世界初!? 106名の女性によるキス文字メッセージを発信!「私らしく」生きることにタレント・声優・アイドルらも共感し参加!

株式会社伊勢半
2018.03.23

3/30・31に渋谷109前にて世界的キスマークアーティストによる完成イベントを実施。

 株式会社伊勢半(東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 晴子)はこの度、コーポレートブランドとして「KISSME」を展開していくことになりました。お客様一人ひとりの「私らしさを叶えるブランド」を目指し、女性が「私らしく」生きることを後押しする「KISSME PROJECT」を立ち上げます。

 「KISSME PROJECT」第一弾は『キス文字メッセージ』×『キスアート』
 『キス文字メッセージ』には、年齢や性別で理想像を決め付けられた窮屈な社会の中で、自信を持って自分らしく生きる女性たちを応援し、笑顔にしたい、という想いが込められています。このメッセージを宣言している唇の形をキスマークで表現しました。
 女性ダンスグループMAXのReinaさん、タレントの今井華さん、クリエイティブディレクターの植野有砂さんなどの著名人をはじめ、映画ソムリエや大人アイドル・声優・筋トレOL・心理学者・美眉アドバイザーなど総勢106名の女性が企画に賛同し、ご協力いただきました。
 『キスアート』はキスマークと口紅で絵を描く世界的アーティスト、リップスティック・レックスさんに「メッセージを宣言している女性」を表現していただきました。

 また、「KISSME PROJECT」の作品を披露するイベントを3月30日・31日に、渋谷109前にて開催いたします。3月30日はリップスティック・レックスさんが来日し、会場で『キスアート』を完成させるライブペインティングを行います。

 さらに、『キス文字メッセージ』に参加した女性たちが「私らしさ」を愛することの大切さを語るメイキングムービー( https://youtu.be/sgJ4xISybg0 )や、リップスティック・レックスさんの『キスアート』の制作過程を収めたタイムラプスムービー( https://youtu.be/qTNo2sWvuxk)の2本を公開しています。

※画像はイメージです。

<「KISSME PROJECT」メッセージについて>
 

「何歳だから、女性だから~するべき。」という言葉は、女性が日々の生活を送る中でよく耳にします。周りから言われたり、時には自分で思ってしまうことも。 年齢や性別で理想像を決めつけてしまうことは、 自分らしさを押し込めて、 窮屈な社会をつくることに繋がります。
 「KISSME PROJECT」 は、1人1人が自信を持って、自分らしく生きる日本中・世界中の女性たちを応援し、笑顔にしたい、という想いを込めて、「あるべきってないべき」をメインコピーとした106文字のメッセージを発信します。

<『キスアート』 リップスティック・レックスさんについて>

リップスティック・レックス ー「KISSME PROJECT」参加の意気込みー
私は、口紅は女性にとっての武器だと思っています。
女性が口紅を塗ることは、自分をより美しくすることだけでなく、自信を持つこと・輝くことにつながります。自分の意見をはっきり言える勇気を持てるようにもなると思います。
KISSMEの日本中の女性を応援するというミッションとこれまでの歴史を知り、このプロジェクトに参加できることを誇りに思いました。

ープロフィールー
元々伝統的な油絵画家だったが、2012年に非伝統的な方法でマリリン・モンローの大型肖像を描く依頼が来たときに転機が訪れる。
セックスシンボルのマリリンを、オールドハリウッドを思い出すような魅力を発揮するものにしようと色々な方法を考えた結果、口紅とキスマークで描くというアイディアに辿り着いた。
それから、世界中の人々が愛するアイコンの肖像を次々に制作し、インターネットやマスメディアで話題となっている。

【代表作品】

<イベントについて>
「KISSME PROJECT」の作品を披露するイベントを渋谷109前にて3月30日、31日に開催いたします。3月30日はキスマークで絵を描く世界的アーティスト、リップスティック・レックスさんが来日し会場で本作品を完成させるライブペインティングを行います。

※画像はイメージです。
<完成披露ライブペインティングイベント>
■日時:2018年3月30日(金) 11:00-12:00
(時間は前後する場合があります)
■場所:渋谷109前(東京都渋谷区道玄坂2-29-1)
<作品展示>
■日時:2018年3月30日(金)14:00-20:00
2018年3月31日(土)11:00-20:00
■場所:渋谷109前(東京都渋谷区道玄坂2-29-1)

<ムービー公開について>
キス文字作品のメイキングムービー(https://youtu.be/sgJ4xISybg0)では、参加者の女性たちのキスマークを集める様子を公開します。さらに、「女性だから」「OLだから」「母だから」など、女性としてのあるべき姿を周りに言われることへの苦しさや、「私らしさ」を愛することの大切さを語るエピソードトークを交え、「あるべきってないべき」をメインコピーとした106文字のメッセージを『キス文字メッセージ』として訴求していきます。
また、メイングラフィックであるリップスティック・レックスさんのキスアートの制作過程を収めたタイムラプスムービー(https://youtu.be/qTNo2sWvuxk)も公開いたします。

WEBサイトURL : https://www.isehangroup.jp/kissmeproject/kissart/

<参加者プロフィール>
タレントの今井華さん、女性ダンスグループMAXのReinaさんなどの著名人をはじめ、職種、年齢、人種を超えた多くの女性に参加いただきました。※以下順不同


■モデル・タレント  今井 華
<プロフィール>
2011年に雑誌「egg」でデビュー。その後、雑誌「JELLY」の専属モデルを経て、2013年にCX「テラスハウス」にてブレイク。現在は、アパレルブランド「FLOVE」をプロデュースするなど、モデル・タレントとして活躍中。

<コメント>
私は今まで、雑誌のモデルやバラエティ番組などに出演させて頂き、多くのことを経験させて頂きましたがそれぞれの場面で色々な選択をしてきました。この企画を通して誰かに左右されることなく、自分らしくいることが正しいことと感じ、改めて自分らしくいることを再認識したいと思いました。

■歌手・タレント   Reina(MAX)
<プロフィール>
4人組ダンスボーカルグループMAXのメンバー。
1995年にデビュー。紅白歌合戦に5年連続5回出場。昨年 6年半の育児休暇から、 MAXとして復帰。3児の母として子育てをしながら、近年はMAXのメンバーとしてLIVE活動やバラエティなどでも活躍の場を広げている。


<コメント>
今回のキス文字メッセージという斬新な企画に参加する事が出来て本当に嬉しく思います。主婦、働く女性、独身女性と様々な生き方があり、自分らしくいられる為に悩む女性は沢山いると思います!どんな人でも自分を変えるのは自分次第。頑張り過ぎずに、たまには自分にもご褒美をあげて、笑顔が素敵な女性でいられるように、楽しく毎日を過ごしましょう!


■クリエイティブディレクター・DJ  植野 有砂
<プロフィール>
クリエイティブディレクター、DJ、アーティスト。
昨年フィーチャリング参加した楽曲“Best Friend”は、iPhoneXのグローバルCMに起用され話題に。常に世界中を飛び回り、ファッション・音楽・カルチャーを発信し続ける“IT GIRL”。

<コメント>
今回のコンセプトにとても共感し、参加させていただきました。周りに捉われず自分らしくいること、そしてときに大胆になることはとても素敵なことだと思います。赤いリップは塗るだけで、気持ちや仕草まで変わる、どんな女性にも必要なアイテム。女性って、楽しい!と思えるアイテムです。

■シンガー  Yupi'n
<プロフィール>
独特のざらつきがあるラフ&タフな歌声、飾らないありのままの姿で我が道を突き抜ける姿勢、パワフルなライブパフォーマンスが熱い支持を受けている。

<コメント>

女性の象徴ともいえる赤リップ。身につけるだけで高揚感を得られたり心が凛とし背筋が伸びる。自信がつくと必然的に自分らしくいられるし、女性に生まれてよかったと思えるよう、しなやかに形を変えながら生きていたい。


■大人アイドル  湊 あかね
<プロフィール>
大人アイドル「predia」メインボーカル。
アイドル界屈指の歌唱力の歌姫として多数のメディアに出演。
プロ野球パシフィックリーグではアイドルとしては異例の国歌独唱も行った。

<コメント>
今回2/14発売したアルバム「ファビュラス」のジャケット写真が自分の唇だったので、これは運命的だなと思いキス文字に参加させていただきました!

■声優・モデル  一ノ瀬 翠
<プロフィール>
静岡県出身、5月9日生まれ、O型。声優、モデル、歌、MC等マルチにタレント活動しており、『みるきぃぬ』名義でネット上でも活動中。
現在はテレビでもレギュラーアシスタントをしている。

<コメント>

昔は大きい口が私のコンプレックスの1つでした。
でも今ではいろんな表情にさせてくれるこの唇が大好き。ありのままに自分らしく生きていくことの大切さが少しでも多くの女性に届いて欲しいです。


■美眉アドバイザー  玉村 麻衣子
<プロフィール>
筋肉や骨格に基づいた眉デザインの提案・施術を行う眉のスペシャリスト。
眉メイクセミナーや執筆活動を通じて、誰でも実践できる眉メイクを理論的に紹介。

<コメント>
唇は、自分の思いを言葉にして綴る大切なパーツ。今回一文字ではありますが、一球入魂ならぬ「一キス入魂」で臨みました!

■パーティースタイリスト  久林 紘子
<プロフィール>
Tokyo Flamingo代表。
企業イベントや雑誌撮影等、様々なパーティー空間のスタイリングを手がける。またホームパーティーに関する講演、企業インスタグラムの撮影スタイリング・ディレクション等幅広く活動している。

<コメント>
誰かのためにこうするとか、こうでなければいけない、というスタイルに左右されない「一人の女性としての生き方」を意識して過ごしてきたのでこちらの企画に大変共感いたしました。自分を受け入れ、しなやかに逞しく、これからも私らしさを探求していきたいと改めて思いました!


■プロトラベラー(R)  羽石 杏奈
<プロフィール>
ハワイ留学後、テラスハウス ALOHA STATEに出演し、一躍注目を集める。
現在は旅行の素晴らしさを伝え、より多くの女性を旅行に誘い、彼女たちの人生を豊かにするプロトラベラーとして活躍している。

<コメント>
常に自分らしくいたい。
そう思っている私にとって、こちらの企画はすごく共感できるものでした。
真っ赤な口紅が似合う、自信のあるかっこいい女性を目指していきます。

■フィギュアスケートインストラクター  村主 千香
<プロフィール>
国内トップクラスのスケーターとして、’05-’06 シーズンには関東選手権優勝、全日本選手権13位、国体2位という成績を残す。引退後はプロフィギュアスケーターに転向し、カリブ海クルージング船のロイヤルカリビアンアイスショーやプリンスアイスワールドに出演。現在は解説者、コメンテーターとしても活躍中。


<コメント>
女性にとって、自分の魅力を引き出してくれる、口紅というアイテムを使っての広告ということで、どんな企画になるのだろうと、わくわくしながら、参加させて頂きました。真っ赤な口紅で、女性の強さ、自信が伝わってくるものになっていて、仕上がりが楽しみです!


■心理学者  晴香 葉子
<プロフィール>
作家・心理学者。
東京都出身。文学修士。博士後期課程在籍中。
研究を進めながら、執筆、講演、監修などの活動を続けている。
『人生には、こうして奇跡が起きる』(青春出版社)他、著書多数。

<コメント>
働く女性は増加しているのに、ジェンダーギャップ指数は世界114位と過去最低を更新した日本。未だ窮屈な面も残る社会ですが、「私らしさ」を愛する気持ち、大切にしていきたいですね。

■映画ソムリエ  東 紗友美
<プロフィール>
広告代理店勤務を経て、映画ソムリエとして独立。
映画番組、ラジオ、雑誌での映画解説や、映画イベントMCなどで主に活動中。
Instagramでは365日、映画情報を更新。
三度の飯より映画ロケ地巡りが好き!

<コメント>
自分のキスマークがこうやった形で掲載されるなんて!
まさしくドラマティックで映画のような体験でした!
女性たちのドキドキが集まった”あたらしい”広告に仕上がっていると思います。


■双子ファッションブランドプロデューサー/ タレント・モデル
AN☆DO MASAMI & SATOMI
<プロフィール>
46歳双子姉妹。姉のMASAMIは一男のママ、妹のSATOMIは三姉妹のママ。
『日本の女性をもっと可愛くもっとhappyに』をテーマに、いくつになっても、大人可愛くいられるお洋服『&LOVE』を、世界最大級テレビショッピング『QV

C』にてプロデュース。姉のMASAMIは『&LOVECLOSET』をプロデュース。子育て、Runなど日々笑顔でHAPPYなLifeスタイルを発信中。

<コメント>
『私らしさを、愛せるひとへ』というKISSMEさんの今回のテーマは私たちの理想の自分達像でもあります。
ひとつひとつの出会いを大切に、周りの人や家族、自分自身、全てに愛を注い

で、愛し愛され、毎日をHAPPYに過ごしていきたいですよね。素敵な企画に参加させていただきありがとうございました。

<参加者一覧>




<KISSMEについて>

株式会社伊勢半は、2025年に創業200周年を迎えます。文政8年(1825年)に江戸日本橋で創業した紅屋に始まって以来、化粧品メーカーとして常に美を探求しながら、セルフメイクを中心に、時代を先取りする商品を生み出してきました。
この度、創業200周年に向けた企業価値向上活動の一環として、コーポレートブランドを掲げ、「KISSME」に価値を蓄積することで、お客様や社会に認知・共感されるブランドとなることを目指します。

提供元:PR TIMES