メニューを開く
アスタリフト;
提供:常盤薬品工業株式会社

【必見】白ニキビが気になる方へ!原因と防ぐためのセルフケア方法


白ニキビ①おでこやあごなど、ふとした時に何度もできる“白ニキビ”。

この白ニキビは、ニキビの中でも最初の段階で、痛みはなくとも何度も同じ場所にできてしまうのが特徴といわれています。

今回は、白ニキビができた時の注意点、自宅でのお手入れ方法などご紹介します。

※注意※
白ニキビと黄ニキビは異なります。
白ニキビ・黄ニキビ黄ニキビも白っぽいのですが、まったくの別物と考えましょう。
黄ニキビの場合は、触ると痛みがあり、白ニキビに比べると膨らんでいます。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ノブACアクティブ フェイスローション(医薬部外品)

ノブ
敏感に傾きがちな肌の方向けのスキンケアブランド『NOV(ノブ)』の、ニキビを防ぐシリーズ『ACアクティブ』の薬用化粧水です。

リピジュア®、ヒアルロン酸、ベタインなどの保湿成分が配合されており、角層にうるおいを与え、肌をすこやかに保ちます。
「保湿も、ニキビや肌荒れ対策も、どちらもしたい!」という方におすすめです。

初めての方は、シリーズ全品(7品)が約1週間分試せるトライアルセットからスタートしてみてください。
公式HPはこちら(大)

1.白ニキビとは?|主な原因について

洗顔 美白 効果
「白ニキビ」は、毛穴が皮脂や汚れなどで塞がれ、少し白っぽく腫れている状態のニキビを一般的に指します。

白ニキビができる主な原因は、毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうことだといわれています。

毛穴は細く小さいのでそもそも汚れが詰まりやすく、さらに肌が乾燥していたり、ホルモンバランスが崩れたりすることで、角質が硬くなって詰まりを増長させることがあるのです。

ニキビは進行状況によって見た目や肌の状態も変化するものですが、白ニキビはその中でも毛穴に不要な皮脂などの汚れが詰まり、炎症が起きる前の状態だと考えられています。

毛穴が詰まっていますが、腫れは起きていないので、特に痛みはないことがほとんどです。

2.白ニキビができた時にやってはいけない3つのこと

ニキビの初期段階ともいえる「白ニキビ」ですが、この項目では白ニキビができたときにやってしまいがちな、なるべく控えていただきたい行動をお伝えします。

2-1.1日に何度も洗顔をする

ニキビ 正しい 洗顔③
ニキビができた時に何度も洗顔する行為はおすすめしません。

ニキビの原因は、過剰な「皮脂(油)」ですが、それがすべてではないと考えられています。

特に大人になってからの白ニキビは、過剰な皮脂以外の可能性も考えられます。

2-2.ニキビを触る

ブライダルチェックとは
ニキビができると無意識に触ってしまいがちですが、手には多くの雑菌が付いているので控えるようにしましょう。

白ニキビができているときの肌は、普段よりも外部の影響を受けやすく、雑菌によってニキビを悪化することもあります。

2-3.ファンデーション・コンシーラーを厚く塗る

シミ隠し ファンデーション①
白ニキビができた時は、特にファンデーションやコンシーラーで隠してしまいたくなると思いますが、できるだけ厚塗りは控えましょう。

特にリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは油分が多く含まれているので、過度にニキビを隠そうと厚く塗ってしまうと、白ニキビの悪化を早めてしまうことがあります。

ニキビを隠したい場合は、できるだけ油分が少なめのパウダーファンデーションをおすすめします。

★ニキビができた時のファンデーションについてはこちらの記事をご確認ください。

3.白ニキビのセルフケア

どんなに注意していても、自分の意志とはうらはらに白ニキビができてしまうこともありますよね。
そんなときの、肌のお手入れ方法についてお伝えします。

3-1.白ニキビを潰す(芯を取る)

意外と思うかもしれませんが、白ニキビのセルフケアとして、白ニキビを潰す方法があります。

しかし、この考え方は賛否両論で、合う人・合わない人がいるので一概に良いとは言いきれません。

白ニキビというのは、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている状態です。
毛穴を塞いでいる芯(皮脂・汚れ)を取ってお手入れできることもあります。

※以下で白ニキビをつぶす際の一般的な方法をご紹介しますが、この方法で必ずきれいに取り除けるというわけではありません。
必ず自分のニキビの状態を見極めてから、自己責任で行うようにしましょう。取り除けない場合は、無理をせず病院へ行くようにしてください。

■ニキビの潰し方
①肌を柔らかく、清潔な状態にする
お風呂あがりなどは肌が柔らかくなっており、肌を傷つけにくく芯だけ取り除きやすくなります。

②コメドプッシャーで押し出す
コメドプッシャーは薬局などで販売されています。
ニキビプッシャー③しっかりと保湿する
化粧水でしっかりと保湿しましょう。

3-2.正しい洗顔と保湿を行う

10代 化粧水⑤地味に感じるかもしれませんが、正しい洗顔が本当にできている人は意外と多くないものです。

また、ニキビができていると保湿してはいけないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、肌にうるおい・特に水分を補う必要はあります。

適切に保湿ができていないと毛穴周りの肌が硬くなりやすく、余計に皮脂や汚れが詰まりやすくなってしまうこともあります。
化粧水や美容液を使用し、積極的にうるおい(水分)を補いましょう。できるだけさっぱりとしたスキンケアを心がけることをおすすめします。

★詳しい洗顔方法に関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

~参考スキンケアアイテム~
dプログラム アクネケア ローション W(医薬部外品)
dプログラム アクネケア ローション W(医薬部外品)
ニキビができやすいデリケートに傾きがちな肌に着目した、肌をうるおし整える「資生堂dプログラム」の薬用化粧水です。
つけかえ用リフィルを使用することで、お得に使い続けることができます。

⇒dプログラム公式HPはこちら


ジッテプラス(医薬部外品)
jitte
顔はもちろん、首や背中などのニキビを防ぎたい方に便利な薬用オールインワンジェルです。
「ニキビを防ぐには肌に油分と水分を補って、保湿することが大切」という点に注目して開発されました。

分厚い皮膚にもなじみやすいように、大きさの異なるヒアルロン酸*とセラミド*を複合した独自の保湿成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」を配合しています。
気になる顔や首などのお悩みも、美白**成分(プラセンタエキス)がしっかり浸透***してサポートしてくれます。

ニキビを防いで、うるおいのあるなめらかな肌を目指したい方におすすめです。
*うるおい成分  **日焼けによるシミそばかすを防ぐ  ***浸透:角質層まで

⇒ジッテプラス公式HPはこちら

4.白ニキビ対策には生活習慣の改善も大切

生活習慣を改善することも、白ニキビ対策には大切なポイントです。

特に大人になってからの白ニキビは、ホルモンバランスが乱れていることも原因のひとつです。
ホルモンバランスは睡眠・食事・ストレス・飲酒・喫煙などさまざまなことが関係しています。

生活全てを一気に変えることは難しくても、以下でお伝えするようなことを、できることから実践していきましょう!

4-1.6時間以上の睡眠をとる

ほっぺ ニキビ
睡眠時間が不足してしまうと、免疫力が低下してニキビを誘発してしまう可能性があります。

鼻の下のニキビをできにくくするためにも、毎日6時間以上の睡眠は確保するようにしましょう。

4-2.食事内容に気を付ける

肌荒れ ビタミン
健康的な食事を意識することも、白ニキビ大切には欠かせません。

和食などのヘルシーな食事を心がけつつ、特にビタミン類を積極的にとりいれてみてください。

【ビタミンが豊富な食材】
・ビタミンB2:納豆、牛乳、うなぎ、にんじん、ほうれん草等
・ビタミンB6:豚肉、牛肉、鶏肉、サツマイモ、大豆等
・ビタミンC:赤ピーマン、レモン、ブロッコリー、カボチャ等

また、過度な糖質や脂質は、体内のビタミンを浪費しやすくなるとも言われています。
甘い物や油っこいものは皮脂を増やす原因にもなるので、できるだけ控えましょう。

4-3.寝具を清潔に保つ

睡眠不足 ストレス 足がむくむ
枕カバーや布団・毛布などが汚れていると、雑菌によりニキビが悪化する原因にもなりかねません。
枕カバーは毎日変える・晴れた日には布団を干すなどして、なるべく清潔に保つ努力をしましょう。

カバーを毎日変えることが難しい方は、清潔なタオルを敷くというのも一つの手段です。

また、カバーやタオルがチクチクする場合、摩擦によりニキビがひどくなってしまうこともあります。
使い始めてから時期が経っている場合などは、買い替えなども視野に入れてみてくださいね。

4-4.きれいなパフ・ブラシをキープする

パフ_before_after
女性の方は、メイクブラシやパフなどを、週に1度を目安に洗うようにしましょう。
毎日のメイクで、メイクブラシやパフに少しずつ雑菌が繁殖することもあります。

パフやブラシだけでなく、同時にアイシャドウのチップなども定期的に洗うようにしましょう。

パフの洗い方についてはこちらの記事、ブラシの洗い方についてはこちらの記事をご参照ください。
肌らぶ編集部で実際にさまざまな洗い方を試した結果などもご紹介しています!

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、白ニキビができた時の注意点、自宅でのお手入れ方法についてご紹介しました。

白ニキビはできる前からの予防も大切です。

自宅でのお手入れ方法を実践し、つるんとした素肌を維持していきましょう。

※この記事は2016年10月21日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る