メニューを開く
アスタリフト;

目指すのは舞妓さんみたいなうなじ美人♡正しい処理で襟足ケア

うなじ 処理

舞妓さんみたいなつるつるのうなじ、憧れますよね。
髪の毛をアップにしたときのうなじがキレイだと、思わず見とれてしまいます。

でも、自分では見えない部分なためどう処理していいか分からず、つい放っておいてしまう、という方も多いのでは?

そこで今回は、うなじに生える産毛の処理方法をご紹介!
自分に合った処理方法を知って、うなじ美人を目指しちゃいましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 キレイなうなじってどんなうなじ?

産毛のない、キレイに整えられたうなじは目を惹きますよね。

では、具体的にはどのような形に整えるのがいいのでしょうか。

うなじの形には、大きく分けて下の図のような2つの形があります。

うなじ 処理

出典:女性専用エステティックサロン RinRin

一般に図1のうなじはW型、図2は坊主型と呼ばれます。

W型は襟足部分が長いため浴衣や背中のあいた服装と相性がよく、首の長さが際立ち美しく見えるそうです。

一方、坊主型は襟足を短くそろえているため、首もとの詰まった服装と相性がよいといいます。

また、坊主型はW型に比べ、やや幼い印象を与えるようです。

もともとの襟足の形を生かしながら、年齢や普段のスタイルを考慮して自然な形に整えましょう。

2 うなじ美人になるための4つの処理方法

うなじ 処理

うなじの毛を処理する方法として、主に4つの方法が上げられます。

それぞれのメリット・デメリットとともに、処理方法を見ていきましょう。

① 自己処理

自己処理の魅力はなんといっても安く済ませられること。
その反面、自分ではよく見えない部分を処理することになるため、失敗しやすく難しいのが難点です。

三面鏡や大き目の鏡などを併用して手元をよく確認しながら処理し、くれぐれもケガには注意しましょう。

うなじは皮膚が薄くデリケートになりやすいため、除毛クリームの使用はあまり向いていない部位です。肌に負担がかかってしまう可能性があるため注意しましょう。

うなじの自己処理の場合は、顔用かみそりか顔用電気シェーバーを使って剃る方法がおすすめです。

髪の毛がうなじにかからないようにヘアゴムやピンなどで留め、剃っていきます。刃が肌に直接当たるのを防ぐために、かみそりを使う場合は必ずシェービングクリームを塗るようにしましょう。

肌が清潔な状態で剃ることが望ましく、処理のタイミングとしてはお風呂上りがベスト。

また、剃り終わったら化粧水などで保湿をし、乾燥を防ぐようにしましょう。

【メリット】
・費用を安く抑えられる
・時間や場所に縛られず、自分のタイミングでできる

【デメリット】
・キレイに仕上げるのが難しく、失敗しやすい
・肌に負担がかかりやすい
・手間がかかる

② 理容室・シェービングサロン

自分で処理をするのは怖いし面倒だけど、クリニックや脱毛サロンに行くのは勇気が出ない…。という方は、理容室やシェービングサロンで処理をしてもらうのがおすすめ。

理容師さんがそれぞれの襟足の形に合わせて、うなじが1番キレイに見えるよう丁寧に剃ってくれます。

価格帯も1,000円~3,000円とお手頃なほか、うなじだけでなく顔や耳の産毛もやってもらえる場合があるので、相談してみるといいかもしれませんね。

【メリット】
・プロに任せるので自己処理よりもキレイに仕上がる
・顔や耳の産毛処理を一緒にやってくれるところもある
・価格がお手頃

【デメリット】
・表面の毛を剃るだけなのでまたすぐに生えてきてしまう
・かみそりの刃を当てるので、人によっては肌に負担がかかることがある

③ 脱毛サロンでの光脱毛

「毎日のお手入れを楽にしたい」「気軽にうなじの脱毛がしたい」という方には、光脱毛がおすすめ。

光脱毛とは専用の機器で肌に光を当て、毛を生えにくく、抜けやすくするというもの。脱毛サロンで施術を受けることができます。

かみそりやシェーバーのように刃を直接当てるわけではないので、肌への負担がかかりづらく、広範囲に施術できることが特徴です。

サロンのキャンペーンや割引プランを上手に利用すれば、比較的安価に脱毛を行うことができるのも嬉しいですね。

注意したいのは、サロンによってはうなじの脱毛範囲が異なるという点です。

首のつけ根は髪の毛と産毛の区別が付きづらいため、生え際ギリギリは脱毛してもらえないところもあります。

キレイな形の襟足に仕上げるためにも、カウンセリングの際にきちんと相談し、納得してから施術を受けるようにしましょう。

【メリット】
・プロに任せることができ、処理が楽
・体験コースが豊富で自分に合ったコースを選べる
・さまざまな価格設定があり、安価なものも選べる
・肌に負担がかかりづらい

【デメリット】
・脱毛範囲に注意しなければならない
・店舗に通う手間がかかる

[おすすめ脱毛サロン]

◆ ミュゼプラチナム

半額

うなじ脱毛におすすめのコース:フリーセレクト美容脱毛コース
価格:Sパーツ2回/6,000円(+税)
8回/24,000円(+税)
12回/36,000円(+税)

ミュゼプラチナム

気になるパーツを自由に組み合わせて、回数を選ぶことができます。お申し込み後もパーツの変更が可能なので、状態を見ながら施術が可能です。

11,112円(+税)以上をお支払いの方には、両ワキ+Vライン美容脱毛完了コースが無料プレゼントになるので大変お得ですね。

また、ミュゼは国内に186店舗、海外に20店舗と直営店舗数がとても多く、店舗の移動も可能なので、目的や予定にあわせて通うことができる点が魅力です。

※2016年5月時点の情報です

◆ ジェイエステティック

全身脱毛

うなじ脱毛におすすめのコース:後ろ姿美人プラン
価格:18,000円(+税)

ジェイエステティック

背中上部4回とうなじ4回に、両ワキ脱毛12回コース(5年間アフターケア付)がついたお得なセットプラン※1です。

施術後にヒアルロン酸トリートメントで肌を整えてくれるのも嬉しいポイント。

もっとしっかり脱毛を目指したい方には、全身※2の好きな箇所をフリーチョイスで40回施術が行えるコースもおすすめです。

※1 2016年5月時点の情報です
※2 31箇所から部位が選べます

④ 美容クリニックでのレーザー脱毛

レーザー脱毛も光脱毛と仕組みはほぼ同じ。ただし、そのエネルギーのレベルが光脱毛とは異なるため、レーザー脱毛は医療機関(美容クリニックや美容皮膚科など)でしか受けることができません。

料金はやや高めではありますが、その分施術回数が少なくて済むことが特徴です。

レーザー脱毛では痛みを感じる場合もあるようですが、麻酔で痛みを軽減してくれるところもあるようです。

【メリット】
・永久脱毛を目指すことができる
・施術時間が短く、回数も少なくて済むため、肌への負担が軽減できる
・医療機関で行うため、施術前や施術後にしっかり相談ができる

【デメリット】
・痛みを感じる場合がある
・やや費用がかかる

[おすすめ美容クリニック]

◆ 湘南美容外科クリニック

SBC根こそぎレーザー脱毛3400円

価格:Sパーツ1回/5,621円(+税)
3回コース/16,121円(+税)
6回コース/26,621円(+税)
9回コース/36,371円(+税)

湘南美容外科クリニック

医師が常駐しているからこその柔軟な対応と、しっかりと脱毛を実感できる施術内容が魅力の美容クリニックです。

「美容クリニックについてはよく知らないけど、湘南美容外科クリニックの名前は聞いたことある」なんて方も多いのでは?

ここでは、医師の無料メール相談を受けられたり、アフターフォローメールをもらえたりするサービスもあります。脱毛について悩みがあれば、ぜひ相談してみてくださいね。

※2016年5月時点の情報です

◆ フェミークリニック美容皮膚科


価格:うなじ1回/20,000円(+税)
5回/80,000円(+税)
6回目以降/16,000円(+税)

うなじの脱毛の際には、シェーバーで襟足の形をすっきり整え、鏡や写真で確認してから施術してくれます。

施術前後のフォローが丁寧で、内容や料金プランについても分かりやすく説明してもらえるので通いやすいのではないでしょうか。

※2016年5月時点の情報です

3 最後に

普段は髪の毛に隠れていたり、自分で見ることのできない部分だからこそ、髪をアップにしたときに見えるうなじはキレイに処理しておきたいですよね。

でも、首まわりは皮膚が薄くデリケートになりやすいため、無理な処理は禁物。

それぞれの処理方法のメリット・デメリットを考慮して、自分に合った処理でうなじ美人を目指してみてくださいね。

この記事は2016年5月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る