メニューを開く

顔のほくろの原因は?増やさないための対策法と除去法もご紹介

ほくろ 原因「顔のほくろの原因って何?」「あれ?こんなところにほくろあった?」とふと疑問に思った経験はありませんか?

特に、顔にできたほくろはメイクでも隠すことができないのでとても気になってしまいますよね。美容に関心のある女性にとっては、とても厄介なほくろです。

顔のほくろを予防するためには、ほくろのできる原因について知ることが大切です。顔にほくろのできる原因と対策法について詳しくご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
astalift

1.ほくろの原因を知る前に~知っておきたいほくろの種類~

ほくろ 原因あなたの顔にあるほくろは、生まれつきのものですか?気づいたらできてしまっていたものですか?

ほくろには「先天性」のものと「後天性」のものがあります。

「先天性」のほくろ・・・遺伝によるもので赤ちゃんの頃からあるほくろを指します。親にほくろが多いと、子どももほくろが多くなる可能性が多いとされています。

「後天性」のほくろ・・・何らかの原因(紫外線や摩擦、生活習慣やホルモンバランスの乱れなど)によってできてしまうほくろを指します。気づいたらほくろが増えていた!のほくろは「後天性」のほくろです。

2.顔のほくろの原因4つ

ほくろ 原因1ここでは、後天性のほくろが顔にできてしまう原因、増えてしまう原因についてご紹介します。
「後天性」のほくろが顔にできてしまう原因は大きく4つに分けられます。

✔紫外線
✔摩擦
✔生活習慣の乱れ
✔ホルモンバランスの乱れ

詳しくご紹介しますので、普段のご自身の行動を振り返ってみてください。

顔のほくろの原因①紫外線

ほくろ 原因顔にほくろができる大きな原因は紫外線です。紫外線は、行動範囲や行動時間によって人によって異なりますが、外出する機会がある方であればほとんどの方が毎日浴びているものです。

紫外線対策をせずに継続的に紫外線を浴び続けると、肌のメラノサイトという色素細胞の働きが活発になり、メラニン色素ができます。

メラニン色素は肌を紫外線から守る役割を果たすのですが、増えすぎると皮膚の一部に集中してほくろとなってしまうのです。

顔のほくろの原因②摩擦

ほくろ 原因摩擦も、顔のほくろの原因となる可能性があります。

何気ない普段の行動によって、摩擦は無意識のうちに引き起こされてしまっています。

◆メイクによる摩擦
ほくろ 原因普段のメイクも顔のほくろの原因の1つになってしまっている可能性があります。
ブラシやスポンジで肌をこすってしまってはいませんか?

大人の女性にとってメイクは欠かせませんが、肌はとてもデリケートなためメイクアイテムの刺激によってメラニン色素が増え、ほくろの原因となってしまう可能性があるのです。

また、肌荒れをしているときにメイクをすることも、顔のほくろの原因となりかねません。肌へと過剰に刺激を与えてしまうので、メラニン色素を増やすことになるのです。

◆スキンケアの際の摩擦
ほくろ 原因スキンケアの際に、コットンや手で肌をこすってしまうことも、顔のほくろの原因となる場合があります。

メイクのときと同様に、肌へと過剰に刺激を与えることは、その部分のメラニン色素を増やしてしまう可能性があります。

顔のほくろの原因③生活習慣

ほくろ 原因生活習慣の乱れも、顔のほくろの原因となると言われています。

一度ご自身の生活を振り返ってみましょう。心当たりはありませんか?

◆睡眠不足
ほくろ 原因一見関係ないように思えますが、睡眠不足も顔のほくろの原因となります。

睡眠時間は成長ホルモンの分泌に欠かせない時間です。肌のターンオーバーを整え、古い角質や古い細胞を排出するためには、十分な質の高い睡眠が必要です。

寝不足になってしまうと、肌に蓄積されたメラニン色素がうまく排出されずに残ってしまうので、顔のほくろの原因となりかねないのです。

◆食生活の乱れ
ほくろ 原因食生活の乱れも、顔のほくろの原因となる場合があります。

栄養バランスの偏った食事や、不規則な食事は肌のターンオーバーを乱してしまいます。そのため、ほくろのもととなるメラニン色素が排出されにくくなり、ほくろができやすくなってしまうのです。

好きなものばかり食べてはいませんか?嫌いな食べ物が多すぎではありませんか?
一度ご自身の食事を振り返ってみましょう。

顔のほくろの原因④ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れも、顔のほくろの原因となりかねません。

ホルモンバランスの乱れは、大きく『ストレス』『生理前』『妊娠・出産』によって引き起こされてしまいます。
※後者2つは女性ホルモンの乱れに関係

◆ストレスによるホルモンバランスの乱れ
ほくろ 原因溜まったストレスによって引き起こされるホルモンバランスの乱れも、顔のほくろの原因となる可能性があります。

人間は誰しも多かれ少なかれストレスを抱えているものですが、ストレスを溜め込み過ぎるとホルモンバランスや自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

結果的に代謝も落としてしまうことになるため、メラニン色素が上手に排出されにくくなってしまい、皮膚の一部に集中して顔のほくろの原因となってしまう場合があるのです。

◆生理前の女性ホルモンの増加
ほくろ 原因女性の場合は、生理前の女性ホルモンの増加も顔のほくろの原因となるようです。

生理前には、女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が多く分泌される仕組みになっています。プロゲステロンはメラノサイトの働きを活性化させる作用があるため、生理前は普段と比べるとほくろができやすくなってしまうのです。

◆妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れ
ほくろ 原因女性は、妊娠や出産を経験した後にほくろが増えたと感じる方がいるようです。

妊娠中は女性ホルモン「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌が増えます。前述したとおり、プロゲステロンはメラノサイトを活性化させてメラニン色素を生み出す働きがあるため、妊娠出産を経ると、ほくろが増えたり、ほくろが大きく目立ったりするようになってしまう場合があるのです。

3.顔のほくろを増やさないための3つの対策法

ほくろ 原因顔のほくろを対策するためには、原因となるものをできるだけ避けることが大切です。

顔のほくろを増やさないための対策法を大きく3つに分類してみました。

ほくろは一度できてしまうと簡単には消えないので、できる前に対策することがとても大切です。ぜひ、参考にしてみてくださいね♪

顔のほくろの対策法①紫外線対策をしっかりと行う!

ほくろ 原因顔のほくろの予防でまず大切になってくるのは、ほくろの大きな原因となる紫外線を避けることです。

特に顔は紫外線の影響を直接受けやすいので、メイクをする前に日焼け止めやSPF・PAの表記がある化粧下地を塗るなどしっかりと対策をしましょう。

また、帽子や日傘を身につけるなど紫外線になるべく触れないように気をつけることも大切です。紫外線は季節にかかわらず、一年中どんなときも地上に届いているので、常に対策をする癖をつけるようにしましょう。

顔のほくろの対策法②肌に刺激を与えない!

ほくろ 原因肌へ刺激を与えないように注意しましょう。メイクをする際には、ブラシやスポンジで肌をこすらないように気をつけてください。アイシャドウやクリームチークなどを指で肌へのせるときも、優しい力で行うようにします。

なお、洗顔を行う際にも、強い力でごしごしとこすらないように気をつけるよう心掛けましょう。

顔のほくろの対策法③生活習慣を整える!

ほくろ 原因ほくろの原因となっている乱れた生活習慣を見直して、肌のターンオーバーや、ホルモンバランスを整えることもとても大切です。

ひとつずつ理想とする生活習慣についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

◆睡眠をしっかりととる
ほくろ 原因夜更かしをせずに、質の高い睡眠をとるように心掛けましょう。夜中に何度も目が覚める場合や、眠っても疲れが取れないような場合は睡眠の質が低い可能性があります。

枕が自分に合っているかどうか確認をするなど、睡眠環境がリラックスできるものかどうか今一度確認してみてください。

◆栄養バランスのよい食事を、1日3食しっかりととる
ほくろ 原因栄養バランスのよい食事を1日3食しっかりと食べることは、肌のターンオーバーを整えることに繋がります。

1日3食の食事がどうしても難しいという方は、肌のターンオーバーを整える栄養素を積極的に摂取するようにしましょう。

【肌のターンオーバーを整える栄養素】
・ビタミンA…人参、かぼちゃ、春菊、小松菜、ほうれん草、レバー、うなぎなど
・ビタミンB群…まぐろ、かつお、バナナ、豚肉、大豆、卵など
・ビタミンC…いちご、みかん、ピーマン、ブロッコリー、さつまいも、じゃがいもなど
・ビタミンE…アボカド、赤ピーマン、ナッツ類など
・亜鉛…牡蠣、ゴマ、牛肉など

◆ストレスを溜め込まない
ほくろ 原因ストレスを溜め込まないように、こまめにリフレッシュできる時間を確保するようにしましょう。

仕事中や勉強中に大きく深呼吸をしたり、休日には落ち着く場所でまったりと過ごしたり、旅行に行ったりするのもよいですね。ストレスフリーで生活することが、ホルモンバランスを整えることに繋がります。

◆新陳代謝を高める
ほくろ 原因定期的に運動を行う、毎日お風呂に入るように習慣づけるなど、血流を促進して新陳代謝を高めることも重要です。

新陳代謝が高まると、溜まってしまったメラニン色素が体外に排出されやすくなるので、ほくろの増加予防に繋がります。

4.顔のほくろが気になったら~クリニックで除去~

ほくろ 原因できてしまった顔のほくろを消したい!と思った場合はクリニックで除去をしてもらう方法があります。原因を知ってしっかりと対策をすることが大切ですが、できてしまった顔のほくろに悩んだ場合は、クリニックで医師に相談してみてください。

クリニックでほくろを除去する方法はレーザー治療・切除縫合法・くりぬき法といくつかあり、ほくろの大きさや色の濃さなどによって施術が異なります。

代表的なものはレーザー治療です。ほくろにピンポイントにレーザーを一瞬当てるだけなので、痛みもほとんどないと言われています。クリニックで施術を受ける場合は、信頼できるクリニックで説明を受けて、メリットやデメリット等を含めて納得した上で施術を受けるようにしましょう。

ただし、皮膚科では保険が適用されますが、美容外科では保険適用外となりますので注意も必要です。

5.まとめ

ほくろ 原因参考になりましたでしょうか?

顔のほくろができてしまう原因と、対策法についてご紹介しました。
ほくろは自然にできてしまいますが、原因となるものを知って普段の行いを見直せばあらかじめ予防することができます。

顔のほくろを気にせずに、自信をもって毎日を過ごせるようになりたいですよね♪

この記事は2016年11月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る