メニューを開く
アスタリフト;

歯の黄ばみの原因を知って、憧れの白い歯を目指す!

歯 黄ばみ
最近、歯の黄ばみが気になるけれど、これってもうあきらめるしかないの? そんな悩みを抱えていても、歯の治療はお金も時間もかかるというし、どうしようと迷っている人は少なくないはずです。

ここでは、かんたんに出来る歯の黄ばみ落としの対策をご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.歯の黄ばみの7つの原因

毎日歯を磨いているのに、歯が白くならないと感じていませんか?
歯の黄ばみにはいくつかの原因があり、ふつうの歯磨きだけでは落とせない黄ばみもあります。

まず、歯の黄ばみの原因を探してみましょう。

1-1.生まれつきの歯の色

遺伝や生まれつきで、人それぞれ歯のエナメル質の厚さは違います。
エナメル質が薄いと、その内部の象牙質が空けて、黄色みのある歯の色になります。また、エナメル質が厚いと、乳白色になります。

本来の歯の色によって、同じ歯のケアをしていても仕上がりには個人差があることを覚えておきましょう。

1-2.食べ物や飲み物の色素

食べ物や飲み物の中には、歯の黄ばみの原因になるものもあります。
特に歯に色素沈着しやすいのは、コーヒー、紅茶、赤ワイン、ぶどう、コーラ、カレーなどの色の濃い食べ物や飲み物です。

色素沈着しやすいものを口にした場合は、すぐに口をすすぐか歯磨きをおこなうようにしましょう。

1-3.タバコ

タバコのヤニも、歯の黄ばみの大きな要因のひとつです。

1-4.歯磨きの研磨剤

歯を磨くことがかえって、歯の黄ばみの原因になってしまうことがあります。
歯磨き粉には研磨剤が入っているため、過度な歯磨きは歯表面のエナメル質に傷を付けてしまう場合があります。

それにより、傷口部分に食べ物や飲み物の色素が入り、黄ばみとなってしまうことがあります。

1-5.加齢

年齢を重ねると、歯のエナメル質が少しずつ薄くなり、歯の象牙質も黄色く変色していきます。
そのため、だんだん歯の黄ばみが気になるようになることがあります。

1-6.歯のかぶせものや金属

虫歯の治療でかぶせものをしたり、金属を使用したりした場合、時間が経つとそれが劣化して、歯の黄ばみの原因になることがあります。

1-7.病気や薬

病気の治療のために処方される薬の中には、歯の色を変えてしまう場合もあると考えられています。

2.歯科医で歯の黄ばみを落とす

あなたの歯の黄ばみの原因は見つかりましたか?
歯の黄ばみというのは、歯磨きが足りないことだけが原因で起こるのではない、ということがおわかりいただけたかと思います。

では、どうやったら歯の黄ばみを落とすことができるのでしょう?

まずは歯科医で行う、黄ばみ対策についてご紹介します。

よく耳にする言葉で、歯科医で行う、
・歯のクリーニング
・歯のホワイトニング
というものがあります。
この2つはどのように違うのかをご説明します。

2-1.歯のクリーニング

歯の表面についた汚れ、いわゆるステイン(色素沈着、ヤニ、茶渋など)を取り除くことで、歯をきれいにし、自分の歯本来の色に近づけるのが、クリーニングです。
つまり、うまれつき黄色みがかった歯の色の人は、歯科医でクリーニングをしても、真っ白な歯にはなりません。

1回30分~60分で、ステインやタバコのヤニ、歯石を落とすことができます。歯石の除去は保険適用される場合もありますが、汚れのクリーニングは保険適用されないので、自費診療になります。

医師によって値段は異なりますが、だいたい6000円から20000円の間くらいです。生活習慣にもよりますが、よほどのヘビースモーカーでない限り、半年に一度、歯医者さんでクリーニングをすれば、色素沈着を防ぐことができると言われています。

2-2.歯のホワイトニング

クリーニングに対して、歯のホワイトニングは、歯の表面の色素を無色透明にしたり、歯の表面構造を変化させることで、歯を白くします。このため、その人本来の歯の色よりも白くすることもできます。

ホワイトニングには、歯科医で行うものと、歯科医から処方されたキットを使って自宅で行うものがあります。

歯科医で行う方が、時間はかからないですが、自宅で行う方が費用は安くすみます。ホワイトニングはすべて自費診療になるので、歯科医によって、値段が大きく異なります。
自宅で行う「ホームブリーチ」という方法が、約30,000円くらいからです。

施術を始める前に、必ずカウンセリングで使用方法や薬の濃度、費用の相談をしましょう。

また、薬の服用による歯の変色など、ホワイトニングでは白くできないものもあります。飲んでいる薬があれば、歯科医に相談してみましょう。

3.歯の黄ばみを落とすグッズ

歯科医でのクリーニングやホワイトニングに通う時間がないという方には、自宅でできる黄ばみ落としのためのグッズをご紹介します。

■トゥースMDホワイトEX(シーエスシー株式会社)
研磨剤をいっさい配合せず、ウルトラメタリン酸EXを配合した歯磨きジェルです。毎日の歯磨きに使用して、ブラッシングすることで、歯の表面に付着した沈着汚れ「ステイン」を落としやすくなります。
トゥースMD

通常販売価格 3,296円(税別)

■【医薬部外品】薬用パールホワイトプロEXプラス
自宅で歯を磨く際に使用できるホームケア用の液状のホワイトニングです。歯ブラシにリキッドを1~2滴たらし、歯磨きと同じ要領でブラッシングを行います。歯の隅々まで塗り終えたら、5分ほど時間を置き、口をゆすぎます。
パールホワイトプロ

メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DL-リンゴ酸というホワイトニング成分が配合されています。
約2週間分 通常価格 13,889円(税別) お試しコース価格 7,778円(税別)

■【医薬部外品】ビースマイル トゥースホワイトニング(歯磨きジェル)
■【医薬部外品】ビースマイル マウスウォッシュ(液体ハミガキ)
歯の表面に付着した汚れを、研磨剤で削るのではなく、ポリアスパラギン酸が吸着して包み込むように取り除きます。さらに、リンゴ酸が汚れの再付着を防止します。
歯磨き粉、マウスウォッシュの2タイプがあります。
ビースマイル

ビースマイル トゥースホワイトニング 通常価格 4,800円(税別)
ビースマイル マウスウォッシュ 通常価格 2,500円(税別)

4.まとめ

テレビや雑誌で見るタレントさんやモデルさんの、美しい歯は誰もが憧れるものです。歯がきれいだと顔全体の清潔感がアップするので、黄ばみを落とすためのケアは、すぐにでも始めるのがおすすめです。

自宅でのケアとあわせて、歯医者さんに定期的に検査に行くことを習慣づけると、歯の美容だけでなく、虫歯や歯周病の予防にもつながります。
この記事は2016年2月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

 


Pocket
LINEで送る