メニューを開く

目の下のふくらみをどうにかしたい!たるみの5つの原因と対策

目の下 ふくらみ
「目の下にあるふくらみが目立ってきた気がする…スキンケアもしているのに、なんでだろう?」とお悩みではないですか?

目の下にふくらみがあると、疲れた印象や老けた印象が強まった気がして、憂鬱になりますよね。

憂鬱なだけでなく、原因がわからないままでは対策もとれないため、不安になってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、目の下のふくらみの原因、対策方法や予防のためのポイントまでご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね!


astalift
astalift

1.目の下にふくらみが!5つの原因とは

目の下 ふくらみ たるみ 原因

目の下のふくらみは、ほとんどが「たるみ」によるものです。

この目の下のふくらみ・たるみの原因は、加齢とも大きく関係しています。

目の下のふくらみの原因①加齢による筋力低下

目の下 ふくらみ  たるみ クマ

目の下のふくらみ・たるみの一番の原因は、加齢による目元の筋力低下です。

目の周りは、眼輪筋という筋肉によってがグルッと囲まれている状態です。

この眼輪筋が、目の周りの皮膚や脂肪を支えています。

そのため、加齢によって眼輪筋が衰えることによって、支えを失った皮膚や脂肪も下がり、目の下のふくらみ・たるみになってしまうのです。

目の下のふくらみの原因②加齢による眼窩脂肪(がんかしぼう)の突出

目の下 ふくらみ たるみ 症例

目の下のふくらみ・たるみの原因は眼窩脂肪の突出にもあります。

眼窩脂肪とは、目の下で眼球を支えている脂肪のことです。

加齢によって、それを抑えていたじん帯がゆるむと、眼球が重みで下へと下がります。

すると、その眼球の下に合った眼窩脂肪が重さによって、前方へと押し出されるのです。

その突出した眼窩脂肪が、目の下のふくらみ・たるみとなってしまいます。

目の下のふくらみの原因③加齢による肌のハリの低下

目の下 ふくらみ たるみ 注入

目の下のふくらみ・たるみの原因として、肌のハリの低下があげられます。

肌には、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンが元々備わっており、これらの物質が肌の水分を保持する働きをしてくれることによって、ハリや弾力が生まれるのです。

これらの物質が年齢をかさねて減少すると、乾燥で肌がしぼみ、目の下のふくらみ・たるみを引き起こすと言われています。

目の周りの皮膚はとても薄いので、目の下のふくらみやたるみが目立ちやすいのです。

目の下のふくらみの原因④紫外線の影響

目の下 ふくらみ たるみ 

目の下のふくらみ・たるみの原因として、紫外線もあげられます。

肌のハリや弾力を保つと言われているコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが減少してしまう原因は、加齢だけではありません。

紫外線も、そのような肌のハリをサポートする物質を壊してしまう原因のひとつです。

目元の皮膚はとても薄いため、紫外線の影響を受けやすいと言われています。

紫外線というと、シミやシワを引き起こすイメージが強い方もいるかもしれませんが、実は目の下のふくらみ・たるみにも影響を与えているのです。

目の下のふくらみの原因⑤まばたきの不足

目の下 ふくらみ たるみ

目の下のふくらみ・たるみの原因として、加齢とは別に、まばたきが不足しているということも考えられます。

これは、長時間パソコンを見る仕事についていたり、スマートフォンをついつい見てしまったりする方なら、若くても目の下にふくらみ・たるみが出る可能性があるということです。

パソコンやスマートフォンを見ている方は、まばたきを長い時間せず、画面に夢中になっている傾向があります。

そのため、ドライアイになってしまう方もいますよね。

目の周りの筋肉は、まばたきをして使わなければ、加齢と同様に衰えてしまいます。

その結果、目の下のふくらみ・たるみに繋がってしまうのです。

2.目の下のふくらみ・たるみ対策!目元の運動

目の下 ふくらみ たるみ くま

ここでは、目の下のふくらみ・たるみを解消したい!という方に向けて、その対策となる目元のストレッチやエクササイズをご紹介します。

目の下のふくらみ・たるみの原因は、加齢による筋力やじん帯の機能低下がありましたよね?

ということは、筋肉をしっかり使って目元を鍛えれば、目の下のふくらみ・たるみは改善が期待できるでしょう。

逆に手で目の下にたくさん触れるストレッチは、目の下の乾燥を招き、シワになりやすいと言われています。触りすぎも良くないので気をつけましょう。

≪目の下のふくらみ・たるみ対策!目元のワイパーストレッチ≫

目の下 ふくらみ たるみ 脂肪

今からご紹介するストレッチは、目元を動かすことで筋肉を鍛えるストレッチです。

目だけのストレッチで、手も使わないため、どこでも気軽に行うことができます。

目の下のふくらみ・たるみ対策として、目元のストレッチを行いましょう。

≪やり方≫

コンタクトの方は外してから行いましょう。

① 眉を動かさずに目を見開きます。

②そのまま、ゆっくり視線を右に送ります。まぶたはしっかり開けたまま、視線を下げないように気をつけましょう。

目の下 ふくらみ たるみ

③ そのまま、ゆっくり視線を上に向けます。目だけで、天井を見上げるつもりで行ってください。

目の下 ふくらみ たるみ

④ そのまま、ゆっくりと今度は左に視線を向けてください。まぶたはパッチリと開いたままです。

目の下 ふくらみ たるみ

⑤ そのまま、目だけワイパーのように、左・上・右・上・左と往復させて動かします。
この往復を3回行いましょう

⑥ 最後に、目を閉じて深呼吸します。

≪目の下のふくらみ・たるみ対策!ウィンクエクササイズ≫

目の下 ふくらみ たるみ

ウィンクエクササイズとは、ウィンクを60秒間、左右交互にゆっくりと行うだけです。

目の周りの筋肉が弱っていると、ウィンクをするのが難しくなっている方もいます。

ウィンクを行うことによって、目の周りの筋肉が鍛えられるため、1日3セットを目安に行いましょう。

ウィンクをする際も、それを見開く際も、おもいっきり閉じたり開けたりして、目の周りの筋肉を使うことを心掛けてください。

目の下のふくらみの上に人差し指をのせて行うと、どちらの目の筋肉が強いか良くわかりますよ。

動きをあまり感じない方の目元が、より目の下のふくらみ・たるみが目立つ方かもしれません。

≪目の下のふくらみ・たるみ対策!眉あげエクササイズ≫

目の下 ふくらみ たるみ

眉あげエクササイズも、目の周りの筋肉を鍛えるエクササイズです。

①はじめに、目をゆっくりと閉じます。

②その状態のまま、ゆっくりと眉毛のみ引き上げてください。

③上まぶたがピンと張ってこれ以上眉毛が上がらないという状態で、8秒間止めます。

④ゆっくりと、元々目を閉じていた表情に戻してください。

3.目の下のふくらみ・たるみを予防したい!日常生活でのポイント

目の下 ふくらみ たるみ

ここでは、目の下のふくらみ・たるみの予防方法をご紹介します。

目の下のふくらみ・たるみ対策でご紹介した目元の運動は、予防にもなるため、毎日行うようにしましょう。

そのうえで、日常生活において気を付けてほしいポイントをご紹介します。

①目の下のふくらみ・たるみ予防!目元の保湿ケアを毎日行う

目の下 ふくらみ たるみ

目のふくらみ・たるみ予防として、毎日目元の保湿ケアをたっぷり行いましょう。

目のギリギリまでたっぷりと保湿ケアをすることで、加齢によって失われる保湿成分をサポートし、目のふくらみ・たるみを予防します。

化粧水や乳液には、目元周辺の使用について控えるように記載されているものもあるため、目元専用のアイクリームを使いましょう。

アイクリームは目元に使うアイテムとして作られているため、刺激になる心配も少なく、保湿効果が期待できます。

アイクリームを塗る際は、摩擦によってシワやシミができないよう、強くこすらず塗るようにしましょうね。

そのため、伸ばしやすいテクスチャーのアイクリームがおすすめです。

②目の下のふくらみ・たるみ予防!紫外線対策を行う

目の下 ふくらみ たるみ

目の下のふくらみ・たるみ予防として、紫外線対策をしっかり行いましょう。

紫外線は、屋外だけでなく、屋内にいても窓から差し込み、肌へ影響を与えます。

そのため、常に紫外線対策を意識して過ごすことが大切です。

外出の際は、保湿のスキンケアをした後の目元に、日焼け止めを塗りましょう。

その上で、さらに紫外線対策ができるベースメイクアイテムを塗るのも良いです。

夏場は帽子や日傘も活用し、年間を通して紫外線対策を行いましょう!

③目の下のふくらみ・たるみ予防!目を使いすぎずに休ませる

目の下 ふくらみ たるみ

目の下のふくらみ・たるみ予防として、目を使いすぎず、休ませてあげるよう心がけましょう。

パソコンで一日中作業を行う仕事の方は、一時間に10分は休憩をとるのが理想です。

パソコンから目を離し、お茶を入れたりシュレッダーをかけたりなど、違う仕事を行いましょう。

また、窓の外から遠くを眺めたり、しばらく目を閉じるのもおすすめです。

作業中もまばたきをするよう意識し、目薬をさしたり、ブルーライトをカットするメガネを使用したりして、目を労わるよう心がけてください。

4.目の下のふくらみ・たるみの治療とは?

目の下 ふくらみ たるみ 治療
目の下のふくらみ・たるみをどうしても早く解消したい方の中には、美容整形の手術を受ける方もいるようです。

最近では、施術時間も短く、注射器で目の下の余分な脂肪をとるというやり方もあります。

いずれにしても、リスクについてなど良く調べて確認をし、慎重に検討する必要があるでしょう。

5.まとめ

今回は目元のふくらみ・たるみについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

目の下のふくらみ・たるみは気持ちが憂鬱になりますが、そんな時こそ表情豊かに笑顔で過ごすことで、顔の表情筋も使うことができます。

そして、笑顔には目の下のふくらみ・たるみが及ばないパワーがあるので、対策や予防を行いつつ、どうか笑顔いっぱいで過ごしてくださいね!

この記事は2016年10月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る