メニューを開く

人には言えない脇の臭いの悩み!原因と対策を教えて!

脇の臭い緊張して脇にじっとり汗をかいた後、自分の脇の臭いが心配で鼻を近づけて臭いをかいでみた経験、ありませんか?

脇の臭いが気になるのは、自分の臭いを確認しづらく、人と比べられないからです。

ここでは、脇の臭いのチェック方法、原因と対策をご紹介します。



1.脇の臭いをチェックしてみましょう

脇の臭い人間の感覚の中で、嗅覚は順応しやすい特徴を持っていると言われます。ひとつの臭いにすぐになれてしまって、感じなくなってしまうことが多いようです。そのため、自分の体の臭いは、一番嗅ぎなれた臭いであるために、自覚するのが難しいとされています。

「この人、こんなに臭うのにどうして、ほうっておいているの?」と思っても、本人は気がついていないことが多いのはそのためでしょう。

特に、脇は顔に近いこともあり、脇の臭いに鼻が慣れてしまって、感じなくなっていることはよくあるようです。
ですから、自分の脇の臭いを正確に知るためには、一度自分の臭いを、自分から切り離さなければなりません。

自分の臭いは何かに付着させることで、感じやすくなると言われます。

着用していた衣類を脱いで、脇の部分をかいでみましょう。

汗臭いと感じた人は、脇汗が多くて汗臭さが強くなっている可能性があります。
また、鼻にツンとくるような独特のニオイがしたら、ワキガの可能性があると言われています。

2.脇汗が多くて、脇の臭いが気になる人の対策

脇の臭いチェックをしてみて、衣類が汗臭かったら、脇汗対策が必要かもしれません。

脇には、エクリン腺という体温調節のための汗を発汗する汗腺がたくさんあります。エクリン腺から発汗される汗は、それ自体は無臭なのですが、皮脂や衣類の汚れと混じり、時間が経つと雑菌が繁殖して、汗臭さの原因になることがあるとされています。

脇汗と脇の臭いを抑えるための対策は次の5つだと言われています。
どれかひとつだけでも、始められるところから試してみてください。

①軽い運動を習慣化する

脇汗の量を減らすためには、休眠状態にある全身の汗腺をすこやかな状態にすることが大切だとされています。

全身の汗腺を目覚めさせるためには、ジョギングやウォーキングのような負荷の軽い運動を、1回20分程度、定期的に行うとよいでしょう。
脇の臭い

②入浴はシャワーだけでなく、湯船につかる

これも、軽い運動と同じように、毎日適度な発汗をすることで、全身の汗腺をすこかな状態にすることができるとされています。

③ニオイ対策グッズを使用する

最近では、汗を抑えるなどの方法で体臭を防ぐことが期待できるニオイ対策グッズが開発されています。
脇の臭いをなんとかしたいという人には、ニオイ対策グッズの活用もおすすめです。

【医薬部外品】ネオテクト

臭いの気になりがちなワキや足をはじめ、全身の臭い防止に使用できる薬用クリームです。肌になじみやすく、おしゃれなパッケージも嬉しいですね。

【医薬部外品】ネオテクト医薬部外品消臭クリーム初回お試し限定価格:3,694円(税抜)
公式サイトはこちら

④食生活の見直し

臭いが強いものを食べても、それが脇汗の臭いになるわけではないと言われています。
けれど、脂っぽい食べ物や肉を中心にした食事を続けていると、皮脂が過剰に分泌され、脇の汗と混ざり、脇の臭いを強めてしまうことがあるようです。

野菜、海草、果物など、食物繊維を含む食品や水分を多く摂るように心がけましょう。
甘い物(白砂糖を使ったスイーツや菓子)や、コンビニエスストアの弁当やファストフードも多く摂りすぎると、汗臭さを強めてしまうことがあるとされるので、日々の食事バランスを意識していきましょう。

⑤生活リズムを整える

自律神経が乱れることで、暑さと関係なく、脇汗をどっとかくことがあるとされています。

・寝る1時間前に38~40度のぬるめのお風呂にゆったりとつかる
・時間に余裕をもって行動する
・深呼吸(特に、息を吐ききるのが大事)
・お気に入りのマッサージやエステを見つける

など、ゆったりと心を落ち着けて、日々の生活リズムを整えていくこともおすすめです。

3.この脇の臭い、ワキガかも?という人の対策

脇の臭い脇の下が体のほかの部位よりも臭いやすいのは、エクリン腺のほかに、アポクリン腺という汗腺があるからです。

アポクリン腺は、脇の下や股間、耳の穴など、体の限られた部位にしか存在しないと言われています。
アポクリン腺から発汗される汗には、タンパク質やアンモニアが含まれていて、雑菌が繁殖しやすく、鼻にツンとくるような独特の強い臭いがあります。これが、ワキガ臭と言われるものです。

アポクリン腺は誰にでも少しはあるのですが、数が多い人はワキガ体質の可能性があるとされています。

また、ワキガは両親のワキガ体質が遺伝する可能性があるとも言われています。

ワキガの程度によりますが、対策は次の通りです。

①病院で治療する

ワキガの臭いが強い人は、病院での治療が必要な場合があります。
ワキガがあると、社会生活に支障をきたすという理由から、保険適用で手術を行っている病院もあります。

切開手術に抵抗がある人は、レーザー照射や、シェービング術などの治療法もあります。
ただしこれらの治療法には保険が適用されないため、治療費が高額になる可能性もあります。

②脇を清浄にする

脇の臭いは、汗や汚れなどにより脇に雑菌が繁殖することで発生しやすくなるとされています。毎日脇を洗う、汗をこまめに拭き取るなど清潔な状態を保つようにしましょう。

③洗濯には重曹や漂白剤を使用する

ワキガの汗は粘り気があり、服につくと黄色いシミになって、色も臭いも普通の洗濯ではなかなか落とせないと言われています。
洗濯機に入れるまえに、重曹や漂白剤につけておくなどの処理をするようにしましょう。

4.人には言えない脇の臭いの悩み!原因と対策を教えて!まとめ

脇の臭い脇の臭いには、主に2つの種類があります。
・脇汗が多くて、汗臭い
・ワキガの臭い
どちらも、対策を見つければ、臭いを抑えることが期待できます。気になる人は放置せず、自分でできる対策から始めていきましょう。

この記事は2017年4月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る