メニューを開く

薄毛対策シャンプー4選!シャンプーで頭皮も髪も元気にしたい!


Pocket
LINEで送る

shutterstock_73309144

「薄くなったかなと気になる・・・」「髪のために毎日のシャンプーを合った物に変えたい!」「せっかくなら薄毛対策ができるシャンプーが欲しい!」と、お考えではありませんか?

頭皮ケアは、自分に合ったシャンプーを選ぶことから始まります。

しかし、薄毛の人に良いとされるシャンプーだけでも、種類はたくさんありますし、本当に自分の髪に合った薄毛対策の為のシャンプーを選ぶのは簡単ではありませんよね。

そこで、今回は薄毛に悩んでいる方や、「薄毛かも・・・」と少し気になる方のために、薄毛の方のシャンプーの選び方や、おすすめしたいシャンプーをご紹介します。

◆肌らぶ セレクション◆

リーブ21 ホームケアシャンプー

あのリーブ21が開発した「プロケアシャンプー」が登場!

健康な髪に必要なのは頭皮に合ったシャンプー剤。
リーブ21のシャンプー剤は過剰な皮脂と汚れだけを洗浄し、天然美容成分が頭皮の角質層のすみずみまで浸透し、うるおいを与えて整えてくれます。

また、頭皮の状態に合ったシャンプー&コンディショナーを使えるように、普通・乾燥肌用、脂性肌用がそれぞれタイプ別に選べるようになっています。

初めての方限定トライアルセット(各100ml)が税込1,980円です。約2週間分なので、実際に手触りや使用感覚を試してみることができます。
気になる方は是非チェックしてみてください。
このトライアルセットはうれしい全国一律送料無料となっております。

ホームケアシャンプー&ホームケアコンディショナートライアルセット【医薬部外品】
リーブ直販公式《お申込み》はこちら
薄毛 シャンプー(ホームケアシャンプー)


1.薄毛用シャンプーの選び方

普段のシャンプーは頭皮にダメージを与える一因となっている可能性があります。
ここでは薄毛を対策するシャンプーの正しい選び方と、正しい髪の洗い方についてお話しします。

・正しいシャンプーの選び方
シャンプーボトル

シャンプーは使用されている洗浄成分により、石鹸系、アミノ酸系、高級アルコール系の3つに分けられています。その中でも、薄毛対策にはアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

頭皮を必要以上に乾燥させてしまうと、その乾燥により皮脂が過剰分泌され、頭皮のかゆみなどを招きやすくなってしまいます。

その結果、健康な髪が生える為に必要な頭皮環境が乱されやすくなることが考えられます。

アミノ酸系シャンプーは界面活性剤(洗浄成分)のかわりアミノ酸系の成分が配合されております。価格はやや高めというのも特徴です。

薄毛の方にあまりおすすめできないのが、高級アルコール系シャンプーです。洗浄力があって価格が安めなのが特徴です。

また、使用したシャンプーで、刺激があると感じるものは、頭皮を必要以上に乾燥させてしまう可能性があり、思うような期待が得られない場合もあるので注意しましょう。

〈シャンプーの見分け方〉

アミノ酸系シャンプーは「ラウロイル●●」、「ココイル●●」などを含んでいる製品です。

それらの成分は製品の裏側にある成分表示で確認することができます。一方、高級アルコール系シャンプーの場合「ラウリル硫酸カリウム」「ラウレス硫酸Na」「アルキル硫酸」など、「ラウリル」や「硫酸」とつく成分が含まれているものだと判断ができます。

シャンプーに使用されている成分を確認し、自分に合ったシャンプーを選びましょう。

2.男女別 おすすめの薄毛対策シャンプー

ここからは、男性向けと女性向けに分けて、頭皮を理想的な環境に整え、さらに薄毛対策が期待できる薄毛におすすめのシャンプーをご紹介します。

薄毛対策用のシャンプーは、厳密に男性向け、女性向けと分かれている訳ではありませんが、多少の違いがあることから男女別にそれぞれおすすめのシャンプーをご紹介します。

男性は女性よりも皮脂の分泌量が多いため、女性のシャンプーよりも男性向けのシャンプーは洗浄力があるものが多いのが特徴です。

男性におすすめの薄毛対策シャンプー

男性は女性よりも分泌される皮脂の量が多いので、シャンプーで頭皮の余分な皮脂をきちんと洗うことが重要です。

余分な皮脂を残すと、余分な皮脂に汚れが付着しやすくなり、毛穴をふさいでしまうことがあるので、生えてきた髪の毛を細くしてしまうことがあります。

頭皮をやわらげ、かつ元気な髪が生えてくるよう頭皮環境を整えてくれる、男性におすすめのアミノ酸系シャンプーをいくつかご紹介します。

INZEALシャンプー

INZEAL

株式会社オプティル《INZEALシャンプー》
自然派にこだわった成分が配合されています。洗浄力はしっかりしていますが、頭皮の角質層までうるおいを与え、頭皮環境を整えながら保湿してくれます。亜鉛やゼイン(髪の主成分であるたんぱく質の一種)が含まれており髪にハリ・コシを与えてくれます。

>>「INZEALシャンプー」の公式HPはこちら

プレミアムブラックシャンプー

ブラックシャンプー

&GINO《プレミアムブラックシャンプー》
しっかり洗浄ができるので、頭皮の皮脂やにおいを気にされている方には特におすすめです。ゴボウ根エキス、褐藻エキス、センブリエキスなどの保湿成分も配合されており、薄毛対策への期待ができます。
ダメージヘアへの補修にも期待できます。カラーリングや白髪染めをされている方、切れ毛などに悩んでいる方におすすめです。

>>「ブラックシャンプー」の公式HPはこちら

オーセル 澡
藻1

株式会社オーセル《澡》
天然成分100%のシャンプーで、敏感な肌の方でも使用できるシャンプーです。
しっかりと余分な皮脂や汚れを取り除き、さっぱりと洗えるので、頭皮の皮脂が多いかな(脂っぽいな)と感じる方に特におすすめです。
ダメージヘアを補修し、髪のハリやコシに期待できます。頭皮が乾燥が気になる方にはあまり向きませんが、しっかりと洗いたい方には嬉しい、スッキリとした使い心地です。

>>「オーセル 澡」の公式HPはこちら

U-MAシャンプー
U-MA

株式会社ゼロプラス《U-MAシャンプー》
ゴボウコンエキス、馬油、オタネニンジンエキス、オドリコソウ花エキス、セージ葉エキスなど保湿成分が配合されているので、薄毛対策に期待ができます。
余分な皮脂を洗い流しつつ、頭皮に必要なうるおいは残します。馬油が頭皮に油膜を張り、頭皮をすこやかに保ちます。
化学物質不使用。
万が一肌に合わない場合は返金保証つきなので安心して購入できます。

>>「U-MAシャンプー」の公式HPはこちら

※さまざまなシャンプーをご紹介しましたが、すべての方に肌にトラブルが起こらない訳ではありません。トラブルが生じたときは、すぐに使用を中止し、専門の医療機関へ相談に行くようにしてください。

女性におすすめの薄毛対策シャンプー

ここからは、薄毛対策をしたいとお考えの女性におすすめのシャンプーをご紹介します。

女性は、男性に比べ皮脂の量が少ないため、あまりに洗浄力のあるシャンプーを使用すると、頭皮の乾燥や髪の乾燥、また乾燥によって皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあります。そのため、頭皮への保湿を十分考慮して選ぶ必要があります。

女性の髪は、おしゃれと切り離すことはできません。

カラーリングやパーマ、エクステンションなど、髪や頭皮に負担をかけてしまっていることもありますので、補修しながらハリやコシを与えてくれるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

薄毛予防haru

株式会社nijito 《黒髪スカルプ・プロ》
髪にハリ・コシを与えて、髪を乾かしたときに全体的なボリュ-ムも演出してくれます。

>>「100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】」の公式HPはこちら

オアシス天然シャンプー
オアシスシャンプー

オールセル《オアシス天然シャンプー》
やわらかな洗い上がりで、保湿成分として「センブリエキス」や「サンショウ果実エキス」などが配合されています。
さらに、傷んだ髪を補修することにも期待ができます。髪が傷んでいる方や、頭皮が乾燥しやすい方にはおすすめです。

>>「オアシス天然シャンプー」の公式HPはこちら

リマーユヘアシャンプー
リマーユ

リバテープ製薬《リマーユヘアシャンプー》
保湿成分「センブリエキス」が頭皮や髪をハリ・コシ・うるおいを与えます。
無香料・無着色。パラベンフリー
創業130年以上の製薬会社がお客様のご要望により、作ったシャンプーです。

>>「リマーユヘアシャンプー」の公式HPはこちら

INZEALシャンプー

INZEAL

株式会社オプティル《INZEALシャンプー》
洗浄によって余分な皮脂や汚れを洗い流し、配合されている亜鉛やゼイン(髪の主成分であるたんぱく質の一種)が、髪にハリ・コシを与え、頭皮を保湿してくれます。
一見男性向けのシャンプーのようですが、頭皮へうるおいを与え、傷んだ髪やロングヘアーがまとまりやすくなると、女性にも人気の商品です。

>>「INZEALシャンプー」の公式HPはこちら

※薄毛対策のシャンプーをご紹介しましたが、すべての方に肌トラブルが起こらない訳ではありません。トラブルが生じたときは、すぐに使用を中止し、専門の医療機関に相談してみてください。

3.正しい髪の洗い方・乾かし方

■正しいシャンプーの仕方

間違った方法で髪を洗うと頭皮に負担がかかり、頭皮の環境が悪くなることがあります。

シャンプーで薄毛対策をしようとお考えの方は、せっかくシャンプーを見直すなら、シャンプーの方法も見直してみましょう。

普段の髪の洗い方が間違っていないか確認する意味でも、これからご紹介する正しい髪の洗い方をご覧ください。

①ブラッシング

ブラシ

髪を洗う前に、ブラッシングをすることで付着した汚れやチリなどを浮かびあがらせることができます。

②地肌からしっかりぬらす
38~40度のぬるま湯で、まずは地肌と髪をたっぷりぬらし、優しく表面についた汚れを洗い流します。そうすることによってシャンプーの泡立ちをよくします。

③毛先の水分をきる
毛先を手のひらで優しくおさえ、髪の水気を取ります。逆に水気が多すぎると、シャンプーの泡立ちが悪くなるので注意しましょう。

④シャンプーを泡立てる
シャンプーを手にとり、よく泡立てます。泡立てずにシャンプーを地肌につけると、毛穴のつまりの原因になってしまうことがあります。シャンプーは手にとって、必ず泡立ててから頭につける習慣を身につけましょう。

⑤泡で頭皮をマッサージする
泡立てたシャンプーを地肌にのせ、指の腹を使って洗います。髪は泡で優しくなでるようにして、もみ上げから耳の上、襟足など、全体を洗いましょう。下から上に心地よい力加減でマッサージをするような感じで洗いましょう。

※爪を立てると、地肌を傷つける可能性がありますので注意しましょう。

⑥しっかりすすぐ
髪 すすぐ

すすぎ残しがないように、ぬるま湯でしっかり洗い流します。すすぎ残しは毛穴のつまりの原因になります。しっかりすすぐことを意識しましょう。

正しい髪の洗い方は、こちらでも詳しく説明しています。

〈シャンプーの基本〉

・シャンプーの正しいタイミング
シャンプーをする正しいタイミングは夜です。夜寝ている間は、細胞が生まれ変わり、髪が成長するタイミングでもあります。頭皮の状態をきれいにしておきましょう。ただし、髪をいたわるためにも、シャンプーの後は、しっかり乾かすことが重要です。

一方で、朝は夜に比べて時間に余裕がなく、洗い方が雑になったり、すすぎ残しが起きる可能性が高くなるため、あまりおすすめできません。

・シャンプーの回数は1日1回
頭皮のベタつきが気になる方ほど、1日に何度もシャンプーをしていませんか? しかし、シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な皮脂まで洗い流すため、余分な皮脂の分泌を促すこともあります。

頭皮が洗い切れていない感覚があるときでも、何度も髪を洗わないようにしましょう。

■正しい髪の乾かし方
①タオルドライする
②根本から毛先に向かってドライヤーを当てる
③最後に冷風を当てる
④ブラシやくしで整える

正しい髪の乾かし方は、こちらでも詳しく説明しています。

4.頭皮環境を整えるための注意点

せっかく新しいシャンプーを選び、理想的な方法でシャンプーをしていても、他のことが原因で、頭皮の環境が乱れてしまうこともあります。

シャンプーとあわせて、頭皮の環境を整えるための注意点をいくつかお話しします。

4-1.頭皮を圧迫しない

女性の場合、ファッションのために、髪を引っ張って結んだり、まとめ髪にしたりすることがあるかと思います。
実は、頭皮をきつく引っ張ることで、血行が悪くしてしまっていることがあります。

頭皮の血行が悪くなると、栄養が髪や毛根に行き渡らなくなり、髪や頭皮の状態が悪くなり、薄毛を進行させる原因の一つとなり兼ねません。

頭皮に負担をかけないヘアースタイルにするか、どうしても髪をまとめなければいけない際には、無理に引っ張ったりせず髪をまとめてみましょう。

また毎日分け目を変えるなどの工夫することも大切です。

4-2.ストレスをためない

ストレスは、受け続けると、血行も悪くなります。その結果、毛根に栄養が行き渡らなくなり、健康な髪が生えにくくなることもあります。

日頃からストレスをためないよう、リフレッシュする時間を作りましょう。

4-3.油っこいものを控える

フライドポテト

薄毛を進行させる要因として、油分を多く含んだ食べ物を摂取し過ぎることも考えられます。油っこい食べ物は、頭皮の皮脂分泌を盛んにし、頭皮のベタつきの原因となります。

ファストフードや揚げ物などを好んでよく食べる方は、意識されてみてください。

4-4.充分な睡眠を取る

健康な髪を育て、新しい髪を生やすためには十分な睡眠が大切です。

特に22~2時の間には成長ホルモンの分泌が盛んになり、髪と毛根にも栄養が運ばれる時間でもあります。成長ホルモンが多く分泌される時間帯にはできるだけ質の高い睡眠を心がけましょう

4-5.紫外線を防ぐ

日差し(紫外線)

頭は顔や手足よりも高い位置にあり、実は最も紫外線の影響を受けやすい場所でもあります。紫外線は肌にダメージを与えるのと同様に、頭皮や髪のダメージを与えることがあります。

紫外線は髪を作る働きが衰えさせ、薄毛を招くと言われています。分け目を変えて地肌がいつも同じ場所に紫外線が当たるのを防ぎましょう。

また、アウトドアや日中外へ出なければならない場合は、頭皮に使用が可能なスプレータイプの日焼け止めを使用するなどし対策しましょう。

※日焼け止めを頭皮に使用した際には、シャンプーできちんと洗い流してください。日焼け止めをすすぎ残すと、毛穴のつまりなどを引き起こしてしまう場合があります。

4-6.アルコールを控える

適量であれば問題はありませんが、多量のアルコールは薄毛の原因の一つにもなります。アルコールには、「アセトアルデヒド」という、毒性のある物質が含まれており肝臓で毒性のない物質に分解されています。

アルコールを摂取しすぎると、分解されなかったアセトアルデヒドが、毒性を持ったまま体中に送られます。

さらに、アセトアルデヒドは、薄毛の原因と言われる、「デヒドロストテロン」という物質を増やし、働きを助長させます。

アルコールは、肝臓で分解されますが、肝臓が分解できるアルコールの量を超えて飲酒をすると、分解しきれなかったアルコールにより、薄毛が進行することがります。飲み過ぎには十分注意しましょう。

4-7.帽子のかぶり方に注意

帽子はかぶり方やサイズ違いなどによって血行を悪くし、頭皮環境の悪化を引き起こしまうことがあります。

薄毛を隠すために、帽子をかぶられる方もいらっしゃるかも知れません。しかし頭にフィットした帽子は頭皮の圧迫し、血行を悪くしてしまうことがあります。

また帽子によって通気性が悪くなり、頭皮の皮脂の分泌量が増えることもあります。帽子のサイズは気持ち大きめで、通気性が良い帽子にしましょう。

4-8.タバコを控える

タバコ

タバコに含まれるニコチンが、血行を悪くしてしまうので、頭皮の栄養が不足した状態になり、薄毛になりやすくなります。

4-9.ヘアカラー・パーマを控える

美容院でのカラーやパーマ剤は、頭皮に刺激を与えます。カラーやパーマの頻度を少なめにするか、頭皮への刺激が少ない液剤を使用している美容院を選んだり、担当の美容師さんに相談するなどしてみましょう。

5.薄毛対策商品

シャンプー以外にも、育毛サプリメントや、増毛スプレー、ウィッグなど、薄毛への対策ができる商品はいくつかあります。シャンプーとあわせて対策をしたい方はこちらもご覧ください。

5-1.増毛スプレー

薄毛が気になる部分や白髪部分にスプレーし、ボリュームアップさせるものです。シャンプーのときに落ちてしまうのが特徴で、多少の汗では問題ありませんが、雨に降られぬれてしまったり、大量の汗をかいたりする場合には向きません。

1000円前後からと、手頃な価格帯の商品もあります。

5-2.ウィッグ

気になる箇所だけの部分用ウィッグや全体用ウィッグなどがあります。またオーダーメイドか既製品かに分かれ、それにより価格も変動します。

オーダーメイドのウィッグでは、10万円前後から、既製品のものであれば3,000円程度の費用がかかります。

5-3.育毛サプリメント

上記で紹介してもなかなかバランスのよい食生活ができなかったり、時間が無かったり・・・そういったときにサプリメントで内側から栄養を補う方法もあります。サプリメントをいくつかご紹介しますのでサプリメントを利用される際にはご参考にしてください。

亜鉛…たんぱく質を合成する働きに期待ができます。
カプサイシン…唐辛子などに含まれる成分が血行をよくするために手助けをしてくれます。頭皮のめぐりを期待できます。

5-4.植毛

髪の薄くなっている部分や、完全に抜けている部分に毛や髪の毛の組織を植えつけます。自分の髪を使って植える場合と人口毛を植える場合とがあります。

1本ずつ手作業で、さらに本物の髪の生え方に近い形で植毛されるので、自然な仕上がりとなります。費用は30万~100万円以上など本数によって変動します。

6.医師と相談する

病院

薄毛の原因は専門の医師にしか分からないこともあります。ご自身で生活習慣を整えるのは可能ですが、それが誰にでも期待できるものではない場合もあります。

薄毛対策方法を実践しても、思うような期待が得られない場合は専門の医師に相談し、薄毛の原因とあなたに合った薄毛対策方法を見つけてもらいましょう。

7.まとめ

薄毛の方向けのシャンプーをいくつかご紹介しましたが、いかがでしたか? 薄毛はシャンプーで頭皮の環境を整えつつ、生活習慣にも注意することがおすすめです。

しかしながら、薄毛の原因は人それぞれです。心配な方や薄毛の進行が早いと感じる方は、一度、専門の医師に相談してみてください。

※この記事は2015年5月10日時点の情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る