすめします。

2. 手汗専用のケア商品を試してみよう!

病院で多汗症の治療を受けるほどではないけれど、自分できるケア方法を探しているという人には、手汗ケア専用の商品があるのでご紹介します。薬や手術の治療に抵抗がある人、そこまでひどくないという人は、まずはこのような商品を試してみてはいかがでしょう。

多汗症を治すためのものではありませんが、手汗がどうしても気になるという人は、まずはエチケットとして手軽に試してみてはいかがでしょう。

ファリネ



アスクレピオス製薬株式会社

手汗は脇汗の制汗剤やスプレーでは抑えられないということに着目して作られた、手汗専用パウダーです。

>>ファリネ 公式HPはこちら

フレナーラ【医薬部外品】
3

株式会社レオナビューティ

手汗対策のジェルクリームです。

>>フレナーラ 公式HPはこちら

3. それでも改善しなければ病院で治療

手汗の原因は様々ですが、いろいろな方法を試してもなかなか結果が出ない場合は、病院で受診してみましょう。

病院の何科に行くのがいいかわからない場合は、総合内科を受診して自分の状態を相談してみることから始めましょう。皮膚科、心療内科など、ふさわしい科を教えてもらうことができます。またネットなどで手汗の治療をしている病院を探して相談してみるのも良いでしょう。

4.まとめ

手汗があるために、人とのコミュニケーションに臆病だったり、自動車の運転や、コンピューター、スマホの操作が苦手だったり、という悩みを持つ人は、決して少なくありません。

今は手汗専用の商品もあり、病院での治療を受けることもできます。
あきらめずに自分に合う対策を見つけることが大切です。

※この記事は2015年10月23日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。

 


Pocket
LINEで送る