2017年5月10日 更新

20代におすすめしたい化粧水|うるおいたっぷりのすこやか美肌へ

20代 化粧水
「20代の肌に合ったおすすめの化粧水ってどんなものかな…?」と考えてはいませんか?

20代は一般的に、肌が美しく整いやすい時期だと考えられているため、お手入れをしっかり行うことですこやかな肌を保つことが期待できます。

今回は、肌らぶ編集部が20代の方へおすすめしたい化粧水をご紹介します。



1.20代におすすめの化粧水

さっそく、肌らぶ編集部が20代の方におすすめしたい化粧水をご紹介します。

今回は、トライアルセットを販売しているものを選んでみました。
気になるものがあれば、ぜひトライアルセットから試してみてください。

ETVOS(エトヴォス) 薬用アクネVCローション【医薬部外品】

ETVOS
会社:株式会社エトヴォス
容量:150ml(2か月分)
価格:3,800円(+税)
トライアルセット:1,900円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「ヒアルロン酸」「リピジュア」等を配合した薬用化粧水です。

肌にうるおいを与えて、肌荒れを防ぎ、すこやかに保ちます。

ニキビ対策をしたい方にもおすすめです。

【トライアルセット内容(14日間分)】
洗顔石鹸・化粧水(医薬部外品)・美容液(医薬部外品)・部分用美容液
公式HP

ASTALIFT WHITE(アスタリフト ホワイト) ブライトローション【医薬部外品】

アスタリフトホワイトブライトローション(20代 化粧水)
会社:株式会社富士フイルムヘルスケアラボラトリー
容量:150ml(2か月分)
価格:3,800円(+税)
トライアルセット:1,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「コラーゲン」「ヒアルロン酸」等を配合した薬用化粧水です。

肌にツヤを与え、キメを整えてなめらかにします。

日焼けによるシミ・ソバカスを防ぎたい方におすすめです。

【トライアルセット内容(5日間分)】
先行美容液・美白*化粧水(医薬部外品)・美白*美容液(医薬部外品)・美白*クリーム(医薬部外品)
*日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと
公式HP

RICE FORCE(ライスフォース) ディープモイスチュアローション【医薬部外品】

raisu
会社:株式会社アイム
容量:120ml(2か月分)
価格:8,000円(+税)
トライアルセット:900円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
保湿有用成分「ライスパワーNo11」配合の薬用化粧水です。

角層のすみずみまでじっくり浸透して肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎます。

保湿重視のお手入れをしたい方や、乾燥肌の方におすすめです。

【トライアルセット内容(10日間分)】
化粧水・美容液・クリーム(すべて医薬部外品)
公式HP

米肌 肌潤化粧水

米肌
会社:コーセープロビジョン株式会社
容量:150ml(1.5か月分)
価格:5000円(+税)
トライアルセット:1,388円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「ライスパワーNo11」を配合した保湿化粧水です。

肌にうるおいとハリを与え、なめらかにします。

肌のごわつきや乾燥が気になる方におすすめです。

【トライアルセット内容(14日間分)】
洗顔石鹸・化粧水・美容液・クリーム・マスク(非売品・1回分)
公式HP

ホメオバウ ローション

ホメオバウ
会社:株式会社サンライズジャパン
容量:210ml(2か月分)
価格:6,000円(+税)
トライアルセット:1,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「アミノ酸」配合の化粧水です。

肌の水分を補い、ハリ・ツヤを与えて、すこやかに保ちます。

うるおい不足による肌のハリが気になる方におすすめです。

【トライアルセット内容(7日間分)】
化粧水・美容液・クリーム
公式HP

2.【20代】チェックしてみたい成分

20代 化粧水化粧品を選ぶ際には、配合されている「保湿成分」をチェックしてみましょう。

肌の水分量は、年齢を重ねていくうちに減少するといわれていますが、保湿成分は肌のうるおいを保つサポートをすることが期待できます。

水分量の少ない肌は、乾燥することでかさつき・くすみ・ごわつきなどの悩みにつながってしまうこともあるため、すこやかな肌を保つためにも、保湿成分を取り入れることをおすすめします。

保湿成分にはさまざまな種類があるので、化粧品のパッケージなどでどのような保湿成分が配合されているか確認してみてください。

保湿成分の一例をご紹介します。

■保湿成分の一例
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・アミノ酸
・リピジュア
・メーカー独自の保湿成分 など

3.【20代】スキンケアポイント

最後に、20代の方に普段から意識していただきたいスキンケアのポイントをご紹介します。

①クレンジング・洗顔はやさしく丁寧に行う

20代 化粧水クレンジング・洗顔を行う際は、適量を使用して、皮膚が引っ張られないようやさしい力加減で行うように意識しましょう。

クレンジングや洗顔の際に過度な力を入れてしまうと、肌に摩擦が起こりやすく、負担がかかってしまうことがあります。

また、熱すぎるお湯で洗うことも、肌に必要なうるおいまで奪いやすく乾燥につながってしまうことがあるので、クレンジング・洗顔の際はぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

②乳液やクリームはつけすぎない

20代 化粧水乳液やクリームは、必要以上につけすぎないよう意識しましょう。

乳液やクリームは本来、肌の水分を保ったり、肌を保護したりする役割があります。

肌質によっても異なりますが、一般的に20代の肌は、油分が不足していることは少ないため、たっぷりと油分を補う必要はないと考えられます。

逆に、過剰な油分は、テカリやべたつきなどにつながることもあるため、基本的にはメーカーの推奨する使用量を守って使うことをおすすめします。

顔に塗ったら、ハンドプレスをしてよくなじませ、べたつきが気になるようであればティッシュで軽く押さえるようにしてみてください。

③年間を通して紫外線対策を行う

20代 化粧水すこやかな肌を保つためには、季節を問わず、紫外線対策を行うことをおすすめします。

紫外線は「美肌の大敵」ともいわれており、日焼けによるシミやそばかすだけでなく、肌の乾燥を招いてしまうこともあります。

紫外線は、日差しの強い夏だけでなく年間を通して地表に降り注いでいるため、季節を問わず紫外線対策を行うようにしましょう。

日焼け止めを使うだけでなく、SPF・PA表記のあるメイクアイテムを使用したり、日傘や帽子、サングラス、衣類などで物理的に肌を保護したりすることもおすすめです。

日差しの強い日中に外出することの多い方は、特に意識してみてください。

4.まとめ

今回は、肌らぶ編集部が20代の方におすすめしたい化粧水や、お手入れのポイントなどをご紹介しましたが、いかがでしたか?

すこやかでなめらかな美肌を目指すためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事は2017年5月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。