メニューを開く

ワイルド洗顔はNG!?男の洗顔でやってしまいがちな11項目と正しい洗顔方法


Pocket
LINEで送る

男性 洗顔
「今の洗顔方法は本当に自分に合っているのかな?」「最近シミやシワが目立つし、洗顔を見直してみようかな…」と、お考えではないでしょうか。

洗顔はスキンケアの基本ともいえます。
男性も例外ではなく、洗顔をおろそかにしてしまうと、ニキビや乾燥などの肌悩みを招くこともあるのです。

男性が洗顔を行うときの3つのポイントは、「擦りすぎないこと」「肌に合った洗顔料を選ぶこと」「洗顔の正しい知識を得ること」です。

今回は、男性がやってしまいがちなNG洗顔や正しい洗顔方法・洗顔料の選び方などをご紹介していきます。

肌らぶ編集部がおすすめする「洗顔料ランキング」をご覧になりたい方は、こちらの記事も覗いてみてください!



1.男性がやってしまいがちなNG洗顔

男性 バツ
洗顔の目的は、「肌に不要な皮脂や汚れをしっかり落として、綺麗な素肌にすること」です。
今まで自分流に洗顔をしていたという方は、以下のNG項目に当てはまらないか振り返ってみましょう!

  1. 冷水・お湯で洗っている
  2. 洗顔前に手を洗っていない
  3. 洗顔料を使う前に顔をすすいでいない
  4. 洗顔料を充分に泡立てていない
  5. 余計な力でゴシゴシ擦って洗っている
  6. 泡を乗せてから2分以上洗っている
  7. すすぎが20回よりも少ない
  8. タオルで擦るように拭いている
  9. 1日に2回以上洗顔している
  10. 洗顔用でない石鹸などを使っている
  11. ニキビができたら、いつもより強い力で洗顔している

①冷水・お湯で洗っている

冷水
男性の中には、冷たい水で洗顔している、またはお風呂のついでに熱いお湯で洗っている、という方もいるかもしれません。
ですが、洗顔におすすめしたいのは、30℃前後のぬるま湯です。

冷水で洗うことで肌が引き締まるような感覚があるかもしれませんが、赤ら顔や汚れがしっかり落ちない原因になってしまうこともあります。

反対に熱すぎるお湯で洗うと、肌に必要な皮脂まで落としてしまったりして、肌がかさつきやすくなることもあるのです。

②洗顔前に手を洗っていない

手
手には見えない雑菌が多く存在すると言われています。
また、手を洗わないと洗顔料が泡立ちにくくなるというデメリットもあります。

③洗顔料を使う前に顔をすすいでいない

蛇口
はじめのすすぎが不十分だと、洗顔料で洗うときに汚れが落ちにくくなることがあります。

④洗顔料を充分に泡立てていない

泡立て
洗顔料の泡立てが不十分だと、肌と手の間のクッションが少なくなり、摩擦が起きやすくなります。

肌を必要以上に擦ることは、乾燥や肌荒れなどの原因となることもあると考えられています。

⑤ゴシゴシ擦って洗っている

たわし こする
余計な力で「ゴシゴシ」と擦るように洗顔するのは控えましょう。

特に、目もとや口もとは顔の中でも皮膚が薄くデリケートな部分なので、特に気を付けるべき部位です。

⑥泡を乗せてから2分以上洗っている

ブイサイン(2)
2分はあくまで目安ですが、長時間洗顔していると、肌が乾燥しやすくなることがあります。

⑦すすぎが20回よりも少ない

洗顔  女性
泡で洗った後に行うすすぎは、20回が目安です。
すすぎ残しがあるとニキビや肌荒れの原因になることもあるので、おでこやあごなどのフェイスラインは念入りにすすぐことが大切です。

⑧タオルで擦るように拭いている

タオル
洗顔後の肌はデリケートな状態です。
タオルで拭くときに力を入れて擦るように拭いてしまうと、シワやたるみの原因になることもあります。

⑨1日に2回以上洗顔している

3ピース
皮脂や汗の多い方は、つい何度も顔を洗いたくなってしまうこともあるかもしれません。
ですが洗顔のしすぎは、肌のかさつきや、それを補おうとして皮脂が過剰に出る原因につながってしまうこともあるのです。

⑩洗顔用でない石鹸などを使っている

洗顔石鹸
お風呂に入っているときなど、ボディソープや体用の石鹸で顔も洗っていませんか?

ボディソープなどは顔用の洗顔料よりも比較的洗浄力があると言われています。
顔には顔用の洗顔料を使うことが大切です。

⑪ニキビができたら、いつもより強い力で洗顔している


ニキビがあるからと言って、その部分を念入りに洗いすぎてしまうと、ニキビにとって良くない影響を与えることがあります。

ニキビができてしまったときは、なるべく摩擦を起こさないようにいつも以上にやさしく洗顔することを心がけましょう。

ニキビを予防する洗顔についてもっと知りたい方は、コチラの記事もご覧になってみてください!

2.男性必見!本当に正しい洗顔方法

前項でご紹介した11項目のどれかに心当たりがある…という方は、これから見直していきましょう!
正しい洗顔方法を意識することで、自分の肌に自信を持つことができるかもしれません。

洗顔で特に大切なことは、肌質関係なく必要以上に「擦らない」ことです。
摩擦が強くなると肌荒れや乾燥の原因になることもあるので、意識して洗顔しましょう!

①手を清潔にする
手洗い
汚れた手では洗顔料が泡立ちにくいうえに、衛生上よくありません。
洗顔する前には必ず手を洗いましょう。

②泡立てる前に顔をすすぐ
洗顔 洗い流す
あらかじめぬるま湯ですすいでおくことで、ほこりや汗などの汚れを落とします。

③洗顔料をしっかりと泡立てる
手のひらに泡
洗顔料をしっかり泡立てて肌と手の間にクッションを作ることで、摩擦を軽減します。

④やさしくなでるように洗顔する
皮脂の出やすい「おでこ・鼻(Tゾーン)」から洗いましょう。
クレンジング Tゾーン
おでこに泡を付けて広げるように、こめかみの方へ伸ばします。
汚れがたまりやすい小鼻などの細かい部分は、指先でやさしくクルクルと泡を転がすように洗います。

その後は頬を洗います。
洗顔 頬
頬はおでこや鼻よりも皮脂が少なめの部分なので、泡を「乗せる」ようなイメージでやさしく洗います。

最後に口や目などに泡を乗せます。
洗顔 目・口
口や目は他に比べて皮膚が薄い部分なので、泡を乗せるだけにして、なるべく擦らないようにしましょう。

⑤泡が残らないようにすすぐ
洗顔 洗い流す
ぬるま湯をすくった手の平を顔に近づけて、顔に”付ける”という感覚で、20回を目安にすすぎましょう。
特に、あご・こめかみ・おでこ(生え際)などは泡が残りやすいので、しっかりとすすぐことを意識します。

⑥タオルでやさしく水分を取り除く
洗顔 タオルでふく
清潔なタオルを顔にあてて、水分を吸収させるように拭き取ります。
デリケートな肌をこすらないように、やさしく押さえましょう。

3.男性におすすめしたい洗顔料

ここでは肌らぶ編集部が選んだ、男性におすすめしたい洗顔料をご紹介します。

男性にも使いやすいよう、泡立ちの豊かさとすっきりした洗い上がりのものを、3つセレクトしました。
洗顔料選びの参考にしてみてください!

~男性におすすめしたい洗顔石鹸~

VCOマイルドソープ
VCOマイルドソープ
価格:2,847円(税抜)⇒初回限定価格1,423円(税抜)

保湿成分ヤシ油(ヴァージンココナッツオイル)を配合した洗顔石鹸です。
泡立ちのよさも特徴なので、気持ちよく洗顔できそうですね!

⇒VOCマイルドソープ公式HPはこちら

どろあわわ

価格:2,980円(税抜)⇒初回限定価格1,490円(税抜)

とにかく濃密でもちもちの泡が印象的な、ペースト状の洗顔料です。
チューブタイプが使いやすいので、面倒くさがりの男性にもおすすめです!

⇒どろあわわ公式HPはこちら

Vi&Daクリアスキン
vi&daクリアスキン
価格:2,500円(税抜)⇒定期初回価格2,250円(税抜)

さわやかな香りで、男性にも使いやすい洗顔石鹸です。
さっぱりとした洗い上がりで、荒れやすい男性の肌もすこやかに保ちます。

⇒Vi&Da公式HPはこちら

4.男性の洗顔とシェービングの順番

男性は、朝の洗顔とシェービング(ひげ剃り)を同じタイミングで行うことも多いかと思います。
同時に行う場合は、肌をぬるま湯でしっかりとすすいだ後に、シェービングを行い、その後に洗顔をするとよいでしょう。
洗顔 シェービング 順番
シェービング後の肌はデリケートな状態なので、その後に洗顔をするという場合は、シェービングに時間をかけすぎないことも大切です。

5.男性の肌に洗顔がもたらすメリット

適切な洗顔をすることで「肌荒れを防ぐ」「洗顔後のスキンケアのなじみを良くする」などのメリットを感じることができます。

洗顔はスキンケアの土台ともいえる、大切なステップです。
この機会に、改めてその役割やメリットを確認しておきましょう。

5-1.肌荒れを防ぐ

メンズ
正しく洗顔を行うことで不要な皮脂などの汚れを落とすので、肌荒れなどを防ぐことにつながります。

スキンケアの第一ステップである洗顔を丁寧に行い、ニキビや乾燥などの肌荒れを防ぎましょう。

5-2.洗顔後のスキンケアのなじみを良くする

洗顔した肌としなかった肌
正しく洗顔をすることで肌の不要な汚れを落とし、その後に使う化粧水や乳液などの肌なじみをよくします。

きちんと洗顔ができておらず肌に汚れが残った状態だと、その後に使うスキンケアアイテムが角層に浸透しにくくなることがあります。

スキンケアアイテムの魅力を存分に感じるためにも、洗顔をしっかり行うことが大切です。

6.まとめ

男性の洗顔についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

この機会に普段の洗顔を振り返り、正しい洗顔方法を意識してみましょう。

メイクをすることが少ない男性の第一印象は、素肌で決まるといっても過言ではありません!

正しい洗顔方法を身に付けて、清潔感のあるすこやかな肌を目指しましょう。

この記事は2016年5月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る