メニューを開く
アスタリフト;

歯の着色汚れを落として、清潔な笑顔をめざす

歯 着色
私の歯って、こんなにくすんだ色だったけ? 写真を見て、そう感じたことはありませんか?

周りの人に比べて、自分の歯はなんとなく白さが足りないようで気になるということがあります。
それってもしかしたら、歯の着色が原因かもしれません。

ここでは、歯の白さを損なう着色汚れをできるだけ落とす方法と、予防する方法をご紹介します。


astalift
astalift

1.歯の着色がなかなか落ちない理由

30代を過ぎると、自分の歯本来の白さをキープするのは難しくなると言われています。
それは、歯についてしまった着色というのは、なかなかふつうの歯磨きでは落としきれないからです。

ではなぜ、歯の着色汚れというのは落としにくいのでしょう?

それは、歯の表面の目にはみえない凸凹に、色素や汚れが入り込んでしまっているからです。

食べ物のカスのように、大きな汚れは、ていねいに歯磨きやデンタルフロスでそうじすることで、落とすことができます。
でも、歯の表面の目に見えない細かい傷に入り込んでしまった着色汚れというのは、ふつうのブラッシングで落とすのは難しいのです。

普通の歯磨きで落としにくいのは次のような着色汚れです。

①食べ物や飲み物の色素
コーヒー、赤ワイン、カレー、コーラ、しょうゆなどの色素の濃い飲み物や食べ物や、
緑茶、紅茶など、タンニン(渋み)が含まれているや食べ物の色素は、いわゆる「ステイン」と呼ばれる、歯の着色汚れになりやすいものです。

②タバコ
タバコを吸うと、ヤニが歯にこびりつき、ステインになります。特に歯石に着いたヤニは、歯磨きのブラッシングではなかなか落とせないと言われています。

③薬
口やのどの消毒薬の中には、歯に着色するものがあります。

いかがでしょう。このうちのひとつでも、思い当たるものはあったでしょうか。歯はエナメル質というとても硬いもので覆われているし、その表面は、指でさわるとつるつるしていて、色素がしみこむようには思えませんよね。でも、歯のエナメル質目には見えない細かい傷やでこぼこがあって、そこに入り込んだ汚れはブラッシングで落とすのが難しいのです。

2.歯の着色を落とす2つの方法

こびりついた着色汚れを落とすには、2つの方法があります。どの方法を選ぶかは、どのくらい着色汚れがあるか、どのくらい完璧に汚れを落としたいか、人それぞれだと思います。

かんたんな方法から順番にご紹介しますので、ご自分に合う方法を見つけてみてください。

2-1.セルフケアで着色汚れ対策

歯に着いた着色を落としたくて歯ブラシでごしごし磨く。実はこれ、逆効果になってしまう可能性があります。

歯磨き粉の中には研磨材が配合されているものがあり、そのような商品は強くブラッシングしすぎると、歯の表面に細かい傷をつけてしまうことがあります。そうすると、一時的に汚れをこすり落とせても、傷に色素汚れが入り込み、落としにくい着色汚れの原因になってしまうのです。

トゥースMDホワイトEX(シーエスシー株式会社)
研磨剤をいっさい配合せず、ウルトラメタリン酸EXを配合しています。毎日の歯磨きに使用することで、歯の表面に付着した沈着汚れ「ステイン」を落としてくれるはたらきが期待される、歯のクリーニングケア商品です。
トゥースMD

通常販売価格 3,296円(税別)
>>公式サイトはこちら

薬用パールホワイトプロEXプラス
歯磨きと同じようにブラッシングして使うホワイトニングリキッドです。サッパリとした使い心地で口内を浄化します。
パールホワイトプロ

メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸というホワイトニング成分が配合されています。
約2週間分 通常価格 13,889円(税別) お試しコース価格 7,778円(税別)
>>公式サイトはこちら

■【医薬部外品】ビースマイル トゥースホワイトニング(歯磨きジェル)
■【医薬部外品】ビースマイル マウスウォッシュ(液体ハミガキ)
汚れを包み込んで除去するポリアスパラギン酸と、歯のキレイを保つリンゴ酸を配合。毎日の歯磨きに使用すれば、ブラッシングすることで汚れを落としやすくなるホワイトニングアイテムです。
歯磨き粉、液体歯磨きの2タイプがあります。
ビースマイル

ビースマイル トゥースホワイトニング 通常価格 4,800円(税別)
ビースマイル マウスウォッシュ 通常価格 2,500円(税別)
>>公式サイトはこちら

2-2.クリーニングで着色汚れ対策

大事な面接やイベントが迫っていて、すぐに着色汚れを落としたい!という人は、歯科医や美容歯科で、プロの歯のクリーニングをしてもらうことをおすすめします。

歯科医による歯のクリーニングはPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と言い、私たち一般人のセルフケアとちがい、1回の施術で着色汚れの落ちを実感することができます。

また、歯石はふつうの歯磨きやセルフケアでは落とせないので、歯垢にステインや食べこのヤニ汚れがこびりついていた人は歯科医のクリーニングを受けると、汚れ落ちをはっきり実感できるはずです。

クリーニングで、着色汚れを落とすと、自分本来の歯の色がよくわかります。汚れが落ちた状態を維持したい人や、以前に治療した歯の汚れが気になるという人は、これをきっかけに、定期的に歯科医に受診する習慣を持つのもいいかもしれません。

クリーニング(PMTC)の費用は歯科医、美容歯科、審美歯科などで、幅があります。歯科医の場合、歯垢、歯石の除去は保険適用、ステイン除去は自費診療と分かれているとこともあるようです。

それでも、歯を白くするホワイトニングに比べ、クリーニングは比較的リーズナブルな価格で行うことができます。

費用は自費診療でだいたい15000円くらいの間の料金設定が多いようです。歯石除去だけであれば、お近くの歯科医で、保険適用でもできるかもしれません。一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。
※病院の場合、カウンセリングでも初診料がかかる場合があるので、事前に電話で問い合わせてみてください。

湘南美容歯科
テレビのCMでもおなじみの湘南美容外科の系列で、歯や口元の美容を専門にしているクリニックです。

まずは自分の状態を相談し、何をするのが良いかカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。カウンセリングは無料です。

自費診療なので、金額的に無理のない、納得のいくプランを探しましょう。学割や家族割などのプランもあるので、相談してみましょう。

3.歯の着色を防ぐ毎日の工夫

着色汚れは、一度きれいにしても、きちんと手入れを続けなければまた着いてしまいます。きれいになったなと思っても、安心せずにお手入れを続けましょう。
歯科医のクリーニングとセルフケアをあわせて行うのが理想です。

また、着色の原因になるような食べ物や飲み物を摂る場合には、ちょっと工夫をしましょう。

着色のもとになる、色素の濃い飲み物や食べ物を飲んだり、食べたりした後、そのまま放っておくと、色素沈着して着色汚れ(ステイン)になってしまいます。

タバコのヤニは特にこびりつきやすいので、要注意です。タバコを吸ったら必ず歯を磨くという習慣をつければ、タバコの本数も減らせて一石二鳥です。

また、コーヒーや赤ワイン、お茶が好きな人は、飲んだ後は必ず水を口に含むようにしましょう。色素をなるべく早く口から洗い流すのが目的なので、ごくごく飲む必要はありません。口の中に水がいきわたるくらいの量でかまいません。
赤ワイン

4.まとめ

歯の着色汚れ(ステイン)が目立つと、せっかくきれいにヘアメイクをしていても、口元の清潔感が失われてしまい、第一印象を悪くしてしまいます。

また、歯に着色汚れが目立つということは、もしかしたら歯磨きの方法がまちがっている可能性があるかもしれません。
研磨材入りの歯磨きで、磨きすぎると歯を傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。

歯をきれいにする努力は、歯の健康を保つことにつながります。一度歯科医に相談して、あなたに適した対策を見つけてください。
この記事は2016年2月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る