【活性酸素に関する調査】シミの原因は紫外線だけではない!

株式会社DECENCIA
2018.02.22

~「活性酸素」でメラニン量が約1.3倍に~

この度、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」を展開する株式会社DECENCIA(本社:東京都品川区、代表取締役 山下慶子)は、30代・40代の女性480名に活性酸素に関するアンケート調査と活性酸素の肌への影響調査を実施しました。

■「活性酸素」の認知度は?
活性酸素は、雑誌やネットで取り上げられる機会が増えていることもあり、活性酸素という言葉を聞いたことがあると回答した方は約6割でした。活性酸素が増える原因について聞いたところ、紫外線とストレスが2大原因であることがわかりました。
また、約6割の方が強い紫外線にあたっていないのにシミが増えたり濃くなると感じており、年末から4月にかけてはストレスを感じやすいことも伺えました。


■「活性酸素」が増えるとシミも増える?!
ポーラ研究所とディセンシアの調査では、ストレスを感じている状態ではリラックスした状態より約3倍活性酸素が発生することがわかり、活性酸素によりメラニンが約1.3倍増加することを突き止めました。
シミが増加する原因は紫外線の影響だけでなく、活性酸素が大きく関わっていることがわかりました。
これからの季節は、花粉、PM2.5や紫外線などの外部刺激が増加する上、4月まではストレスを感じるというアンケート結果もあることからシミを増やさないためには紫外線対策だけでなく、活性酸素の対策も必要となってきます。

「活性酸素」によるシミ発生メカニズムに対応した新サエルシリーズ   2018年3月26日発売


ストレスによるシミ発生メカニズム

「精神的なストレス」によって「活性酸素」が発生することで、肌内部で炎症が起き、過剰なメラニン生成が行われます。さらに生成されたメラニンは、活性酸素によって酸化が進むことでメラニンが黒化し、シミとなります。

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート
医薬部外品<敏感肌用化粧液> 125mL
¥5,000(税抜)リフィル ¥4,500(税抜)
美容成分や保湿成分を抱えこんだ保湿膜が水分保持をサポートし、うるおいの続く肌へと導く薬用美白ローション。保湿成分を従来品よりも1.7倍増量し、約3倍の保湿力を実現。

サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート
医薬部外品<敏感肌用美容液> 36mL
¥7,500(税抜)リフィル ¥7,000(税抜)
植物由来の油剤「ソフトメルティングオイル」を採用し、ふっくらやわらかな後肌へと導く薬用美白エッセンス。さらに、「シモツケソウエキス」で糖化の原因「AGEs」を分解させ、糖化ケアを実現。

サエル ホワイトニング クリーム コンセントレート
医薬部外品<敏感肌用クリーム> 30g
¥5,500(税抜)リフィル ¥5,000(税抜)
外部刺激をブロックする特許技術「ヴァイタサイクルヴェール(R)」を採用し、徹底的に肌を守る薬用美白クリーム。テクスチャーの異なるオイルをバランスよく配合することで、みずみずしさと高い保湿力の両立を実現。

サエル ホワイト CCクリーム コンセントレート
<敏感肌用日中用クリーム・化粧下地> 25g
SPF50+ PA++++ ¥4,500(税抜)
エクトイン配合で外部刺激から肌を守る自己防衛機能を強化し、敏感肌特有の3色のくすみを一掃するトリプルライティングパールを採用した多機能CCクリーム。

提供元:PR TIMES