2017年4月21日 更新
提供:株式会社ソーシャルテック

女性の薄毛の原因と対策|すこやか髪のためのおすすめシャンプー

女性 薄毛 シャンプー1
「女性の薄毛の原因は?」「おすすめのシャンプーはないかな?」などとお考えではないでしょうか。

女性にとって、真剣な悩みにもなりかねない薄毛の悩み。
今回は、薄毛に対して何かしらの対策をしたいとお考えの方のために、女性の薄毛の原因や、すこやかな頭皮と髪をサポートするシャンプー、薄毛対策のために意識していただきたい生活習慣などについてご紹介していきます。

薄毛対策したいとお考えの女性の皆様、必見です!

ずっと使い続けたい!ノンシリコンオーガニック『CUシャンプー』はこちら>>>


CUシャンプー
ハーブガーデン バナー

1.女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因は、大きく分けて、頭皮環境と、ホルモンバランスの2つに分けられるといわれています。

シャンプー選びの前に、まずはご自身の薄毛につながりうる原因を探りましょう。

原因①頭皮環境

頭皮ケア シャンプー1

食事・生活習慣・ストレス・シャンプーの仕方や選び方などに問題があり、頭皮の環境が悪くなることで、髪に元気がなくなったり、薄毛につながったりすることがあるといわれています。

頭皮の環境を整えるためには、食事の栄養バランスを整えることや、ストレスを減らすことなどが必要です。また、自分の頭皮や髪に合ったシャンプーを使うことも重要と考えられています。

原因②ホルモンバランス

性病 女性

加齢とともに、女性ホルモンは減少していく傾向にあるとされています。

女性ホルモンの減少が、薄毛の原因になると考えられており、更年期や、出産後のホルモンバランスが乱れている時期に薄毛になりやすいのはこのためだといえるでしょう。

また、年齢にかかわらず、ストレスなどの影響でホルモンバランスが乱れていると、薄毛を引き起こす原因になるとされています。

この場合、シャンプーを変えることが、直接の薄毛対策法になるわけではありませんが、「頭皮をすこやかに保つ」ためには、大切なお手入れの1つです。

☆女性の薄毛の種類と原因について、詳しくはこちらをご覧ください。

2.頭皮をすこやかに保ちたい女性へ|シャンプーの選び方と使い方

頭皮をすこやかに保つために、毎日行うシャンプーを見直すことも1つの方法です。
ここでは、女性に向けたシャンプーの選び方と使い方(髪の洗い方)についてお話しします。

2-1.頭皮をすこやかに保ちたい女性へ|シャンプーの選び方

抜け毛 シャンプー1頭皮や髪をすこやかに保つうえで最も大切といえるのが、自分の頭皮や髪に合ったシャンプーを選んで使うということです。

薄毛にお悩みの方は、この機会に普段お使いのシャンプーを見直してみてはいかがでしょうか。

たとえばシャンプーの洗浄成分をチェックする、というのもひとつです。

シャンプーの購入前には、パッケージに記載されている成分表示も確認してみましょう。シャンプーの種類は、使用されている洗浄成分によって分けられることが多いですが、例えばアミノ酸系のシャンプーには洗浄成分として「ラウロイル●●」「ココアンホ●●」「●●ベタイン」「ココイル●●」などが含まれています。

使用されている成分をしっかりと確認し、自分の頭皮に合ったシャンプーを選びましょう。また、シャンプーを使用して、違和感を感じるものは、使用を控え様子を見ましょう。

2-2.【女性向け】肌らぶ編集部おすすめのシャンプー

女性の頭皮は男性よりも皮脂の量が少ない傾向にあるといわれているため、顔のお手入れなどと同様、うるおいに重点をおくことが大切です。

ここでは、頭皮と髪をすこやかに保つ、保湿重視で選んだシャンプーをご紹介します。

CUオーガニック ノンシリコンシャンプー

CUシャンプー

【肌らぶ編集部コメント】
「アナタの髪の毛とアナタに素敵な未来をお届けしたい」
そんな思いをこめて、毛髪診断士と美容師が共同で開発した、オーガニックのノンシリコンシャンプーです。
洗浄成分には、「コカミドプロピルベタイン」などのアミノ酸系洗浄成分を配合。頭皮を清浄にし、髪にハリやコシを与えます。
まるではちみつのようにとろりとしたテクスチャーが魅力的。ほのかなフルーティローズの香りで、上品なバスタイムを楽しめることでしょう。
シリコン、石油系洗浄剤、サルフェート、パラベン、鉱物油、合成着色料不使用。

公式HPはこちら(オレンジ)

アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー

アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー

【肌らぶ編集部コメント】
頭皮や髪のエイジングサインにお悩みの方におすすめのノンシリコンシャンプーです。
保湿成分「ヒト型ナノヘアセラミド」を配合。キメ細かな泡が髪の汚れや不要な皮脂をさっぱり洗い流し、指通りをよくします。
ダマスクローズをベースにした、ハーバルフローラルの上品な香り。
ふんわりボリューム豊かな、しなやか美髪を目指したい方は、アスタリフトのシャンプー・コンディショナー・頭皮用美容液がたった1,200円+税 で試せる「美髪トライアルキット」から始めてみましょう♡
おひとり様1点限り、公式HPからご購入いただけます。送料無料です!(2017年3月時点)

公式HPはこちら(オレンジ)

haru 黒髪スカルプ・プロ

haru 黒髪スカルププロ

【肌らぶ編集部コメント】
髪にハリ・コシを与えてくれるアミノ酸シャンプーです。
保湿成分として、ハイビスカスエキス、オリーブエキス、オレンジエキス、ビワ葉エキス、米ぬかエキスなどを配合。頭皮をすこやかに保ち、髪をしなやかにします。
リンスやコンディショナーの役割も果たしてくれるので、シャワータイムの短縮にもなりそう。
シリコン、合成ポリマー、カチオン界面活性剤、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、合成防腐剤、合成保存料不使用。
公式HPでは購入者全員に、頭皮マッサージにぴったりな「リフレッシュシャンプーブラシ」をプレゼント中!(初回購入限定、2017年3月時点)お得なこのタイミングをお見逃しなく!

公式HPはこちら(オレンジ)

ハーブガーデン シャンプー

新ハーブガーデン

【肌らぶ編集部コメント】
きらめくツヤ髪に洗い上げるアミノ酸ボタニカルシャンプーです。
オーガニックハーブウォーターをベースに、エコサート認定の「モンゴンオイル」「シロキクラゲ多糖体」などの保湿成分や、オーガニック栽培の「ソープナッツエキス」などの洗浄成分を配合。
泡立ち・泡持ち・泡切れの良いもっちりとした泡で、頭皮と髪の汚れをきちんと洗い落とし、すこやかに整えます。
まるでハーブ畑にいるかのような気分にさせてくれる、ラベンダーやオレンジなどの自然由来アロマ精油の豊かな香りも特徴です。
石油系界面活性剤・シリコン・合成香料・合成着色料・防腐剤フリー。

公式HPはこちら(オレンジ)

スカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプー[ボリューム](医薬部外品)

スカルプDボーテシャンプー

【肌らぶ編集部コメント】
女性専門頭髪外来のあるクリニックの医師と共同開発した、髪にハリ・コシを与えるドクターズシャンプーです。
保湿成分として「トリプルイソフラボン(豆乳発酵液)」を配合。濃密で弾力のあるもっちり泡で、マイルドかつしっかりと頭皮の汚れを洗い流します。さらにうるおいを角質層に浸透させるので、頭皮環境をすこやかに保ちたい方にもおすすめ。愛らしいローズの香り。
パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、ノンシリコン、合成着色料フリー、合成香料フリー、フェノキシエタノールフリー。ボリュームタイプ以外にも、ふんわりとまとまるしなやかな髪に導く「モイストタイプ」も販売されています。髪悩みに合わせて選んでみては?

公式HPはこちら(オレンジ)

リマーユヘアシャンプー

リマーユ

【肌らぶ編集部コメント】
お客様からの要望をもとに、創業130年以上の製薬会社が開発したシャンプーです。
保湿成分として「馬油」「センブリエキス」などを配合。髪と頭皮にうるおいを与え、思わずうっとりしてしまうようなツヤ髪に洗い上げます。リマーユシャンプーに配合されている「馬油」は、サラサラとのびがよく、臭いが気になりにくいのも特徴の1つ。
香料、着色料、パラベン不使用。
初回購入は、お得な『シャンプー&トリートメントセット定期コース』がおすすめ。送料無料で、通常価格の半額【2,300円+税】で購入することができます。いつでも休止・解約可能なので気軽に試しやすいですよ♡(2017年3月時点)

公式HPはこちら(オレンジ)

2-3.基本的な髪の洗い方・乾かし方

■基本的なシャンプーの仕方

間違った方法で髪を洗うと、頭皮に負担がかかることがあります。頭皮への負担は、結果として薄毛の原因になる場合もあるでしょう。

ここでは、基本的な髪の洗い方をご紹介します。

①ブラッシング
ブラシ髪を洗う前に、ブラッシングをして髪についた汚れを落とします。

②地肌からしっかりぬらす
ぬるま湯だけで髪の汚れを洗い流します。しっかり地肌と髪をぬらしておくと、シャンプーの泡立ちが良くなります。

③毛先の水分をきる
毛先を手のひらでおさえ、髪の水気を取ります。水気が多すぎると、シャンプーが泡立ちにくくなります。

④シャンプーを泡立てる
シャンプーを手に取って、手でよく泡立てます。泡立てずにシャンプーを地肌につけると、頭皮の毛穴がつまる原因となることがあります。

⑤泡で頭皮をマッサージする
シャンプーの泡を地肌にのせ、指の腹で洗います。髪は、泡でなでる程度で十分です。
※爪を立てたり、力を入れたりして洗うと、地肌を痛めることもあるため注意してください。

⑥しっかりすすぐ
髪 すすぐぬるま湯を使い、すすぎ残しがないように、シャンプーを丁寧に洗い流しましょう。すすぎ残しがあると、頭皮の毛穴が詰まりやすくなることがあります。

髪の洗い方は、こちらでも詳しく説明しています。

〈シャンプーの基本〉

・シャンプーのタイミング
女性 薄毛 シャンプー
シャンプーをするタイミングとしては夜が望ましいです。

髪の成長と深い関わりがあると言われている成長ホルモンは、夜寝ている間に多く出ると言われているため、その前に頭皮と髪を清潔な状態にしておくことが大切なのです。

逆に朝は、夜よりも時間に余裕がなく、洗い方やすすぎが雑になってしまう可能性もありますので、あまりおすすめできません。

・シャンプーは1日1回

頭皮のべたつきが気になると、1日に何度もシャンプーをしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、皮脂量が増えてしまうこともあります。

頭皮がすっきりしない感覚があるときでも、頭皮のことを考えて何度も髪を洗わないことをおすすめします。

■基本的な髪の乾かし方

①タオルドライをする
②根本から毛先に向かってドライヤーを当てる
ドライヤー 乾かす
③最後に冷風を当てる
④ブラシやくしで整える

髪の乾かし方は、こちらでも詳しく説明しています。

3.女性の薄毛対策のための注意点

ここでは、シャンプー以外に意識しておきたい、女性の薄毛対策のための日常生活におけるポイントをお伝えします。

どれも些細なことのように思えるかもしれませんが、美は一日にしてならず。毎日の習慣を見直すことが、将来の自分のためになるはずですよ。

薄毛対策①頭皮を圧迫しない

化粧水 付け方

ポニーテールやお団子などのまとめ髪にすると、頭皮が引っ張られて血行が悪くなることがあると言われています。

頭皮に負担をかけないヘアースタイルが望ましいですが、どうしても髪をまとめなければいけない際には、その都度分け目を変えましょう。

薄毛対策②ストレスをためない

ストレスためない

ストレスを受け続けると血行が悪くなり、薄毛につながることもあります。
日頃からストレスをためないよう、リフレッシュする時間を作ることも薄毛対策には必要です。

薄毛対策③十分な睡眠を取る

まつげエクステ もちすこやかな髪のためにも、十分な睡眠は欠かせません。

特に、深い眠りに入った3時間は、髪の成長に関わる成長ホルモンが活動的になる時間と言われています。

できるだけ質の良い深い睡眠を取れるようにしましょう。

薄毛対策④紫外線を防ぐ

日差し(紫外線)頭は、顔や手足よりも高い位置にあり、髪や頭皮は最も紫外線を受けやすい場所と言えます。

いつも同じ分け目にしていると、紫外線がそこに当たり続けます。

分け目を変えたり、頭皮に使用が可能なスプレータイプの日焼け止めを使用したりして対策しましょう。

※日焼け止めを頭皮に使用した際には、きちんとシャンプーできちんと洗い流してください。日焼け止めを洗い残すと、毛穴のつまりなどを引き起こしてしまう場合があります。

薄毛対策⑤アルコールを控える

妊活 お酒 寝起き 悪い5
適量のアルコールは問題ありませんが、多量のアルコールは薄毛の一因にもなると考えられています。

アルコールを過度に摂取することで、眠りが浅くなったり体のめぐりが悪くなるため、頭皮に十分な栄養が行き渡らず、薄毛を進行させてしまうこともあると言われています。

アルコールはほどほどに!飲みすぎには十分注意しましょう。

薄毛対策⑥タバコを控える

末端冷え性 改善_タバコ
タバコに含まれるニコチンは、血行を悪くするといわれています。
喫煙者の方は、少しずつでもいいので、量を減らすよう意識してみましょう。

薄毛対策⑦帽子のかぶり方に注意する

帽子 女性

帽子はかぶり方やサイズ違いなどによって血行を悪くしてしまうことがあります。
薄毛を隠すために、帽子をかぶられる方もいらっしゃるかも知れません。しかし頭にフィットしすぎる帽子は頭皮を圧迫してしまうと言われています。

また帽子によって通気性が悪くなり、頭皮の皮脂量が増えることもあります。帽子のサイズは気持ち大きめの、通気性が良い帽子にしましょう。

薄毛対策⑧ヘアカラー・パーマを控える

ヘアカラースプレー

美容院でのカラーやパーマは、頭皮にとって負担となる場合もあります。
美容師さんに相談したり、納得のいく液剤を使用している美容院を探したり、カラーやパーマの頻度を少なくするなどの工夫をしましょう。

4.女性の薄毛対策|食生活の改善

大豆女性ホルモンが影響している薄毛の場合、シャンプーを変えたり、薄毛を防ぐ生活習慣を心がけたりしても、直接的な対策にはならないことが多いとされています。

しかし、健康的な食生活は髪や頭皮だけでなく、体全体にとっても欠かせないものです。

バランスの良い食生活を心がけた上で、不足しがちな栄養素を補えるようにしましょう。

5.女性の薄毛対策|医師と相談しよう

薄毛の原因は、専門の医師にしか分からない場合もあります。

生活習慣を整えることは可能ですが、それが誰にでも当てはまる対策方法ではない場合もあります。その場合は、専門の医師に相談し、あなたに最も合った薄毛対策の方法を見つけてもらいましょう。※自由診療の場合、健康保険は適用されません。

東京ビューティークリニック
東京ビューティークリニック 銀座院

【肌らぶ編集部コメント】
女性に嬉しい、女性のための髪専門クリニックです。
女性ならではの薄毛・抜け毛の原因をとらえるため、頭皮と毛髪の状態や生活習慣などをカウンセリングし、その人に合った薄毛対策を提案してくれます。
提携クリニックを全国に展開。各院、駅から近く徒歩3分以内なので、気軽に足を運びやすいですね。また、電話での無料相談を受け付けてくれるのも魅力的です。
無料カウンセリングでは、マイクロスコープを使って頭皮・頭髪の状態を確認することができるので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。
※自由診療の場合、健康保険は適用されません。

公式HPはこちら(オレンジ)

6.まとめ

使ってみたいシャンプーは見つかりましたか?

自分が薄毛だと思うと、人の目が気になったり、シャンプーの際の抜け毛が気になったりと、ストレスを感じる場面も多いかと思います。

まずは頭皮をすこやかに保つために、普段のシャンプー方法や生活習慣から見直しつつ、自分に合ったシャンプーを使用してみてください。

※この記事は2017年4月19日時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

ずっと使い続けたい!ノンシリコンオーガニック『CUシャンプー』はこちら>>>


CUシャンプー
ハーブガーデン バナー