メニューを開く

歯の着色汚れをお手入れして、清潔な笑顔をめざそう!

歯 着色1
私の歯って、こんなにくすんだ色だったっけ? 写真を見て、そう感じたことはありませんか?

周りの人に比べて、自分の歯はなんとなく白さが足りないようで気になる…という経験、みなさんにもありませんか?
それってもしかしたら、歯の着色が原因かもしれません。

ここでは、歯の白さを損なう主な原因とされている、歯の着色汚れをできるだけ落とす方法と、予防する方法をご紹介します。


1.歯の着色がなかなか落ちない理由

拭き取り化粧水 おすすめ30代を過ぎると、自分の歯本来の白さをキープするのは難しくなると言われています。
それは、歯についてしまった着色というのは、なかなかふつうの歯磨きでは落としきることが難しいからなのです。

ではなぜ、歯の着色汚れというのは落としにくいのでしょう?

それは、歯の表面の目にはみえない凸凹に、食べ物などの色素や汚れが入り込んでしまうことが主な原因だとされています。

食べ物のカスのように大きな汚れは、ていねいに歯磨きやデンタルフロスでそうじすることで、落すことができるとされています。
でも、歯の表面の目に見えない細かい傷に入り込んでしまった着色汚れというのは、ふつうのブラッシングで落とすことが難しいようです。

普通の歯磨きで落としにくいとされているのは、次のような着色汚れです。

①食べ物や飲み物の色素
コーヒー 口臭コーヒー、赤ワイン、カレー、コーラ、しょうゆなどの色素の濃い飲み物や食べ物や、
緑茶、紅茶など、タンニン(渋み)が含まれているや食べ物の色素は、いわゆる「ステイン」と呼ばれる、歯の着色汚れになりやすいといわれています。

②タバコ
女性 育毛タバコに含まれるヤニは歯にこびりつきやすく、ステインになりがちだとされています。特に歯石に着いたヤニは、歯磨きのブラッシングではなかなか落とすことができないとと言われています。

③薬
うがい口やのどの消毒薬の中には、歯に着色してしまうものもあるとされています。

いかがでしょう。このうちのひとつでも、思い当たるものはあったでしょうか。歯はエナメル質というとても硬いもので覆われており、その表面は指でさわるとつるつるしていて、色素がしみこむようには思えませんよね。でも、歯のエナメル質目には見えない細かい傷や凹凸があるといわれており、そこに入り込んだ汚れはブラッシングで落とすことが難しいとされているのです。

次の章からはいよいよ、落しにくい歯表面の汚れを落す方法をご紹介します。

2.歯の着色を落とす方法

歯 ホワイトニング 自宅この章では、自分で行う歯の着色を落す方法をご紹介します。
みなさんは、歯に着いた着色を落としたくて歯ブラシでごしごし磨いたことがありませんか?
実はこれ、逆効果になってしまう可能性もあるといわれています。

歯磨き粉の中には研磨材という、歯を磨くための配合がされているものがあり、そのような商品は強くブラッシングしすぎると、歯の表面に細かい傷をつけてしまうこともあるといわれているのです。
そうすると、一時的に汚れをこすり落とせても、歯の表面に汚れが入り込みやすい傷ができてしまい、落としにくい着色汚れができてしまう原因になってしまうこともあるのです。

以下の歯磨き粉は、肌らぶ編集部がおすすめする、歯の着色汚れを落したい時に試していただきたい医薬部外品の歯磨き粉です。
今回は、医薬部外品の歯磨き粉の中から、歯の着色汚れを落すことに注目して作られており、尚且つ普通の歯磨き粉と同じように手軽に使用することができるものを選びました。
歯の着色汚れが気になる時に、使用してみてください。

【医薬部外品】薬用パールホワイトプロEXプラス
歯磨きと同じようにブラッシングして使う、リキッドタイプの歯磨き粉です。サッパリとした使い心地が特徴です。
パールホワイトプロ

販売元:[美健モール]
価格:13,889円(税別)
お試しコース価格:7,778円(税別)

>>公式サイトはこちら

【医薬部外品】ビースマイル トゥースホワイトニング(歯磨きジェル)
通常の歯磨き粉と同じように、毎日の歯磨きに使用することができる、ジェルタイプの歯磨き粉です。
ジェルタイプの他にも、液体歯磨きタイプもあります。
ビースマイル

販売元:[株式会社ECスタジオ]
ビースマイル トゥースホワイトニング 通常価格 4,800円(税別)
>>公式サイトはこちら

3.歯の着色を防ぐ毎日の工夫

歯磨き着色汚れは、一度きれいにしても、きちんと手入れを続けなければまた着いてしまうといわれています。
きれいになったなと思っても、安心せずにお手入れを続けましょう。

また、着色の原因になるような食べ物や飲み物を摂る場合には、ちょっと工夫をしましょう。
着色のもとになる、色素の濃い飲み物や食べ物を飲んだり、食べたりした後、そのまま放っておくと、色素沈着して着色汚れ(ステイン)になってしまうことがあります。

タバコのヤニは特にこびりつきやすいといわれているため、タバコを吸ったら必ず歯を磨くという習慣をつけるようこころがけましょう。
また、コーヒーや赤ワイン、お茶が好きな人は、飲んだ後は水を口に含むようにしてみましょう。
色素をなるべく早く口から洗い流すのが目的なので、ごくごく飲む必要はありません。口の中に水がいきわたるくらいの量でかまいません。

4.まとめ

歯の着色汚れ(ステイン)が目立つと、せっかくきれいにヘアメイクをしていても、口元の清潔感が失われてしまい、第一印象を悪くしてしまうこともあります。

また、歯に着色汚れが目立つということは、もしかしたら歯磨きの方法がまちがっている可能性があるかもしれません。
研磨材入りの歯磨きで、磨きすぎると歯を傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。

この記事は2017年5月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る