メニューを開く

美肌にも効果抜群!飲むだけで痩せる「水ダイエット」とは?

Pocket
LINEで送る

shutterstock_127415924
「水」にダイエット効果があるって不思議ですよね。

しかし、私達の体内の3分の1を占めている「水」は、意識をして上手に摂取することで驚くほどダイエット効果や美肌効果のある「綺麗の味方」なのです。

今回は、「水」を上手に取り入れてダイエットと美肌を叶える効果的な摂取方法をご紹介します。

※ダイエットには、バランスのとれた食生活と適度な運動が必要です。



1.水ダイエットとは

「水ダイエット」とは、普段の生活で水を積極的に取り入れるだけの簡単なダイエット方法です。

人間の体の約60%は水で出来ており「水」は私達の体をつくる源ですが、実際のところ私達の体は常に水不足で理想の水分摂取量に達していないことがほとんどです。

そこで、自分に必要な「水」の量を意識して取り入れ体の不要な老廃物を排出することが「水ダイエット」の最大の目的です。

水を積極的に取り入れることによって無理なく体内の老廃物を排出を促すので、ストレスなく健康的に痩せることが可能で、更に痩せやすい体へ導いてくれると言われています。リバウンドの心配もいらないとされています。

「水 ダイエット」は穏やかに体のデトックスを行う方法なので効果の表れ方は人によって様々ですが、ほとんどの方は大体1~3ヶ月で、効果を実感されているようです。

即効性のあるダイエット方法ではありませんが、リバウンドがなく美肌へ導く効果や便秘の改善も期待できるのでダイエット目的の方も、そうでない方にもおすすめのデトックス方法です。

※ダイエットには、バランスのとれた食生活と適度な運動が必要です。

2.水ダイエットの方法

水ダイエットの方法は「水を意識的に摂取する」というとてもシンプルな方法ですが、飲み方のポイントや注意点もあるので、自分の好みや生活スタイルに合わせて実践してみましょう。

2-1.飲む水の種類

基本的に「水ダイエット」はどの種類の水を飲んでもある程度の効果を得ることは可能ですが、無理なく続けたい方には「軟水」、より高い効果を得たい方には「硬水」をおすすめします。

■硬水
硬水に多く含まれているミネラル成分は体の巡りを良くして腸内の環境を整えるサポートになるので、ダイエットや便秘を改善に効果的と言われています。他の水と比較すると多少の飲みづらさがあります。

■軟水
日本人に最も相性が良いとされているのが軟水です。

軟水はミネラルの量などは硬水よりも劣りますが、その分とてもまろやかな味わいで飲みやすいためストレスなく飲み続けることができて体への負担もかかりません

■水道水
日本の水道水はほとんどが軟水です。(一部地域を除く)

水道水には微々たる塩素が含まれているため、味に関しては販売されている軟水より劣りますが「水ダイエット」で使用する分には全く問題ありません。

水素水サーバー ランキング

2-2.水の摂取量

「水ダイエット」に最も効果的な量は、自分の体重の約4パーセントとされています。つまり、体重50kgの方だと【50×0.04=2】なので約2リットルの水が必要という事になります。

もちろん食材に含まれる水分=水なので、1日分の食事の水分も考えると50kgの方だと約1.5リットルの摂取量が目安と言われています。

2-3.水の飲み方

「水ダイエット」の飲み方のポイントは、こまめに飲むという事です。それは体内の水分量の急激な変化を防ぎ、体に負担をかけないためです。

一度に大量の水を摂取しても体の保水量は変わらないので、コップ1杯の水をこまめに飲み続けることを意識しましょう。

<水を飲むタイミングの目安>

・朝起きた時
・食事の時(朝・昼・夜)
・仕事中
・入浴前後
・夜寝る前

上記以外にも、自分の摂りたいタイミングで積極的に摂取しましょう。
水分を摂り過ぎることも体には良くありませんが、基本的に体の4パーセント前後の量であれば全く問題ありません。

3.水ダイエットの注意点

炭酸水

「水 ダイエット」は間違った飲み方をしてしまうと、「冷え」や「むくみ太り」の原因になります。効果的に行うためにも次の6つの注意点を意識しましょう。

■冷たすぎる水はNG
⇒入浴後や暑い時期は冷たい水を飲んでしまいがちですが、冷たい水は体を冷やして胃腸の負担になることがあります。

さらに血管を収縮させて代謝機能を低下させてしまうので、ダイエットや美肌には逆効果になることもあります。
できるだけ「常温水」か「白湯」(暖かいお湯)を摂取するようにしましょう。

■一度で一気に飲もうとしない
⇒一度に大量の水を摂取しても体の保水量は変わりません。それどころか胃腸に負担をかけてしまい逆効果なので、水はコップ1杯を目安にしてこまめに摂取しましょう。

■眠る直前の水の摂取はNG
⇒眠る前にコップ1杯程度の水を飲むことは、寝ている間の水分補給のために必要です。

しかし、眠る直前の摂取だと水が体内に滞ってしまい体外へ上手く排出できなくなってしまいます。

次の日顔や体がむくむ原因にもなってしまうので、水は「寝る直前」ではなく「寝る30分前」に摂取することをおすすめします。

■自分が美味しいと思える水を飲む
⇒ダイエットに最も効果のある水は「硬水」ですが、「水ダイエット」は多くの水を摂取するため、自分自身が美味しいと思える水の方がストレスはかかりません。

軟水でもダイエットや美肌効果は期待できるので、硬水が飲みづらいという方は無理をせずに飲みやすい軟水にしましょう。

■水以外で代用しない
⇒「水ダイエット」は「水」以外のものを代用することが出来ません。それは、人間の体が「水」以外のものを取り入れた時、それを分解するために更なる「水」が必要になってしまうからです。

つまり、「緑茶」や「ジュース」を分解する際も水が必要になるので、いくら水を摂っても必要量の水が足りない状態なってしまうのです。

■トイレに行きやすい環境の下で行う
⇒「水ダイエット」を行うと、最低でも日中5回~10回程はトイレに行きたくなると考えらえています。

仕事柄、頻繁にトイレに行く事が難しい方には「水ダイエット」をおすすめしません。休日など、トイレに行きやすい環境の中で行いましょう。

4.水を摂取する3つのメリット

shutterstock_250375267

■ダイエットサポート
・基礎代謝が上がり脂肪が燃えやすくなるため、ダイエットをしながら痩せやすい体づくりをサポートできる。
・食欲を抑制し、食べ過ぎを予防することが期待できる。
・代謝の促進によって老廃物の排出が促されるのでむくみの改善効果が期待できる。

■便秘解消サポート
・必要な水分を体に取り込むことで、体の便を適度に柔らかくして排出を促す効果が期待できる。
・腸の巡りが活発になると腸の溜まった老廃物が排出されて便秘改善が期待できる。

■美肌サポート
・肌の代謝が促進されるので細胞の修復力が高まり乾燥や肌荒れ改善が期待できる。
・肌の免疫機能が上がるのでニキビなどの吹き出物のできにくい肌へのサポートが期待できる。

5.まとめ

「水ダイエット」は、自分の意識次第で誰でも簡単に継続して行う事が可能なデトックス法と言われています。ダイエットと美肌のためにも、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

※ダイエットには、バランスのとれた食生活と適度な運動が必要です。

この記事は2015年5月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る