メニューを開く
2017年5月9日 更新

デスクワーク向けダイエット♡オフィスでできる方法とは?

デスクワーク ダイエット

「デスクワークしながらできるダイエットって無いのかな?」「立ち仕事からデスクワークに変わって太ってしまったからダイエットしたいな。」とお悩みではありませんか?

デスクワークで座りっぱなしだと、運動する機会がなくて太りやすいと感じる方も多いでしょう。

しかし、デスクワークでもできるダイエット方法はあります!

そこで今回はデスクワークの方へ向けて、社内でできるダイエット法、自席でできるダイエット法、ダイエットのために意識してほしいことについてご紹介します。

デスクワーク中に、すぐにでも始められるダイエット法ばかりなので、早速明日から始めてみてくださいね♪



1.デスクワークダイエット|社内編

デスクワーク ダイエット

まずは、デスクワークの方が社内でできるダイエット法についてご紹介します。
少し意識するだけでできるので、早速取り入れてみてはいかがでしょうか!

★移動には階段を使う

社内を移動するときは、エレベーターではなく、できるだけ階段を使用するようにしましょう。

デスクワークの方は座っている時間がほ長いので、立ち上がったときに意識的に運動することが大切です。

エレベーターで楽に移動するより、3~4階分くらいは階段で移動するように心がけましょう。

★背伸びをしながら立つ

エレベーターに乗るとき、待っているときや、立ったままで短時間のミーティングをするときなどには、かかとを上げて背伸びをしてみましょう。

背伸びをすることで、ふくらはぎの筋肉が使われるので、ふくらはぎの引き締めが期待できます。

少しかかとを浮かせる程度なら、周りの人にも気づかれず、こっそりと行うこともできるでしょう。

★姿勢よく座る

椅子には、姿勢よく座るように意識しましょう。

キレイな姿勢を長時間保とうとすると、それだけで疲れてしまったという経験はありませんか?
実は、正しい姿勢で椅子に座るだけでも、筋肉が使われていると言われているのです。

特に体の奥にある『インナーマッスル』が使われやすくなり、このインナーマッスルを鍛えることで、代謝が上がりやすくなると言われています。

デスクワークの方は座っている時間が一番長いので、この時間を使わないともったいないですよね?

椅子に深く座り、背筋を伸ばして顎を引き、両足を地面につけるようにして、キレイな姿勢をキープするように心がけましょう。

また、パソコンの画面が自分の目の高さより低い位置にあると、自然と猫背になりやすくなってしまいます。

そこで座っている椅子を低くすることで、パソコンの位置と目の高さが合いやすくなり、キレイな姿勢を保ちやすくなるでしょう。

★間食を控える

仕事中の間食は、できるだけ控えるようにしましょう。

デスクワークは立ち仕事に比べて消費カロリーが少ないので、お菓子などの間食には注意が必要です。

いつでも手が届く位置に、お菓子を置いていたりしませんか?
そうすると、ちょっと小腹がすいただけでも手を伸ばしてしまいますよね。

近くに食べ物を置かない、お菓子を買わないなども間食を控えるための対策になるでしょう。

2.デスクワークダイエット|座りながらストレッチ

デスクワーク ダイエット
続いてデスクワークで、自席に座りながらでもできる、引き締めを意識したエクササイズの方法をご紹介します。

机の下でコッソリできるものばかりなので、周りに気づかれずにダイエットができますよ!
ぜひ試してみてください♪

◆ウエストエクササイズ◆

デスクワーク ダイエット

①背筋をまっすぐ伸ばした状態で、椅子に浅く腰掛けます。
②両手で椅子をつかみ、膝を揃えます。
③膝をくっつけたまま両足を持ち上げ、10秒間キープしてください。
④10秒たったら足を下ろして少し休憩し、もう一度足を上げるを繰り返しましょう。

○ポイント○
脚を上げていると、下腹部がぷるぷるとして、筋肉が使われているのが分かります。
下っ腹がポッコリしているのが気になる方におすすめの筋トレです。

◆二の腕エクササイズ◆

デスクワーク ダイエット

①手のひらが向き合うように両手を上下に重ね、おへその高さでまで上げます。
②左右の指どうしを引っかけてひじを張り、左右に引っ張ります。
③10秒くらいたったら、左右の手を組み替えて同じように引っ張りましょう。

○ポイント○
二の腕部分の筋肉が使われていることを意識しながら行いましょう。
背筋を伸ばし、姿勢が良い状態で行うのもポイントです。

◆太ももエクササイズ◆

デスクワーク ダイエット

①背筋を伸ばして、椅子に浅めに座ります。
②太ももの間にペットボトルをはさみます。
③はさむ力を強く・弱くと繰り返しながら、ペットボトルを落とさないようにキープしましょう。

○ポイント○
慣れてきたら、太ももに挟むものを薄いもの、重いものに変えることで、さらに負荷がかかりやすくなります。
普段から足を閉じで座るクセも付くので、キレイな姿勢に近づくでしょう。

◆ふくらはぎエクササイズ◆

デスクワーク ダイエット

①膝の真下に足がくるように、椅子に浅く腰掛けます。
②爪先立ちになるように、かかとを持ち上げます。
③かかとの上げ下ろしを繰り返しましょう。

○ポイント○
ふくらはぎの筋肉が使われていることを意識しながら、ゆっくりと上げ下ろしをすることで、負荷がかかりやすくなります。
またふくらはぎの筋肉を使うことで血行が良くなり、冷えやすい足元が温かく感じられるでしょう。

3.デスクワークダイエットと合わせて取り入れたい3つの行動

デスクワーク ダイエット
続いて、デスクワーク中のダイエットを、よりはかどらせるために、合わせて取り入れたい3つの行動をご紹介します。

①運動をする

デスクワーク中に座ったままできるストレッチも魅力的ですが、ダイエットのためには定期的に運動を行うことも大切です。

その中でも比較的に体への負荷が少ない、有酸素運動から始めてみることをおすすめします。

有酸素運動とは、ウォーキングや自転車などです。

そのため、会社から帰宅するときは1駅前で下りて歩く、自転車通勤にするなど工夫してみることで、簡単に有酸素運動を取り入れられるのではないでしょうか。

②夕食は寝る3時間前までに済ませる

デスクワークの方のダイエットをはかどらせるためには、食事に気を付けることも大切です。

仕事中に間食を我慢しても、夜寝る直前におなかいっぱいまでご飯を食べてしまうと、寝るまでに食べた食事が消化しきれず、脂肪として体に溜まってしまうと言われています。

そのため、夕食は寝る3時間前までに済ませる、腹8分目までにするということを心がけてみましょう。

③毎日体重計に乗る

ダイエットをはかどらせるために、毎日体重計に乗るようにしましょう。

毎日体重計に乗って自分の体重を記録しておくことで、常にダイエットのことを意識するようになります。

体重が増えた時には運動しよう、甘いものを控えようという気持ちが自然に芽生えてくるのではないでしょうか。

また、何をすれば体重が増えやすくなり、どうすれば痩せやすくなるのかも、見えてくるでしょう。

4.まとめ

今回はデスクワークの方向けのダイエット法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

デスクワークは毎日座っている時間が多いから、なかなかダイエットがうまくいかないという方も、今回の方法なら簡単に始めてみることができるのではないでしょうか。

デスクワーク中にもこっそりとストレッチなどを行って、「あれ、最近キレイになった?」と言われるようなカラダを目指しましょう!

この記事は2017年2月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る