メニューを開く
2017年1月31日 更新

薄毛予防には早めの対策を!原因・対策を知って薄毛を防ごう

薄毛 対策「薄毛対策を始めたい!」とお考えではありませんか?

親や親戚が薄毛で悩んでいたり、体質的にもともとあまり髪の毛の量が多くなかったりすると、将来薄毛になってしまうのではないかと心配になりますよね。

薄毛を予防するためには、早め早めの対策がとても大切です。

そこで今回は、薄毛になってしまう原因や、薄毛予防のために自宅でできる対策方法をご紹介します。

薄毛に泣く前に、ぜひ今日から薄毛対策を始めていきましょう!



1.薄毛の原因とは?

薄毛対策を行うためには、まず、薄毛の原因を知っておくことが大切です。
どのような原因で薄毛になってしまうのかを知ることが、自分にあった薄毛対策につながります。

ただし、薄毛の原因は1つとは限りません。
いくつかの原因が複雑に絡み合って、薄毛を引き起こしていることもあります。個人差もあるため、「これだけ知っておけば大丈夫」という原因や対策はないといわれています。

そのなかでも、主な薄毛の原因を「男性特有の原因」「女性特有の原因」「男女共通の薄毛の原因」の3つに分けてお伝えします。

原因① 男性特有の薄毛の原因

薄毛 対策男性特有の薄毛の主な原因として、AGA(男性型脱毛)が考えられます。

AGAは、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが頭皮に存在する酵素と結びつき、薄毛の原因となる男性ホルモンに変化することによって起こる薄毛として知られています。
薄毛 対策 男性ホルモン図酵素と結びついた男性ホルモンは、髪の毛の成長に影響を与えるといわれています。酵素と結びついた男性ホルモンが増加すると、髪の毛の成長が妨げられて、徐々に細く短くなり、抜け毛が増えて薄毛につながることがあるのです。

テストステロンを変化させる酵素は、生え際などの前頭部や、つむじあたりの頭頂部に多く存在しているといわれています。そのため、AGAが原因で薄毛になる場合、生え際や頭頂部から脱毛が始まることが多いようです。

AGAは一般的に、遺伝的体質加齢が原因で起こると考えられていますが、正確な原因は現在でも解明されていないとのことです。

原因② 女性特有の薄毛の原因

薄毛 対策女性特有の薄毛の主な原因として、ホルモンバランスの乱れが考えられます。

女性ホルモンは髪の毛の成長にも大きく関わっているといわれています。ホルモンバランスが乱れると、抜け毛が増加して髪の毛のボリュームが減少し、薄毛につながってしまうことがあるのです。

ホルモンバランスの乱れは、加齢やストレス、過度なダイエット、睡眠不足など、さまざまな原因によって引き起こされるといわれています。
特に、更年期と呼ばれる45~55歳頃は、閉経にともなって女性ホルモンの減少が顕著になるため、ホルモンバランスが乱れやすくなるようです。

また、妊娠・出産も、ホルモンバランスが乱れる原因となることがあります。

妊娠中は女性ホルモンが増加しやすく、髪の毛が成長するサイクルが長くなって抜け毛が減少する傾向にあります。しかし、出産後は妊娠中に増加した女性ホルモンの量が通常に戻り、髪の毛の成長サイクルが短くなることがあるため、一時的に抜け毛が増加したように感じる女性が多くなるようです。

原因③ 男女共通の薄毛の原因

薄毛 対策上記以外に、男女共通して考えられる薄毛の主な原因は、以下の通りです。

■ ストレス

慢性的なストレスが心身の不調につながり、薄毛や脱毛の原因となることがあります。
また、ストレスを感じると血行が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養が運ばれにくくなることも、薄毛を招くきっかけになるようです。

■ 頭皮環境の乱れ

頭皮の乾燥や皮脂過剰など、頭皮環境の乱れも、薄毛の原因につながることがあります。
頭皮環境が乱れると、薄毛以外にも、フケやかゆみが現れることも。
肌にあっていないシャンプーやコンディショナーの使用や、不適切なお手入れ方法、不規則な生活習慣などが、頭皮環境が乱れる原因になりえるようです。

■ 病気や薬の影響

なんらかの病気が原因で、薄毛になってしまうこともあります。また、薬を服用している方は、薬の影響によって薄毛になることもあるようです。不安があれば自己判断はせず、病院で専門医に相談してみましょう。

2.薄毛対策のための方法【生活習慣編】

薄毛の原因はさまざまですが、自分でできる薄毛対策として重要なポイントは「頭皮をすこやかに保つこと」「心身ともに健康的であること」だと考えられます。

そのためにも、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

生活習慣対策① バランスのよい食事を心がける

薄毛 対策すこやかな頭皮を保ち、薄毛対策をするためにも、日頃から栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

特定の食品が薄毛対策によいか、悪いかを考えるのではなく、体に必要な栄養を、さまざまな食品からまんべんなく摂取することが大切です。

魚や野菜、豆類、乳製品などは、人によっては食事に取り入れづらく感じるかもしれません。調理方法を工夫するなどして、意識して食べるようにするとよいでしょう。

逆に、塩分や糖分、脂肪分などは、ついつい過剰に摂取してしまいがちです。
これらが多く含まれる揚げ物や肉類などの食べ過ぎには注意するようにしましょう。

ダイエット中の方も、極端な食事制限はあまりおすすめできません。
ただし、適正体重を維持することは健康のためにもよいといわれています。摂取カロリーに気をつけつつ、栄養バランスのとれた食事を意識することがおすすめです。

生活習慣対策② 良質な睡眠を十分にとる

薄毛 対策髪の毛は主に眠っている間につくられるといわれているため、薄毛対策として質のよい睡眠を十分にとる必要があります。

眠り始めの最初の90分間は、髪の毛を成長に必要な成長ホルモンが多く出るといわれています。この時間に良質な睡眠をとることで、髪の毛だけでなく、体全体の調子が整えられると考えられています。

睡眠不足も望ましくありません。
必要な睡眠時間には個人差がありますが、目安として、6時間~8時間程度の睡眠時間を確保するのがおすすめです。

良質な睡眠を十分にとるために、以下のポイントを意識してみましょう。

【寝るときに意識したいポイント】
・寝る直前にパソコンやスマートフォンのブルーライト画面を見ない
・寝る前に体を冷やさないようにする
・寝る直前にものを食べたり、激しい運動をしたりしないようにする
・寝るときは部屋をなるべく暗くする

生活習慣対策③ 適度な運動を行う

薄毛 対策一見あまり関係がなさそうですが、適度な運動は、実は薄毛対策のためにも重要です。

運動をすることで血行がよくなり、全身はもちろん頭皮にも栄養が運ばれやすくなることが期待できます。

運動不足かな? と感じたら、こまめに体を動かすようにしましょう。

運動というと難しいと思ってしまいがちですが、通勤・通学の際に少しだけ歩く距離を長くしてみたり、寝る前に軽いストレッチを取り入れてみたりするなど、自分にできる範囲で続けていくことが大切です。

また、日中に運動をすることで、ほどよい疲労を感じ、熟睡しやすくなるというメリットもあります。
ただし、就寝前に激しい運動を行ってしまうと、スムーズに入眠しにくくなる可能性もあるといわれているので気をつけましょう。

生活習慣対策④ こまめにストレスを発散させる

薄毛 対策心身の健康と薄毛対策のためにも、ストレスはこまめに発散させるようにしましょう。

現代社会では、日常生活のなかでまったくストレスを感じずに過ごすのは難しいですよね。そのため、ストレスを感じたらためこみすぎず、こまめに発散することが重要です。

趣味の時間を確保する、体を動かす、気心の知れた友人と話をする、湯船にゆっくりと浸かるなど、自分なりのストレス発散方法を見つけてみましょう。

3.薄毛対策のための方法【自分でできる頭皮ケア編】

薄毛対策のためには、生活習慣の改善とあわせて、自分でできる頭皮ケアを行っていくことが重要です。

毎日の頭皮ケアを継続的に行っていくことで、すこやかな頭皮を保ち、薄毛を予防することにつながります。

ここでは、薄毛対策のために意識したい3つのポイントをお伝えします。

頭皮ケア対策① 洗髪をきちんと行う

薄毛 対策薄毛対策の基本は、頭皮を清潔にすることです。
そのためにも、洗髪をきちんと行う必要があります。

普段、何気なく行っている洗髪も、間違ったやり方では頭皮への負担につながる可能性があります。

洗髪をきちんと行い、すこやかな頭皮を保つことで薄毛予防を目指しましょう。

【肌らぶ編集部おすすめの洗髪手順】
① 頭皮を中心に、頭をぬるま湯でよく洗い流します。
② 手のひらにシャンプーを適量とり、しっかりと泡立てます。
③ 泡立てたシャンプーを頭皮につけ、指の腹で揉むように洗います。
④ すすぎ残しがないよう、ぬるま湯で十分にすすぎます。
⑤ タオルドライ後、低温弱風で頭皮や髪の毛を乾かします。

頭皮ケア対策② 頭皮マッサージを行う

薄毛 対策薄毛対策として、セルフ頭皮マッサージを取り入れてみるのもおすすめです。

マッサージをすることで血行がよくなり、薄毛予防が期待できます。

薄毛が気になる部分だけでなく、肩や首もあわせてマッサージをしてみてください。

マッサージを行うときは、決して強くこすったり爪を立てたりせず、やさしい力加減で行いましょう。自分で気持ちがよいと思うくらいの強さでマッサージをするのがポイントです。

【肌らぶ編集部おすすめの頭皮マッサージ手順】
① 両手の親指を、それぞれ耳の下あたりに置き、手で耳を覆うように、残りの4本の指を耳の後ろに置きます。
② 親指は動かさず、人さし指から小指までの4本の指の腹で、円を描くようにやさしい力加減で頭皮を揉みましょう。
③ 次に、両手の指先を前髪の生え際に沿って置きます。親指は耳の横、小指はおでこの中央にくるようにします。
④ 指の腹を使って、頭皮を動かすように上下にマッサージします。
⑤ 最後に、頭頂部に両手の指を置き、指の腹で頭皮を揉んでいきましょう。

頭皮ケア対策③ 育毛剤を使用する

薄毛 対策自宅でできる薄毛対策として、育毛剤を使用するという方法もあります。

育毛剤とは、育毛・養毛をサポートし、抜け毛を予防する頭皮ケアアイテムのことです。

毎日の頭皮ケアに育毛剤を取り入れることで、薄毛対策をサポートしてくれることが期待できます。

ただし、育毛剤はあくまでも、現在ある髪の毛や頭皮をすこやかに保つことを目的としたアイテムです。

髪の毛を新たに生やしたり、毛量を増やしたりすることはできないため、気をつけましょう。

【肌らぶ編集部おすすめの育毛剤の使い方】
・メーカーごとの使用目安量・推奨使用方法を守る
・毎日継続して使用する
・頭皮が清潔な状態で使用する

4.薄毛対策に!肌らぶ編集部おすすめ育毛剤10選

育毛剤を使ってみたいと思ったら、まずはどんな育毛剤があるのかを見てみましょう!

ここでは、肌らぶ編集部が独自にセレクトしたおすすめ育毛剤をご紹介します。

【薄毛対策】男性におすすめの育毛剤

まずは、薄毛対策をお考えの男性におすすめしたい育毛剤を5つご紹介します。

薬用ナノインパクト100[医薬部外品]

ナノインパクト100[医薬部外品]販売会社:ホソカワミクロン化粧品株式会社
容量:60ml
価格:7,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
独自のナノ化技術による製品を取り扱う会社「ホソカワミクロン」から発売されている、ナノ化技術を生かした育毛剤です。

コメヌカスフィンゴ糖脂質やステビアエキスなどの保湿成分を配合。頭皮にうるおいを与えてすこやかにし、育毛をサポートします。

同シリーズには、女性向け育毛剤の「薬用ナノインパクト100レディ[医薬部外品](60ml/7,000円+税)」もあります。

≫≫薬用ナノインパクト100公式HPはこちら

薬用アデノゲンEX[医薬部外品]

薬用アデノゲンEX[医薬部外品]販売会社:株式会社 資生堂
容量/価格:50ml/2,200円(+税)
150ml/6,500円(+税)
300ml/10,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
スカルプトニックやシャンプー・コンディショナーなどのスカルプケアアイテムがそろっている「アデノゲン」シリーズから発売されている育毛剤です。

使用後にマッサージをすることで血行がよくなり、育毛剤の肌なじみがよくなることが期待できます。

パチパチとした爽快感のある使い心地を求める方は、同シリーズの「アデノゲン 薬用スカルプトニック[医薬部外品](130g/2,200円+税)」もおすすめです。

≫≫薬用アデノゲンEX公式HPはこちら

CHAP UP(チャップアップ)[医薬部外品]

CHAP UP(チャップアップ)[医薬部外品]販売会社:株式会社ソーシャルテック
容量:120ml
価格:13,703円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
早めの薄毛対策をしたいと考える方のことを考慮してつくられた育毛剤です。

頭皮をすこやかに保ってフケやかゆみを防ぎ、脱毛を予防します。

香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、シリコン不使用。

≫≫CHAP UP(チャップアップ)公式HPはこちら

リゾゲイン ヘアエッセンス[医薬部外品]

リゾゲイン ヘアエッセンス[医薬部外品]販売会社:株式会社ユニットベース
容量:100ml
価格:5,371円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
AGAの原因になるともいわれている、男性ホルモンに着目してつくられた育毛剤です。

アルテアエキス、トウキエキス、ゴボウエキス(すべて保湿成分)を配合。うるおいを与えることで頭皮をやわらげ、気になる薄毛を予防します。

頭皮用ローションである「リゾゲイン スカルプブースター[化粧品](80ml/4,445円+税)」とあわせて使用するのもおすすめです。

≫≫リゾゲイン ヘアエッセンス公式HPはこちら

薬用育毛剤プランテル[医薬部外品]

薬用育毛剤プランテル[医薬部外品]販売会社:株式会社ユーピーエス
容量:150ml
価格:7,593円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
M字脱毛に悩みがちな、男性の生え際のことを考えてつくられた育毛剤です。

朝と夜の1日2回を目安に継続して使用することで、すこやかな育毛をサポートします。

同シリーズの「M-CARE(エムケア)シャンプー[化粧品](300ml/3,686円+税)」を併用するのもおすすめです。

≫≫薬用育毛剤プランテル公式HPはこちら

【薄毛対策】女性におすすめの育毛剤

続いて、薄毛対策をしたい女性におすすめの育毛剤をご紹介します。

女性の薄毛の原因は、男性の薄毛の原因と異なる場合があるため、女性向けの育毛剤を使用してみるのもよいでしょう。

グローイングショット BK[医薬部外品]

グローイングショット BK[医薬部外品]販売会社:株式会社ポーラ
容量:200ml
価格:5,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
薄毛・抜け毛など、女性の髪のエイジングに着目した女性向け育毛剤です。

パウダルコエキス、黒米エキスなど、独自の保湿成分を配合。しっとりとなじんで脱毛を予防します。

ふんわりと広がるローズフローラルの香りが、エレガントな気分を盛り上げてくれそうですね。

≫≫グローイングショット BK公式HPはこちら

ラサーナ 薬用 地肌 エッセンス[医薬部外品]

ラサーナ 薬用 地肌 エッセンス[医薬部外品]販売会社:株式会社ヤマサキ
容量:150ml
価格:5,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
髪の毛と頭皮をよく乾かしてから使用するタイプの女性向け育毛剤です。
薄毛の原因の1つであるホルモンバランスに着目してつくられました。

毎日の頭皮ケア習慣によって、髪の毛に豊かなハリを与え、育毛をサポートします。

着色料、鉱物油不使用。

≫≫ラサーナ 薬用 地肌 エッセンス公式HPはこちら

長春毛精[医薬部外品]

長春毛精[医薬部外品]販売会社:株式会社バイオテック
容量:60ml
価格:6,600円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
自然由来の素材からつくられた女性向け育毛剤です。

独自の「ナノエマルジョン技術」を採用し、頭皮への浸透のよさを追求。頭皮をすこやかにして育毛をサポートします。※角質層まで

1日1回、シャンプー後の使用が推奨されています。

香料、着色料不使用。

≫≫長春毛精公式HPはこちら

マイナチュレ[医薬部外品]

女性用無添加育毛剤 マイナチュレ[医薬部外品]販売会社:株式会社レッドビジョン
容量:120ml
価格:5,745円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
薄毛や抜け毛対策をしたいと考える女性のことを考慮してつくられた女性向け育毛剤です。

負担がかかりがちな女性の頭皮もすこやかに保ちます。

ベタつきにくいさらっとしたテクスチャーも魅力の1つ。インテリアになじみやすいシンプルなボトルデザインもうれしいポイントですね。

≫≫マイナチュレ公式HPはこちら

ベルタ育毛剤[医薬部外品]

ベルタ育毛剤[医薬部外品]販売会社:株式会社ビーボ
容量:80ml
価格:5,980円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
女性の薄毛のお悩みにとことん向き合ってつくられた女性向け育毛剤です。

ユキノシタ、シルバーバイン果実、ウメ果実(すべて保湿成分)を配合。頭皮に浸透※1して育毛をサポートし、髪の毛にハリとコシを与えます。

頭皮のエイジングケア※2にもおすすめです。

※1角質層まで
※2年齢に応じた保湿のお手入れのこと

≫≫ベルタ育毛剤公式HPはこちら

5.薄毛が気になってしまったら…

ここまでお伝えしてきたように、薄毛予防のためには早めの対策がとても大切です。

しかし、どんなに薄毛対策に気を配っていても、薄毛になってしまうこともあります。

一度薄毛になってしまうと、自宅でのセルフケアには限界があり、改善は困難だといえるでしょう。

そのため、もしも薄毛が気になり始めてしまったら、専門の医療機関に相談してみるのも1つの手段です。
専門医に相談することで、自分では気づかなかった薄毛の原因に気づけたり、それぞれの頭皮状態に応じた薄毛対策に関するアドバイスを受けたりすることができそうですね。

※自由診療による治療の場合、保険は適用されません。

6.最後に

薄毛①対策薄毛を防ぐための薄毛対策方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

遺伝的体質や加齢など、避けられない要因による薄毛も確かにあります。しかし、だからといって諦めて何も対策をとらないのはおすすめできません。

生活習慣の改善や、頭皮のお手入れ方法の見直しなど、薄毛対策には今日から始められることがたくさんあります。

自分の頭皮や髪の毛としっかり向き合い、自分にできることから薄毛対策を始めてみませんか?

この記事は2017年1月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。