【steady.働く大人女子1000人調査】アラサー女性のムダ毛対策「エステ・医療脱毛」にかけた金額平均27万円!

株式会社 宝島社
2018.07.09

 ファッション雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見
清一)が発行する『steady.(ステディ.)』8月号(2018年7月6日発売)では、働くアラサー女子1000人に毎年恒例の「夏のムダ毛対策」に関する調査を実施しました。


                  『steady.』8月号(宝島社)

 『steady.』は30歳前後の働く女性をターゲットに、通勤服、仕事、恋愛といった働く女子の今知りたい情報を徹底調査し、お悩みを解決するマーケティング雑誌です。中でも“読者1000人大調査”企画が好評を得ています。
 今回の「夏のムダ毛対策」に関する調査によると、“ムダ毛のお手入れをしているか”の問いに対して、「はい」と答えた人は95.7%で、9割以上の人が、ムダ毛を処理していることが判明。「いいえ」と答えた人の中には
「すでに永久脱毛を済ませた」との声もあがりました。 ムダ毛が気になる部位・ムダ毛対策を強化したい部位については、いずれも1位が脇(ワキ)、2位がひざ下、3位が腕となりました。薄着になる夏に、いつも以上に
露出する部分が上位となり、4位のアンダーヘア、5位の背中のほかにも、二の腕や太ももが気になるとの声も
あります。
 また、「脇(ワキ)」のお手入れ方法については、1位がカミソリで42.9%、2位がシェーバー31.4%、3位がエステで28.6%、4位が毛抜きで25.7%、5位が医療脱毛で11.4%(複数回答可)となり、自己処理は
もちろん、エステや医療脱毛の利用者も多いことが判明。これまでかけた平均金額は27万6507円で、全身脱毛に200万円以上かけたという人もいました。
 さらに本誌では、水着になる機会も多い夏に深刻度が高まる「アンダーへア」についても特集。処理方法1位は
「ハサミ」、2位は「カミソリ」、3位は「エステ・医療脱毛」(複数回答可)と、プロにお任せする方の多くは自己処理もしながら対策していることが明らかになりました。どの部位を処理しているか、理想のVラインはどんな形かもイラストとともに解説。働く大人女子の思わず笑ってしまうような「ムダ毛」にまつわる失敗エピソードも紹介しています。
 宝島社は、企業理念「人と社会を楽しく元気に」のもと、今後もより多くの方に喜んでいただけるコンテンツを
企画開発・提供してまいります。

~毎年恒例『steady.』働く大人女子1000人「ムダ毛」大調査~


『steady.』8月号(宝島社)

【特別付録】
SMELLY(スメリー)×
人気ヘアメイク 木部明美 監修
華やかネイル6本&
ネイルシールセット

提供元:PR TIMES