メニューを開く

冬にしたい日焼け対策!季節に合わせた正しいお手入れとは

冬 日焼け止め
「冬でも日焼け止めって必要なのかな?」「冬の日焼け止めってどんなものを選べばいいのかな?」と思ったことはありませんか?

年間を通して日焼け対策は必要だと言われていますが、暑い時期に比べると寒い時期は日焼け対策の手を抜いてしまいがちですよね。

しかし、魅力的なうるおい肌をキープするためには冬の日焼け対策も気を抜けません。

そこで今回は、冬の日焼け対策やおすすめの日焼け止めなどについてご紹介します。


1.冬に日焼け止めが必要な理由

紫外線量 グラフ
美しいうるおい肌を目指すには、冬でも日焼け対策が必要と言われています。

なぜなら紫外線は季節に関係なく、1年中降り注いでいるからです。

冬は、日差しの強い夏に比べて、つい日焼け対策を怠りがちな季節ですが、実際には紫外線が地表に届いています。
そのため、日焼け対策をせずに過ごすことで、知らないうちに肌に負担がかかってしまうことがあるのです。

肌の老化は紫外線による影響が大きいと考えられており、紫外線を浴びすぎることで肌が乾燥しやすくなったり、乾燥による小じわやたるみなどのエイジングサインが生じやすくなったりすると言われています。

1年の中でも肌が乾燥しやすい季節である冬に、乾燥による小じわなどの肌悩みを増やさないためには、日々の保湿のお手入れに加えて日焼け対策も意識するようにしましょう。

2.冬の日焼け止め選び!2つのポイント

冬 日焼け止め

ここでは、冬の日焼け止め選びのポイントを2つご紹介します。

2−1.保湿成分配合の日焼け止めを選ぶ

冬 日焼け止め

冬は、保湿成分配合の日焼け止めを選ぶことをおすすめします。

肌が乾燥しやすい冬は、肌にうるおいを与えるお手入れが大切です。
そのため、日焼け止めも保湿成分配合のものを選ぶことで、乾燥を防ぎつつ効率的に日焼け対策ができます。

日焼け止めを塗る前には、セルフスキンケアで肌をしっかり保湿するお手入れを行い、保湿成分を配合した日焼け止めを選んで、日焼けと乾燥対策をすると良いでしょう。

【参考にしたい保湿成分の例】
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・植物エキス
・シアバター
・メーカー独自の保湿成分 など

2-2.自分にとって使用感が心地よいものを選ぶ

冬 日焼け止め

日焼け対策を怠りがちな冬には、自分にとって使用感が心地よい日焼け止めを選ぶこともおすすめです。

毎日でも継続して使えるように、香りやテクスチャー、肌なじみなどの使用感が好きなものを選ぶことで楽しみながら使うことができるでしょう。

テスターやサンプルなどがある場合は、購入前に実際に使って確かめてみるのもおすすめです。

3.冬におすすめの日焼け止め5選

ここでは、肌らぶ編集部がおすすめしたい、冬でも使える日焼け止めをご紹介します。

今回は、保湿成分を配合していること、べたつきにくいタイプであることの2点に着目してピックアップしてみました。

ぜひ冬の日焼け止めを選ぶ際に、参考にしてみてください。

(1)NOV(ノブ)UVミルクEX

SPF32 PA+++
冬 日焼け止め NOV UVミルクEX
内容量:35g
価格:¥2,000(税抜)

【保湿成分】グリセリン・ヒアルロン酸など

【肌らぶ編集部コメント】
日焼け止めを塗っているのを忘れてしまうような、つけ心地が軽くて伸びの良いミルクタイプの日焼け止めです。

肌が敏感に傾きやすい方でも使いやすく、化粧下地としても使うことができます。

白浮きしにくいので、他のスキンケアアイテムやメイクアイテムとも合わせて使いやすいでしょう。

ボディに使うときは、容器から直線を描くように出して、らせん状にくるくるなじませることでムラになりにくく、肌に密着しやすくなります。

また、お湯で落とせるのも魅力のひとつです。

>>>NOV公式HPはこちらから

(2)Sinn Purete(シン ピュルテ)パーフェクトUVクリーム

SPF30 PA+++
冬 日焼け止め  Sinn Puret パーフェクトUVクリーム SPF30 PA+++
内容量:35g
価格:¥3,900(税抜)

【保湿成分】スクラワン、バオバブ種子油 、エーデルワイスエキスなど

【肌らぶ編集部コメント】
スクラワン・バオバブ種子油・エーデルワイスエキスなどの保湿成分を配合した日焼け止めです。

みずみずしく軽やかなつけ心地が特徴で、日焼け対策をしながらも肌にうるおいを与えるので、冬でも使いやすいでしょう。

白浮きせず、毛穴や色ムラを自然にカバーしてセミマットな肌に見せてくれるため、化粧下地として使うのもおすすめです。

>>>Sinn Purete公式HPはこちらから

(3)花王 ニベアサン プロテクトウォータージェル

SPF35 PA+++
冬 日焼け止め ニベアサンプロテクロウォータージェル 花王
内容量:80g
価格:オープン価格

【保湿成分】ヒアルロン酸、キハダ樹皮エキスなど

【肌らぶ編集部コメント】
みずみずしい質感のテクスチャーで、肌にのせるとまるで肌の角質層に溶け込むようになじむ日焼け止めです。

べたつきにくいタイプで、顔やボディの日焼け対策はもちろん、化粧下地としても使うことができます。

保湿成分として、ヒアルロン酸やキハダ樹皮エキスを配合。
さっぱりとした使い心地でありながら、肌にうるおいを与えます。

落とす時は、石鹸や洗顔料、ボディ用洗浄料などで手軽に落とすことができます。

>>>花王公式HPはこちらから

(4)POLA ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト(医薬部外品)

SPF50 PA++++
冬 日焼け止め POLA ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト
内容量:50ml
価格:¥4,000(税抜)

【保湿成分】クリアモイスチャー、メリッサエキス、アキレアエキス、クジンエキスクリア、ヒアルロン酸など

【肌らぶ編集部コメント】
ウインタースポーツなどの冬のレジャーシーンにもおすすめしたい、SPF50 PA++++の日焼け止めです。

ウォータープルーフでありながらも、通常のクレンジングで落とせる手軽さが魅力的です。

べたつきを感じにくい軽めのテクスチャーや、白浮きしにくい点もこの日焼け止めの特長でしょう。

>>>POLA公式HPはこちらから

(5)DHC サンカットQ10 50プラス スプレー

SPF50+ PA++++
冬 日焼け止め DHCサンカットQ10 50プラス スプレー
内容量:60ml
価格:¥960(税抜)

【保湿成分】コラーゲン、ヒアルロン酸、オリーブ種子油など

【肌らぶ編集部コメント】
顔はもちろん、髪の毛や体にも使えるスプレー式の日焼け止めです。

つけた部分が白くならずに使えることや、シューっと吹きかけるだけの手軽さから、冬のゴルフやウインタースポーツにもおすすめです。

スリムなボトルなので、携帯にも便利でしょう。

>>>DHC公式HPはこちらから

4.冬の日焼け対策のポイント

日焼け止め 冬

ここでは、冬に行っていただきたい日焼け対策として3つのポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

4-1.SPF・PA表記のあるベースメイクアイテムを併用する

冬 日焼け止め

冬の日焼け対策として、日焼け止めとともにSPF・PA表記のあるベースメイクアイテムを併用することをおすすめします。

日焼け止めの後に、SPF・PA表記のある化粧下地、ファンデーションを使ってベースメイクの層を重ねることで、より日焼け対策が期待できるからです。

もちろん、日焼け対策のできる化粧下地を単体で使うこともできますが、よりしっかり対策を行いたい方は、日焼け止めと併用しても良いでしょう。

4-2.保湿のお手入れを十分に行う

冬 日焼け止め

冬は、日焼け対策と同時に、保湿のお手入れを重視することも大切です。

肌が乾燥することによって起こりやすくなる肌荒れなどを防ぐためにも、お手入れの基本である保湿を意識しましょう。

洗顔後はできるだけ早く化粧水をつけ、保湿成分の配合された美容液やクリームを使って肌にうるおいを与えましょう。

冬はただでさえ乾燥しやすい季節である上、洗顔後はうるおいが不足した状態になりやすいため、すばやく丁寧なスキンケアを行うことがポイントです。

乾燥が気になりやすい目元や口元は、保湿クリームを重ねづけするほか、専用のクリームやシートパックなどを使ったスペシャルケアを取り入れるのもおすすめです。

また、冬は顔だけでなく、ボディも乾燥しやすいので、保湿成分配合の入浴料を使って湯船に浸かったり、ボディクリームを塗ったりして、全身のお手入れを楽しむのも良いですね。

4-3.シーンによって日焼け止めを使い分ける

冬 日焼け止め
冬に限らず、日焼け止めを使う際は、シーンに合わせて日焼け止めを使い分けることをおすすめします。

日常生活やウインタースポーツなどのレジャー等、シーンに合わせてSPF・PAの数値が適したものを選ぶようにしましょう。

日焼け止めは、SPFやPAの数値が高いものを選べば良いというわけではありません。

その時々に合った日焼け止めを使い分けることで、賢く日焼け対策をしていきましょう。

★日常生活★

日焼け止め 冬

日常生活では【SPF10〜30 PA++程度】の日焼け止めがおすすめです。
日常生活での通勤・通学やお買い物・お散歩などには、SPF・ PAの数値についてさほど意識する必要はないようです。

SPF10〜30 PA++程度で自分の好きな使用感の日焼け止めを使った日焼け対策をしましょう。

ジェルタイプやミルクタイプのような、軽めのテクスチャーの日焼け止めは、毎日でも気軽に使いやすいですね。

★公園など屋外で過ごすとき★

冬 日焼け止め
日中に公園などの屋外で過ごすときは【SPF20~30 PA++〜 PA+++程度】の日焼け止めがおすすめです。

冬の屋外に長時間いるときは肌が乾燥しがちなので、保湿成分配合の乳液タイプやクリームタイプなど、しっとりした使い心地のものを選ぶと良いでしょう。

★ウインタースポーツなどのレジャーシーン★

冬 日焼け止め
スキー・スノーボードなどの冬のレジャーシーンでは、【SPF30〜50 PA+++〜PA++++程度】の日焼け止めをおすすめします。

新雪は紫外線をよく反射すると言われていて、肌に受ける紫外線の量もアスファルトや土に比べて多いと考えられているからです。

スキー・スノーボードなどのウインタースポーツを長時間される方は、汗をかいたり雪によって濡れたりしても落ちにくい、ウォータープルーフの日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

5.まとめ

今回は冬に使う日焼け止めの選び方や、おすすめの日焼け止めについてご紹介しました。

エイジングサインや乾燥による肌悩みを増やさないためにも、冬でも日焼け対策を行い、保湿を意識したお手入れを一緒に行いましょう。

冬ならではのお手入れをして、楽しく冬の季節を過ごしたいものですね。

ぜひ、参考にしてみてください。

この記事は2016年1月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る